モグワン 原料。 モグワン ドッグフードを専門家が評価!怪しい噂や口コミ評判/初回半額制度を解説

モグワンドッグフードの悪評・悪い口コミ5個を徹底調査

モグワン 原料

手作りレシピを再現したイギリス産のドッグフード「モグワン」。 良くも悪くもいろんな口コミや評価をされてしまっているドッグフードなので、モグワンに対して 悪い印象を抱いている人も少なくありません。 そこで私は、1人の飼い主として公平にモグワンを評価することにしました。 実際に 約3年(2020年7月時点)ほどモグワンを利用している私だからこそ分かるメリット・デメリットもあるので、その辺りも詳しく紹介していきたいと思います。 原材料 5. 0 栄養バランス 5. 0 無添加 5. 0 安全性 5. 0 コスパ 4. 0 内容量 1. 8kg 価格 【通常】3,960円 【定期】3,564円 ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中! 目的 総合栄養食 タイプ ドライフード 対応年齢 全年齢対応 原産国 イギリス 目次• まずはモグワンドッグフードの中身をレビュー! 我が家ではもうかれこれ3年ほどモグワンを購入しています。 原材料の下に黒字で印字されているのが、 賞味期限と 製造ロット番号です。 これですね。 給餌量はパッケージの横に記載されています。 それでは次に、袋を開封してみましょう。 実はモグワン、マジックテープっぽいチャックを採用しています! このチャックを採用しているドッグフードがまだまだ少ないので、初めて見た時とても感動しました。 開け閉めしやすいうえに、保管性がすごくいいので助かってます。 袋の中からは、 ジャーキーのようないい香りが漂ってきます。 サーモンをたっぷり使っているドッグフードですが、魚の匂いはほとんど感じません。 少しお皿に出してみましょう。 粒の雰囲気がうまく伝わりますかね?真ん中に穴が空いた ドーナッツ型の小粒です。 油っこさは感じず、手に持ってもベトベトになることはありません。 粒の大きさは 直径8mm~1cmといったところでしょうか。 口の小さな犬や小型犬でも問題なく食べれる大きさですよ。 粒の厚みもそこまでありません。 そもそもドーナッツ型が噛みやすい形状なので、 よほど歯が弱くない限り食べづらさをあまり感じないかと思います。 ちなみに、モグワンの販売会社(レティシアン)が取り扱う他のドッグフード(と)の粒も同じ形状です。 色味がやや違うだけで、形も大きさもすべて一緒です。 ちなみに我が家では、いつもモグワンの上に何かしらトッピングしています(お肉・ウェットフード・果物・ヨーグルトなど)。 ウェットフードはAATUやアルモネイチャーなど質の良いものをあれこれローテーションし、ヨーグルトは無糖のプレーンヨーグルトを利用。 そして、 トッピングする時は必ずモグワンの量をちょっと減らします。 じゃないと栄養過多になってしまいますからね。 相変わらずパクパクと夢中で食べています。 モグワンに切り替えたばかりの頃は警戒して残すこともしばしばありましたが、今は残すことはまずありません。 いつも袋を開けるたびに喜んで駆け寄ってくるくらいなので、よほどモグワンを気に入っているのでしょう。 モグワンドッグフードを3年続けて分かったこと! 我が家ではもうかれこれ3年ほどモグワンを利用していますが、愛犬はこれまでモグワンを食べ残したことはなく、毎回きれいにペロリと平らげています。 粒の大きさも丁度いいようで、口からポロポロこぼすこともありません。 モグワンを食べているこの3年間はうんちも良好。 軟便や下痢をしたことは一度もなく、吐いたり嘔吐したこともありません。 そんな愛犬はもうすっかり11歳のシニア犬ですが、周りからは「シニアには見えない」とよく言われるほど動きも軽快。 よく成犬と間違えられるほどです。 それはモグワンのおかげなのかどうかは分かりませんが、犬の見た目は食事内容でも変わると言いますから、きっと愛犬にとってモグワンは良いご飯になっているのでしょう。 