いい ほくろ の 位置。 顔のほくろの位置で分かる仕事の運気

【ほくろ占い】男性にモテるほくろ・恋愛運に関係するホクロの位置は?

いい ほくろ の 位置

まず初めに、ほくろには大きく分けると二種類、『活きぼくろ』と『死にぼくろ』がある事を説明しておきましょう。 活きぼくろとは、黒々としてツヤもあり、盛り上がりも豊かなほくろ。 それに対して 死にぼくろとは、ツヤがなく盛り上がりのないほくろで、色も真っ黒ではなく、グレーや茶色に近い色合いが多いでしょう。 薄い色のほくろよりは濃い方が、またほくろのサイズも大きければ大きい程、その特徴や意味合いも強化されて来ます。 ただ、死にぼくろというと、何やら不吉な暗示を連想されるかも知れませんが、それは決して死の暗示の様な予兆ではなく、こういう傾向があるので注意して下さいね、程度の意味合いと、解釈して下さい。 活きぼくろと死にぼくろ、この二種類がある事を踏まえた上で、次の項から本格的にほくろ占いを見ていきましょう。 額の中央で生え際近くは、人相学で天中(テンチュウ)と言います。 ここにほくろがある人は、目的や夢を達成する際に、誰かしら周りの人からの助力が得られるとされます。 何らかのトラブルや問題に遭遇したとしても、解決に向けて手助けされるようです。 人手や資金が足りない場合、援助の手が差し伸べられます。 幼少期に恵まれない家庭で育った人が多いとも言われています。 母との親子関係で苦労が多いのですが、それを乗り越えると忍耐力が養われるとされます。 また守護霊が見守られ、何らかのスピリチュアルな才能を秘めていることもあります。 ほくろが痒くなると危険の知らせとされています。 ツヤや形が悪い死にぼくろの場合は、予期せぬ災難に遭いやすく、目上に逆らいやすいので、助力が得られないとされます。 第三者が正面から見て[天庭]や[司空]の左脇は人相学で[月角](ゲッカク)と言います。 ここにほくろがある人は、金運や仕事運が高まっているとされます。 お金の巡りが良くなり、お金に困ることはないはずです。 今までの業績が認められ収入アップにつながります。 性格面では、欲求が常に満たされていないと気が済まないようで、衝動買いをしやすい面があります。 勝負運が非常に強く、ここ一番の所で力が発揮できます。 賭け事でも勝つことが多いようです。 母親との縁が薄くなるか、対立しやすい面があります。 ツヤや形が良い活きぼくろだと、より一層金運や勝負運が強まるとされます。 一方ツヤや形が悪い死にぼくろの場合、浪費が多くなり、母親との対立が激しくなるとされます。 第三者が正面から見て[天庭]や[司空]の右脇は人相学で[日角](ニッカク)と言います。 ここにほくろがある人は、恋愛運や結婚運が高まっているとされます。 運命的な出会いがあったり、思い描いていた通りの結婚ができるようです。 しかしこの運命の相手に出会うまでには、苦労が伴う面があります。 運命の相手でない交際は、なかなか楽しい恋愛にはならないとされます。 荒々しい性格なのですが、運命の相手には優しく接します。 恋愛から結婚への流れはスムーズになります。 生涯一人の相手と連れ添うことになり、不倫や離婚はありえません。 また父親との縁が薄くなるか、意見などが対立しやすい面があります。 活きぼくろの場合、意味合いがより一層強まり、死にぼくろだと、性格が裏目に出たり、父親との対立が激しくなるとされます。 [辺地]の下にある横の生え際は、人相学で[駅馬](エキバ)と言います。 