うい らぶ 出演 者 名前。 平野紫耀ドラマ・映画一覧

桜田ひより

うい らぶ 出演 者 名前

-初々しい恋のおはなし-」の実写映画化作品。 同じマンションに住む幼馴染の高校生、凛、優羽、暦、蛍太は美男美女の仲良し4人組。 凛と優羽は両想いだが、お互い好き過ぎる為、凛は事あるごとに「お前はゴミクズでダメなヤツ」と言ってしまい、言われ続けた優羽も自信を無くしお互い告白出来ずにいる。 それをずっとそばで見守る暦と蛍太はやきもきするが、優羽の前にはっきり好きだと告白する和馬という男が現れたことにより、凛と優羽の関係に変化が訪れる様を描いたラブストーリー。 配給はアスミック・エースで、制作プロダクションはアスミック・エースと共同テレビジョンで製作委員会方式で作られてます。 劇場での予告編はそんなに目にしなかった気がするんですが、桜井日奈子さんの初主演作だった『ママレード・ボーイ』の感想を書いてるときに、本作が公開されるのを知りました。 公開直前までは、明らかにスイーツ映画ですしジャニーズ映画なのでスルーしようかなと思ってたんですが、本作の2か月前に公開された『累 かさね』が漫画原作にも拘わらず非常によかった佐藤祐市監督だったので、観に行ってみました。 例によって例のごとく漫画原作の存在すら知らず、未読での鑑賞です。 監督は 佐藤祐市さん 近作は『』『』『』を観てます。 主演に 平野紫耀さん 映画出演は3本目で主演作としては2作目ですが、初主演作の『honey』はスルーしたので劇場では初めましてです。 ドラマは「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」を見てましたが、2話ぐらいで脱落しました。 主演に 桜井日奈子さん 近作は『』『』を観てます。 共演に 玉城ティナさん 近作は『』『』『/』を観てます。 共演に 磯村勇斗さん 近作は『』を観てます。 共演に 桜田ひよりさん 近作は『』『』『』を観てます。 共演に 伊藤健太郎さん 近作は『』『』『/』『』『』を観てます。 他に共演と配役は以下の通りです。 和泉凛: 平野紫耀 春名優羽: 桜井日奈子 坂下暦: 玉城ティナ 藤蛍太: 磯村勇斗 佐伯実花: 桜田ひより 佐伯和真: 伊藤健太郎 あらすじ 同じマンションに住む幼なじみ4人組。 ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!? (より引用) ネタバレ感想 うーん、結論から言ってしまえば、若手演技派の土屋太鳳さんと芳根京子さんを配して、漫画原作だった『』を極上のエンタメ作品に仕上げた佐藤祐市監督の腕をもってしても、如何ともし難かったようで、全く見るべき所の無いスイーツ映画でした。 というか、はっきり言って2018年No1. クソスイーツ映画だと思います。 でも2018年は『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』という、圧倒的ワースト作品があったので、ワースト作品は免れた気がします。 まぁ本作の感想を読むとだいたいの人が挙げていますが、凛のモラハラが酷くて観てて吐き気しかしないんですよね。 それで漫画原作はLINEマンガで人気が出たみたいですけど、そこでのユーザーレビューでもモラハラにゲンナリしてる人が多いみたいなんですよね(あと、アマゾンのカスタマーレビューとかでも)。 まぁ「壁ドン」に代表されるように、こういうオレ様男子とか、ドS男子とかは少女漫画の専売特許キャラで、それにキュンキュンする読者がいるのも分かるんですが、それを実写でやっちゃうと不快感の方が勝ってしまう気がします。 こういうモラハラ的表現は少女漫画のマーケット内でそれに胸キュンする読者が楽しんでる分にはいいと思うのですが、映画のマーケットに出てしまうとアンチの声の方が大きくなってしまうと思うんですよね。 本作はヤフー映画とフィルマークスのレビューで2. 