愛犬がモグワンに落ち着いてから、 「良い食事は犬の健康と幸せを守る」という意味がとてもよく理解できるようになりました。 もしモグワンを試してみようか迷っているのであれば、一度実際に1袋試してみるといいと思いますよ(もちろん愛犬の体質に合わない原料が入っている場合は控えて下さいね)。 じゃないと、 ネットの嘘くさい評価やそれを叩くブログに振り回されて終わります。 変なドッグフードなら「買う前によく考えて!」とアドバイスできますが、モグワンに関しては止める理由が見つかりません。 ご自身の愛犬とモグワンの原材料の相性が良さそうであれば、 きっとモグワンは愛犬にとって良いご飯になると私は思っています。 デメリット• 小粒しかない。 鶏肉アレルギーのある犬には食べさせられない。 お試しサンプルがない。 ステマサイトが多いから良さが分かりにくい。 個人的にはすごく好きなモグワンですが、どんなドッグフードもやはりメリットばかりではありません。 最近の日本は小型犬向けのドッグフードが非常に多く、モグワンも残念ながらその1つです。 中型犬や大型犬には粒が小さいうえに、 コスパが良いとは決して言えません。 あと、気軽に試せるサンプルがないのもモグワンの欠点ですね。 「サンプルじゃなくて最初から1袋試してね」というのがモグワンの販売スタイルなので、もともと本商品から試すことに慣れていない人は抵抗を感じるかもしれません。 やはりここまで徹底して調べないと、モグワンの本当のところを評価するのは難しいです。 調査から分かったのは、モグワンは怪しいドッグフードでも変なドッグフードでもないということ。 むしろ、 犬の健康としあわせをきちんと考えて作られた良質なドッグフードです。 まず、モグワンの特徴を見てみましょう。 欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしたイギリスの工場で製造。 人間用の食品工場で加工出荷された原料のみを使用。 原料をスチームで低温加熱調理。 トレーサビリティが確保されている(製造ロット番号の印字)。 輸送中の温度管理も徹底されている。 副産物・遺伝子組み換え食品不使用。 合成保存料・着色料・香料など不使用。 肉・魚・野菜・果物をバランスよく配合。 モグワンにはこれといって不安な要素がありません。 強いて言えば、原料をどこから調達しているのかもっと具体的に開示してあるといいですね。 質の良い原料を使うためならイギリス国内に限定しないのがモグワンですが、どこの国・地域から仕入れているのか説明があるとより安心して使えるのになと感じました。 監査・質問調査・製品分析などあらゆる品質検査をクリアした人間用の原料のみを使っているとのことなので、余計な不安を抱く必要はないと思いますけどね。 個人的に気になったのはそれくらいで、モグワンは欲しい食材がバランスよく入った理想のドッグフードです。 モグワンを食べていれば、お肉だけに偏る心配もなく魚だけに偏る心配もない。 肉も魚もちゃんと食べれて、そのうえ抗酸化成分が含まれた野菜や果物もバランスよく摂取できます。 とくにオメガ3脂肪酸が豊富な サーモンオイルと、 関節軟骨成分(グルコサミン・MSM・コンドロイチン)が入っているのはポイントが高いですね。 これらをサプリメントで追加する人も多いですから、ドッグフードの中に最初から含まれていれば余計な追加もなく、コストの面でも大助かりです。 モグワンについていろいろ調べると、 単純にどのサイトでも評価が高いから選ばれるのではないんだなということがよく分かります。 質も安全性も高くて価格が良心的。 この絶妙なバランスが、選ばれる最大の理由なんだと分かりました(実際に私もこのバランスに惹かれて購入を決めました)。 ネット広告を見て購入しました。 はじめの2回は完食しましたが、その後は残すように…。 手であげても床に落として食べません。 他のメーカーの小粒フードなら完食します。 涙やけは良くなったように感じますが、それがモグワンのおかげなのかはよく分かりません。 