サレタ ガワ ノ ブルー ネタバレ。 サレタガワのブルー63話ネタバレ/感想・考察!藍子が和正を裏切る?そして妊娠の真実に迫る|ゆりべえ NurseMaMa

【随時更新】サレタガワのブルーのネタバレまとめ!最終回の結末まで!

サレタ ガワ ノ ブルー ネタバレ

31話あらすじまとめ たみくんが暢に以前のランチでの出来事を話す。 一方、保育園を探すがなかなかうまく行かず撃沈する梢。 電車で肩身が狭い思いをしていると、話かけてくれる若者がいて感心していた。 そして、藍子と和正は少し早いクリスマスデートに出かけていた… 次の日、たみくんから暢に電話がかかってくる。 昨日送ったメッセージの件 25話参照 だった。 既読スルーになっていたから気になっていた暢だったが、電話で麻衣と藍子がランチをしたという話 26話参照 をした。 あまりの衝撃に後頭部を強打した暢。 ストレスで胃に穴があきそうだと話す。 たみくんが謝罪をし、これからあっちも一層慎重になって証拠を掴みにくくなったら申し訳ないと話す。 「大丈夫。 俺ももう精神的にも肉体的にも限界来てるから、あと一回証拠写真撮れたら離婚…もしくはとりあえず別居って切り出すつもり。 もう寝袋はしんどいし…」 「今夜撮れたとしてもまだ証拠写真は2枚目だけどね。 うちの常連でやり手の弁護士さんいるけど紹介しようか?」 「まじ?助かる!」 「この前やんわりお前の話したら、ぜひ一度相談に来て下さいーって…。 」 一方、梢は保育園のあきを探していた。 梢は仕事先未定の「就労予定」で夫は正社員なので1年半は待つと告げられる。 「保育の必要性」という面で指数化した場合に優先順位としてかなり下の方になると言われる。 離婚予定だと告げると、ひとり親世帯はもう少し優先順位も上がるので離婚成立後に再度申請を出すと多少早めに入園できると言われる。 それでも希望地区だと、半年後になると告げられる。 驚く梢。 認可外保育園に入って就職先を決めることを提案される。 保育園が決まらないと面接すら受からないので、背に腹はかえられないと思う梢。 仕事が決まらないとそもそも保育園に入れない、無職で離婚するのは無謀で怖いと感じている。 (てか無収入じゃもし親権争いになった場合私ヤバいんじゃ…?そもそもまず別居、とかなったらどうやって生活すれば…なんだこの状況!不倫された側、何の罪も無いのにいきなり人生ハードモード!!) (………最寄りの認可外保育園。 保育料月七万五千円。 は?追い打ち…。 こうなったら慰謝料養育費死ぬ気で奪いにいかないと…) 泣き出すたっくん。 電車内で、舌打ちしたり泣き止ませろという人々。 「ご…ごめんなさい。 次降ります。 」 「だぁ!だぁ!だぁ!だぁ〜!」 突然話しかける青年。 笑い出すたっくん。 「やった!笑った!昨日SNSでバズってるの見たんですよ!高い声でだぁだぁって言えば赤ちゃん笑うんだよって!すごいほんとだ!」 「……はぁ」 「あ、すいません突然。 ぼく今短大で保育士の勉強してて…大変ですけど、やっぱりかわいいですね赤ちゃん。 」 「あ。 でしゃばってすいませんでした。 育児…がんばっててえらいですね!!肩の力抜いて楽しんでくださいね!失礼します!」 「……あ。 ありがとう…ございました!」 (今時珍しく感心な若者だ…!日本の未来も捨てたもんじゃないか!なごんだー…) 一方、藍子と和正。 「ねぇ。 かーくん。 クリスマスデートってどこに行くの?」 「…んー。 藍子(おまえ)が一番喜ぶところ、かな。 今夜はとびっきり楽しい夜にしてやるよ…」 (やっぱイイな、このカラダ。 嫁もともみも貧乳だからな。 顔もかわいいし、なんせドスケベだし。 まぁめんどくせぇこと言わないようにもっとうまく調教すれば…な。 ) 「…かーくん。 暢は思い出を上書きされたことに悲しくなりながら写真を撮る。 