ここにほくろがある人は、周囲の環境が変わることで何らかの幸運が訪れるとされます。 安定した変化のない環境にいると、運気が低迷しやすくなります。 一つの場所に留まらず、拠点を移すことが幸せにつながります。 引越しや旅によって運気が高まることもあります。 生まれ育った場所や、日本ではあまり活躍できないようです。 海外に行くと状況が一変し大活躍できるとされます。 また異性にモテ、恋愛上手となり、モテモテほくろとしても知られています。 活きぼくろの場合、海外などでより大きな成功がつかめるとされます。 死にぼくろの場合は、旅先や環境の変化によって災いに巻き込まれやすくなるとされます。 眉尻は人相学で[天倉](テンソウ)と言います。 ここにほくろがある人は、金運が上昇した状態にあり、人徳までもが備わっているとされます。 お金の巡りが良く、お金には困りにくいようです。 金運があるので、お金は結構入って来るのですが、あるだけ使い切ってしまう傾向にあります。 お金の出入りが激しく、出費は普通の人以上にが多くなります。 蓄財は苦手なようです。 賭け事が好きな人が多いとされます。 一方で人に奉仕する気持ちが強く、困っている人に手を差し伸べます。 悪事を働いたり、悪辣なことは一切しないとされます。 活きぼくろの場合、より一層金運が強まり浪費が少なくなるとされます。 死にぼくろだと浪費が多くなり、致命的な結果を招くとされます。 目と眉の間は人相学で[田宅](デンタク)と言います。 ここにほくろがある人は、親や親族の財産を相続し、何不自由のない生活ができるとされます。 財産を減らすことなく維持して行けるようです。 無駄な出費や散財に注意すれば、老後までも安泰になります。 一方でこの財産が負の遺産のこともあります。 目と眉の間が離れている、眉が長く濃い、顔の形が正方形か長方形になっているいずれか場合、より財産を受け継ぎやすくなるとされます。 ほくろが大きい場合、家族に関わることで引き受けなければならないものがあるとされます。 活きぼくろの場合、財産を引き継ぎ金持ちになれるとされます。 死にぼくろの場合は、財産を失う不測の事態が生じるとされます。 受け継いだ財産を散財させ破産する可能性があります。 この他、遺産相続でもめたり、家庭内不和が絶えないなどが考えられます。 目尻の横は人相学で[魚尾](ギョビ)と言い「妻妥宮」とも呼ばれています。 ここにほくろがある人は、好色の度合いが高く、恋愛体質とされます。 モテモテほくろの要素が強く、恋愛経験が豊富になるようです。 自分からアプローチをすることもありますが、言い寄られることも多いとされます。 慎重さに欠ける面がありますが、すぐに交際に発展します。 その分、恋愛トラブルになることも多いようです。 女性の場合、可愛らしさがあり、どこか神秘的な色っぽさも秘めています。 女性で左の魚尾にほくろが現れたら、肉体関係のみの恋愛になりやすいとされます。 男性で魚尾にほくろがある場合、浮気性とされます。 ツヤや形が良い活きぼくろの場合、より良い恋愛になりやすく、死にぼくろの場合、婚期が遅れたり、家庭運に恵まれないとされます。 鼻筋中程の領域は人相学で[年上](ネンジョウ)と言います。 ここにほくろがある人は、健康運と中年期の運が上昇するとされます。 生命力が強くなり、病気やケガをし難くなるようです。 何事にも積極的に取り組むので、成功がつかみやすくなります。 積極性が増している分、攻撃的な性格になるようです。 若い頃に上手く行かくなかったことも、中年期に入ると、何かと上手く行くようになるとされます。 