マセラティ クワトロ ポルテ。 クアトロポルテ(マセラティ)の中古車

マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 伊達男も努力する

マセラティ クワトロ ポルテ

某大手中古車販売店で買取をお願いしたところ、52万円という金額が!! イタリア車と言えばフェラーリが有名ですが、そのフェラーリと同じエンジンを積んでいるセダン車がマセラティのクアトロポルテです。 5代目のマセラティ クアトロポルテが人気となり、日本でも知られるようになってきました。 そんなマセラティ マセラティ クアトロポルテですが、気になるのは故障の頻度や修理費用ではないでしょうか?今回はオーナーの口コミなどからマセラティ クアトロポルテの故障や修理について書いてみたいと思います。 はっきり言って壊れます。 クルマ自体動かなくなるようなトラブルはありませんが、電気系統は年3~4回の修理入庫があります。 年20万の臨時出費を覚悟しとくと安心です。 マセラティ クアトロポルテの故障が多い箇所 クアトロポルテを販売しているのはマセラティという会社ですが、マセラティは故障が多い会社として有名でした。 故障の多さを揶揄して「家の車庫にあるより、修理工場にある方が長い」「宇宙一故障する」と言われていたほどです。 しかし1997年にフェラーリの傘下に入ってからは徐々に故障しにくい車を作るようになってきており、人気の5代目マセラティ マセラティ クアトロポルテではそこまで故障に悩まされることは(これでも)少なくなったようです。 マセラティ クアトロポルテには特に故障しやすい箇所があります。 口コミなどでよく話題になる故障個所としては以下の3箇所です。 クラッチ• 電動パワーシート• 内装がベタベタになる 5代目マセラティ クアトロポルテで最も話題になるのがクラッチの故障です。 クロアトポルテはF1マチックという独自のシフトチェンジを採用していますが、これによってクラッチが摩耗し、ある程度の走行距離で交換が必要となります。 これを放置すると突然車が動かなくなるトラブルが起こるのでご注意ください。 また、電気系統も故障しやすいと言われており、特に電動パワーシートやパワーウインドウといった場所は壊れやすいようです。 まるっと取り換える場合は修理費もかなり高額になります。 最後のは故障とは違いますが、年式が古くなってくると内装がベタベタしてくるというトラブルもあります。 ボタン類もベタベタになるせいで印刷されている文字が剥がれてしまったりするようですね。 せっかくの高級感が台無しになる不具合です。 マセラティが発表しているクアトロポルテに関する故障・不具合・リコール情報 燃料装置に関する不具合(2017年11月17日) 内容: 燃料装置において、電動燃料ポンプの作動電流を制御する抵抗器(レジスター)の選定が不適切なため、作動電流によりレジスターが早期に劣化することがあります。 対象車両: 型式 車体番号 ABA-MQP38A 非公開 電動パワーシートの配線不具合(2017年6月26日) 内容: 運転者席において、電動調整機構(電動パワーシート)の配線の配索が不適切なため、シートが稼動した際、当該配線がパワーシートモーターの端部と接触することがあります。 対策として全車両、電動パワーシートの配線の配索を変更し、パワーシートモーターの端部に保護材を取り付け、後部ヒューズボックス内のサーキットブレーカーをヒューズに交換します。 なお、配線に損傷がある場合は、配線を新品に交換し、パワーシートモーターの端部に保護材を取り付け、後部ヒューズボックス内のサーキットブレーカーをヒューズに交換します。 対象車両: 型式 車体番号 ABA-MQP30C ZAMSP56C001164136 ~ ZAMXP56C001224055(108台) ABA-MQP30A ZAMRP56J001077198 ~ ZAMRP56C001228643(483台) ABA-MQP30AA ZAMRR56J001075379 ~ ZAMRR56J001217444(129台) ABA-MQP38A ZAMPP56J001069934 ~ ZAMPP56J001225493(337台) 助手席エアバッグ警告ラベルの不具合(2017年6月26日) 内容: 助手席のサンバイザー等に表示する助手席エアバッグ警告ラベルの内容が誤っているため、保安基準第18条の基準に適合しません。 対策として正しい助手席エアバッグ警告ラベルを貼付します。 