その後、2人はホテルへと向かう。 ディナーの時に、藍子は和正への思いが高まり和正と再婚したいという気持ちが強くなる。 終わったら楽屋も入れるから。 そのあとライブだって何度も一緒に行った。 あの大切な大切な二人の思い出も…全部全部藍子さんはいとも簡単に他の男と上書き…してしまうんだね。 仕事と不倫の証拠集めを天秤にかけている時、タイミングよくたみくんから着信があり…。 「サインももらえて、満足していただけたかな?俺のかわいい手のかかる姫君は。 」 「……っ」 (姫!!姫君!!何なのその言葉のチョイス!惚れてまうやろ!) 赤ワイン、もう少し樽香のバランスがいいものをと頼む和正。 ワインの頼み方もスマートで大人の男でかっこいいとキュンとする藍子。 ジュースを飲む藍子。 今日は最高だから、シラフで思いっきり抱かれたいと話す。 今夜は久しぶりなので、ガクガクになるまで愛し合おうと話す和正。 (はーやっぱりすごいなかーくんって何あの色気…スマートで大人でえ恥ずかしげもなく乙女ゲームのように子宮を震わせる発言してきて女の喜ばせ方をとことん知ってるっていうか…!) …理屈じゃない、好きなの。 やっぱり私どうしてもかーくん(あの男)が欲しい。 (…つらい。 そこは藍子の妹の萌子がママだった。 和正を酔わせたお礼にと現金を渡す藍子(暢のお金)その後、酔った和正を連れてホテルに向かう。 たみくんがその様子を写真に撮る。 ディナーが最高で帰りたくないと話す藍子。 「まぁそう言うなよ。 かーくんとのデートのあとって楽しさの高低差ありすぎて、帰宅どいつも耳キーンなるわぁ〜」 「…まぁわかるわ。 うちの嫁も糞真面目の学級委員キャラだからさ。 お前くらいノリのいい女の方がやっぱ一緒にいておもしれぇな。 結婚相手間違ったなお互いw」 「それよ!!」 時間があるので、このまま部屋を撮ろうと言う和正を拒否する藍子。 戸惑う和正だが、入ると女の子に見惚れる。 ママの萌子が来る。 美女で巨乳でタイプだと思う和正。 「萌子〜ごめんね突然。 あ、会社の上司のかーくん。 私の彼氏だからくっつかないでね。 」 (今ハッキリ「彼氏」って言ったな…この女…) 「で、かーくん。 ずっと会わせたかったんだ!萌子はねこの店のママで私の妹。 」 「まじか!藍子に…萌子か。 へぇ〜すっげー美人姉妹…2人とも巨乳…」 談笑する3人。 「はい。 約束のやつ。 」 タバコを吸う萌子にお金を渡す藍子。 「うぇーい。 口止料も込みね。 おかげで作戦もうまくいきそうだし。 」 「はぁ作戦ね〜そこまでしてあのダサいヒゲおやじ欲しいの?」 「うん絶対に欲しい。 ダサいって言うな。 」 「バカだねぇ。 どう見てもお義兄さん 暢 の方がいい男じゃん。 すっごい大事にされてるのに。 ダブル不倫からの略奪結婚なんてフツーに考えて無理ゲーだし。 結果お金だけいっぱいとられてまじ地獄」 「うるさい。 萌子、あんた姉ちゃんなめてんの?私はうまくやる。 自分のお金なんか1円も払わずに「彼の一番」ってポジションを手に入れてみせる。 」 「は?矛盾してない?これは?金かけてんじゃん。 」 「……決まってるじゃない。 そのままホテルへと向かう2人。 (……キタキタキタ!暢よ!俺はやりとげたぜ!麻衣の失敗分…!これで戦え…負けるなと友よ…!) 写真を撮るたみくん。 カシャッ・・・ 以上、サレタガワノブルー31話・32話・33話のネタバレでした。 たみくんの話、あああランチのあのことを思い出してしまいました。 麻衣め…!たみくんが謝るってのもなんだか変だけど…。 それにしてもたみくん、暢の個人情報ベラベラ話すぎてるような。 そんな軽く話して良いものではないと思いますが…とモヤモヤ。 梢の話、された側の方がこんな辛い思いするなんて…これが日本の現実って思うと、された側が大損すぎる…。 電車内でこうして文句を言う人、いるということが読んでいて悲しくなります。 