してもらう 敬語。 「ご確認ください」とは?上司に対する敬語として正しい?例文や返信の仕方・類語(言い換え)・英語表現を解説

「教えてもらう」の敬語・使い方・例文|メール/目上の人への人

してもらう 敬語

~してもらっていいですか?と言われても言葉に困るという人も多いものです 次のような言葉はよく耳にしますし、自分でも使っているという人も多いのではないかと思われますが、言われたほうは実は何だか気になる、不快、押しつけがましい……などと感じることも多いと聞きます。 1「こちらにお名前を書いてもらってもいいですか?」 2「こちらにお名前を書いていただいてもよろしいですか?」 1と2は、公共機関の窓口や受付などでよく耳にします。 これはいずれも相手にその行為をしてもらおうとする場合に、婉曲に表現することによって配慮を表しているととらえることはできます。 「~してもらってもいいかどうか」と、相手に伺う、相手の判断や許可をあおぐような言い方をすることにより、相手への配慮を表すというわけです。 日常生活で 「ちょっと貸してもらってもいい?」というのに同じく、「書いてもらっていいですか」「書いていただいてよろしいですか」ということで敬語表現に言い換えているという点では、言葉遣いとして間違いというものではないでしょう。 しかし、実際にはたとえ2のように言われても、何だか不自然だと感じたり、適切でない言葉に響くといわれるのはなぜかと考えると、次のような点が原因なのではないかと思われます。 「~してもらってもいいですか」違和感や不快感を与える理由とは? 「お名前を書いていただいてもよろしいですか」以外にも、「こちらに印鑑を押していただいてもよろしいですか」「カードを入れていただいてもよろしいですか」なども同じような例として挙げられます。 この言葉が使われている場面を考えると、これらは、名前を書いても書かなくてもいいわけではなく、カードも入れても入れなくてもいいわけでない。 どちらもそうしてと依頼しているわけですね。 もっといえば、特に制限をもうけず任意でというのではなく、そうしてもらわなければならず、相手に選べる余地はないのです。 そのような点から考えて「~してもらっていいですか」と許可を求めるのもおかしいと感じるのも理由のひとつのようです。 また、もうひとつは「~してもらう」というのは、相手に何らかの手間を掛けるとうことですから、きちんとお願いの気持ちをこめた言葉を用いるべきだという点でしょう。 それらの理由から、もっと適切な言葉に言い換えるばらば、次のような言い方ができるでしょう。 「こちらにお名前を書いてもらってもいいですか」の言い換え例文 「お手数お掛けしますが(ご面倒をお掛けしますが)こちらにお名前をお書きいただけますか」「こちらにご署名願います」……と、言い換えることができます。 また、「こちらにカード入れてもらっていいですか」も言い換えるならば、「恐れ入りますが、こちらにカードをお入れいただけますか」「こちらの機械にカードを差し込んでいただけますか」「こちらにカードをお入れください」……などの言い方ができます。 ほかにも、「デジカメのシャッター押してもらってもいいですか(旅行先で)」「もう少し上にあがってもらってもいいですか(美容院で)」「これ渡してもらってもいいですか(会社で)」など、挙げたらきりがないほど「~してもらってもいいですか?」という言葉はあふれています。 しかし、どれもみな選べるものでも断れるものでもない雰囲気が漂っています。 相手に依頼する言葉も色々ですが、場面に応じて適切な言葉を使い分けるのも相手を不愉快にさせない心配りですね。 【関連記事】•

