関東梅雨明け 予想。 2020年関東の梅雨入り梅雨明けの時期予想!平年はいつからいつまで?

関東甲信地方の2020年梅雨入り梅雨明けはいつから?予想を過去データから徹底リサーチ!

関東梅雨明け 予想

そもそも梅雨入り・梅雨明けはどうやって予想しているの?入梅との違いは? 梅雨は、春から夏に変わる間に起こる 雨季のことをいい、だいたいの地域は 6月から梅雨入りすることが多いです。 梅雨入り・梅雨明けはどうやって予想する? 梅雨入り・梅雨明けは、毎年気象庁が発表します。 梅雨が起こる原因の 「梅雨前線」の動きを見ながら、 その年の梅雨を予想しているのです。 梅雨前線は、南から北に向けて進んでいくので、 沖縄から東北に向けて順番に梅雨入りしていきます。 そのため、沖縄と東北では、およそ1ヶ月も 梅雨時期に差が生まれています。 梅雨入り・梅雨明けが確定する時期 梅雨入りや梅雨明けの判断基準は、 「雨が一週間以上続くと梅雨入り」で 「晴れが一週間以上続くと梅雨明け」になります。 また、 梅雨前線がもうその地域に 戻ってこないことも、重要な判断基準です。 このような基準を元に、 だいたいの予想で梅雨入り・梅雨明けを発表しますが、 実はその後9月頃に再検討し、 その年の梅雨入り・梅雨明けを決定します。 なので、 普段耳にする梅雨入り・梅雨明け宣言は あくまで予想であり、正確に確定するのは、 梅雨が明けた後9月頃になるのです。 入梅と梅雨入りの違いは? 手紙のあいさつなどで目にする 「入梅」とは、 季節の移り変わりを把握するために 設定された歴日のことをいいます。 以前までは、立春から135日後のことを 指していましたが、今は太陽の黄経が80度に 達した日のことを指します。 梅雨入りは、実際に梅雨に入る時期のことを 指しているので、入梅とはまた違ったものになりますね。 2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃になるのか予想はこれ! 梅雨時期は、 過去の30年間の平均値から予想され、 10年経つことに新しい予想が発表されます。 ようするに、今年までは1981年から2010年の30年間 の平均値で、梅雨時期が予想されています。 そして、来年からは新たに、1991年から2020年の30年間の 平均値で梅雨時期が予想されることになります。 よって、2020年の梅雨時期の予想は、• 梅雨入り:6月8日頃• 梅雨明け:7月21日頃 となっています。 北海道には梅雨がないって本当? 実は北海道には、梅雨時期がありません。 その理由は、梅雨前線が北海道に たどり着くまでに衰えてしまうためです。 しかし、たまに本土を通る梅雨前線とは別の、 オホーツク海高気圧の影響により、 雨が続く梅雨のような時期がある場合があります。 2020年関西地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃になるのか予想はこれ! 関東地方と同じく、1981年から2010年の30年間から 予想された、関西地方の梅雨時期は、• 梅雨入り:6月7日頃• 梅雨明け:7月21日頃 となっています。 ちなみに、一番始めに梅雨にはいる沖縄は、 5月中旬から6月中旬が梅雨時期になることが多く、 そこから北にかけて順番に梅雨入りしていくこととなります。 沖縄の梅雨は一味違う? 実は沖縄の梅雨は、1日中雨が降り続く訳ではありません。 激しい雨が降ったと思えば晴れ間が覗いたりと、 本土の梅雨とは違い、例えるなら スコールが増えるような天気になります。 梅雨時期の沖縄に旅行に行く場合は、 晴れ間が覗いているタイミングは 想像以上に強い日差しになるので、 ストールやカーディガンなどで、 紫外線対策できるようにしておくのがおすすめです。 他にも、日傘と雨用両方で使える 折りたたみ傘も持っておくと便利です。 また、沖縄では梅雨明け後に 「夏至南風 カーチーベー 」が起こる時期があります。 この時期は天気は良いのですが、 強い南風が吹き、海が荒れやすくなっています。 海水浴をするのは危険な時期になるので、覚えておきましょう。 夏至南風は、 梅雨明け後の1〜2週間ほど続くので、 この時期は旅行に行くのを控えてもいいかもしれません。 まとめ ひとまとめに梅雨といっても、 地域によって様々な違いがあるようです。 もし梅雨時期に県外に出かける場合は、 事前に調べておく必要があるかも知れませんね。 また、気象庁から梅雨入りや梅雨明けに ついて発表があったとしても、 あくまで予想であることを理解し、 過信しすぎないよう注意しましょう。 梅雨入り・梅雨明けが確定するのは、 あくまで梅雨時期が終わってから9月頃になります。 予想の元になる30年間の梅雨入り・梅雨明けデータには、 年によって大きなバラつきがあり、予想と実際の 梅雨時期に大きな差が出る場合もあります。 梅雨入りの予想時期より早めに備え、 ギリギリで予定が狂うなんてことに ならないように気をつけましょうね!.

次の

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

関東梅雨明け 予想

Contents• 過去の茨城県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 関東甲信地方の梅雨明け日は以下となります。 茨城県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月18日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 茨城県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月21日ごろ 7月24日ごろ 7月18日ごろ 【2020最新】茨城県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ? 次に、気象庁地球環境・海洋部より5月25日発表された関東甲信地方の6~8月の天候の見通しを確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:暖かい空気に覆われやすく、向こう3か月の気温は高いでしょう。 2:向こう3か月の降水量はほぼ平年並でしょう。 3:期間の後半は高気圧に覆われやすい時期があるため、8月は平年に比べ晴れ の日が多い見込みです。 月別の天候 【月別の天候】 6月:平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 7月: 期間の前半は、 平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 期間の後半は、 平年と同様に晴れの日が多いでしょう。 8月:高気圧に覆われやすいため、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月後半の解説を確認すると、 平年同様に晴れの日が多くなるようです。 平年と同様、つまり、過去の平均と同じような時期になる可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 茨城県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 7月21日前後の梅雨明けとなりそうです。 茨城県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の茨城県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

関東梅雨明け 予想

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の