相席食堂 ナレーション。 かみひとえ|テレビ朝日

KABアナウンサー » 土屋孝博

相席食堂 ナレーション

ノブ「お隣よろしいですか?」 大悟「どうぞ」 二人「千鳥の相席食堂です」 ノブ「もう、丸パクじゃあ!!!!」 大悟「ハッハッハ!!!これはンよ、本当に。 これはやっちゃダメよ。 」 ノブ「これ、だけはね!誰やこれ考えたん!?」 「あ、僕です」 ノブ「また君か!?」 大悟「君ではないけどね、考えた人は別にいるわけだから。 もう彼は涸れきってるから。 」 ノブ「亀田みたいに言うなぁ!」 VTR再生 ナレーター「今回、相席する旅に向かったのは…の富士見町。 そんな町で相席するのは…」 「どうも、こんにちは」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「さんや!」 ノブ「レッドヘアーズのボーカルの?こんなに髪赤かったか?」 大悟「見ない間により赤くなった……みたいな…夕方のニュースでよう見るみたいな…」 ノブ「ハハハ、のな!」 「どうも、こんにちは。 ロケはね、初めてなんですけど…ここは、僕の出身地でしてね…」 ノブ「岩手なんや」 「小学生の時はいじめられてまして、朝行ったら机の上に花があったり…」 \ちょっと待てぃ!/ ノブ「二度とその話すなよ!」 大悟「こんな明るいロケでそんな暗い話!こんなにも晴れ渡っているのに!」 「朝行ったら机の上に花があったり…担任もいじめに加担してましたから…このままじゃ生き地獄だなって思いながら過ごしてましたね…」 ノブ「もうええ、もうええ!」 テロップ AM11:55 ノブ「12時でええ!」 「いやー、まずは食堂を探さないと…」 通行人「レッドヘアーズのさんですよね?サインお願いできますか?」 「いいですよ」 大悟「いい人や」 、ペンを出すためにカバンを開ける \ちょっと待てぃ!/ 大悟「どうした?」 ノブ「見てみ?さんのカバン。 こんなに快晴やのに、レインコート入ってる」 大悟「ええやろ、それは。 心配性なんやろ。 急に雨降るかもしれんし。 」 ノブ「雨の心配してんの?レッドヘアーズが?」 大悟「それはするやろ、レッドヘアーズでも」 、ペンを出すためカバンを開ける 「ちょっと待ってくださいね、あっ!」 小銭「ジャラジャラジャラジャラジャラ!」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「小銭がジャラジャラて!チャリンとかやなくてジャラジャラて!」 ノブ「財布パンパンやろ〜これは…」 大悟「紙幣を知らん人やん」 小銭「ジャラジャラジャラジャラジャラ!」 「あ、あ、あ、ちょっとすいません 全部拾ってから はい、サイン。 」 通行人「ありがとうございます!」 「あっ、この店とか良さそうじゃないですか?『田中素麺』。 すいません、相席食堂という番組でカメラ入ってもよろしいでしょうか?」 ノブ「ええ人え人やなあ」 「すいません、ここ座らせてもらってもいいですか?」 相 席 成 立 ナレーション「田中素麺、生まれも育ちもここ、富士見町の店主が小麦粉から作る素麺は透き通るような白さと喉越しが特徴。 富士見町民自慢の一品。 」 「 素麺をすすって あ、美味しいですね。 あ、赤い麺も入ってる。 あれ?あ、自分の毛か。 」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「何今の?何を見せられたん?」 ノブ「自分の毛が赤いって忘れたんか!?」 テロップ PM2:05 ノブ「2時でええ!」 ナレーション「続いて、が訪れたのは…パスタ。 林の中に佇む落ち着いた雰囲気のお店。 消さないと。 ちょうどミヤネ屋が始まったから14時頃のことでした。 」 \ちょっと待てぃ!/ ノブ「冷静すぎるやろ!!!!」 大悟「この店主犯人ちゃう?」 ノブ「コラコラコラ!たしかに冷静すぎるけど!!!」 