高いフードだったので残念です。 次回は買いません。 モグワンドッグフードの口コミ・評判まとめ モグワンの口コミを調査するにあたり、実際に利用している飼い主さん2人から直接感想を頂戴し、あとは通販サイト、SNS、ブログなどでモグワンの口コミをリサーチしました。 そこから分かったのは、 悪意のある口コミが多く紛れ込んでいるということです。 「モグワンは悪評が多い」と言われるのはこのせいでしょう。 実はこれ、モグワンだけでなく人気ペットフードによく見られる行為です。 ネット上の口コミをよく参考にする人は、ある程度一歩引いた目線で参考にすることが大切です。 最近よく、ブログやTwitterなどで人気ペットフードの悪質なデマを流す人がいるんじゃ。 すべてが本物の口コミだと思い込まない方がいいぞ。 口コミや評価は個人的な主観が入っているものがほとんどですから(もちろん当サイトもそうです)、参考程度に留めてうまく活用するのが賢いやり方かと思います。 もしくは、モグワンに関しては実際に利用している人から直接感想を聞くといいでしょう。 ネット上にある口コミよりも、正直な感想を聞くことができますよ。 口コミや評判に振り回されないためにも、 まずはご自身でしっかりペットフードについて勉強されることをおすすめします。 その上で、モグワンというドッグフードを判断しましょう。 そして、 愛犬の体や健康についてもよく理解することです。 じゃないと、そもそも体質に合った相性の良いドッグフードを選ぶことはできません。 モグワンドッグフードの価格は公式サイトが安い! 調査した結果、 モグワンを安く購入できるは公式サイトであることが分かりました。 楽天での販売はありません。 1〜2袋だけ購入する場合はAmazonの方がお得ですが、まとめ買いをする人や継続する予定のある人は、公式サイト経由の定期コースを利用した方が割引も入ってお得です。 初めての人ならモグワンドッグフードを1,980円で試せる! Amazonだとモグワン1. 8kgが 4,968円(税・送料込)。 公式サイトなら、初めての人に限り同じサイズを 1,980円(税・送料別)で購入することができます。 計算すると、 公式サイトなら約2,190円ほど安くモグワンをお試しできるんですね。 質の良いドッグフードの中にはもっとお値段が張る商品もありますから、そう考えるとモグワンは価格が良心的だなと感じます。 定期コースはいつでも解約・休止・変更が可能! 「定期コース=変な縛りがある」と思われやすいのですが、モグワンの定期コースにはややこしい縛りが一切ありません! 次回お届け予定日の7日前までに連絡すれば、いつでも好きな時に解約・休止・変更などが可能です。 \【限定】今なら初回50%OFF!/ モグワンドッグフードとカナガンドッグフードって何が違うの? モグワンとは、同じ販売会社が取り扱ってる商品ということもあり、比較されることが非常に多いドッグフードです。 一体どのような違いがあるのか? 内容量や価格をはじめ、原材料、保証成分値、特徴などを詳しく比較してみました! 項目 モグワン カナガン 内容量 1. あとオメガ3脂肪酸にも注目して欲しいのですが、 モグワンはカナガンよりもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているんですね。 これは、モグワンの方がカナガンよりも0. 愛犬の皮膚や被毛の健康維持をより意識したいのであれば、少しでも多くオメガ3脂肪酸が含まれたモグワンを選ばれるといいかもしれませんね。 どちらが良いのか?というのは愛犬の体質・健康状態によって変わりますので、 それぞれの違いをよく比較し、その上で適したフードを選んであげるようにしましょう。 サーモンの匂いが苦手。 香料や調味料が添加されたドッグフードに慣れてしまっている。 粒の形や硬さが気に入らない。 これらは、数々の口コミの調査からなんとなく読み取ったこと、そして 実際にモグワンを食べなかった犬の飼い主さんからお話を伺った結果をまとめています。 