お金の巡りも良くなり、金銭的にも恵まれるはずです。 活きぼくろの場合、健康運や中年運がより一層高まることになるとされます。 死にぼくろの場合、積極性に乏しくなり、気迫に欠けるとされます。 健康面でも病気などが増え弱々しくなるようです。 鼻の頭は、別名・準頭(ジュントウ)と言います。 ここにほくろがある人は、男女共に異性に対し強い興味の持ちやすく、セックスアピールも十分な相。 準頭に加えて、後述する唇にもほくろがあれば、性的な誘惑に人一倍弱い面があります。 これが活きぼくろならば、人生を狂わせる程ののぼせ方にはならないでしょうが、死にぼくろになると異性好きに歯止めが掛からなくなる危険性が。 浮気相手をあちこちに作って、自らの身を滅ぼしやすく相ですので、欲求を自制する事が必要でしょう。 準頭のほくろは別名・散財ぼくろとも呼ばれ、お金を稼ぎ出す力はあれども、それ以上に散財を重ねて、資産を使い果たしてしまう恐れが。 活きぼくろであれば、使った分だけ見返りが自分の手元に戻ってくる為、さほど心配はありませんが、死にぼくろの場合は中年以降にお金で困窮しやすくなるので、無意味な出費にはくれぐれもご注意を。 耳の穴近くの部分は人相学で[人輪](ジンリン)と言います。 ここにほくろがある人は、現実的で意志の力が強いのですが、興味のあるものへの出費が多いとされます。 入ってきたお金は趣味などに費やすことが多いようです。 お金の出し入れが激しく、なかなか財が築けないようです。 性格的に正直な人が多く、隠し事が苦手な面があります。 秘密を守り切れないことが多いので、人からあまり、信頼されないようです。 口が災いの元となり、対人関係を悪化させることもあります。 活きぼくろの場合、散財癖はある程度抑えられるとされます。 死にぼくろの場合、散財額が多くなり、致命的なことになるとされます。 内密にしていたことを口にして、大きなトラブルに巻き込まれることもあるようです。 耳の出っ張りにあたる耳廓近くは、人相学で[地輪](チリン)と言います。 ここにほくろがある人は、性格的にかなりの負けず嫌いとされます。 一見すると大人しそうに見えても、内面は勝ち気で、人よりも優位に立ちたい気持ちが強くなります。 人に勝つためには努力を惜しまないので、何事も成果を手にしやすいと言えます。 プライドもかなり高いので、自分の考えを変えることはほとんどありません。 自信家な面が強くなります。 耳廓が目立たない場合は、穏やかな性格とのバランスが取れ、適度に積極的とされます。 活きぼくろの場合、自己主張が強くなり過ぎて、失敗しやすくなるとされます。 自分の考えを人に押し付けがちなようです。 死にぼくろの場合は、体力的に虚弱体質となり、病気やケガが多くなるとされます。 無理をし過ぎて体調を崩すこともあるようです。 耳たぶにあたる部分は人相学で[垂珠](スイジュ)と言います。 ここほくろがある人は、外交的な面が強調されるとされます。 性格的に明るさがあり、人から誘いを受けると、どんなに忙しくても断らないようです。 その分、交際費は多くなります。 女性の場合、どことなく可愛らしさがあり、モテる傾向にあります。 金運、愛情運、健康運も高い状態にあるとされます。 垂珠の肉付きが良い場合、モテモテほくろの要素が強くなります。 垂珠の裏側に活きぼくろがある場合、最高の幸運がもたらされるとされます。 金運、愛情運、健康運がより一層高まるようです。 活きぼくろの場合、交際費がかさんでも大事には至らないとされます。 