大悟「いや、だって自分の店の裏に死体あるんですよ?それもせっかくのTVロケで。 」 店主「裏の林で叫び声が聞こえて、行ってみたら田中素麺の店主さんが死んでたらしいです。 ちょうどミヤネ屋が始まるから14時頃のことでした。 」 「ええっ!?誰に殴られたんですか!?」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「なんで撲殺限定なん?」 ノブ「ハハハ!そうやなあ、普通は刺し、じゃあ〜!」 大悟「普通は、っていうのもおかしいけど…でも普通刺すよなあ!」 「誰に殴られたんですか?」 店主「それはまだわからないですけど…とにかく、冷める前に食べてください」 ノブ「食えるかあ!」 「あ、そうですね。 」 大悟「食えんのかい。 」 「ズズズ…あ、美味しいですね。 ここでタンの映像に切り替え ケチャップだけじゃないというか、すごいトマトが効いてるというか… ここでの映像 」 \ちょっと待てぃ!/ ノブ「どした?」 大悟「見てみぃ、さんの袖口。 もう赤いねん。 」 ノブ「本当だ!まだほとんど食べてないのに!」 大悟「タンに腕入れた人の汚れ方なのよ、あれは。 」 ノブ「韓国の露店の人や!」 「いやー、美味しかったです。 ありがとうございました。 どうもありがとうございました。 」 おわり \ちょっと待てぃ!/ 大悟「髪の毛、黒なってない?」 ノブ「ハハハ!暗いだけやろ!」 大悟「退色してるやん!」 ノブ「してない!暗いだけやって!」 おわり ノブ「今日、おかしない?」 大悟「おかしいんよ。 まず引っかかったんが小銭やな。 せやけど、他にもおかしいとこいっぱいある!」 ノブ「そやなあ。 」 大悟「結論いうど。 ワシはな、が田中を殺ったと思っとる。 」 ノブ「やっぱりか。 まずおかしいんは、小銭が消えとるんよ。 」 大悟「あの小銭が凶器じゃ、袋かなんかに詰めたら鈍器になる。 」 ノブ「そうやろ?だからさんはあの時『誰に殴られたんですか!?』って聞いたんや。 」 大悟「そうじゃ、あ、でも犯行時刻は2時やって言っとったからさんにはアリバイがあるか」 ノブ「いや、2時じゃないんよ。 テロップによると2時5分なんよ。 それで、店主曰く叫び声が聞こえたんはミヤネ屋がちょうど始まったところやから2時なのよ。 」 大悟「なるほど…今日行ったん誰や、このロケに。 」 スタッフ「あ、僕です。 」 大悟「あの〜、入る直前にさんいなくならんかった?」 スタッフ「え〜〜と、あ!確かにトイレ行きたいとおっしゃって、しばらくいなくなりました!」 ノブ「アリバイ崩れた!2時で良くなかったんや!」 大悟「つまり犯行の流れはこうじゃ。 まずはロケとして田中素麺に寄り、何らかの方法で店主をの裏に呼び出す。 その後、何事もなかったかのようにロケを続けるがの前で一旦トイレといってスタッフから離れる。 そんで、財布の中に入れた大量の小銭をビニール袋に入れて鈍器を作り、田中さんを撲殺する。 」 ノブ「返り血わい?返り血つくやろそんなんしたら。 」 大悟「レインコート持ってたやろ?あれで返り血防いだんやろ。 それでも袖口と前髪についてたけどな。 」 ノブ「そうか!だからタン食べてた時韓国の露店に…」 大悟「まあ、だからに入った頃にはついてたっちゅうことやな、あの血痕は。 そんで、ロケがエンディングを迎える頃には酸化して前髪についた血が黒くなったんよ。 」 ノブ「なるほどな…」 大悟「そんで、小銭を回収する。 時間がないからレインコートもの近くにあるはずだから、証拠になるど。 でも、動機がわからん。 」 ノブ「それは分かっとるわ。 冒頭で『小さい時いじめられてて』みたいなこと言っとったやろ?そんで田中は店主が地元育ちってナレーションで言うとったじゃろ?」 大悟「なるほど、いじめてたんが…」 ノブ「いや、違和感あるな、とは思うとったけど、推理繋がったな!古畑やん、もう!古畑やん!」 大悟「古畑じゃないです、新畑です。

