キャッシュレス 初心者。 キャッシュレス初心者にはデビットカードがおすすめ。その理由とは?

「キャッシュレス決済」初心者には“コード決済”より“国際ブランド付きプリペイドカード”がおすすめ!9種類の決済手段のメリット、活用方法を詳しく解説|節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術|ザイ・オンライン

キャッシュレス 初心者

今、家計のやりくりという点で見逃せないのが、キャッシュレス決済とポイント還元です。 電子マネー決済、キャッシュレス決済は、「使いすぎが怖い」「めんどくさそう」「わからない」などのイメージが先行し、敬遠している人も多いはず。 今回は消費増税を乗り切るための「キャッシュレス決済」にチャレンジし、悪戦苦闘する様子をお伝えしたいと思います。 キャッシュレス決済でポイント還元。 チャレンジするなら今 2019年10月1日より、「キャッシュレス・消費者還元事業 ポイント還元事業 」事業がスタートしています。 まず断っておくと、筆者は特に電子マネー決済に興味はなく、面倒なことは大嫌い、難しいことはわからない、苦手なことは後回しという、根っからのズボラ主婦です。 ただ、このニュースを聞いたときに、「早めに電子マネー決済にチャレンジしておこう」と思いました。 というのも、良い悪い、好き嫌いは別として、これから先「キャッシュレス決済が主流になる」と感じたからです。 ガソリンスタンドはもちろんスーパー・コンビニ、大型衣料品店でもセルフサービスがはじまっています。 人手不足の昨今、今後はセルフサービス&キャッシュレス決済が主流となり、使いこなせる人が「よりおトクに買い物できる仕組み」が世の中の流れになっていくと思ったのです。 一般的に人は年齢を重ねるごとにチャレンジするのがおっくうになるもの。 だとしたら年々、面倒になる一方。 その間、毛嫌いしてソンをするくらいであれば、今、四苦八苦して慣れておこうというと思い、「勉強期間だ」と思って、電子マネー決済にチャレンジしてみました。 「キャッシュレス決済」どれを使う? ただ、ひと口に電子マネー決済といっても大きく分けて 1 クレジットカード 2 カードタイプの電子マネー Suica,PASMO、WAONなど 3 QRコード決済 LINE Pay、PayPayなど の3種類があります。 メディアなどでは、 3 のQRコード決済を「キャッシュレス決済」を指すことが多いようですが、 1 のクレジットカード払い、 2 カードタイプの電子マネーでも今回のポイント還元制度の対象になります。 そのため、あわててQRコード決済にチャレンジせずとも、使い慣れたクレジットカードや電子マネーで「キャッシュレス慣れ」していくというのもひとつの手段でしょう。 特に電子マネーでチャージして使うタイプであれば、使いすぎが心配といったこともありません。 また、QRコード決済は、現在、複数の事業者が乱立している状態なので「そもそもどこを選べばいいのかわからない」という問題が立ちはだかります。 筆者はとりあえずよく名前を耳にする「LINE Pay」と「Pay Pay」をチョイス。 アプリをダウンロードして、銀行口座を登録し、一定額をチャージして使うようにしています。 初期設定に必要な時間は5~10分程度。 「ちょっと面倒だけど、できないほどじゃない」といった感覚です。 税金や公共料金支払いもでき、自宅にいながらにして納税することも可能です。 一方、どうしてもあたふたしてしまうのがレジでの支払い時です。 アプリを立ち上げ支払い画面にする、という流れにまだ慣れず、少々焦ります。 さらに決済時に「クーポンは使いますか? 」などと言われると、もうひと慌て。 周囲から見れば、「痛いおばさん」に見えることでしょう。 いざ使ってみると失敗もいろいろ… QRコード決済を利用するも、肝心のおトクさでいうと、今のところ「大きなおトクは実感できていない」というのが正直なところです。 ただし、このキャンペーンで対象となるのは、平日の10時~14時で買い物した場合だけでした。 平日は仕事をしている筆者は、その時間帯には買い物できずあえなく対象外です。 Pay Payの利用を促進する特典画面。 割引には各種適用条件があるので、きちんと理解して購入するのがオススメ また、QRコード決済対象となるコンビニ・ドラッグストアで買い物をしても、付与されるポイントは「7円相当」などとすずめの涙程度のもの。 果たしておトクなのかまだ実感できずにいます• LINE Payを使ってイケアストアで買い物が終わったあとの画面• 右はLINE Payでの支払い利用画面。 どの店舗でいくら使い、いくらポイントがついたかがわかる。 利用額が低いため、つくポイントは数円~数十円程度 さらに、「はじめての利用応援! 」ということもありました。 確認してみると、ポイント還元などには各種適用条件があり、会員登録をしないとポイント還元が適用されないこともあるよう。 「おトクの道は険しい」としみじみ実感しています。 ただ、わからないなりにめげずに使うと慣れていくことはたしかですし、小さな子どもがいて両手が使えないときなどは、現金決済よりラクです。 ドラッグストアやコンビニなどでおトクに買い物ができる期間もあるので、常にキャッシュレスのアンテナを張っていれば「ちりも積もれば山となる」で家計の助けになるのでは、と考え少し使い続けていこうと思っています。 まずは「失敗は成功のもと」「習うより慣れろ」の精神で、キャッシュレス決済という「令和の節約法」にアップデートしていきたいと思います。

