グラブル遅い。 グラブルの速度の出し方について

5周年記念!!グラブルが重い!原因の詳細や対処法を徹底解説

グラブル遅い

Contents• グラブルがスマホで重たい時にオススメの対処法は? グラブルでは動作を軽量化する設定がいくつか用意されていますが、そもそもゲームをプレイしているスマホに原因があるのかもしれません。 まずはスマホそのものに問題がないか、不要なアプリばかりでメモリを浪費していないか下の記事をチェックして改善してみることをオススメします。 ここで「演出設定」を軽量版にすれば、とりあえず一番軽くなるようです。 ただし、軽量版にした場合は軽量化の為に音楽もなくなりますし、キャラクターもほとんど動かなくなります。 ゲームは少し寂しい物となってしまうのは否めませんね。 この辺りはゲーム動作速度とどっちを取るか悩み物です……。 また、スマホそのものの処理が遅い場合には他でやっておいた方がいいことがあるので、こちらも実践してみましょう。 対策その2.バトルスピードを上げる スペックが低いと効果が薄いのですが、グラブルではバトルスピードを変更できます。 「早送り」に設定しておく事で多少改善されるかもしれません。 スペックが十分であればかなり効果があるでしょう。 また、召喚の再生スピードも「高速」または「省略」にしておくと良いでしょう。 召喚の演出は派手なもの、演出自体が長いものが多く、標準バージョンでは負荷がかかります。 対策その3.通信速度に関する問題 こちらはWifiを使うなどの方法しか改善方法がないのですが、リアルタイム通知機能を切ることで少しだけバトル中の読み込み速度は上がります。 スポンサーリンク また、画面上部に告知が出なくなりますので、動作速度も良くなるかもしれません。 ただ、これを切ってしまうとマルチバトルで仲間が現在何をしているのかまったく見えなくなりますので、連携に支障が出てしまうかもしません。 状態異常攻撃は複数回かけると耐性が付き、効果時間の上書きなどの問題もありますので注意して下さい。 [ad co-1] 対策その4.スマホでプレイしない グラブルは実はPC版のサービスが提供されている珍しいゲームです。 PC版でプレイすればスペックの問題は大幅に改善され、通信速度も光回線なら完璧。 スマホとは比べ物にならない快適なプレイが可能です。 自宅で遊ぶ時はPC版でのプレイを推奨します。 私もそのほうがいいと感じました。 またスマホに比べてスペックが高い傾向にあるタブレットも、グラブルではかなり有用です。 アプリ評価でも「PC版は星5、スマホ版は星2~3」などの評価が多いですね。 もちろんデータの共有は出来ますのでご安心を。 やり方は簡単、 に行きクロームのアプリを追加するだけ。 Google Chromeがないとプレイできませんので、 PCに入っていない方は からクロームをダウンロード&インストールして下さい。 アプリ起動時にメールアドレスなどの入力を求められますので、スマホ版で使っていたメールアドレスなどを入れればOK、特に面倒なこと無くデータ共有することが出来ます。 まとめ グラブルが重たい時の対策法をいくつか挙げて見ましたが、いかがでしたか? グランブルーファンタジーはゲームの評価は非常に高いのですが、やはり動作が重い事がスマホユーザーの確保に失敗しがちな要員のようです。 特にグラブルの場合リアルタイムで共闘、弱体化効果なども秒数でカウントされていますので、動作が遅いとそれだけ不利になってしまいます。 筆者もPC版では勝てる敵がスマホでは勝てない、という事も多いですね……。

次の

Chromeが重い・遅い!劇的に動きを軽くする方法はこれ!