次の

KABアナウンサー » 土屋孝博

相席食堂 ナレーション

見逃し配信リンク 配信期限: 2019年10月2日 水 00:17まで ちなみに執筆時、 にて、相席食堂の過去動画が配信されておりました。 お目当ての回が配信中か、リンク先で確認してくださいね! ざっくり感想(ネタバレ含む) 今週は一時間ほとんどが相席旅なので、 ちょっとおもしろい場所拾いきれません。 ざっくりざっくりで。 有名どころは、 滝川クリステル、神田沙也加、柏原芳恵、原田伸郎、 うつみ宮土理、ドリカム中村、マーク・マグワイア・・・ ぐわぁ、 滝川クリステルさんが強すぎる。 とはいえ、そんなド正面を大悟さんが切ってくるというのか。 これは困った。 ワンチャン、 身内が神田沙也加さんのファンてパターン無いかな。 笑いになりそうな強めの人なら、原田伸郎さんとうつみさんだけど、 下手すると失礼の可能性もあり。 消去法で 自分の予想は、 滝川クリステルさんでサラッと流すと見ます。 ・登場シーン 足元が映る。 大悟「誰や」ノブ「女の子」 すっと上にカメラが引いて全身が映る。 黒沢「森三中黒沢です」 <<ちょっと待てぇ~い>> ノブ「来ちゃったよ」 大悟「クセあり女だ」 さらっと面白いあだ名つける😄 しかし 顔が不安まみれだった。 ノブ「スタッフに人見知りしとるじゃない」 ・新しい、ノブいじり 黒沢「『居酒屋・む~』とか見ても、私たとえツッコミとか無いんですよ」 黒沢「ノブくんとか、何か言うんでしょ」 そして いきなり始まるナレーション。 ナレーション「ノブのたとえツッコミまで、5、4、・・」 ノブ「おえおえおえ!!」 3、2、1・・ ノブ「あ~!あ~~~!」 0! ノブ「出ない!!」 <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「出せ!」 ひょんなことから新しい笑わせ方が生まれた🤣🤣 2回やってました。 ノブ「このシステムやめて!」 スタッフさんの悪ノリだったのかな。 面白かった😄😄 ・オープニングがまた始まった しばらくVが流れた後、突然また最初からナレーションが始まった。 ノブ「な、な、何をやってんの」 大悟「変なことしよるな」 また2人には知らされてなかったようで。 テロップ「今夜はふたり体制で、 種子島の魅力を余す所なくお伝えします」 なるほど、こっからがロッシーさんね。 これはお互いが並行してロケしてる、「パラレル」相席旅て感じですね。 2人の様子をVを切り替えながら見る。 V切り替えでも「こっち何やってんねん」な笑いを起こせます。 相席食堂の初期も2人体制で、切り替えながらやってましたが、 そんな感じですね。 ・幸せ配達人に出会った、ロッシー 西之表港で「幸せ配達人」こと大門三郎さんが居た。 この方、演歌歌手らしいですが、気幸術なる謎の技の持ち主でもあるそうで。 ・大門三郎先生にもらい泣き、ロッシー 大門さんちに行って、その 持ち歌を聴いたロッシー。 ロッシー「大阪でいっぱい流れますよ」 ロッシー「 相席食堂の オープニングとかエンディングでも流れますよ」 大門「ウソも上手」 関西ローカル番組だから大阪って言ったと思いますが、 ネット放映があるから全世界よ😄 大門さんは、ただのお世辞ととらえたよう。 しかし、 スタッフさんの言葉で表情が一変。 スタッフ「これ番組のテーマ曲にいただいてもいいですか?」 