金魚 すくい ポイ 作り方。 牛乳パックで金魚すくいの作り方!金魚もポイも簡単なので保育園の夏祭り製作に最適!|困ったときの手作りサイト!整理収納から子どもの玩具や踏み台までDIY!

金魚すくいポイ販売店は百均やダイソー?!号数や裏表とトイザらスにもあるの?

金魚 すくい ポイ 作り方

どーも。 大人の遊びをシリーズ化する会代表の自然人タカ です。 サバゲーを初めてやってから10年が経つ。 アーチェリーサバゲなるものやらをやってみたかったりする中で、子どもの頃に楽しんだ水鉄砲に返り咲いた。 田舎暮らし始めたし、うちの庭で水鉄砲サバゲやったら面白いのでは、という発想。 大人がガチで水鉄砲合戦をやったらどうなるのか? 結論を言ってしまえば、「死ぬほど」面白かった。 サバゲガチ勢の動きとかやばいし、見ていても楽しいし、水がかかったら気持ちいいし、最高!!終わったらすぐに第二回を企画してしまうレベルの白熱したイベントとなった。 水鉄砲ゲームのルール まずはベースとして各自水鉄砲を1つ持つ。 金魚すくいで使うポイをゴムで頭につけて、それが破れたらアウト。 フィールドには水が入ったバケツを散りばめ、戦闘中に水鉄砲の水を補給できるようにする。 それで準備は完了である。 殲滅戦 チームに分かれて1人1ライフでポイが破れた人から脱落していくという殲滅戦。 どちらかのチームの人員がゼロになるまで、もしくは時間制限を設けて終了時に残っている人の数を競う。 チームはTシャツで色分けすると分かりやすい。 僕らは赤Tチームと黒Tチームに分かれて対戦した。 残った3人くらいは動きがガチすぎてやばかった。。。 時間制限殺戮数戦 チームに分かれて各チームの陣地の後方にポイを置く。 ポイが破れた人は新しいポイに取り替えてリスタート。 時間を10分〜20分くらいで区切り、タイムアップしたときに破れているポイの数を競う。 倒されてもいーやと気軽に相手陣地に突っ込めるのが楽しい。 1人でも倒せれば相対的にプラマイゼロだし、2人倒せればプラス1だしね。 殲滅戦だと倒されたくない(離脱するとつまらない)のでそうはいかない。 フラッグ戦 サバゲーでいうフラッグを取り合う戦いだが、水鉄砲合戦ではプラコップを取り合った。 お互いが自陣にプラコップを幾つか置き(僕らは3つでやった)、相手陣地のそれを取りに行く。 1人が一回の持ち帰ることのできるコップの数は1個まで。 ポイに穴の空いた人は離脱していくルールの中で、最終的な目標はプラコップを奪うこと、というのがポイント。 倒すことがメインじゃなくなり、戦略性が増す。 面白い。 バトル・ロワイアル戦 チームは組まず完全に1人1人が独立して戦う。 完全なるガチ勝負。 全員男子とかならいいかもだけど、ガチメンバーじゃない限りチーム戦のほうが盛り上がるとは思う。 武器の統一とおすすめ水鉄砲について 水鉄砲をみな同じものにすると公平、、、 と思いきや水鉄砲は違うほうが面白い。 水鉄砲を並べてチームごとに1つずつ水鉄砲えらぶドラフト形式が楽しい。 威力が圧倒的に強いバズーカ砲を各チーム1つ入れるのが圧倒的におすすめで、これがゲームを刺激的にする。 2本セットを用意すべし。 フィールドと水鉄砲の貸し出しします 写真にもちらちら出ているが、うちで今作り途中のアースバックハウスという土嚢を積み上げている家がいい味を出している。 裏を回ったりしてね。 ・ このフィールドとうちにある水鉄砲20本を使って水鉄砲合戦がやりたいという人がいれば連絡ください。 場所は新城市作手の道の駅つくで手作り村から車で5分くらいのところ。 詳しい場所は予約の際にお伝えします。 ここでやってみたいという方がいたらお問い合わせから連絡ください。 宿泊と合わせてグループ利用したい方に参考プランを書きましたので良かったらご覧ください。。

次の

金魚すくいのポイ|ドンキの100円ポイはティッシュで何度でも使える!