対象車両: 型式 車体番号 ABA-MQP30C ZAMXP56J001197359 ~ ZAMXP56C001233949(20台) ABA-MQP30A ZAMRP56J001195344 ~ ZAMRP56C001220754(27台) ABA-MQP30AA ZAMRR56J001195341 ~ ZAMRR56J001217444(7台) ABA-MQP38A ZAMPP56J001225493 ~ ZAMPP56J001241024(6台) マセラティ クアトロポルテ各部品の修理費用 ここではマセラティ クアトロポルテが故障してしまった場合にかかる目安の修理費用をご紹介します。 故障箇所 修理費用の目安 クラッチの交換 60万円 パワーシートの交換 数十万円 内装ベタベタのリペア 8万円前後 まず真っ先に目がいくのがクラッチの交換です。 クラッチは遅くても5万km程度で交換必須と言いますから、やはり維持費がかかるのは覚悟しなければなりません。 同じようにパワーシートやナビ・オーディオなどの故障も全取り換えとなると数十万程度の費用がかかります。 内装のベタベタについては放置しても走り自体には影響しませんが、やはりせっかくの高級感ある内装が台無しになってしまうので、なるべく直しておきたいところですね。 マセラティ クアトロポルテオーナーの評判• パワーがあり安定した走り• 独特のエンジン音が良い(フェラーリと同じエンジン)• スタイリッシュなデザイン• 乗り心地良く、長時間乗っても疲れない• ナビが使い物にならない マセラティ クアトロポルテが魅力的な理由として最も挙げられるのは、イタリア車ならではのセクシーな見た目、そしてエンジン音です。 5代目のマセラティ クアトロポルテは日本人カーデザイナー奥山清行氏によるもので、そのデザインは「イタリア人よりイタリアらしい」と絶賛されています。 イタリア車が好きな人でセダンが欲しいという場合、マセラティ クアトロポルテは候補の一つとなるでしょう。 エンジンは親会社であるフェラーリのエンジンが使われており、その独特なエンジン音に惚れて購入した人も多いようです。 セダンにスポーツカーのエンジンという唯一無二の存在がマセラティ クアトロポルテの魅力ですね。 一方、欠点としては5代目についてくるナビが全く使い物にならないという声が多かったです。 このナビはかなり前にアップデートが終了しており、現在の道路状況とは全く違うデータで役に立たない上、備え付けなので交換にはかなりお金がかかってしまうという残念な代物になっています。 マセラティ クアトロポルテとはどんな車? クアトロポルテはマセラティが1963年から販売している歴史のある車種で高級セダンに位置付けられるイタリア車です。 マセラティ クアトロポルテは「4つのドア」の意味、つまりセダンを意味しています。 現行モデルは2013年から発売している6代目です。 上でも書いてきたように5代目のクワトロポルテは世界的に人気がある車で、販売終了した今も中古車などで購入する人が多いようです。 マセラティという会社は元々小さな会社で手作業で車を組み立てているような会社でしたが、1993年にフィアットの傘下に入り、機械化・大量生産化へ移行していきます。 この移行によってマセラティの「壊れやすい」というイメージは徐々に変化してきているようです。 マセラティ クアトロポルテを中古車で購入する際に気をつけること マセラティ クアトロポルテの新車価格は1,000万円以上するにも関わらず、中古価格は200万円代でも買えるほど安いです。 しかし、安さだけを見て飛びつくのはおすすめしません。 マセラティ クアトロポルテの中古車を購入する際は、まずクラッチの残量を確認することが大事です。 あまりに少ないと車がいつ止まってもおかしくないですし、クラッチの交換は上で書いた通りかなり高額になるからです。 また、クラッチ以外の部分でもメンテナンスや細かい修理などでお金がかかり、維持費はかなり大変です。 本体が安くても、それなりにお金に余裕がないと所有できない車と思っておいた方が良いでしょう。 まとめ マセラティ クアトロポルテはイタリア車ならではの洗練されたデザインとエンジン音が魅力の高級車です。 持っていればそれだけでステータスになるでしょう。 しかし、維持費の高さや故障のしやすさも相まって、いくら中古であってもそれなりに車にお金をかけられないと厳しいのも確かです。 購入するのなら、不便を承知で購入するようにしてください。