大門「・・ホントに!?」 奥さん「わー!!」 <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「・・島のお年寄りをだますなよ」 ノブ「ユニコーンさん作ってくれてるから」 「ウソみたい」と喜ぶ。 大門さん、思わず感動して泣き出してしまう。 <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「断るんも断れなくなったわ!」 大悟「このお父さんの今の顔見てみろ」 大悟「ワシは、ユニコーンさんに断りを入れます!」 ノブ「入れるな!絶対しませんよ!」 悪い方向に行ってるぞ😅😅 と、ここでカメラがスッとロッシーさんに寄る。 もらい泣きで ボロッボロ涙流してるロッシーさん。 <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「大泣きしてるやんロッシーさん!」 カメラワーク🤣🤣 ロッシー「涙が止まらへん、なんでやろ・・」 いい人すぎるロッシーさん。 こっちも泣きそうになった。 <中略> ・ついに出会った2人 黒沢さんが行った店にロッシーさんも行ったり、 ドラクエ2か少女マンガみたいなすれ違いをやってましたが、 最終的には出会った2人。 ロッシー「黒沢さんだー!」 黒沢「あれ、ロッシーさんだ」 ロケ車から声だけが聞こえて遠ざかっていく <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「出会わし方ヘタクソ!!」 ロッシーさんとベンチ相席し、バナナを一緒に食べる。 ここで黒沢さんがめっちゃ嬉しそう😄😄 ずっと不安そうだったけど、 安心した顔が見れて良かった😊 そしてV終わりは大門先生のテーマ😄 ほっこりエンディング良かったなー。 そういや 「種子島の魅力を余す所なくお伝えします」 て書いてたけど、ロッシーさんほぼ大門三郎さんの家ですやん😄😄 ・テッシーさん出演 相席旅のVは終了。 しかし、 相席食堂のテーマソングを書いてくれたという話で、 ユニコーンのテッシーこと手島いさむさんがスタジオに来ました。 これには「大門先生の曲と審査します」といってた大悟さんも焦る。 タイトルは「7th Ave. 」 セブンス・アべニュー。 トレードマークの「7」が入ってる😄 聴いてみたら、さすがに段違いのクオリティだった😄😄 曲聴いただけで、完全に「ユニコーンテイスト」ってわかる。 すごいわーー。 大悟「決まりました、相席食堂のテーマソング、」 大悟「・・・大門先生。 」 ノブ「なんでや!!なるか!」 島のお年寄りをだますなよ!!😄 というわけで、 今週は贅沢な出演者でした。 V止め31回。 中尾彬、池波志乃夫妻に次ぐ記録でした。 明確にどちらへのツッコミか分けにくかった箇所もあり、合算しました。 こちらも参考記録ということで。 今週のおかわり賞 第23回おかわり賞「ロッシーの涙」 大門三郎先生のもらい泣きで号泣のシーン😄😄 優しい人だなぁ。 さいごに 今週は相席旅とテッシーさんのテーマ曲のコーナーで1時間。 しかし、同じ場所に2人で並行してロケって、 新企画ですねこれは。 V切り替えで笑わせる技も使えて。 こういう実験面白いなぁー 次回のゲストはパパイヤ鈴木さんとロバート秋山さん。 来週もパラレル相席旅なのかな? 次回も楽しみにしてます!! そいではまたー.