グラブル遅い

Chromeの動作が重くなる原因 冒頭でも述べましたが、タブの開き過ぎが一番の原因だと思います。 単純にPCのメモリ不足だったりしますが、少し弄ると劇的に変わる場合もあるので試してみてください。 Chromeが重くなるのは以下の事が原因とされています。 ・32bit版を使っている ・タブの開き過ぎ ・メモリ不足 ・キャッシュ・履歴などの肥大化 ・拡張機能の入れすぎ ちょっと面倒ですが、1つずつ潰していきましょう。 参考程度に、設定後はMacbookAirのメモリ8GBでもタブを50個以上開いての作業も問題なく行えるようになりました。 Chromeが32bit版なら64bit版にする 使用しているOSが64bit版ならChromeも64bit版にしましょう。 Chromeの64bit版は2014年にリリースされたので、それ以前から使っている場合は一度バージョンを確認してください。 ここ数年に購入したPCであれば大体が64bit版ですが、自分のPCが32bit版の人は32bit版のChromeを使ってください。 バージョンが64bitか確認しましょう。 Windowsが64bitなのにChromeの32bit版を使っているならこちらの公式サイトからDLしてください「」 「別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード」をクリックして「別のデスクトップOS版をダウンロード」の下にある自分のPCに合ったOSを選びましょう。 あとはダウンロードした「ChromeSetup. exe」をインストールするだけです。 この作業だけで軽くなることもあります。 タブの開き過ぎで重くなる場合 ものすごく単純ですが、タブを閉じれば軽くなります。 とはいってもタブを多く開く理由があって開いているので閉じろよ、と言われても困りますよね。 タブの開きすぎで重くなる場合は以下の作業を試してみてください。 Chromeのバージョンによって日本語だったり英語だったりします。 「タブのメモリ解放を有効にする」を有効化にするとメモリ残量が少ない場合に、使っていないタブのメモリを解放してくれてタブを開くと再読み込みを行います。 タブの開きすぎで重くなっている人は有効化、ページの再読み込み(リロード)を行われると邪魔になる開発やブラウザゲームなどをする人は無効化にしましょう。 英語表記の場合は「Automatic tab discarding」の項目になります。 ページ内検索をして「disabled(無効)かEnable(有効化)」にしてください。 有効・無効を変更するとChromeの再起動を促されるので再起動します。 開いているタブは全て復元されるので気にせず再起動しちゃいましょう。 開いているタブ以外のタブの読み込み失敗した場合は自動で再読み込みを行います。 そのため、この項目を有効化させることで自動読み込をしなくなるので、多少は処理が軽くなります。 他にも設定を変えるとChromeの高速化ができるかもしれません。 気になる人は色々試してみましょう。 拡張機能でメモリの解放 「Automatic tab discarding」の設定を有効化させた人はあまり意味が無いかと思いますが、手動で解放させたい人はやってください。 大量のメモリが使われている場合はメモリを増設するかメモリを解放かのどちらかになります、増設はお金がかかるのでメモリ解放のやり方を紹介します。 メモリの解放は簡単で、 拡張機能を使います。 拡張機能「 」は使用していないタブのメモリ解放やタブのメモリを自動的に開放してくれます。 