そして新たな若者が登場!こういう時に声をかけてくれるとか救世主ですね。 良い人っぽくて一安心。 藍子…うわーどんどん嫌な女度が増してます。 和正の心の気持ちが漏れまくってる…。 この2人似た者同士ですが、藍子はバレてるの分かってもこうして堂々と会ってたりするあたり…全然懲りないですね…。 サレタガワノブルー32話 不倫は思い出の上書きだ 思い出の上書きってこういうこと…悲しくなります…。 撮ってるの、辛いだろうな…と思います。 そんな思い出があったのに…。 和正と藍子のやり取り…何を見せられているのだろうか…。 藍子は和正との再婚を考えているけれど、和正は遊びなのに。 いつ気づくのかな、それとも最後まで気づかないのかな? 暢は見捨てないって自信満々だけど、もう見捨てられてますよ…。 そして遂に藍子の作戦が実行される…ちょっとドキドキしてきました。 サレタガワノブルー33話 藍子の目論見 冒頭からお互いの結婚相手について、いやほんとそんな貶すのに何で結婚したのって気持ちしかない…。 そんなに言うなら早く別れたら良いのに…。 藍子、今日は珍しい展開?と思ったら妹さん登場!こんなデレデレしてる和正見てなんとも思わないのね、藍子…(笑) そのお金、もしかしてと思ったら暢のお金って…最低すぎる。 どこまで最低なんだい、藍子…。 反面、藍子の妹にも優しい暢に胸が苦しくなります…。 そのあとはお決まりのコースでしたが、これから何が始まるのか… 今回の撮影はたみくん。 ようやく麻衣の失敗取り戻せたので良かった…!前回の一生のお願いとはこのことでしたか。 サレタガワノブルー31・32・33話の口コミ評判レビュー 31話 離活の戦 ・まじヤンキー女やらかしすぎ一旦謝れよ ・日本ほんとおかしいよな。 仕事してえないと保育園入れない、保育有縁入ってないと仕事見つからない。 保育士は激務なのに給料安いからどんどん減ってくし、保育園の列に車が突っ込んで来ても縁に責任はなかったのか?と言われる。 ほんとなんなん… ・なんか、あの保育士の学生?なんかありそう、って思うの私だけ ・かーくん!!別れを一度やめてくれてありがとう!!お陰で証拠かーくん奥さんものぶくんも集められるよ! ・今さらながら、たみくんの彼女、ほんといらんことしてくれたよね。 ・奥さんが慰謝料と養育費きちんと取れて今よりストレス軽減されて生活が安定しますように 32話 不倫は思い出の上書きだ ・いや、お前が選ぶ相手間違えたんじゃなくてのぶくんが選ぶ相手間違えたんだよ。 ・妹の方が見る目あるじゃん?あのおっさんが価値ないって見抜けてるし。 ・妹、ムカつくけど何気正論言ってる。 ・証拠さ、写真じゃなくて動画の方がよくない? ・この漫画、不倫したくなくなるより結婚したくなくなるよ! サレタガワノブルー31・32・33話の考察・解説・意味!学生や萌子の登場の意味は? この学生、悪い人ではなさそうですが…ここで登場したということは次回以降も何かしら絡んできそうです。 一度きりだと、こんな登場の仕方しませんもんね。 変な人じゃなければ良いな。 お互いの結婚相手の悪口を言う割に…と言う残念な似た者同士の二人。 最低さが浮き彫りになっていきます。 藍子は、やはり暢のお金を使っていたのですね…。 生活費以外全て渡していると言う話から、藍子のお金の出どころに疑問を感じていました。 それにしても、お金使わないで欲しい物を得るだとか、暢とは確実に離れないとか言ってることもやってることもめちゃくちゃですね…。 萌子と暢はもちろん会ったこともあるので、萌子が出てきたことで今後何かしら動きがありそうだなとも思いました。 藍子より萌子の方がしっかりして人を見る目あると思うので、暢に協力してくれたら良いな…。 ランチタイムバトルの麻衣の失敗を取り戻せて良かったね、たみくん…!.