では一体、どのようにこれらを解決したらいいのでしょうか?理由別に対策方法を紹介していきたいと思います。 サーモンの匂いが苦手な場合 実は、私の友人が飼っているトイプードルもこれでした。 魚が入っているドッグフードはことごとくダメで、チキンやラム肉などのドッグフードは毎回喜んで完食します。 もしもこのタイプに当てはまる場合、 無理にモグワンを与える必要はありません。 むしろ食べない方が不健康なので、好きなお肉が使われているドッグフードに切り替えましょう。 香料や調味料が添加されたドッグフードに慣れている場合 香料(フレーバー)や調味料を添加しているドッグフードに食べ慣れている犬の場合、そういったものを敢えて添加していないモグワンを食べ渋ることがあります。 モグワンに慣れてくると何でもない場合がほとんどですが、慣れるまでは 今まで与えていたフードも少し混ぜながら時間をかけて移行してみるといいでしょう。 粒の形や硬さが気に入らない場合 モグワンは口の小さな犬でも食べやすい形状ですが、中には小さすぎて食べづらい、硬くて食べにくいと感じて食べ残す犬もいます。 そんな時は、 ぬるま湯でふゆかすなどの工夫をするといいでしょう。 食感が変わることで食いつきが良くなることもあります。 \【限定】今なら初回50%OFF!/ モグワンドッグフードの給餌量は1日どれくらい? モグワンの給餌量についてはパッケージに記載されているので、ここでは それぞれのライフステージに合ったモグワンの与え方や注意点をまとめてみました。 子犬の場合 子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。 月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。 生後5~6ヶ月頃から、餌の回数を1日 2回程度にします。 成犬の場合 成犬は、 15kgまでは体重の1. ただし、個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。 犬は食餌と食餌の間隔が長くても大丈夫なので、餌の回数は1日 2回で問題ありません。 消化率や代謝率が低下するため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。 餌の回数は、消化器への負担を軽くするためにも1日 2~3回に分けて与える必要があります。

次の

『モグワン』のドッグフードで後悔しないための【お役立ち情報】

モグワン 原料

少しでも愛犬に適した良質なドッグフードを食べさせてあげたいとの趣旨のもと、今回はどちらも無添加で良質な最高級のプレミアムフードである、犬心ドッグフード「消化器ケア」と当サイト一押しの「モグワン」を徹底比較してみました。 両者共に全犬種に対応しているドッグフードですが、犬心ドッグフード「消化器ケア」は、通常のドッグフードと違い、ワンちゃんの消化器系トラブルに対応するための「特別療法食」であるところが大きな特徴となっています。 犬心ドッグフード「消化器ケア」とモグワンとの特徴をピックアップして比較していきます。 また、それぞれのフードのメリットデメリットを一目で分かりやすく比較紹介します。 愛犬の悩み解決に向いており、あなたのこだわりに合ったドッグフード選びの参考に役立ててください。 モグワンと犬心ドッグフード「消化器ケア」の特徴比較 モグワン 犬心ドッグフード「消化器ケア」 原産国 イギリス 日本 開発会社 式会社レティシアン 大和菌学研究所 主原料 チキン&サーモン56%チキン生肉21% 生サーモン12% 乾燥チキン12% 乾燥サーモン7% チキングレイビー2% サーモンオイル2% 生肉(牛・鶏・馬・魚肉) 内容量 1. 8kg 1. 犬心ドッグフード「消化器ケア」は、肉類で一番アレルギ反応が出やすい牛肉が含まれています。 また4種類のメイン動物食材を使用している点でもモグワンよりアレルギーの出る危険性は高まるでしょう。 