次の

キャッシュレスとは?キャッシュレス化のメリットとデメリット27選

キャッシュレス 初心者

賢く使いこなせている人がいる一方で、よく知らないから一歩踏み出せないという人も少なくないだろう。 そこで今回は、消費生活ジャーナリストの岩田昭男さんに、キャッシュレスのメリット・デメリットを聞いた。 キャッシュレスのメリットは「便利さ」 まずはキャッシュレス化に伴うメリットを聞いてみると、岩田さんは、「政府にとっても、利用者にとってもメリットがある」と話す。 「キャッシュレスはその性質上、お金の流れが明確に記録されるため、政府にとってのメリットとしてはマネーロンダリングの防止や税金をガラス張りにできることが挙げられます。 「お昼時のコンビニを想像してみてください。 ランチタイムで大勢が押し寄せ、レジも行列状態。 一人ひとりが財布を開いて、小銭を探して…と時間がかかって、イライラしませんか? それが電子マネーやクレジットカードといったキャッシュレスになれば、スイスイ進んでいくのです。 店員・客ともにストレスが軽減されます」 またもうひとつのメリットとして、「現金はかさばるので、それを持たずに買い物できるというのもメリットといえます」と岩田さんは続ける。 大金を持っていると「落としてしまわないか」「誰かに狙われないか」と不安になってしまうものだが、キャッシュレスならその心配もない。 反対にお金が足りなくなっても、最近は「オートチャージ」も浸透してきた。 途中でわざわざATMまで駆けつける手間がないから、たしかにメリットといえそうだ。 デメリットがあるのはキャッシュレスだけじゃない! では、一方のデメリットについてはどうだろう? ネット上などで指摘されている(1)「(スマホ購入など)高齢者や初心者がキャッシュレスを導入しにくい」、(2)「災害時などに使えなくなる」の2つのケースについて質問してみることに。 また、もっとも気になるであろう「セキュリティ」についても聞いた。 いざというときのために、多少の現金を準備しておくのは必須です。 キャッシュレスについてはセキュリティを心配する声が多いようですが、これはキャッシュレスに限ったことではありません。 現金だって大事に隠していても盗まれてしまうことはあるので。ただし、キャンペーンのポイント欲しさに何種類ものQRコード決済に個人情報を登録している人がいますが、その分漏洩や不正利用のリスクが増えますから注意してください」 これから始めるなら「交通系ICカード」がおすすめ 最後に、これからキャッシュレスを使い始めようという人にとって始めやすいものを聞いてみると、「交通系ICカード」と岩田さんはいう。 「スマホ決済やQRコード決済は、初心者にはハードルが高すぎます。 しかしクレジットカードは、どうしても『借金』のイメージが強く抵抗がある人も少なくありません。 交通系ICカードならコンビニやスーパーなどでも使え、先に自分で入金しておくものなので借金でもない。 また審査もないので、これから始めようという人にはピッタリです」 キャッシュレスが注目され始めたのはここ数年のことだが、クレジットカードや電子マネー、交通系ICカードなど、意識していないだけでじつは以前から生活になじんでいたようだ。 「家電がIoT化されているが、それはお金も同じこと。 現金が砂利道だとしたら、キャッシュレスは舗装されたアスファルトの道路です。 今後より一層整備されていくでしょう」と、キャッシュレスの未来を語る岩田さん。 いずれ避けては通れない道になることも予想されるので、敬遠するばかりでなく、まずは「交通系ICカード」、その後「スマホ決済」や「QRコード決済」といったように徐々に段階を上げていくのが得策かもしれない。 取材・文=明日陽樹/TOMOLO 取材協力=岩田昭男.