次の

サレタガワのブルー|ネタバレ23話!藍子に飽きてきた和正が選んだ次の相手は?

サレタ ガワ ノ ブルー ネタバレ

Contents• 今回取り上げる漫画は 「サレタガワのブルー」 です。 「サレタガワのブルー」は2018年から連載されている漫画です。 基本的にこの漫画ブログでは何かしらの雑誌媒体で 連載されている(連載されていた)漫画を取り上げて その面白さを伝えていますが 前回取り上げた「鬼獄の夜」と同じく 「マンガMee」で連載されている漫画のレビューを挙げてみました。 その名も「サレタガワのブルー」 前回の「鬼獄の夜」もなかなかのタイトルでしたが 今回の「サレタガワのブルー」も陰のオーラ満載ですね。 そんな「サレタガワのブルー」がどんなジャンルの 漫画なのかを話していきましょう。 この漫画のジャンルは「サスペンス漫画」です。 サスペンス漫画と言うと 「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」のような 推理ものを想像する人が多いかもしれませんが これらの漫画のサスペンスとは全く違います。 決して人が死ぬわけではないですし (今後の展開ではあり得なくもないかもしれませんが…) テロリストや化け物と戦う訳でもありません。 日常の生活で不倫をする者とされる者に分かれて その様子や心理描写を描いたサスペンス漫画なんですね~ 私はこういうドロドロとした昼ドラ的なストーリーは苦手なので ちょっとだけみて、ページを閉じようと思ってしまいました。 が、 読んでいてイライラとハラハラを抱えながらも ついつい読んでしまったんですよね~ なかなか罪深い漫画です。 という事で、「サレタガワのブルー」のレビューを書いていこうと思います。 という事で「サレタガワのブルー」がどんな漫画なのか? そして、どんなところが面白い点や素晴らしい点 「サレタガワのブルー」の魅力について存分に語っていきましょう。 ジャンルはサスペンス漫画 作者はセモトちか コミックスはまだ発売されていません。 作者:加藤キャシー アプリ:マンガMee 掲載期間:2018年11月~ 巻数:未発売 「サレタガワのブルー」を無料で読むには? 「サレタガワのブルー」をすぐ読みたい方は 「マンガmee」という無料アプリで読むことが出来ます。 もちろん「サレタガワのブルー」も無料で見られますよ。 「サレタガワのブルー」の概要とあらすじ 主人公の暢とその妻である藍子は 大勢の人に祝福されて結婚式を挙げました。 暢はグラフィックデザイナーで会社勤めは行っておらず、 ノマドワーカーのような形で、生計を立てていました。 一方の藍子は会社勤めを行うOLという事で 家事全般は暢が行っており、暢はその行為に幸せを感じていました。 結婚から1年半たった今も幸せいっぱいに過ごす 暢と藍子ですが、実は藍子は不倫をしていました。 藍子は稼ぎが良く、家事もすべてやってくれて イケメンの旦那を持っていましたが そのスペックが完璧すぎることもあってか 男としての魅力を感じることが出来ていませんでした。 最初は暢に隠れながら不倫をしていた藍子ですが 暢が自分に対して全く疑いを持っていないことを知ると だんだん行動が大胆になっていき 暢の事を置いてけぼりにして、不倫に没頭していきます。 はじめは藍子の事を信頼して、疑いの欠片も持っていなかった暢ですが あまりの残業の多さ、そして態度の変化、夜の営みの距離 など、様々な要因から藍子から不倫の匂いを感じるようになります。 果たして、暢は藍子の不倫に気づいてしまうのか? 暢と藍子はどのような結末に行き着いてしまうのか? 不倫という日常に潜んだ危ない行為をテーマに 夫婦が崩れていく様を描いていく大人なサスペンス漫画 全体の概要・あらすじはこんな感じです。 設定としては 不倫のどろどろを描いた漫画 という分かりやすくもスリリングな設定です。 こういう設定って男性よりも女性の方が好きなんですかね~ 私が見るような雑誌にはなかなか見られない漫画ではありますが 一昔「昼顔」というドラマが流行ったように 永遠のテーマと言える鉄板の話題ですよね。 設定自体はかなりベタではありますが そんな「サレタガワのブルー」がこの設定をどう生かしているのか? そんなところを含め「サレタガワのブルー」の面白さについて これからたっぷりと語っていきましょう。 