エクセル プラス マイナス 表示。 Excelで先頭にプラス+をつける、マイナスを三角△で表示する方法【ユーザー定義表示形式】

Excelで先頭にプラス+をつける、マイナスを三角△で表示する方法【ユーザー定義表示形式】

エクセル プラス マイナス 表示

エクセルでプラスマイナスの表示を一括で行う方法 それでは、エクセルを用いて+や-の文字を、数値の先頭に自動でつける方法について解説していきます。 このように、プラスとマイナスの数値を入力していくと、基本的には正の数の頭には何も表示されずに、負の数にのみ符号の-が表記されます。 このとき、プラスの前にも符号の「+」の表記を行い、マイナスの前にも「-」がついた状態で、かつ小数点以下一桁まで表示するようにします。 上述の選択範囲を選択し、右クリック、セルの書式設定を選びます。 0;0と入力します。 すると、一括して正の数値にはプラスの符号が、負の値にはマイナスの符号がつくのです。 これと同様に、0. 0と入力しているために、少数点第1桁まで表示されます。 ただ、よく企業の利益などを計算する場面では、直感的に+か-かを判断するために、プラスには青を、マイナスには赤をつけることが多いです。 自動でこのように青色、赤色をつけるにはどのように処理すればいいのでしょうか。 エクセルで正の値には青と、負の値には赤を一括でつける方法【マイナスには赤、プラスには青】 プラスやマイナスの値に任意の色をつける方法を確認していきます。 実は、この正負の値に青、赤と色分けするには、セルの書式設定のユーザー定義を使用するだけで変換できるのです。 0;0と符号の前に[]で囲んだ青と赤の文字を入力するだけでいいのです。 すると、以下のように-の数値は青、+の数値は赤と色が変更されるのです。 なお、他の色として、黄、緑、紫、水色、黒、白も指定できます。 あなたが選択したい色を指定して、体裁を整えていきましょう。 また、 で解説していますので、参考にしてみてください。 まとめ ここでは、正の数値(プラス)の先頭には+を、負の数値(マイナス)の前には-の符号を表示させる方法について解説しました。 これらは、セルの書式設定で、ユーザー定義により上述の内容を打ち込むだけで、プラスマイナスの表示ができるようになるのです。 なお、メーカーにおいて、利益などの収支をとるときには、マイナスに赤、プラスには青を使用するときが多く、変換が求められることがよくあります。 この変更を行うためにも、同様にセルの書式設定、ユーザー定義で[]つきの色を指定するだけで表示できるようになるのです。 エクセルでは、知っているだけで大幅に効率が上がったデータ処理ができることが多いので、一つ一つ理解していきましょう。

次の

Excelエクセルで数値にプラス(+)、マイナス(-)をつけたい。

エクセル プラス マイナス 表示

エクセルでプラスマイナスの表示を一括で行う方法 それでは、エクセルを用いて+や-の文字を、数値の先頭に自動でつける方法について解説していきます。 このように、プラスとマイナスの数値を入力していくと、基本的には正の数の頭には何も表示されずに、負の数にのみ符号の-が表記されます。 このとき、プラスの前にも符号の「+」の表記を行い、マイナスの前にも「-」がついた状態で、かつ小数点以下一桁まで表示するようにします。 上述の選択範囲を選択し、右クリック、セルの書式設定を選びます。 0;0と入力します。 すると、一括して正の数値にはプラスの符号が、負の値にはマイナスの符号がつくのです。 これと同様に、0. 0と入力しているために、少数点第1桁まで表示されます。 ただ、よく企業の利益などを計算する場面では、直感的に+か-かを判断するために、プラスには青を、マイナスには赤をつけることが多いです。 自動でこのように青色、赤色をつけるにはどのように処理すればいいのでしょうか。 エクセルで正の値には青と、負の値には赤を一括でつける方法【マイナスには赤、プラスには青】 プラスやマイナスの値に任意の色をつける方法を確認していきます。 実は、この正負の値に青、赤と色分けするには、セルの書式設定のユーザー定義を使用するだけで変換できるのです。 0;0と符号の前に[]で囲んだ青と赤の文字を入力するだけでいいのです。 すると、以下のように-の数値は青、+の数値は赤と色が変更されるのです。 なお、他の色として、黄、緑、紫、水色、黒、白も指定できます。 あなたが選択したい色を指定して、体裁を整えていきましょう。 また、 で解説していますので、参考にしてみてください。 まとめ ここでは、正の数値(プラス)の先頭には+を、負の数値(マイナス)の前には-の符号を表示させる方法について解説しました。 これらは、セルの書式設定で、ユーザー定義により上述の内容を打ち込むだけで、プラスマイナスの表示ができるようになるのです。 なお、メーカーにおいて、利益などの収支をとるときには、マイナスに赤、プラスには青を使用するときが多く、変換が求められることがよくあります。 この変更を行うためにも、同様にセルの書式設定、ユーザー定義で[]つきの色を指定するだけで表示できるようになるのです。 エクセルでは、知っているだけで大幅に効率が上がったデータ処理ができることが多いので、一つ一つ理解していきましょう。

次の

マイナスや 0(ゼロ)の表示をカスタマイズ【Excel・エクセル】

エクセル プラス マイナス 表示

これで、プラス記号『+』、マイナス記号『ー』が付きます。 カンマ区切りなしでプラス記号『+』、マイナス記号『ー』を表示させる さきほどのユーザー定義は、数字にカンマ区切る『,』をつけてプラス記号『+』、マイナス記号『ー』をつける方法ですが、 カンマ区切りが必要ない場合は、『ユーザー定義』に次の定義を入力します。 全角文字のプラス記号『+』、マイナス記号『ー』を表示させる 今までの方法はプラス記号『+』、マイナス記号『ー』とも、半角文字でしたが、全角文字にすることもできます。 ユーザー定義で次の定義を入力します。 "+" , ;"-" , ;0 わかりづらいですが、この定義ではプラス記号『+』、マイナス記号『ー』が全角になります。 0(ゼロ)の場合はプラス記号『+』を表示させる 0の場合は普通はプラスもマイナスもつけませんが、場合によってはプラスをつけたいことがあるかもしれません。 まとめ まとめ• 数字がプラス(正)の時にプラス記号『+』をつける場合は、『ユーザー定義』で定義する。 プラス記号『+』、マイナス記号『ー』は全角文字の指定もできる。 0にプラス記号『+』をつけることもできる。 エクセルは元々マイナス記号は自動でつきますが、プラス記号をつける場合はユーザー定義を利用することになるので、結局マイナス記号の定義も同時に必要となります。 ユーザー定義での定義そのものはそんなに難しくないので、ここで紹介している方法でプラス記号をつけてみてはどうでしょうか。 応用として、カンマ区切りをつけてみたり、0(ゼロ)に対してプラス記号をつけることもできます。 ぜひ参考にしてください!.

次の