次の

相席食堂殺人事件

相席食堂 ナレーション

ノブ「お隣よろしいですか?」 大悟「どうぞ」 二人「千鳥の相席食堂です」 ノブ「もう、丸パクじゃあ!!!!」 大悟「ハッハッハ!!!これはンよ、本当に。 これはやっちゃダメよ。 」 ノブ「これ、だけはね!誰やこれ考えたん!?」 「あ、僕です」 ノブ「また君か!?」 大悟「君ではないけどね、考えた人は別にいるわけだから。 もう彼は涸れきってるから。 」 ノブ「亀田みたいに言うなぁ!」 VTR再生 ナレーター「今回、相席する旅に向かったのは…の富士見町。 そんな町で相席するのは…」 「どうも、こんにちは」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「さんや!」 ノブ「レッドヘアーズのボーカルの?こんなに髪赤かったか?」 大悟「見ない間により赤くなった……みたいな…夕方のニュースでよう見るみたいな…」 ノブ「ハハハ、のな!」 「どうも、こんにちは。 ロケはね、初めてなんですけど…ここは、僕の出身地でしてね…」 ノブ「岩手なんや」 「小学生の時はいじめられてまして、朝行ったら机の上に花があったり…」 \ちょっと待てぃ!/ ノブ「二度とその話すなよ!」 大悟「こんな明るいロケでそんな暗い話!こんなにも晴れ渡っているのに!」 「朝行ったら机の上に花があったり…担任もいじめに加担してましたから…このままじゃ生き地獄だなって思いながら過ごしてましたね…」 ノブ「もうええ、もうええ!」 テロップ AM11:55 ノブ「12時でええ!」 「いやー、まずは食堂を探さないと…」 通行人「レッドヘアーズのさんですよね?サインお願いできますか?」 「いいですよ」 大悟「いい人や」 、ペンを出すためにカバンを開ける \ちょっと待てぃ!/ 大悟「どうした?」 ノブ「見てみ?さんのカバン。 こんなに快晴やのに、レインコート入ってる」 大悟「ええやろ、それは。 心配性なんやろ。 急に雨降るかもしれんし。 」 ノブ「雨の心配してんの?レッドヘアーズが?」 大悟「それはするやろ、レッドヘアーズでも」 、ペンを出すためカバンを開ける 「ちょっと待ってくださいね、あっ!」 小銭「ジャラジャラジャラジャラジャラ!」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「小銭がジャラジャラて!チャリンとかやなくてジャラジャラて!」 ノブ「財布パンパンやろ〜これは…」 大悟「紙幣を知らん人やん」 小銭「ジャラジャラジャラジャラジャラ!」 「あ、あ、あ、ちょっとすいません 全部拾ってから はい、サイン。 」 通行人「ありがとうございます!」 「あっ、この店とか良さそうじゃないですか?『田中素麺』。 すいません、相席食堂という番組でカメラ入ってもよろしいでしょうか?」 ノブ「ええ人え人やなあ」 「すいません、ここ座らせてもらってもいいですか?」 相 席 成 立 ナレーション「田中素麺、生まれも育ちもここ、富士見町の店主が小麦粉から作る素麺は透き通るような白さと喉越しが特徴。 富士見町民自慢の一品。 」 「 素麺をすすって あ、美味しいですね。 あ、赤い麺も入ってる。 あれ?あ、自分の毛か。 」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「何今の?何を見せられたん?」 ノブ「自分の毛が赤いって忘れたんか!?」 テロップ PM2:05 ノブ「2時でええ!」 ナレーション「続いて、が訪れたのは…パスタ。 林の中に佇む落ち着いた雰囲気のお店。 消さないと。 ちょうどミヤネ屋が始まったから14時頃のことでした。 」 \ちょっと待てぃ!/ ノブ「冷静すぎるやろ!!!!」 大悟「この店主犯人ちゃう?」 ノブ「コラコラコラ!たしかに冷静すぎるけど!!!」 