次の

「受け取る」「もらう」の正しい敬語表現【謙譲語・尊敬語】

してもらう 敬語

こちらの表現は、目上の人や上司に対して行くの尊敬語としてよく使われる言い方です。 そのため皆がよく見聞きする言い方で、聞く方も話す方も使いやすいので覚えておきたい尊敬語ですよ。 おいでくださいはとても敬意を込めた言い方ですので、役職が上の人や他社のお偉方に使うとよい尊敬語です。 そんな偉い人に自分が示す場所に行ってもらうため、親しい間柄で使う「行かれる」や「いらっしゃってください」は使わないようにします。 こちらは「行かれる」という言葉の依頼する表現です。 そして行ってくださいと丁寧にお願いしている言葉ですよ。 行かれるを依頼形にした「行かれてください」を使う場合に注意したいのは、自社の親しい先輩や上司などに使うということです。 こちらはあまり見聞きしない言葉ですよね。 この言い方は誰に対しても丁寧な言い方をする人がいたら上司や先輩に言うような表現です。 お行きになってくださいは自社や他社の目上の人・役職が上の人などに使います。 上のお行きになってくださいに似ていますが、これも行くの尊敬語に分類されます。 自社の上司や先輩、他社の目上の人などに「こちらにお行きください」のように使いましょう。 このように表現方法が多い「行ってください」の尊敬語は実際に使ってみると身につく言葉です。 上記の「いらっしゃってください」から「お行きください」は敬語として広く使えます。 また「行かれてください」は親しい間柄に使い、偉い人や取引先の人には「おいでください」を使うとよいでしょう。 仕事で相手に「行ってください」とお願いする丁寧な言い方について解説していますが、自分が行く場合にはどう言えば失礼にならないでしょうか?このことに関して解説している記事を下記に載せましたので、参考にしていただければと思います。 行ってくださいの敬語は行ってもらう時に使う丁寧な表現で、ビジネスでは忘れずに使いたい言葉です。 けれどもその会場や会議などに必ず行って欲しい場合には、この「ご参加願います」が気持ちをまっすぐかつ丁寧に伝えられますよ。 より丁寧に行ってくださいを表現するために、謙譲語を使って「伺ってください」や「参ってください」としてしまうのは誤りになりますよ。 謙譲語は自分を下に見た言い方ですから、相手に使うとその人を見下してしまうからです。 相手に「どこどこにいらっしゃてください」、「何時においでください」とお願いしたとします。 その時自分も同行する場合は丁寧語なら「わたしも一緒に行きます」、一緒になら「一緒に伺います」と表現しますよ。 行ってくださいと相手にお願いして自分も同行する場合、「伺う」と言うのか「参る」と言うのか迷う人もいるのではないでしょうか。 みなさんはどちらを使うかわかりますか? 「伺う」は自分が出向く場所の相手に対して尊敬の気持ちを表し、「参る」は今話している相手に尊敬の気持ちを表していると覚えるといいですよ。 伺うは出向く場所の人に「二人でそちらに伺います」と使ったり、参るは上司に「何時にあちらに参ります」と使ったりします。 こちらは気心の知れた先輩や上司に対して、仕事後の食事会などで自分があとで参加する時にこのように伝えたり、「あとで合流しますので皆で行かれてください」などと言います。 行かれるの依頼形「行かれてください」はこの他にも「何時に会議室へ行かれてください」、誰かがその人を呼んでいるなら「お呼びですのでどこどこに行かれてください」と使ったりします。 「行かれる」は気軽に話せるような関係の人に使うということを忘れないようにこの「行かれてください」を使いましょう。 いらっしゃってくださいはお偉方以外ではよく使われる表現です。 このことから自社や他社の目上の人などにこのように使うこともできます。 