金魚 すくい ポイ 作り方

夏が近づいてきましたが、みなさんは「夏」という季節は好きですか? 私は結構「夏好き」ですね。 夏は海水浴であったり、花火大会であったり、夏祭りであったり、色々とイベントが多くて楽しい季節です。 中でも私は「夏祭り」が大好きなんです。 仲間と一緒に出かけてワイワイしながら食べ歩きをするのがとても楽しくて好きなんです。 中には、恋人と一緒に行かれる方もいるんじゃないでしょうか? 夏祭りの定番と言えば「 金魚すくい」ですね。 みなさんは金魚をうまくすくえますか? うまく金魚をたくさんすくえたら、 彼女の前でカッコいいところ見せたり、 彼氏に意外な一面を見せりできるはずですよ。 そこで今回は、 金魚すくいのコツをまとめました。 ぜひこの記事で金魚すくいのコツを抑えて、夏祭りを楽しく過ごしてくださいね。 金魚すくいのポイの選び方 みなさん、「ポイ」って何のことか分かりますか? そうです。 金魚をすくうためのプラスチックの輪っかに紙が貼られているものですね。 金魚すくいで 金魚に唯一触れられる道具です。 この「ポイ」が金魚すくいでは、 かなり重要ってことは、なんとなく想像つきますよね。 まずはポイについての、豆知識から抑えていきましょう。 紙ポイ プラスチックの枠に紙が貼られているタイプ。 4号から7号まであり、一般的に 号数が大きいほど紙が薄くなり、破けやすいです。 最中(モナカ)ポイ 針金の枠上にモカナを取り付けられているタイプ。 最近では、紙ポイが主流のためあまり出回らない。 ポイの選び方 紙ポイについての選び方をご紹介しますが、 ズバリ、「 ポイの号数」が小さいものを選ぶことです。 ・・・と言ってもお店で用意している種類はだいたい一種類なので、 どちらかというと「 お店が何号のポイ」を仕入れているかってことになりますね。 4号が一番強いので、 4号や5号のポイが仕入れていれば、そのお店はチャンスです。 しかし4号は幼稚園児などの本当に小さな子ども向けのポイなので、まず無いかと思います。 逆に6号、7号はかなり弱いので、そういう お店は避けた方が無難ですね。 ポイの号数の確認方法ですが、通常お店はポイをまとめて買うので、お店の隅や裏側に箱が置いてあるはずです。 その箱に 何号と書かれているかチェックしましょう。 このことを知っているだけでも、金魚すくいの見方が変わってきますね。 スポンサードリンク ポイの持ち方・金魚すくいのコツ 次にポイの持ち方についてです。 ポイの持ち方は、輪っかから柄の部分を 指一本分下に親指と人差し指で摘まむように持ちます。 ちなみに輪っかの部分を持つのは、 ルール違反なので気を付けてくださいね。 やるとお店の人にも怒られてしまうと思いますよ。 ポイには裏表がある・金魚すくいのコツ ところでポイには 裏表があることは知っていますか? ちなみに 紙が枠に張られている方が表です。 金魚すくいをする時は、表面を上にすることが 重要です。 なぜかと言いますと、裏面を上にしてしまうと枠の中に 水が溜まりやすく水圧がかかり、破けやすくなってしまうからです。 金魚すくいでは、 ポイの紙にあまり負荷をかけずにすくうのコツ! 少しでも余計な負荷をかけないように表面を上にしてやりましょう。 スポンサードリンク 水面と水中でのポイの使い方・金魚すくいのコツ さきほど言いましたが、金魚すくいはポイにいかに負荷をかけずに行えるかが金魚すくいのポイントです。 当然、ポイは紙なので、非常に破けやすいです。 その破けやすいポイをどのように使うと良いかと言うことですが、 紙に負担がかからないように、 進行方向に水平移動させることです。 逆に進行方向に垂直移動させると、紙に水圧がかかり、すぐに破けてしまいます。 水平移動さえ守れば、 勢いよく移動させてもそうそう破けることはないのです。 あと気を付けてもらいたいのは、水中に入れると 光の屈折の関係で水平に移動させているつもりが、 少し傾いてしまうことがあります。 少し 見る角度を変えて、ちゃんと水平に移動できているかチェックしていきましょう。 スポンサードリンク 狙いやすい金魚の種類・金魚すくいのコツ ポイの使い方が分かったところで、次に狙いやすい金魚についてです。 何でもかんでもすくおうとするのは、 金魚すくいでは無謀ですね。 狙いやすい金魚、狙いにくい金魚はいます。 狙いやすい金魚は「 弱っている金魚」です。 なんだよ。 