使っていないタブのメモリを強制的に解放してくれるので動作は軽くなります。 停止させたタブは開けばリロードして読み込みます。 設定で音楽や動画を流しているサイトは除外させることもできます。 解放させたくないページは除外リストにURLを登録するだけでOKです。 キャッシュ・履歴などの溜まり過ぎ ブラウザを利用するとキャッシュや閲覧履歴、一時データ等が蓄積していきます。 キャッシュは基本的に高速表示に大切なモノですが、 溜まり過ぎれば動作を重くする原因となります。 不要なデータは削除してしまいましょう。 この作業では、Cookieを削除するので各サービス(Twitterなど)に再ログインが必要となります。 面倒な人はCookieの項目のチェックは外してください。 設定画面が表示されるので、下へスクロールして「詳細設定を表示」をクリックします。 次に「プライバシー」にある「閲覧履歴データの消去…」をクリックします。 項目から削除したいモノにチェックを付けて「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。 (画像はあくまで私が消去したいモノです) 「パスワード」と「自動入力フォーム」、「コンテンツライセンスのデータ」以外は消去してOKです。 この3つも問題無い人は消してOKです。 拡張機能は入れすぎると重くなる原因になる 便利そう!とか拡張機能いっぱい入れてる私素敵!と沢山入れてると逆効果だったりします。 PCを新しくすると色々快適にしようと思って無駄に入れてしまうことが多々ありますが、時間が経てば全然使わないものばかりだったりしますよね。 基本的には同じような拡張機能は複数も要らないので、なるべくシンプルにしておきましょう。 特に使ってない拡張機能は一切要らないので即刻削除しましょう。 右側にあるゴミ箱アイコンをクリックして削除可能です。 「削除の確認」が表示されるので問題無ければ「削除」をクリックして消しましょう。 プライバシー設定 他にも予測サービス機能などを無効化させることでChromeの動作が快適になります。 上でも紹介した「閲覧履歴データの消去」があるプライバシーの設定を変更します。 ここは自分の環境に合わせてチェックを外してください。 この下にある「パスワードとフォーム」もチェックを外すといいですが、私はパスワードを保存させて使うので外しませんでした。 一時的に軽くする方法 Google Chromeのタスクマネージャから不要なプロセスを終了させます。 Macの場合 Macのアクテビティモニタから「Google Chrome Helper」を強制終了させると一気に軽くする事ができます。 動作が重くなったと思ったらアクティビティモニタを開き、最もCPU占有率の高い「Google Chrome Helper」を消してみてください。 あくまで一時的に軽くなるだけですが、効果は絶大。 Chromeはやっぱり快適だった Chromeを3つくらい開いて合計でタブを40個以上開いて作業したりするとかなり重くなっていました。 しかし、今回紹介した方法でかなり快適となります。 メモリ消費量は半分以下になったおかげでChromeを開きながら他のソフトを使って作業するのも問題無し! Edgeにちょろっと浮気してたけどやっぱり使い慣れたモノが一番ですね。 拡張機能も色々あるので、 使用用途によってユーザーを作るとかなり便利です。 動画を見るユーザーには動画系の拡張機能を入れたり、調べ物やAmazonに特化させたりすると快適に使えます。 もうマジ無理。 全然改善されない…って人はPCを新しくすることも考えましょう。