次の

マセラティ・クアトロポルテ

マセラティ クワトロ ポルテ

詳細条件• ミッション/駆動系/乗車人数• マニュアル MT• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• ディーゼル オプション• CDナビ• 3列シート• リフトアップ• ボディタイプ• 軽自動車• コンパクトカー• ミニバン• ステーションワゴン• バン・商用車• トラック• ピックアップトラック• ハードトップ• ボンネットバン• 軽トラック• バス 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下• 50万円以下• 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

庶民はムリ!中古マセラティ・クアトロポルテの維持費高すぎ問題

マセラティ クワトロ ポルテ

マセラティというクルマは、大都市ではありふれた存在です。 ギブリやレヴァンテの登場によって、見かける機会もかなり増えました。 しかし! 地方都市ともなると話しは別。 かなりのレアキャラであります。 ちなみに当ブログ管理人のRockmanが住んでいる中核市(人口33万人ていど)では、ランボルギーニやフェラーリよりも遭遇率が低い。 。oO(スーパーカー専門店があるから、それ系のクルマは珍しくないのじゃ) ・ ・ ・ 先日、純白のクアトロポルテとすれ違う機会がありました。 ひと目で心が奪われると言いましょうか…モノとして見ればクアトロポルテはただの工業製品。 それなのに、見目麗しい貴婦人と出会ったような胸の高鳴りを覚えます。 クルマ好きの多くは、所有している愛車をず~と眺めていることができますよね? 妖艶な色気ただようクアトロポルテは、所有していなくても一日中眺めていられる稀有な存在。 Rockmanが大好きな5代目クアトロポルテのデザインは、工業デザイナーの氏が手掛けた作品。 今は無理だけど、将来はクアトロポルテを手に入れたい!という願望を持っています。 というワケで今回は車好きのワタクシが世界で最も美しいセダンだと思っているマセラティ・クアトロポルテに関するエントリー。 初期型で価格がこなれてきたクアトロポルテを一般庶民が手に入れることは可能なのか? 簡単にシミュレーションしてみました。 マセラティの中古車にご興味のある方はご覧ください。 。oO(橘玲先生の本を読んで金持ちになろう!) By: デビューから10年以上経過しているのに輝きが増し続ける5代目クアトロポルテ。 ピニンファリーナが半世紀ぶりに手掛けた気合は、ボディーのいたるところから感じられます。 「物」は100年経過すると付喪神(つくもがみ)になるようですが、このクルマにはすでに何らかの「精霊」が宿っている気さえしてしまう。 。oO(眺めているだけで鳥肌が立つぞい) 型落ちしても独創的で美しいワケ 2013年に6代目となるクアトロポルテが発売されたので、奥山さんデザインの5代目は型落ちとなってしまいました。 一般的に新型車が発表されると旧型のデザインはどうしても古臭く見えてしまいます。 ところが! 5代目クアトロポルテは、古臭さを微塵も感じません。 逆に輝きが増し続けております。 その大きな理由は、現行型の微妙なデザインによるもの。 5代目クアトロポルテのデザインが良すぎた反動で、6代目は「空気」のような扱いになってしまったのは、ちょっと可哀想な部分でもあります。 (バカでかいボディサイズも不人気要因) ・ ・ ・ By: 5代目クアトロポルテに乗ると、中の人はとても堅気には見えなくなります。 同じ「悪(ワル)」と言う単語でも、トヨタやホンダが盛んに採用しているマイルドヤンキー向けの「ワル風デザイン(笑)」とは次元が異なります。 