さらにグレインフリーではないので穀物が使用されています。 ただし、馬肉は低アレルゲンの肉です。 「原材料へのこだわり」 どちらのドッグフードも材料へのこだわりはピカ一。 ヒューマングレードで、人間が食べても大丈夫な品質の原材料を使用した無添加フードです。 どちらも肉類の動物タンパク質が、第一主原料になっています。 「モグワン」 チキンはイギリス産で、鶏を自由に放し飼いする「平飼い」で飼育。 生サーモンは高品質で有名なスコットランド産。 その他の野菜や果物なども、海外産でしょう。 海藻は、カナダ・北欧の北大西洋沿岸に生育するアスコフィラム・ノドサム。 野菜、果物、ハーブとこれだけたっぷり入ったフードはなかなかありません。 チョイス内容もいいですね。 炭水化物源には、GI値が低いサツマイモを穀物の代わりに使用しており、穀物アレルギーや血糖値対策もバッチリ。 また、グルコサミンとコンドロイチンも配合されており、シニア犬への配慮もされています。 さらに乳酸菌も含み腸内環境を整えてくれます。 「犬心ドッグフード消化器ケア」 犬心ドッグフードは、特別療養食だけに、体に良い食材が使われています。 まず注目したいのが、有胞子乳酸菌であり、さすがに「消化器ケア」の療法食フードの面目躍如といえます。 よく乳酸菌使用のドッグフードがありますが、実は一般の乳酸菌では、生きたままワンちゃんの腸にまで届きません。 最近は死んだ乳酸菌でもエサになることが分かっていますが、本来の効果を得るためには生きたままワンちゃんの腸にまで届く必要があります。 その点有胞子乳酸菌は、熱や強烈な胃酸にも耐えることが可能で、生きたまま腸にたどり着いて絶大な効果を発揮してくれます。 また、犬心シリーズはキノコにこだわっています。 キノコにこだわる理由は、販売元の「大和菌学研究所」が研究工房として、キノコの研究・製造を行っているためです。 犬心に含まれているのは、自社製造している奈良産の三輪山品種の「やまと花びらたけ」であり、これに好相性となる和漢キノコの「冬虫夏草」をミックス配合することで、ワンちゃんの免疫力を向上させその状態をキープする働きがあります。 栄養成分比較 比較成分 モグワンドッグフード 犬心ドッグフード「消化器ケア」 粗タンパク質 28. 低カロリーなので、体重管理すべき肥満犬にはおすすめです。 オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の配合バランスが非常にいいです。 この2つのバランスが良くなければ効果があまり発揮されません。 市販されているフードは簡単に摂取可能なオメガ6が過剰で、オメガ3が不足している傾向があり、アレルギーなどの皮膚病を引き起こす原因のひとつになっています。 「犬心ドッグフード消化器ケアの成分」 犬心ドッグフード消化器ケアは、犬の胃腸トラブルに対応した特別療養食のため、高栄養・高消化性の栄養調整となっています。 オリゴ糖、難消化性デンプン、食物繊維などの善玉菌のエサとなる成分を高配合することで善玉菌アップを目指しています。 善玉菌アップの成分を企業ヒミツの比率でミックスして、腸内環境を健康に保ちます。 また、下痢・嘔吐による脱水&ミネラル不足の対策として、ミネラルバランスの最適化のために、ナトリウム約0. どっちがお得?価格とコスパを徹底比較 モグワン 犬心ドッグフード消化器ケア 通常価格 3,960円(1. 8kg) 3. 600円(1. 25kg) 定期購入価格 3,168円(1. 5kg)1,120円OFF 1kgあたりの価格 2,200円 3. 000円 通常価格での1kgあたりの価格を比較した場合、モグワン2,200円、犬心ドッグフード消化器ケア3. 000円となりモグワンの方が安いことが分かります。

次の

モグワンはパピー(子犬)期もあげられる?子犬用がない理由と与える時の注意点

モグワン 原料