死にぼくろの場合、何事にも飽きっぽくなり、酒の飲み過ぎなどが悪い影響を及ぼすとされます。 その他、お金を浪費しやすく、異性に関わるトラブルも多くなるようです。 下唇は人相学で[金載](キンサイ)と言います。 ここにほくろがある人は、自己愛が非常に強く、愛するより愛されたい気持ちが強いとされます。 人の愛情に上手に応えられようです。 自分の魅力を引き出すことや、人の気を引くのが上手とされます。 華やかな印象があり、異性から注目されやすいようです。 女性の場合、どこかお嬢様気質な面が際立ち、何かと贅沢を好む傾向にあります。 ファッションなどにお金をつぎ込み、浪費家の人が多いようです。 金銭面では波乱万丈になるとされます。 活きぼくろの場合、生きていく上で苦労が少ないとされます。 死にぼくろの場合、愛されたい気持ちが強過ぎ、華やかに着飾ることが嫌味になるとされます。 何かと不運が起きやすい面もあるようです。 下唇のすぐ下の領域は人相学で[承漿](ショウショウ)と言います。 ここにほくろがある人は、生活が安定し愛情を欲しているとされます。 衣食住に困ることはないようです。 先天的に幸運が舞い込みやすい体質なのですが、気分のムラが激しくなります。 常に人から愛情を感じていないと何かと不安になるとされます。 人の気持ちを敏感に察することができます。 強運を持ち決断力があり、厳しい判断をすることもありますが、対人関係はスムーズになります。 服用薬の飲み間違いや中毒などに注意が必要とされます。 女性の場合、子宝で苦労する面があるかもしれません。 活きぼくろの場合、より豊かな生活になるとされます。 死にぼくろの場合、より不安感を感じやすく、訪れる幸運は小さいとされます。 薬害に遭う可能性もあります。

次の

「ほくろ占い」とは。ほくろの位置でわかる性格【人相学】|「マイナビウーマン」

いい ほくろ の 位置

美人には、顔のパーツの形や配置が整った、いわゆる美人と、性格のよさがにじみ出た、人柄美人がいます。 首筋にほくろがあるからといって、目が大きくなったり、鼻が高くなったりするわけではありません。 首筋にほくろがある女性に美人が多いのは、性格のよさが顔にあらわれているからです。 首筋のほくろは、惚れっぽい性格をあらわしますが、言い換えればそれは、純粋さのあらわれでもあります。 どんな人をも受け入れる無垢な心のあらわれです。 首筋にほくろがある女性が美人なのは、曇りのない、子供のように無邪気で素直な心を持っているからです。 ときにその幼さが仇となり、誤解やトラブルを招くことにもなりますが、首筋にほくろがある女性は、心根はきれいな人柄美人です。 首や首筋にほくろがある場合の意味や運勢をみてきましたが、一口に首といっても、ほくろがある位置で全く異なった意味や運勢をあらわしていることがわかります。 ほくろ占いは、顔や首だけでなく、その他の身体のいろいろな部位で、意味や運勢を知ることができます。 西洋の占星術と一つになったほくろ占いとは違い、日本で発達したほくろ占いは、統計学に基づいているので、精度が高く、信頼に値します。 例えば、足首にほくろのある女性は、ユーモアのセンスがあり、勇敢で慈悲深い性格です。 右ひざにほくろがある人は、親切で優しい人柄で、家庭にも家族にも恵まれます。 左ひざにほくろがある人は、フラフラと落ち着きがなく、気まぐれですが仕事面では有能です。

次の

ほくろ占いはよく当たる?顔や体にあるほくろの位置が示す意味を調査!