次の

グラブルがiPhoneやAndroidで重い時の改善・対処法

グラブル遅い

まずはスマホ・PCの動作を軽くする そもそもグラブルだけでなく、スマホやPC自体の動作が重いことも考えられます。 なので、グラブルの設定をいじる前に、以下のサイトを参考にスマホ・PCの動作を軽くすることから試してみてください! スマホ 外部サイト• PC 外部サイト• GoogleChromeの設定を変更する PCブラウザ版でグラブルをプレイする場合、 GoogleChromeの設定を変更することで動作が軽くなることがあります。 具体的には、以下の5つを試してみるといいでしょう。 使っているPCが64bitかどうか確認する方法 1. Windowsの設定を開いて「システム」をクリック 2. 「バージョン情報」をクリック 3. 「デバイスの仕様」の「システムの種類」を確認 GoogleChromeが64bit版かどうか確認する方法 1. GoogleChromeを起動し「設定」をクリック 2. 左上の「設定」から「Chromeについて」をクリック GoogleChromeが64bit版なら「 64ビット 」と表示されます。 閲覧履歴・キャッシュを削除する GoogleChromeの 閲覧履歴や、 キャッシュを削除することで動作が軽くなることがあります。 閲覧履歴やキャッシュは、以下の手順で削除できます。 GoogleChromeを起動し「履歴」をクリック 2. 「閲覧履歴データの削除」をクリック 3. 「データを削除」をクリック 「詳細設定」から各項目にチェックを入れて「データを削除」をクリックすると、閲覧履歴などを削除できます。 ただし「Cookieと他のサイトデータ」にチェックを入れると、Twitterなどの各サイトのログイン情報がリセットされます。 そのため、ログインし直す必要があります。 不要な拡張機能を削除する GoogleChromeに入っている不要な 拡張機能を削除することで、動作が軽くなる場合があります。 拡張機能は、以下の手順で削除できます。 GoogleChromeを起動し「その他のツール」から「拡張機能」をクリック 2. 不要な拡張機能を削除する 不要だと思った拡張機能だけ削除しましょう。 プリロードを利用する GoogleChromeの設定から 「プリロード」を利用することで動作が早くなる場合があります。 GoogleChromeを起動し「設定」をクリック 2. 下の「詳細設定」からプリロードを利用する ハードウェアアクセラレーションの設定を変える GoogleChromeの設定から 「ハードウェアアクセラレーション」の設定を変えることで、動作が軽くなる場合があります。 ハードウェアアクセラレーションの設定をONにすることで軽くなる場合と、逆に重くなる場合があります。 PC環境によって変わるので、実際に試してみてください。 GoogleChromeを起動し「設定」をクリック 2. 画面下の「詳細設定」をクリック 3. 電源の設定を高パフォーマンスにする PCでグラブルをプレイしている場合、電源の設定を 高パフォーマンスに変更することで早くなる場合があります。 設定は以下の手順でできます。 コントロールパネルから「ハードウェアとサウンド」を選択 使っているPCがWindows10の場合、Windowsのアイコンを押してアプリ一覧から「Windowsシステムツール」を選択するとコントロールパネルを開けます。 「電源オプション」を選択 3. 高パフォーマンスを選択 ゲーム内で設定を変更する では、ゲーム内設定の解説に入ります。 メニューから 「設定」を押してください。 そうすると、以下の画面になります。 バトル設定 設定画面の 「バトル設定」から 「リアルタイム通知」をOFFにすると、動作を少しだけ軽くできます。 ただし、OFFにするとマルチバトル中の貢献度などが表示されなくなります。 また、アクションを起こさないと敵のHPや、デバフの状態が更新されなくなるので、不便ならONにしておきましょう。 アプリ版専用設定 アプリ版を使っていて、動作が重い場合は「アプリ版専用設定」から 「キャッシュクリア」を試してみてください。 回線周りを見直す 上で解説した方法を試してみて動作が改善されない場合は、 回線速度に問題があることが多いです。 試しになどで回線速度を測定してみて遅いようなら、以下の方法を試してみてください。 LANケーブルを購入する際は、ケーブルの長さをよく見て購入することをオススメします。 モデム・ルーターを再起動する モデムやルーターのコンセントを抜き差しする、再起動ボタンを押すなどして再起動することで通信速度が改善されることがあります。 ルーターによっては、PCから設定ツール アプリ を使って再起動することができます。 ルーターを買い替える 使っているルーターが 4~5年ぐらい前に購入したような古いルーターなら、 新しいルーターに替えることで通信速度が改善されることがあります。 というのもルーターが古い場合、古い通信規格にしか対応しておらず、仮にスマホ・PCが最新でプロバイダー側にも問題がなかったとしても、ルーターが原因で通信速度が遅くなっていることがあるからです。 ルーターを買い替える場合は、以下のようなルーターを選ぶといいでしょう。 コスパ重視なら上、性能重視なら下の方がオススメです。 私は下の方のルーターを使ってます リンク プロバイダーを変更する 色々試してもダメな場合は、面倒ですが契約している プロバイダーを変更するのもいいでしょう。 プロバイダーを変更することで、回線速度が大きく改善されることもあります。 変更する場合は、 や などが回線速度的にも評判が良いのでオススメです。 スマホ・PCのスペック不足 古いスマホ もしくはAndroid端末 やPCを使っている場合、 スペック不足が原因でグラブルの動作が重くなっている場合があります。 なので、 なるべく新しいスマホ・PCに買い替えることで動作が大幅に改善されたりします。 スマホの場合、基本的にはの最新機種がオススメです。 iPhoneでも何年も前のものを使っていると動作が遅いです。 スマホがAndroidの場合も同様 最新機種は高くてちょっと・・・という場合は、1~2年ぐらい前に発売されたiPhoneを買うのもアリです。 1~2年前ぐらいに発売されたiPhoneでもスペック的には十分 PCの場合は、家電量販店などで買うよりは、以下のような BTOパソコンメーカーの方が安くて高性能なPCを買えるのでオススメです。 BTOとは受注生産のこと.

次の