8点台、映画. comが少し高くて3. 3点で、レビュー数自体がこの規模の映画にしては少ない気もしますが、おそらく出演者のファンの鑑賞がメインであろう作品で、ヤフーとフィルマークスで評価が2点台なのはかなり残念な映画なんだと思います。 また、前述したLINEマンガのレビューも、映画きっかけで漫画を読んだ人のレビューが原作の評価を押し下げていて、こうなってくると「映画化したのは誰得なんだろ?」と思いました。 本作はSho-Comi創刊50周年事業の一環としての映画化だったようで、2017年12月に公開された『未成年だけどコドモじゃない』(劇場鑑賞してました)、2018年10月公開の『あのコの、トリコ。 』(未見です)に続く映画化だったようです。 『未成年だけどコドモじゃない』がヤフー映画3. 23点、映画. com3. 3点、フィルマークス3. 4点 『あのコの、トリコ。 』がヤフー映画2. 97点、映画. com2. 9点、フィルマークス3. 1点 だったので、興収は別として、映画化としての作品の出来は本作一番悪かったと思うのですが、それもやっぱりモラハラ描写を実写でやることの難しさだったと思います。 凛を演じたキンプリの平野さんを花男で初めて見たときは、かなりのイケメンだと思いましたが、本作の凛には吐き気しかしなかったので、役とはいえ個人的にはマイナスのイメージとなってしまいました。 なので出演者にも原作者にも得にならない映画化だと思ったんですが、それを演出する佐藤監督も何を血迷ったのか、章立てになってる訳でもないのに本編中唐突にアイキャッチを差し込んでくるんで、もう苦笑するしかありませんでした。 というのも佐藤監督は長年フジテレビのドラマの演出を手掛けていたので、フジテレビの社員ディレクターかと思っていたのですが、実際はフジテレビのグループ会社の共同テレビジョンの子会社のベイシアに長年在籍してたようで現在は共同テレビに所属してるようですが、現在はTBSのドラマの「メゾン・ド・ポリス」の演出を手掛けていて、フジテレビのドラマじゃないって珍しいなと思ったんですが、これもフジテレビの凋落が要因の一つかと思いまして、バブルといえばフジテレビでしたから、その郷愁があるのかな?なんて思った次第です。 しかし、本作を鑑賞しに来てる年齢層を考えると「DAISUKI! 」を全く知らないであろう世代だと思うんですが、バブリーダンスや平野ノラさんがウケている昨今なんで、その線を狙ったんでしょうか?全く謎でした。 そして映画の内容とは直接関係無いですが、自分の斜め前に座っていた2人組の若い女性の鑑賞マナーが酷かった(笑) 上映中はずーっとお喋りしていて、まぁ劇伴とかかかっているんでそんなには気になりませんでしたが、「この映画にしてこの観客」と思ってしまいました。 そして一番最後に驚いたのはエンドロール中にツーショットで自撮りしだしたことでしたが、エンドロールが終わって館内が明るくなると納得しました。 日本人じゃなくて中国人でした。 なので仕方が無いと思ったんですが、何で観に来たんだろう?と思いまして、願わくば平野さんのファンじゃなけれないいなと思いました。 鑑賞データ TOHOシネマズ上野 シネマイレージ6P無料鑑賞 0円 2018年 181作品目 累計162000円 1作品単価895円 40代・男性・東京在住 高校生の頃からよく映画を見始め高校時代はテレビ・レンタルビデオ・映画館で合わせて1000本弱。 90年代はぴあシネマクラブを愛読してました。 評価点数、基本甘め。 何でも面白いと思うタイプです。 ここ数年、作品の質に関係なく、ヒットする作品とそうでない作品の差が開く一方だなと思うのと、洋画の興収10億円超えが減ってきてるのが気になってます。 Twitter でフォロー 最近のコメント• に 太郎 より• に ツインパワー より• に BMI... 減らしたい より• に cleo より• に 大納言 より 参考にしてる映画関連のサイト•