大悟「いや、だって自分の店の裏に死体あるんですよ?それもせっかくのTVロケで。 」 店主「裏の林で叫び声が聞こえて、行ってみたら田中素麺の店主さんが死んでたらしいです。 ちょうどミヤネ屋が始まるから14時頃のことでした。 」 「ええっ!?誰に殴られたんですか!?」 \ちょっと待てぃ!/ 大悟「なんで撲殺限定なん?」 ノブ「ハハハ!そうやなあ、普通は刺し、じゃあ〜!」 大悟「普通は、っていうのもおかしいけど…でも普通刺すよなあ!」 「誰に殴られたんですか?」 店主「それはまだわからないですけど…とにかく、冷める前に食べてください」 ノブ「食えるかあ!」 「あ、そうですね。 」 大悟「食えんのかい。 」 「ズズズ…あ、美味しいですね。 ここでタンの映像に切り替え ケチャップだけじゃないというか、すごいトマトが効いてるというか… ここでの映像 」 \ちょっと待てぃ!/ ノブ「どした?」 大悟「見てみぃ、さんの袖口。 もう赤いねん。 」 ノブ「本当だ!まだほとんど食べてないのに!」 大悟「タンに腕入れた人の汚れ方なのよ、あれは。 」 ノブ「韓国の露店の人や!」 「いやー、美味しかったです。 ありがとうございました。 どうもありがとうございました。 」 おわり \ちょっと待てぃ!/ 大悟「髪の毛、黒なってない?」 ノブ「ハハハ!暗いだけやろ!」 大悟「退色してるやん!」 ノブ「してない!暗いだけやって!」 おわり ノブ「今日、おかしない?」 大悟「おかしいんよ。 まず引っかかったんが小銭やな。 せやけど、他にもおかしいとこいっぱいある!」 ノブ「そやなあ。 」 大悟「結論いうど。 ワシはな、が田中を殺ったと思っとる。 」 ノブ「やっぱりか。 まずおかしいんは、小銭が消えとるんよ。 」 大悟「あの小銭が凶器じゃ、袋かなんかに詰めたら鈍器になる。 」 ノブ「そうやろ?だからさんはあの時『誰に殴られたんですか!?』って聞いたんや。 」 大悟「そうじゃ、あ、でも犯行時刻は2時やって言っとったからさんにはアリバイがあるか」 ノブ「いや、2時じゃないんよ。 テロップによると2時5分なんよ。 それで、店主曰く叫び声が聞こえたんはミヤネ屋がちょうど始まったところやから2時なのよ。 」 大悟「なるほど…今日行ったん誰や、このロケに。 」 スタッフ「あ、僕です。 」 大悟「あの〜、入る直前にさんいなくならんかった?」 スタッフ「え〜〜と、あ!確かにトイレ行きたいとおっしゃって、しばらくいなくなりました!」 ノブ「アリバイ崩れた!2時で良くなかったんや!」 大悟「つまり犯行の流れはこうじゃ。 まずはロケとして田中素麺に寄り、何らかの方法で店主をの裏に呼び出す。 その後、何事もなかったかのようにロケを続けるがの前で一旦トイレといってスタッフから離れる。 そんで、財布の中に入れた大量の小銭をビニール袋に入れて鈍器を作り、田中さんを撲殺する。 」 ノブ「返り血わい?返り血つくやろそんなんしたら。 」 大悟「レインコート持ってたやろ?あれで返り血防いだんやろ。 それでも袖口と前髪についてたけどな。 」 ノブ「そうか!だからタン食べてた時韓国の露店に…」 大悟「まあ、だからに入った頃にはついてたっちゅうことやな、あの血痕は。 そんで、ロケがエンディングを迎える頃には酸化して前髪についた血が黒くなったんよ。 」 ノブ「なるほどな…」 大悟「そんで、小銭を回収する。 時間がないからレインコートもの近くにあるはずだから、証拠になるど。 でも、動機がわからん。 」 ノブ「それは分かっとるわ。 冒頭で『小さい時いじめられてて』みたいなこと言っとったやろ?そんで田中は店主が地元育ちってナレーションで言うとったじゃろ?」 大悟「なるほど、いじめてたんが…」 ノブ「いや、違和感あるな、とは思うとったけど、推理繋がったな!古畑やん、もう!古畑やん!」 大悟「古畑じゃないです、新畑です。

次の