この他にも上司や目上の人に、「家族を紹介いたしますので、ぜひ我が家へいらっしゃってください」と使ったりします。 「いらっしゃってください」はよく見聞きする表現ですので、お偉方以外なら自社や他社でたくさん使えますよ。 「おいでください」は、偉い人や取引先の人など最も尊敬の気持ちを表したい相手に使います。 そしてそんな人に使いますので、言葉の始めには「恐縮ですが」のような悪いと思っていることが伝わる言葉を使いましょう。 このように仕事上失礼があってはいけない人に使いたい場合は、「恐縮や恐れ入りますなど」と「おいでください」を合わせて使うのがよいでしょう。 お行きくださいは自社で先輩や上司、役職が上の人に使うイメージがありますね。 ですからこの例文のように、会議に行ってもらうのをお願いする時や、会社内での用事を伝える時に使えます。 お行きになってくださいでも言い換えできますね。 行ってくださいや行ってもらうの英語での表現の仕方はいくつかありますが、「相手が行く」ことをお願いする場合はこの表現を使います。 pleaseをつけることで行ってもらうの敬語にあたる表現になりますよ。 「大変恐縮ですが、我が社においでください」は英語で「I am very sorry to trouble you please come to our company」となります。 comeに丁寧な表現のpleaseをつけますよ。 こちらは「先に行かれてください」という意味です。 親しい自社の人に飲み会などへ先に行ってもらうことをお願いする時に使えますよ。 自分はあとで参加するのでお先にどうぞと促しているのですね。 「恐縮ですが、我が社においでください」などと「恐縮ですが」はビジネスではよく使われる表現ですよね。 この恐縮ですがについての理解を深める記事をご紹介します。 恐縮ですがは他にどのような言い方ができるかご存知ですか?このことも含めて下記を参考にしてください。 ただ「そこへ行ってください」や「いらっしゃってください」などと言うよりも、してくれませんか?とお願いする表現の方が、相手の考える時間を考慮していてより丁寧に伝わります。 「そちらへいらっしゃってくださいますか?」、「ご都合のよい時間においでくださいませんか?」と丁寧語で言われると相手の心遣いを感じますよね。 このようにより丁寧に依頼したい場合は、丁寧語をつけて「もらえませんか?」という形にして表現しましょう。 丁寧な表現は相手を思いやる気持ちを伝えることが大切です。 それを伝えるには詫びの表現を使うのも方法としてありますよ。 代表的な詫びの表現の「お手数ですが」や「ご足労をおかけしますが」、先述の「恐縮ですが」などを使います。 あなた様にも一緒に行って欲しいと伝えたい場合に、「ご一緒に」を使って尊敬の気持ちを相手に伝えます。 「ご一緒にいらっしゃってください」や「ご一緒においでください」のようにお願いしましょう。 自分も一緒に行く場合、謙譲語を使うことで相手に尊敬の気持ちを表せますよ。 「ここへ行かれてください、私もご一緒します」と言われると丁寧ですよね。 「お供する」は年の離れた人に使います。 人に名前を呼ばれて不快に感じる人は少ないと思います。 このようにより丁寧に依頼したい場合は「誰々さん、そちらへ行かれてください」などと気持ちのこもった表現をしましょう。 依頼とは下手をすると不快に感じる人も出てきますので、この方法はおすすめです。 行ってくださいの敬語を正しく使おう! 仕事で「どこどこへ行ってください」と伝える時、誰にどのように言ったら失礼にならないかおわかりいただけましたでしょうか。 自分が行けばお願いすることもありませんが、そうはいかないのが仕事ですね。 「行ってください」を敬語で伝えてそのあとも順調に仕事が進むように、ここで学んだことを実践していきましょう。