今回は、 プレミアムドッグフード… 【モグワン】の良いところや悪いところなど、皆さんが後悔しないためのことをお伝えしたいと思います。 また、最後のほうで、 とってもお得に買えるキャンペーン情報もご紹介しますので、【モグワン】のドッグフードで損しないためにも、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。 飼主の皆様は愛犬のドライフードへの食いつきが悪く、毎日の犬の食事時間に苦労を払った経験をお持ちではないでしょうか。 特に、愛犬ともに末永く健やかな時間を長きにわたって続けたいとの希望をお持ちの飼主さまは、すこしでの愛犬の健康に配慮したフード選びに苦労していると思います。 せっかく探してきた健康的なフードを与えても、全然喜んで食べてくれない! ……だからといって、食いつき重視で大量の化学合成された添加物を大量に含んだ粗悪なフードも与えたくない! このような思いに駆られて、色々なドッグフードを試行錯誤しては失敗ばかりで、途方に暮れている飼主さまにぴったりなのが、イギリス生まれのドッグフードなんです。 【モグワン】のドッグフードは、犬の食生活の専門家集団が、食いつきのよさと健康を最大限に考えて開発されました。 2年もの歳月をかけ、原材料の選定から粒の硬さにいたるまで、犬のためのフード開発の為に従来の方法を一から見直して開発に成功したプレミアムフードなのです。 チキンの栄養素の特徴は、脂質が低い反面、高たんぱくな点にあります。 平飼いのチキンなので余計なストレスのない環境で、のびのび飼育されていますので、肉質も非常に良好です。 市販のフードには、様々な獣肉由来の原材料が配合されていますが、特に日本では規制が緩いため、質の悪い肉類が多様されていることは珍しくありません。 【モグワン】が使用しているチキンは肥育環境も良好で、清潔な環境で生育されており、病気予防のための抗生物質を餌に配合するなどの心配も一切ありません。 チキンには、犬の健康をサポートするビタミン類やセレンが豊富です。 とりわけチキンに含まれるセレンやビタミン類は、免疫機能を維持する上では必須のミネラルです。 <サーモン> 肉食が基本の犬にとって、多様なたんぱく供給源を確保するのが、より望ましいといえます。 そこで【モグワン】にはたんぱく源として、サーモンも配合されています。 サーモンは世界的産地として有名なスコットランド産のサーモンを厳選しています。 生物の体内では日々の生命活動の中で活性酸素が生成されています。 活性酸素は特に血管壁にとりつき、周囲の組織に酸化を促し血管内壁を傷つけます。 この現象のせいで血管の柔軟性が失われ、老化促進や病気発症につながるのです。 サーモンに多く含まれているアスタキサンチンには活性酸素に対して、高い酸化還元作用を発揮し、犬に有害な活性酸素の働きを抑制する作用があります。 健康を維持するDHAやEPAなど魚油由来の不飽和脂肪酸を豊富に含み、美しい毛並みや健康な皮膚の維持をサポートします。 <ココナッツオイル> 世界的に健康意識の高い人々の間で人気の高いココナッツオイルも、【モグワン】には配合されています。 吸収分解が早い中鎖脂肪酸はエネルギー効率が非常に高く、新陳代謝を活性化します。 また、ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、免疫機能を高め、細菌等への抵抗力を高めてくれる作用が期待されます。 <リンゴ> リンゴには、消化器官の蠕動運動をサポートする水溶性繊維であるペクチンが豊富です。 クエン酸やリンゴ酸は糖の代謝を活性化し疲労回復効果を持っています。 また、アンチエイジング成分であるポリフェノールも豊富なので、高齢犬にもおすすめです。 ミネラルとしてはカリウムも豊富で血圧調整やお通じを改善するなどの効果を期待できます。 <海藻> 大海原の豊富なミネラルのなかで育つ海藻は、非常に高い栄養素を有しています。 【モグワン】にはカナダや北欧の大西洋沿岸に自生する海藻である、アスコフィラム・ノドサムを原材料に採用しています。 ミネラルばかりでなくビタミン類や豊富なアミノ酸を含んでいる上に、オメガ3脂肪酸もふんだんに含んでおり、愛犬の全身の健康だけでなく毛並みの美しさを維持するうえでも実力を発揮します。 <サツマイモ> ヒューマングレイドにこだわった【モグワン】の素材には、その他にもサツマイモが原材料に使用されています。 サツマイモは消化吸収に優れ、犬の消化器官への負担が少ない反面、原材料が高価なためドッグフードには使用されてきませんでした。 しかし【モグワン】では、犬の健康のためにあえて高価なサツマイモも原料に取り入れています。 そのため肉類中心の高たんぱくな食材をメインに摂取することが、健康な生活を送る上では欠かせません。 もちろん市販のドッグフード類の中には、たんぱく質を高く配合しているもの市販されています。 しかし、原料には出自の明らかでない種類も多く、コストを削減するために肉骨粉や病死獣肉が使用されているリスクもあります。 この点【モグワン】は平飼いチキンと大西洋産の新鮮なサーモンを主要たんぱく供給源にしているので、安心です。 また、市販のフードでは、小麦や大麦などの穀物が増量剤として多用されていることがよくあります。 しかし、犬には炭水化物を消化するためのアミラーゼを分泌しておらず、栄養価はほとんどありません。 そこで【モグワン】は、小麦などの穀物は使用しない、グルテンフリーで製造されています。 私達が毎日の食事を作ったものを給仕する感覚で、味わえるハンドメイド感覚をドッグフードにも再現することを目指してレシピは考案されています。 そこで原材料は全て人間が食べても問題のない、ヒューマングレードのものを使用し、マーケットで旬の食材を選んで家庭料理を作るように、厳選した原材料をバランスよく使ったレシピに至りました。 【モグワン】だけで犬の栄養分は十分に取れるので、あとは飼主さまがご褒美に色々なものをトッピングしてあげるのは自由自在です。 季節の野菜に、旬の果物などを愛犬の好みに合わせてトッピングしてあげれば、ワンちゃんの食事時間も一層楽しいものとなるでしょう。 ミルクを卒業したての子犬から、歳を重ねた老犬まで、愛犬ならどのような段階からでも給餌することができます。 原材料を厳選したヒューマングレードのものを厳選して採用しているので、嗜好性が高く食いつきも抜群の良さを誇ります。 しかし、少しの注意を払うことで、より【モグワン】の良さを引き出して実感することが出来るでしょう。 モグワン ドッグフードの効果的な与え方について考えてみましょう。 まず、切り替え時の注意すべきポイントから検討しましょう。 どのような高品質のフードでもいきなり切り替えると、消化器に負担になる場合があります。 そこで最初の内は、規定量の下限からあたえるようにしましょう。 特に急激な切り替えは避けて、1週間程度を掛けて徐々に【モグワン】に切り替えていくようにしてください。 育ちだかりの子犬に与える場合には、1日4回くらいにしてこまめに与えるように気をつけてあげましょう。 できれば生後6ヶ月くらいまでは、1日4回与えるスタイルで通すのが安全です。 子犬の時期は胃腸の機能が不完全なため一度に多くは消化できないこともありますが、空腹時に低血糖症状のリスクがあるためです。 【モグワン】のドッグフードはレシピをシンプルにしているので、飼主さまがトッピングを加えてあげるのも簡単にできます。 例えば夏場の水分の豊富な野菜を好む犬の場合には、トマトやきゅうりの細ぎりをトッピングしてあげるのも一案です。 食感に変化をつけるために昆布の出しにゼラチンを加えてデリー上になったものをクラッシュすれば、あまり水を飲まない犬も食事と同時に水分補給を行うことが出来ます。 あるいは冬場などにスープスタイルにすると温かいので、嗜好性が一層高まります。 ニンジンなどの根菜類を食べ易い大きさにカットして、柔らかくなるまでゆでます。 柔らかくなった野菜をドッグフードにのせて、ぬるま湯を加えれば出来上がりです。 この時のポイントはあくまで人肌程度のぬるま湯であること。 熱湯をかけると【モグワン】のビタミンなどの栄養素が壊れてしまいます。 口コミを参照してみましょう。 「あまりの食いつきの良さにびっくりしました。 