秋 の 七草 の 名前 覚え 方。 秋の七草の覚え方!新・秋の七草は「恋(こひ)は足置き」で覚える | ざえもんブログ

秋の七草の名前と簡単な覚え方とは?由来も併せて調べてみた!|雑学集onWEB〜面白い情報や役に立つ情報〜

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

秋の七草一覧 まず秋の七草をすべて、簡単に紹介したいと思います。 萩(はぎ)• 開花時期 : 6月~10月末・早ければ夏頃に花が咲くことも• 分類 : マメ科 萩と一言言っても 木萩(きはぎ)・蒔絵萩(まきえはぎ)と色々ありますが、よく見るのが山萩(やまはぎ)です。 花の形はとても面白くぷっくりと可愛いらしくなっていますが、見た目とは違い荒地に咲く花としても知られているので 頼もしい花となっています。 薄(すすき)• 開花時期 : 8月中旬~9月下旬頃• 分類 : イネ科 月見の際に月見団子とセットで欠かせないススキも、秋の七草のひとつになります。 他にも 尾花(おばな)とも呼ばれており、穂の部分が尻尾に似ていることに由来しています。 桔梗(ききょう)• 開花時期 : 6月~8月初旬頃• 分類 : キキョウ科 見た目にも繊細でかつ美しい花をしており、花言葉である「 清楚・ 気品」をそのまま形となったように思えます。 根の部分は、咳や喉の痛みを和らげる漢方としても使われています。 撫子(なでしこ)• 開花時期 : 6月~8月• 分類 : ナデシコ科 元は 我が子を撫でるように可愛い花をしていることから、名付けられました。 そして今はサッカー女子日本代表の愛称としても知られており、可愛いながらも大胆な姿を見せてくれています。 葛(くず)• 開花時期 : 8月中旬~9月末頃• 分類 : クズ科 生命力が非常に強い花としても知られ、ひと夏で10メートルも成長することがあります。 根は「 葛根」という漢方としても使われており、人々の健康をも守ってくれています。 しかし、 平安時代では別名・裏見草と呼ばれたことから、恨みに関する和歌を詠む祭に引き合いに出されていたそうですよ。 藤袴(ふじばかま)• 開花時期 : 10月~11月下旬頃• 分類 : キク科 藤色の花をしており、花びらが袴と似ていることから「藤袴」と名付けられました。 女郎花(おみなえし)• 開花時期 : 7月初旬~10月初旬頃• 黄色い花が特徴的でとても美しく、秋の野を鮮やかに彩ってくれています。 ちなみに、 男郎花(おとこえし)という花もあります。 花は白く小さい形をしていますが全体的にどっしりとしており、文字通り「男らしい花」となっています。 スポンサーリンク 秋の七草の由来とは? 秋の七草は、約1200年前に編成された 和歌集・万葉集に載っている山上憶良(やまのうえのおくら)の和歌からきているとされています。 和歌が詠まれてからは「 秋の七草」として親しまれるようになり、今日に至るというわけです。 秋の七草にまつわる和歌・万葉集には、現代語訳で、 秋の野原で咲いている花々を、指を折ってひとつひとつ数えてみると、 萩・尾花・葛花・撫子・女郎花・藤袴・朝貌 の七種類であった。 という一文があります。 朝貌は朝顔やムクゲではないかという説もありますが、桔梗が最も有力な説だと言われています。 秋の七草の覚え方 覚え方は色々ありますが、覚えやすい方法と言えば語呂合わせでしょう。 女郎花・尾花・桔梗・撫子・藤袴・萩・葛の頭文字をとって「 お好きな服は?」や、文字を入れ替えて「 ハスキーなお袋」と覚える方法がネットなどでは推奨されています。 また、元が短歌から来ているので 「五・七・五・七・七」の短歌にして覚える手もあります。 「ハギキキョウ・クズフジバカマ・オミナエシ・オバナナデシコ・秋の七草」とリズミカルに口ずさめば、ばっちり覚えられるはずです。 まとめ 「秋の」七草と言われているものの、ほとんどは夏に咲く花です。 ただ 8月の立秋を迎えれば秋になるので、強ち秋の花だとも言えなくはありませんよね。 秋の七草は原っぱなどへ行けばどこでも見ることができましたが、今はほとんど姿を見ることができなくなってしまいました。 どれをとっても綺麗な花をしているので、なんだか寂しい気がしますね。

次の

見て楽しむ秋の七草の意味や花言葉と秋の七草の覚え方

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

永遠の愛、清楚、気品、誠実、従順、変わらぬ愛、優しい温かさ 花期:6月~9月 分布:日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリア 特徴:外形は根が太く黄白色をしており、高さ40~100cm程度にもなる。 秋の七草に入っているが実は6月中旬~9月頃が開花時期である。 星型の花を咲かせ、雄花期と雌花期がある。 秋の七草の覚え方 秋の七草の覚え方をご紹介致します。 「5・7・5・7」で覚える 次の言葉を繰り返して唱えていくと、頭に残ります。 お好きな服は?」で覚える。 【おすきなふくは?】 おみなえし すすき ききょう なでしこ ふじばかま くす はぎ 「ハスキーなお袋」で覚える。 【はすきーなおふくろ】 はぎ すすき ききょう なでしこ おみなえし ふじばかま くす 秋の七草の時期はいつ? 秋の七草はすでにお話したように、食べる草ではなく見て鑑賞をする草花です。 これらの花の開花時期は、現在の歴では 9月中旬~末ぐらいの間になります。 万葉集で詠われていた時代は、旧暦 太陰暦 だったので7月~9月の間ででした。 旧暦と新暦では1~2ヶ月の開きが生まれるので、この違いがあるのです。 秋の七草はまだ暑さの残る初秋の時期に咲く、花たちになるのです。 ただし、花言葉の項で花ごとに開花時期を記載した通り、花によっては4月から開花しているもの、11月ごろまで咲いている花もあります。 まとめ 秋の七草は、秋の紅葉のより前の時期になります。 これを鑑賞できる場所は「静岡の萩の寺 蓮華寺」「東京都の向島百花園」「京都府の谷性寺 ききょうの里」などを筆頭に国内に有名どころが色々とありますので、紅葉の前にもう一回季節の風景を楽しむ機会を持つことができますね。 山上憶良が奈良時代に詠んだ「秋の七草」へ、一度ぜひ行ってみることをおすすめします。

次の

春の七草と秋の七草の違いと生える時期、名前の簡単な覚え方

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

萩 はぎ• 薄 すすき• 桔梗 ききょう• 撫子 なでしこ• 葛 くず• 藤袴 ふじばかま• 女郎花 おみなえし この7つは 山上憶良が詠んだことから秋の七草として定着したものだそうです。 昔は散策しながらその時の季節の草花などを歌に詠むということが、よく行われていました。 きっと山上憶良が散策した野山には、所狭しと萩や薄が咲き乱れていたのでしょうね。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り およびおり かき数うれば 七種 ななくさ の花」 「萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」 山上憶良が詠んだこの歌から先ほど紹介した7種が秋の七草として親しまれるようになったようです。 薄は尾花と同じ意味で朝顔は桔梗の古名です。 冬の七草の名前 冬の七草には諸説あるので 明確なものはありません。 冬の七草を見てみても最近定められたものだろうと推定されます。

次の