次の

行ってくださいの敬語|行ってもらう時の尊敬語・謙譲語・丁寧語の表現!

してもらう 敬語

謙譲語とは、目上の人に対して自らがへりくだることで、敬意を表現する言葉です。 「許してくれてありがとう」に謙譲語を使えば、「くれて」という部分を「いただく」という謙譲語で表現することができます。 尊敬語 尊敬語とは、社会的な地位が上の人や、年上、親など目上の人を敬って使う言葉です。 尊敬語の簡単な使い方は「お」や「ご」をつけて表現します。 今回は「許してくれてありがとう」なので、そのままでは使うことはできませんが、「許し」という言葉に対して「お」をつけ「お許し」と尊敬語で表現することができます。 使い方 敬語表現の種類を紹介しましたが、原則的に謙譲語と尊敬語を混在させることはできません。 したがって「許してくれてありがとう」の文を変形して「お許しいただきましてありがとうございます」などとしがちですが、「お許し」という尊敬語と「いただく」の謙譲語が混在してしまっているので使い方としては間違いです。 「許していただき感謝しております」などのように、どちらかに統一しましょう。 メールでの使い方 メールでの使い方といっても、特別なことはありません。 「許してくれてありがとう」は友人や同僚などに使うことができます。 問題はビジネスメールです。 謝罪をするということは、何らかの迷惑を相手にかけてしまった状況です。 このため、失礼のないように細心の注意を払いましょう。 それには、次項で紹介するように、「許す」や「ありがとう」をより敬意を表す言葉に置き換えることが必要です。 ただ、メールの場合、あまり表現が硬すぎると読みにくく、回りくどい印象を恐れがあるので気を付けましょう。 「許してくれてありがとう」の部分は、結局のところ自分の気持ちを伝えているに過ぎないので、今後どのように改善していくか、過ちを二度と起こさないために何をするなど具体的な内容で補強したほうが良い場合も多いです。 「許してくれてありがとう」を敬語表現するときの例文 「許してくれてありがとう」がビジネスシーンで使う時に使われる例文を紹介します。 メールでは、過度に敬語表現を使わないほうがいいことがあると説明しましたが、謝罪の正式文書などでは、敬語を使って堅い表現にしたほうが誠意が伝わりやすいです。 寛大なご処置を賜り まず、「許してくれてありがとう」の中の「許し」に形容詞をつけることで、敬意を表すことができます。 例えば「寛大(かんだい)な」などです。 そして、「許し」を「お許し」などの尊敬語にするだけでもいいですが、仕事の内容によっては納期延長許可や、工事の施工許可などさまざまありますので状況に応じて変更しましょう。 例えば「ご処置」のように処置に「ご」という尊敬語を付けます。 これに「下賜(かし)する」という「(目上の人が)物を与える」を意味する言葉の尊敬語「賜る」を使って「寛大なご処置を賜り、誠にありがとうございます」などと表現します。 なお、「賜る」は「くれる」の謙譲語として使う場合があります。 尊敬語と謙譲語の混在は間違いとなりますので、使い方に注意が必要です。 「許してくれてありがとう」の別の敬語表現例 寛大なご処置 「寛大なご処置」の例文は先ほど紹介しました。 この他には「寛容(かんよう)な」という言い方が良く使われます。 「寛容なご処置を賜り、誠にありがとうございます」 となります。 このように、少し難しい言葉を使うと言葉に重みが出て「許してくれてありがとう」より敬意を表すことができます。 寛大な措置 「寛大な措置」の「措置」に「ご」をつけて「ご措置」という尊敬語にすることができます。 このほかにも「ご配慮」「お心使い」「ご容赦」などさまざまな言葉を尊敬語にすることができます。 「許してくれてありがとう」の謙譲語という敬語表現のところでも触れたように、自らがへりくだることで敬意を表すことができます。 例えば、 「寛大な措置をいただきまして、誠にありがとうございます」 などと使います。 その他 「許してくれてありがとう」や、それを敬語で言うためには、そもそも、しっかり謝罪し、許しを乞わなければなりません。 迷惑をかけたのに放置していては、相手の怒りは静まるどころか高まってしまいます。 プライベートで敬語を使う必要がない相手では「ごめん、許して」「本当に申し訳なかった」「心から謝ります」などでかまいませんし、相手が許してくれたら「許してくれてありがとう」などと返答すればいいです。 しかし、ビジネスシーンでは、もっと気遣いが必要です。 始末書 「始末書」とは、相手に迷惑をかけた内容を説明する書類ですが、許しを得るということが目的でもあります。 始末書は、 ・不始末の内容 ・不始末の理由・原因の説明 ・反省とお詫び ・二度と不始末を起こさないと誓う ・結び のような構成で書かれることが多いです。 そして、この最後のところで、「今回に限り、寛大なる措置をお願い申し上げます。 」などが使われます。 他にも「ご宥恕をたまわりたく存じます」「ご寛恕いただきたく存じます」などの表現がありますので、覚えておきましょう。 誠意をもって謝ろう!

次の