いい ほくろ の 位置

まず初めに、ほくろには大きく分けると二種類、『活きぼくろ』と『死にぼくろ』がある事を説明しておきましょう。 活きぼくろとは、黒々としてツヤもあり、盛り上がりも豊かなほくろ。 それに対して 死にぼくろとは、ツヤがなく盛り上がりのないほくろで、色も真っ黒ではなく、グレーや茶色に近い色合いが多いでしょう。 薄い色のほくろよりは濃い方が、またほくろのサイズも大きければ大きい程、その特徴や意味合いも強化されて来ます。 ただ、死にぼくろというと、何やら不吉な暗示を連想されるかも知れませんが、それは決して死の暗示の様な予兆ではなく、こういう傾向があるので注意して下さいね、程度の意味合いと、解釈して下さい。 活きぼくろと死にぼくろ、この二種類がある事を踏まえた上で、次の項から本格的にほくろ占いを見ていきましょう。 額の中央で生え際近くは、人相学で天中(テンチュウ)と言います。 ここにほくろがある人は、目的や夢を達成する際に、誰かしら周りの人からの助力が得られるとされます。 何らかのトラブルや問題に遭遇したとしても、解決に向けて手助けされるようです。 人手や資金が足りない場合、援助の手が差し伸べられます。 幼少期に恵まれない家庭で育った人が多いとも言われています。 母との親子関係で苦労が多いのですが、それを乗り越えると忍耐力が養われるとされます。 また守護霊が見守られ、何らかのスピリチュアルな才能を秘めていることもあります。 ほくろが痒くなると危険の知らせとされています。 ツヤや形が悪い死にぼくろの場合は、予期せぬ災難に遭いやすく、目上に逆らいやすいので、助力が得られないとされます。 第三者が正面から見て[天庭]や[司空]の左脇は人相学で[月角](ゲッカク)と言います。 ここにほくろがある人は、金運や仕事運が高まっているとされます。 お金の巡りが良くなり、お金に困ることはないはずです。 今までの業績が認められ収入アップにつながります。 性格面では、欲求が常に満たされていないと気が済まないようで、衝動買いをしやすい面があります。 勝負運が非常に強く、ここ一番の所で力が発揮できます。 賭け事でも勝つことが多いようです。 母親との縁が薄くなるか、対立しやすい面があります。 ツヤや形が良い活きぼくろだと、より一層金運や勝負運が強まるとされます。 一方ツヤや形が悪い死にぼくろの場合、浪費が多くなり、母親との対立が激しくなるとされます。 第三者が正面から見て[天庭]や[司空]の右脇は人相学で[日角](ニッカク)と言います。 ここにほくろがある人は、恋愛運や結婚運が高まっているとされます。 運命的な出会いがあったり、思い描いていた通りの結婚ができるようです。 しかしこの運命の相手に出会うまでには、苦労が伴う面があります。 運命の相手でない交際は、なかなか楽しい恋愛にはならないとされます。 荒々しい性格なのですが、運命の相手には優しく接します。 恋愛から結婚への流れはスムーズになります。 生涯一人の相手と連れ添うことになり、不倫や離婚はありえません。 また父親との縁が薄くなるか、意見などが対立しやすい面があります。 活きぼくろの場合、意味合いがより一層強まり、死にぼくろだと、性格が裏目に出たり、父親との対立が激しくなるとされます。 [辺地]の下にある横の生え際は、人相学で[駅馬](エキバ)と言います。 ここにほくろがある人は、周囲の環境が変わることで何らかの幸運が訪れるとされます。 安定した変化のない環境にいると、運気が低迷しやすくなります。 一つの場所に留まらず、拠点を移すことが幸せにつながります。 引越しや旅によって運気が高まることもあります。 生まれ育った場所や、日本ではあまり活躍できないようです。 海外に行くと状況が一変し大活躍できるとされます。 また異性にモテ、恋愛上手となり、モテモテほくろとしても知られています。 活きぼくろの場合、海外などでより大きな成功がつかめるとされます。 死にぼくろの場合は、旅先や環境の変化によって災いに巻き込まれやすくなるとされます。 眉尻は人相学で[天倉](テンソウ)と言います。 