「サレタガワのブルー」のここが凄い! 主人公を女性にして男vs女の構図を消した! 「サレタガワのブルー」で一番秀逸だなぁと思うのは 「不倫をするのが女性である」 という点ですね。 なので、「サレタガワのブルー」でも 不倫をするのは夫(男性)という設定にした方が ナチュラルかなぁとも思ったりしますが それだと「男は女の敵!!」みたいな構図が出来上がってしまうので うまーくそれを交わしているんですよね。 しかも、この奥さんがなかなかの下衆野郎であることに加えて 「不倫をばらそうとしているの?」 と、思うくらいに大胆な行動をとりまくります。 そして、旦那さんがとにかく健気なんですよね~ ややもすると「お前、ヤバイよ」と言いたくなるくらいに 奥さんのことを信じ続けている(最終的にはバレますが) この通常の不倫の価値観である男女の在り方を 真逆にしたところで 憎むべきは「男」ではなく「不倫」 というテーマに持って行ってるのは 「サレタガワのブルー」の素晴らしいところですね。 ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。 「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや 「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど 様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。 デフォルメに次ぐデフォルメで不倫の怖さが何倍にも… 先ほども話しましたが 「サレタガワのブルー」に出てくるキャラクターは どいつもこいつもイタイ奴ばかりです。 暢は信じられないくらいに鈍感野郎です。 毎日のように残業で帰りが遅くなっても全く気付かないし 首にキスマークをつけられても疑わないし 友人に妻の浮気現場を見たと言われてもピンとこないし 「あんた、そりゃー浮気されるわ!」 と、言いたくなるくらいに 漫画を見ているといらついてきます。 藍子はとにかく何も考えておらず頭の弱い人です。 旦那が家で待っているって知っているのに 毎日のように残業だといって不倫相手とS〇Xして帰ってくるし 家の近くで誰に見られてもおかしくないような場所で 堂々と映画館でデートとかしているし 結婚と不倫で男を二人はべらしていることをSNSで自慢しているし この考えの薄さと頭の弱さにいらついてきます。 「なんだこの漫画、現実感ないじゃん!」 と、思いがちですが、これくらいデフォルメした方がいいですよ。 だって、この漫画のテーマが 「見ると不倫したくなくなる漫画」 ですからね。 目一杯デフォルメして、痛い目に合うような バッドエンディングを用意していた方が 漫画の目的を果たすことが出来ます。 あとはあんまりドロドロとした設定にすると 不倫を肯定するような展開になる可能性もありますからね。 例えば、夫のDVで妻がさんざん暴力を振るわれ 自殺を考えていた時に、精神的に救ってくれた男性と不倫をしてしまう。 とかだと「見ると不倫したくなくなる漫画」の趣旨に反しそうですからね。 勧善懲悪の水戸黄門的なところが非常に分かりやすくて 感情移入しやすいので、読みやすい仕上がりになっている点が 「サレタガワのブルー」の良いところですね。 「サレタガワのブルー」の全体評 「サレタガワのブルー」は不倫をテーマにしている漫画なので 読む前はかなり重々しい雰囲気がある漫画ですが 女性側が不倫をするという設定の変化を加えたことや 良い側、悪い側とキャラクターを極端に設定したことから 読みやすい漫画に仕上げてくれています。 不倫をしたくない人だけでなく チャンスがあったら不倫したいと思っている人にも 読んでほしい漫画ですね。 MOTOがオススメする離婚をテーマにした漫画 MOTOがオススメする離婚をテーマにした漫画について ランキング形式でまとめてみました。 「サレタガワのブルー」以外にも面白い離婚漫画が揃っていますので 以下をクリックして見てみて下さい。

次の

サレタガワのブルー最新話70話ネタバレ!梢が自宅を捜索!証拠は出てくる…?