弱いものイジメかよって思われました? 違いますよ。 弱っているから「救って」あげるのです。 弱っている金魚を狙う・金魚すくいのコツ 弱っている金魚の見極めのですが、弱っている金魚は 水面に浮かび上がってきます。 というのも、金魚が入っている水槽にはエアレーションという水中に空気を送る機械があります。 水槽の端っこの方でブクブクなっているアレです。 このエアレーションは、お店が用意している 水槽と金魚の数に合っていないことが多いです。 初めは元気な金魚でも時間が経つにつれて、次第に 酸素が足りず酸欠状態になってきます。 そうすると酸素を求めて、水面近くに浮かび上がってきます。 金魚が水面近くで口をパクパクしている状態です。 弱っている金魚は水面からの 距離が近く、かつ動きも鈍くなっているので、 ゲットしやすいのです。 特に金魚すくい初心者の方は、 弱っている金魚を狙っていくのが鉄則ですね。 金魚のすくい方のコツ さあ、いろいろ予備知識が備わったところで、いよいよ 金魚のすくい方のコツを説明していきますね。 まずは金魚すくいの手順です。 水面からポイを45度の角度で水中に侵入させる。 ポイを水平に動かし、ターゲットの金魚に近づく。 壁側に追い込んで、壁に挟み込むようして水面に上げる。 すくった金魚をすぐにお椀に入れる。 では、一つ一つ解説をしていきますね。 1.水面からポイを45度の角度で水中に侵入させる 紙に対して、水平方向に水中に入れていきます。 この時に 紙は全て水中に入れてしまってOKです。 初心者の方は紙が濡れるのを恐れて半分だけ入れたりしますが、これは良くありません。 半分だけ濡らすと乾いている部分と濡れている部分の境目ができてしまい、 非常に避けやすくなるからです。 ポイの紙は、一度に 全て濡らしてしまって大丈夫です。 2.ポイを水平に動かし、ターゲットの金魚に近づく 水の中でも、紙に負担がかからないように進行方向に対して、水平に移動させていきます。 ちなみに 手はどっぷりと浸かって移動させた方が破れにくいので、どっぷり浸けちゃいましょう。 厚手のタオルやハンカチを持っていくことをおすすめします。 カップルで出かける場合は、ちゃんとハンカチなどを用意しておくと、 できる彼氏彼女アピールができますよ。 3.壁側に追い込んで、壁に挟み込むようして水面に上げる ポイを近づけると 金魚は危険を察知して、逃げていきます。 金魚をあまり水中で追い回したくないので、壁に追い込んで金魚の 逃げ道を塞ぎます。 うまく追い込めなかった場合は、一度水中からポイを出して、狙い直していくといいですよ。 4.すくった金魚をすぐにお椀に入れる うまく金魚がすくえたら、素早くお椀に入れます。 あまりモタモタしていると金魚が暴れて、紙が破れてしまいます。 ですので、壁に追い込めそうになったら、 お椀も金魚をすぐ入れられる位置に移動させて準備しましょう。 尾びれはポイに乗せない・金魚すくいのコツ 金魚すくいでたくさん金魚をすくうには、紙に負担をかけないようにするということですが、水圧以外にも負担が大きくかかるのが 金魚の尾びれです。 魚釣りをイメージしてもらうと分かりやすいですが、釣り上げられた魚はなんとか逃げようとして 尾びれを激しく動かしてかなり強く暴れます。 魚の尾びれは魚が 最も力を強く出せる部位です。 金魚も同じですね。 尾びれをポイの紙の部分に乗せてしまうと、紙を尾びれで強く叩かれてしまい、破れてしまいます。 ですので、尾びれはポイの枠の外に出して、 胴体だけすくようにします。 これが金魚すくいでは、なかなか 難しいテクニックですね。 コツとしては、なにも無いところではやろうとすると難しいので、 壁際に追い込んですくうと比較的やりやすいですよ。 初心者にはなかなか難しいテクニックですが、意識してやってみましょう。 お椀は手に持たず水に浮かべる・金魚すくいのコツ 金魚すくいは、すくった金魚をお椀に入れなければなりません。 仮にお椀を手で持ってしまうとすくった 金魚の移動距離が長くなってしまいます。 移動距離が長ければ長いほど、紙が破けるリスクが上がります。 ですので、お椀を手に持ってやるのではなく、お椀は水面に浮かべて、すくった金魚の移動距離を 短くすることが重要です。 さらに言いますと、お椀をただ浮かべるだけではなく、 水をギリギリまで入れてお椀を沈み込ませると、お椀の縁の高さも低くでき、さらに移動距離を短縮できます。