ここにほくろがある人は、金運が上昇した状態にあり、人徳までもが備わっているとされます。 お金の巡りが良く、お金には困りにくいようです。 金運があるので、お金は結構入って来るのですが、あるだけ使い切ってしまう傾向にあります。 お金の出入りが激しく、出費は普通の人以上にが多くなります。 蓄財は苦手なようです。 賭け事が好きな人が多いとされます。 一方で人に奉仕する気持ちが強く、困っている人に手を差し伸べます。 悪事を働いたり、悪辣なことは一切しないとされます。 活きぼくろの場合、より一層金運が強まり浪費が少なくなるとされます。 死にぼくろだと浪費が多くなり、致命的な結果を招くとされます。 目と眉の間は人相学で[田宅](デンタク)と言います。 ここにほくろがある人は、親や親族の財産を相続し、何不自由のない生活ができるとされます。 財産を減らすことなく維持して行けるようです。 無駄な出費や散財に注意すれば、老後までも安泰になります。 一方でこの財産が負の遺産のこともあります。 目と眉の間が離れている、眉が長く濃い、顔の形が正方形か長方形になっているいずれか場合、より財産を受け継ぎやすくなるとされます。 ほくろが大きい場合、家族に関わることで引き受けなければならないものがあるとされます。 活きぼくろの場合、財産を引き継ぎ金持ちになれるとされます。 死にぼくろの場合は、財産を失う不測の事態が生じるとされます。 受け継いだ財産を散財させ破産する可能性があります。 この他、遺産相続でもめたり、家庭内不和が絶えないなどが考えられます。 目尻の横は人相学で[魚尾](ギョビ)と言い「妻妥宮」とも呼ばれています。 ここにほくろがある人は、好色の度合いが高く、恋愛体質とされます。 モテモテほくろの要素が強く、恋愛経験が豊富になるようです。 自分からアプローチをすることもありますが、言い寄られることも多いとされます。 慎重さに欠ける面がありますが、すぐに交際に発展します。 その分、恋愛トラブルになることも多いようです。 女性の場合、可愛らしさがあり、どこか神秘的な色っぽさも秘めています。 女性で左の魚尾にほくろが現れたら、肉体関係のみの恋愛になりやすいとされます。 男性で魚尾にほくろがある場合、浮気性とされます。 ツヤや形が良い活きぼくろの場合、より良い恋愛になりやすく、死にぼくろの場合、婚期が遅れたり、家庭運に恵まれないとされます。 鼻筋中程の領域は人相学で[年上](ネンジョウ)と言います。 ここにほくろがある人は、健康運と中年期の運が上昇するとされます。 生命力が強くなり、病気やケガをし難くなるようです。 何事にも積極的に取り組むので、成功がつかみやすくなります。 積極性が増している分、攻撃的な性格になるようです。 若い頃に上手く行かくなかったことも、中年期に入ると、何かと上手く行くようになるとされます。 お金の巡りも良くなり、金銭的にも恵まれるはずです。 活きぼくろの場合、健康運や中年運がより一層高まることになるとされます。 死にぼくろの場合、積極性に乏しくなり、気迫に欠けるとされます。 健康面でも病気などが増え弱々しくなるようです。 鼻の頭は、別名・準頭(ジュントウ)と言います。 ここにほくろがある人は、男女共に異性に対し強い興味の持ちやすく、セックスアピールも十分な相。 準頭に加えて、後述する唇にもほくろがあれば、性的な誘惑に人一倍弱い面があります。 これが活きぼくろならば、人生を狂わせる程ののぼせ方にはならないでしょうが、死にぼくろになると異性好きに歯止めが掛からなくなる危険性が。 浮気相手をあちこちに作って、自らの身を滅ぼしやすく相ですので、欲求を自制する事が必要でしょう。 準頭のほくろは別名・散財ぼくろとも呼ばれ、お金を稼ぎ出す力はあれども、それ以上に散財を重ねて、資産を使い果たしてしまう恐れが。 活きぼくろであれば、使った分だけ見返りが自分の手元に戻ってくる為、さほど心配はありませんが、死にぼくろの場合は中年以降にお金で困窮しやすくなるので、無意味な出費にはくれぐれもご注意を。 