次の

キンプリ・平野紫耀、桜井日奈子ら映画『ういらぶ。』出演者が、“以心伝心ゲーム”で大はしゃぎ

うい らぶ 出演 者 名前

この節のが望まれています。 書誌情報 [ ] 原作コミック• 星森ゆきも 『ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-』 小学館〈フラワーコミックス〉、全11巻• 2015年8月26日発売、• 2015年11月26日発売、• 2016年2月26日発売、• 2016年5月26日発売、• 2016年8月26日発売、• 2016年11月25日発売、• 2017年2月24日発売、• 2017年5月26日発売、• 2017年8月25日発売、• 2017年11月10日発売、• 2018年10月10日発売、 映画ノベライズ• 宮沢みゆき(著)・高橋ナツコ(脚本)・星森ゆきも(原作)『映画 ういらぶ。 』小学館ジュニア文庫、全1巻• 2018年10月5日発売、• 豊田美加(著)・高橋ナツコ(脚本)・星森ゆきも(原作)『ういらぶ。 』小学館文庫、全1巻• 2018年10月5日発売、 映画 [ ] ういらぶ。 監督 脚本 原作 「ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-」 製作 田辺圭吾 製作総指揮 豊島雅郎 出演者 () 音楽 主題歌 「」 撮影 小宮山充 編集 制作会社 製作会社 『ういらぶ。 』製作委員会 配給 アスミック・エース 公開 上映時間 100分 製作国 言語 興行収入 8億円 『 ういらぶ。 』のタイトルで、に公開。 監督は、主演は()。 キャスト(映画) [ ]• 和泉凛:()• 春名優羽:• 坂下暦:• 藤蛍太:• 佐伯実花:• 佐伯和真:• スタッフ(映画) [ ]• 原作:「ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-」(「 」刊)• 監督:• 脚本:• 音楽:• エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎• プロデューサー:田辺圭吾、• ラインプロデューサー:• 撮影:小宮山充• 照明:保坂温• 美術:寒河江陽子• 録音:金杉貴史• 装飾:田中宏• 編集:• 衣装:纐纈春樹• メイク:宮内三千代• スクリプター:藤島理恵• 選曲:藤村義孝• 音響効果:壁谷貴弘• VFXプロデューサー:加賀美正和• 助監督:吉村昌晃• 制作担当:持田一政• 制作プロダクション:、• 配給:アスミック・エース• 製作:『ういらぶ。 』製作委員会(アスミック・エース、、、、共同テレビジョン、、、、、) 映像ソフト化 [ ] 映画が収録された『ういらぶ。 』のDVDおよびBlu-rayと、映画および特典映像が収録された『ういらぶ。 豪華版』のDVD BOX(3枚組)およびBlu-ray BOX(3枚組)が2019年5月9日に発売された。 2019年5月16日発表のオリコン週間ランキングで、DVD 1. 3万枚、BD 1. 3万枚を売り上げ、映画DVD部門 1位(DVD総合 1位)、映画BD部門 1位(BD総合 2位)を獲得した。 ムービーコミック [ ] で2018年7月22日より配信のボイスコミック。 初回配信は1話と2話同時配信で、毎週日曜日に配信開始。 全24話。 キャスト(ムービーコミック) [ ]• 和泉凛 -• 春名優羽 -• 藤蛍太 -• 坂下暦 - スタッフ(ムービーコミック) [ ]• 原作 - 星森ゆきも「ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-」(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」)• 企画 - 上田徳浩• プロデューサー - 鈴木健太郎、平木美和• アソシエイトプロデューサー - 中島章博• 総合演出 - 曽根原千秋• 演出 - 韓京勲• 主題歌 - 「」• タイトル - 鳥尾美里• 音響効果 - 下城義行• MA -• 協力 - 小学館• 制作協力 - アイムエンタープライズ、、• 宣伝 - 野沢浅見• サイト編集 - 岩館亜紀• 制作 - TOTSU CG Production• 製作 -• 著作 - 星森ゆきも、小学館、 脚注 [ ] []• TOWER RECOROS ONLINE. 2018年10月4日閲覧。 國際采昌、2019年1月20日公開。 2020年4月10日閲覧。 サンスポ. 2019年2月6日. 2020年3月11日閲覧。 コミックナタリー. 2018年11月10日閲覧。 映画『ういらぶ。 2020年3月11日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年3月11日閲覧。 Sho-Comi公式サイト. 2018年7月14日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

特典映像が盛りだくさんでやばい!黒髪と茶髪の平野紫耀さんを楽しめる!映画『ういらぶ。』のDVD豪華版の内容と感想

うい らぶ 出演 者 名前

平野紫耀初主演作品「SHARK」の監督のイニシャルはK!! 彗星のように関西ジャニーズJr. のコンサートに現れた平野紫耀くんが初主演したのが、テレビドラマ「SHARK」。 昔からのファンなら懐かしくて泣いてしまうような、平野紫耀くんの魅力がいっぱい詰まった作品でしたよね。 その「SHARK」の監督のお名前が窪田崇さんです! 窪田のKではないでしょうか?? 初出演作品だし、当時の平野紫耀くんは今よりかなりぶっ飛んでいたので可能性ありますよね? いや〜それなら当時のエピソードがたくさん聞けるのではないでしょうか!! ファンとしては嬉しい限りです。 ま、確信はないのでオンエアを待ちましょう。 平野紫耀くんの魅力が爆発してます! 楽天で購入 平野紫耀の天然キャラは計算? 平野紫耀くんの発言は関西ジュニア時代に若手お笑い芸人が恐れているというボケっぷりでした。 当時彼の通訳役として関西ジャニーズJr. に在籍していた金内柊真くんは、レギュラー番組中にはぴったり彼の隣に張り付いていました。 それはなぜか? 平野紫耀くんがあまりにもすっとんきょうな発言をするので、それを食い止めるためだったんですね。 そう言えば、金内柊真くんもイニシャルは「K」。 でも、今やジャニーズを退所して一般人になっているので金内柊真くんではないでしょう。 デビュー前に平野紫耀くん、永瀬廉くん、高橋海人くんとでユニットを組むことが多かったんですよね。 当時、関西で活躍していた平野紫耀くんは永瀬廉の影響もあって関西弁を話していました。 関西弁を話す二人に挟まれていた高橋海人くんは、時々関西弁を話しては二人からいじられていたとか。 それでも自信家の高橋海人くんは 「俺って、関西弁うまいから」 などの発言をしては、二人からシカトされていたのを知っているファンも多いでしょう。 ま、違うとは思いますが。 時期的に「ういらぶ」の番宣なので同映画の監督では? 「ういらぶ 」の公開が11月19日に迫って、平野紫耀くんも番宣に忙しい時期です。 いまだに平野紫耀と検索すると「エリンギプール」が出てくるくらいです。 なので、演技では?なんて言われてしまうのかも。 私としては芝居でもいいです。 そこまで計算できる平野紫耀くんなら今後きっと大物になってくれることでしょう!.

次の