次の

金魚すくいのコツとやり方!ポイの選び方や使い方、狙う金魚の種類は?

金魚 すくい ポイ 作り方

Sponsored Link 縁日ではもはや定番のスーパーボールすくい。 金魚のように生き物ではないので、 管理が楽なのか、学校の文化祭でもスーパーボールすくいが出し物として採用されることがあるようです。 とゆーわけで ・スーパーボールすくいのコツを掴んで屋台泣かせになる! ・ルール設定には悩む? ・水流の作り方って? の項目順に、記事をまとめました。 スーパーボールすくいのコツを掴んで屋台泣かせになる! スーパーボールはコツを掴むと、スイスイとすくえてしまいます。 上達すると、 100個超えも珍しくありません。 1分間に40個GETしちゃう人もいます。 では、スーパーボールすくいのコツとは如何に? 基本的には金魚すくいと同じ ポイを使って、モノをすくうという意味では 金魚すくいとあまり変わりありません。 つまり、ポイの使い方がポイントとなります。 ポイは全体的に濡らしてから使う 一度水にくぐらせてポイ 全体を水に濡らします。 ポイが一番 破れやすいところは、乾いたところと水分を含んだところの 境目です。 この 境目を無くすことで、破れる確率を低くできます。 つまり、最初から全体を濡らしてしまえば破れる原因となる境目が無くなる、結果として ポイが強化されるということです。 ポイの裏表を確認する ポイには 裏と表があります。 表を使いましょう。 紙が貼ってあるほうが表なので、貼ってあるほうを上にして使いましょう。 ポイの持ち方 ポイは持ちてである棒部分ではなくて、あえてすくう部分(円の部分)の 端をつまむようにして持ちます。 こうしたほうが、ポイの動きがブレないので、効率的に操作できます。 動画の人もそうしてますね。 すくう時は、紙の上に乗せず、なるべく端の プラスッチク部分にひっかけるようにするのがコツです。 水中の中で一瞬は平らな部分を使うのですが、そこからポイを起こす動作に入ると同時に、端をつかって持ち上げるといった感じ… 相撲でいうと、砂地を使うのではなく、 土俵際の縄に足をひっかけるみたいな。 ちょっと説明しづらいですが、動画を参考にして頂けるとイメージが伝わりやすいかと思います。 ルール設定には悩む? ポイが破れるまで続行、その間にすくったボールは全てGET! これが元々のルールであったと思います。 しかし、前述のように、スーパーボールすくいは、コツを掴むと50個程度であれば普通にすくえてしまいます。 こんな人が続出してしまえば、大赤字です(笑) なので、いくら救っても持ち帰ることのできるボールは5個まで!といったように、 上限を設けている屋台が多いのが現状。 屋台によっては、仮に1個も取れなくても、おみやげにボールを1個持ち帰れるなどの救済措置をとってバランスをとっていたりします。 ただ、レベルが高い人ほどおいしい思いをするというのでなければ、面白味に欠けるしやる気も起きません。 50個以上、100個以上とレベル分けし、レベルに応じて特別なボールをボールをもらえる、ボール以外の豪華品が用意されている。 といった工夫は欲しいところです。 今日の最高記録を更新した人には、特別なプレゼントといったルールでも面白いかもしれません。 いずれにせよ、 ルール次第で盛り上がり度合いも変わる可能性があります。 客としては、値段のみならず ルールについても確認してから臨みたいところです。 水流の作り方.

次の