次の

キャッシュレス初心者、使い始めたらギョーテンの快適さ

キャッシュレス 初心者

キャッシュレスなら小銭いらずでラクに(イラスト/杉山真理) 電子マネーにQRコード…さまざまなサービスが登場しているキャッシュレス決済だが、なかなか始められないという人も。 キャッシュレス導入をためらう理由に、クレジットカード決済を想像する人もいる。 店員にカードを預けなければならず、何をされるかわからない。 デパートや名の知れた大型店ならともかく、中小の個人経営店では、カウンターの裏でカード情報が抜き取られたりしないか不安だ、というのだ。 しかし、電子マネーやスマホ決済では、端末やカードを店員に預けることは基本的にない。 読み取り機にかざすだけで会計を済ませられる。 「現金生活とキャッシュレス生活は、たとえるなら『車で砂利道を走るのとアスファルトを走る』くらい違います」(経済ジャーナリストの岩田昭男さん・以下同) キャッシュレス決済を体験すると、小銭いらずがラクなことを実感できる。 以下、2人のケースを紹介しよう。 【ケース1】生活費の「袋分け」に電子マネーを活用 「以前は、夫から預かった給与を、生活費別に袋分けしていました。 これをWAONの電子マネーに振り分けてみました。 現金の『袋分け時代』は、お釣りで封筒は重くなるし、残額を数えるのが大変でした。 でも、電子マネーにしたら数枚のカードで管理できるので残額の計算をする必要がなくなり、すごくラクになりました」(A子さん・35才) 【ケース2】自分の「終活」にキャッシュレスを取り入れる 「自分の死後に誰にも迷惑がかからないよう、クレジットカードをすべて解約しました。 すると大好きな通販のショッピングを、いちいち代引きで払わなければならず、手数料もかかってしまい、とても不便でした。 そこで、利用するたびに銀行口座の残高から引き落とせる電子マネー(ブランドデビットカード)にしたところ、代引きの手数料もかからず快適にショッピングが楽しめるようになりました。 クレジットカードのような『後払い』ではないので、負債で迷惑をかけることもありません」(Mさん・70才) 自分の生活スタイルに合わせてキャッシュレス決済のメリットを取り入れたい。 SuicaなどのICカードで鉄道を利用している人は、試しに駅構内の自販機でジュースを購入してみてはいかがだろう。 読み取り部分に「ピッ」とかざすだけで「ガタン」とペットボトルが落ちてくる感覚は新鮮だ。 iPhoneやAndroidのスマートフォンを使っている場合は、最近話題のPayPayなどの「QRコード決済アプリ」をダウンロードして使用したり、おサイフケータイ、Apple Pay、Google Payの「タッチ決済」機能ならハードルが低いかもしれない。 後者のタッチ決済の場合は、スマホ上で複数のクレジットカード、または電子マネーを一括して管理できる(使用可能なクレジットカード、電子マネーは各社で異なる)。

次の