サレタ ガワ ノ ブルー ネタバレ

サレタガワのブルー53話ネタバレ「突撃訪問」 今すぐに出て行けと言われた藍子。 意外とすんなりと「そこまで言うなら帰るよ」と答えた藍子に父親は拍子抜けしてしまいますが、その翌日… 書類整理三科では、藍子がバチバチと書類をホッチキスで止める作業をしています。 後輩たちに笑顔を振り舞くと、藍子は定時で上がりました。 営業課では第一線でバリバリと仕事をこなしていたはずの藍子。 それなのになぜここへきたのだろう、と周りはざわついています。 どんな不祥事で飛ばされたのだろうかと藍子の悪い噂が飛び交っているのでした。 しかし藍子は、悪い噂があるのにも関わらず楽しそうに仕事をしています。 妙にポジティブ。 そんな藍子に、絶対にメンタルが強いのだろうと書類整理三科の人間はひそひそと話しているのでした。 そんなことは知らず、帰り道。 藍子は妹の萌子からの着信に気づきます。 萌子は藍子が実家を出たと言う話を聞き、勢いでまたうちに来られても迷惑だと思い事前に電話をしていたのでした。 すると藍子は、それはもう大丈夫だと言い切ります。 とりあえず暢とのマンションに帰ろうと思っていると告げた藍子。 萌子は、「は?」と驚きます。 マンションは二人の家なのだから共有財産。 離婚するにしても自分だけが出て行くのは不公平だと藍子は思っていたのでした。 そして、暢が慰謝料を払えと言うのであればあのマンションを売って売れた分を折半した金から慰謝料を出そうと考えているのだと明るく話す藍子。 暢にも退去してもらえばウィンウィンだと笑いました。 しかしあのマンションは独身時代に暢が一人で購入した家。 そうだけど、結果的に二人で住んでるんだから夫婦の財産じゃないかと藍子の頭は相変わらずです。 不倫した側なのに、共有財産だとかマンションを売った金を折半とかそんな発想がよく出てくるねと萌子も驚きますが藍子にはまったく響いていない様子。 結局藍子は、暢とのマンションに帰っていこうとします。 観念して家を借りればいい、和正に金を出してもらえばいい、と暢がかわいそうだと主張する萌子ですが藍子には届かず、電話は切られてしまいました。 そして1ヶ月半ぶりにマンションへ戻った藍子。 自分の家だとまだ思っている藍子は、そのまま「ただいまー」と調子よく部屋に入っていくのでした。 その頃、和正は梢と拓斗のことで頭がいっぱいでした。 中森が投稿していたインスタの写真を見ながら梢の居場所を突き詰めようとしていた和正。 都内のそれらしい店を4軒まで絞り、今度の日曜日に全部まわっていこうと考えます。 改めて考えてみると、梢のことがすごく好きなのだなと和正は思ってしまいます。 どうしたら梢にこの気持ちを伝えられるだろうか。 自分たちはきっとやり直せると思い込み、梢との結婚写真を眺めます。 すると「高橋工務店」つまりともみから連絡が入りました。 突然の電話に驚いた和正。 ともみは「許可なくこっちから電話はルール違反だけど」と前置きした上で、今大丈夫かと尋ねます。 ともみの存在を忘れていた和正は、ともみのこともどうやって切ろうかと考え始めました。 藍子とは違うタイプのため、受け入れてくれそうだなとは思ってしまいます。 しかし和正の考えとは裏腹に、ともみは自分が妊娠してしまったことを告げるのでした。

次の