ドライフードが苦手でどの種類に切り替えても食べ遊びをしたり、大半残してしまったりして、おやつの量がついつい増える始末。 今まで食べさせるのに苦労して来たのですが、今ではそんな記憶は考えられないほどです。 嬉しそうに食べてくれるので切り替えて本当に良かったです。 」 やはりドライフードを好まないので困っている飼主さまは多いようです。 このフードが良いといわれれば色々試すことを繰り返していらっしゃる飼主さまには、【モグワン】を与えたときの食いつきのよさに驚嘆される経験をされる方が多いようです。 これ以外の口コミでも食いつきの良さを評価する声が多く見受けられました。 「プレミアムフードを喧伝されているフードは色々ありますが、実際に与えてみるとあまり変化を感じることが少ないのがこれまでの実感でした。 このフードは添加物の心配がなく、かつ関節にも良いので、少し高齢に差し掛かりつつある我が家の犬も今でも元気一杯です。 カロリーも少なめなので、避妊手術後を経験している場合の肥満が心配な我が家では心強い味方です。 」 避妊手術を経験した犬では高齢になるほど、体重管理が重要になってきます。 健康管理の上では肥満防止や全身の関節状態の維持などが重要ですが、【モグワン】には両方の心配にこたえてくれる成分配合に高い評価が寄せられています。 「原材料を見て、人間が食べても良いものばかりで驚きました。 本当のところを言えば手作りフードを作ってあげたいのですが栄養バランスが難しいので諦めていました。 手作り感覚にちかいレシピで出来ているので、とっても嬉しいです。 」 やはりヒューマングレードの食材を使用している点に、安心感を抱かれている飼主さまが多いように見受けられました。 「劣化スピードが速いので長期保管にむかない!」 【モグワン】は劣化が早い、との悪い評価が見られました。 これはヒューマングレードの材料を原材料に使用していることが関係しています。 一般的なフードでは、賞味期限を延ばすために酸化防止剤や保存料などの化学的に合成された食品添加物が使用されています。 しかし、【モグワン】のドッグフードはこれらの添加物は使用していません。 そのため、一般的なフードと同じ感覚で与えていると劣化するのが早い、との印象をもたれてしまうようです。 しかし、これらの添加物はアレルギーや内臓障害などのリスクを抱えています。 愛犬の健康を考えれば開封後長期保存に向かないのは、むしろ安全性の高さを証明しているものとも考えることが出来ます。 さらに【モグワン】は1. 8kgサイズから購入できるので、ほとんどの犬では1月以内に使い切ることができるでしょう。 そこで最後までおいしく食べさせるための一工夫を考案してみましょう。 ポイントとしては冷暗所で保管する、できるだけ空気に触れないようにして酸化を防ぐ、この2点を抑えておきましょう。 具体的にはジッパー付きの袋などに小分けにしておく方法が簡単です。 もちろん小分けにするのはひと手間かかりますが、人目であと何食分残っているかがわかり、空気に触れるのも最小限に抑えることができます。 このような一手間で鮮度を維持して、最後までおいしく愛犬に食事を与えることが出来ます。 原材料の全てがヒューマングレード使用と言うのは大きな魅力なので、保管方法を工夫してその魅力を引き出すようにしてください。 毎日欠かさず最高のフードを愛犬に与えたいとの思いの強い飼主さんのために、【モグワン】のドッグフードはキャンペーンを実施しています。 定期で購入すると最大20%割引のお得なコースです。 例えば1袋は3960円(税抜)ですが、 2袋以上の購入なら 15%オフの3366円(税抜)でお求めいただけます。 さらに、まとめて3袋以上(1万円)購入すると送料及び代行手数料が無料になります。 しかも、お届け周期とお届け個数は飼主さまが、ワンちゃんの様子に応じて自由に設定することができます。 もちろん休止再開はいつでも可能です。 商品が貯まってしまったら、一旦休止するのも自由です。 もちろん途中解約も可能です。

次の