耳の穴近くの部分は人相学で[人輪](ジンリン)と言います。 ここにほくろがある人は、現実的で意志の力が強いのですが、興味のあるものへの出費が多いとされます。 入ってきたお金は趣味などに費やすことが多いようです。 お金の出し入れが激しく、なかなか財が築けないようです。 性格的に正直な人が多く、隠し事が苦手な面があります。 秘密を守り切れないことが多いので、人からあまり、信頼されないようです。 口が災いの元となり、対人関係を悪化させることもあります。 活きぼくろの場合、散財癖はある程度抑えられるとされます。 死にぼくろの場合、散財額が多くなり、致命的なことになるとされます。 内密にしていたことを口にして、大きなトラブルに巻き込まれることもあるようです。 耳の出っ張りにあたる耳廓近くは、人相学で[地輪](チリン)と言います。 ここにほくろがある人は、性格的にかなりの負けず嫌いとされます。 一見すると大人しそうに見えても、内面は勝ち気で、人よりも優位に立ちたい気持ちが強くなります。 人に勝つためには努力を惜しまないので、何事も成果を手にしやすいと言えます。 プライドもかなり高いので、自分の考えを変えることはほとんどありません。 自信家な面が強くなります。 耳廓が目立たない場合は、穏やかな性格とのバランスが取れ、適度に積極的とされます。 活きぼくろの場合、自己主張が強くなり過ぎて、失敗しやすくなるとされます。 自分の考えを人に押し付けがちなようです。 死にぼくろの場合は、体力的に虚弱体質となり、病気やケガが多くなるとされます。 無理をし過ぎて体調を崩すこともあるようです。 耳たぶにあたる部分は人相学で[垂珠](スイジュ)と言います。 ここほくろがある人は、外交的な面が強調されるとされます。 性格的に明るさがあり、人から誘いを受けると、どんなに忙しくても断らないようです。 その分、交際費は多くなります。 女性の場合、どことなく可愛らしさがあり、モテる傾向にあります。 金運、愛情運、健康運も高い状態にあるとされます。 垂珠の肉付きが良い場合、モテモテほくろの要素が強くなります。 垂珠の裏側に活きぼくろがある場合、最高の幸運がもたらされるとされます。 金運、愛情運、健康運がより一層高まるようです。 活きぼくろの場合、交際費がかさんでも大事には至らないとされます。 死にぼくろの場合、何事にも飽きっぽくなり、酒の飲み過ぎなどが悪い影響を及ぼすとされます。 その他、お金を浪費しやすく、異性に関わるトラブルも多くなるようです。 下唇は人相学で[金載](キンサイ)と言います。 ここにほくろがある人は、自己愛が非常に強く、愛するより愛されたい気持ちが強いとされます。 人の愛情に上手に応えられようです。 自分の魅力を引き出すことや、人の気を引くのが上手とされます。 華やかな印象があり、異性から注目されやすいようです。 女性の場合、どこかお嬢様気質な面が際立ち、何かと贅沢を好む傾向にあります。 ファッションなどにお金をつぎ込み、浪費家の人が多いようです。 金銭面では波乱万丈になるとされます。 活きぼくろの場合、生きていく上で苦労が少ないとされます。 死にぼくろの場合、愛されたい気持ちが強過ぎ、華やかに着飾ることが嫌味になるとされます。 何かと不運が起きやすい面もあるようです。 下唇のすぐ下の領域は人相学で[承漿](ショウショウ)と言います。 ここにほくろがある人は、生活が安定し愛情を欲しているとされます。 衣食住に困ることはないようです。 先天的に幸運が舞い込みやすい体質なのですが、気分のムラが激しくなります。 常に人から愛情を感じていないと何かと不安になるとされます。 人の気持ちを敏感に察することができます。 強運を持ち決断力があり、厳しい判断をすることもありますが、対人関係はスムーズになります。 服用薬の飲み間違いや中毒などに注意が必要とされます。 女性の場合、子宝で苦労する面があるかもしれません。 活きぼくろの場合、より豊かな生活になるとされます。 死にぼくろの場合、より不安感を感じやすく、訪れる幸運は小さいとされます。 薬害に遭う可能性もあります。

次の