クアトロポルテは恐ろしいほどに存在感があるクルマ。 しかし、ディティールを観察すると奇をてらった部分なんぞ一つもありません。 ただただ… パーツの一つ一つが繊細で美しいのです。 それら部品の集合体たるボディを俯瞰(ふかん)して見ると、緻密に計算されたボディ・バランスに思わず息を呑みます。 この名言は、まさに5代目クアトロポルテにピッタリな表現ではないでしょうか? トレンド追求に走り、ブランド戦略やデザイン哲学がない安直なクルマばかり生み出される昨今の自動車市場。 。oO(堅気に見えないマセラティ乗りというと「 小僧!ソープに行け」という煽りで有名な北方謙三氏を思い浮かべるけど、今の若い人は知らんだろうなw) 個人売買の中古を購入シミュレーションしてみた 前期型で価格がこなれたクアトロポルテを購入したら費用はいくらになるのか? ちょうどワンオーナーの2004年式(前期型)がエンスーの杜で売りに出ていたので、簡単にシミュレーションしてみました。 いちおう、380万円あれば法的に所有は可能です! しかし、そこは元値1,500万円のクアトロポルテ。 ここからが怖いwww 納車前の整備費用がおよそ100万円。 (正規ディーラーでの参考費用) 信頼性が向上したとは言え、初年度登録から10年オーバーのイタ車は故障が心配です。 。oO(壊れやすいセミATトランスミッションが逝っちゃったら修理費用は100万円を軽く超えぞい!) 美しいクアトロポルテを「青空駐車」や「カーポート」に置くなど、もって のほか! 簡易式のガレージ建設費用がおよそ300万円。 参考 美女はお肌の手入れも重要!ボディーのコーティングや飛び石防止のフィルム施工費用がおよそ50万円。 それに追加して年間のオイル交換代金やガス代、保険料など最低限予想される費用を合計すると… お値段は、およそ 1,000万円。 わけがわからないよ…。 年収が1,000万円を超えても中古ですら所有するのが厳しいと言う現実。 中古のマセラティは新車をキャッシュで買える財力がなければ乗れない カーマニアの間で有名な言葉です。 クワトロポルテは5人乗りのセダンですが、このクルマ1台で全てをまかなうのは非常に難しい。 普段使いできるファーストカーが必要でしょう。 何はともあれ…美しい物を手に入れるためには相応の「覚悟」「お金」が必要。 現状ではとても購入することができませんが、努力する価値はあります。 。oO(5代目クアトロポルテの走行シーンにうっとりする 最強のふたりはおすすめ映画!内容も素晴らしいから観てない方は是非みて!) とても同感できます。 自分も2004y乗ってるので。 苦しみが多くても、それを上回る奥山デザインのすばらしさ。 ライン。 最近mazdaの車が6代目ぱくりまくりで怒り心頭なのは私だけでしょうか。 なめきってますね。 mazda。。。 ロータリーエンジンはいいのに、デザインが許せない。 しかも売れてるらしいし。。 スカイラインのテールランプもフェラーリだし、nsxもフェラーリ目指して作られているし、一流の証なのかもしれませんがね、、、 だが、mazdaはスカイラインでもnsxですらない。 おっしゃる通り、私も自分の愛人であるquatroはいつもまでも眺めていられます。 幸い、屋根付きガレージでよかったのですが、維持費は国産の比ではないですね。 笑っちゃうほどかかります。 処分しちゃおうか、と思う時もなくはないですが、一目あの熟女を見てしまうと、その気がなくなってしまって。 まるで気が付くと無意識に通ってしまう、小奇麗なママのいる小料理屋のようです。。 もちろん、イタリアのtavernaからきたママですがね。。。 いつまで維持できるかは分かりませんが、ビアンコフジ類似色にリペイントして色白美人さんの熟女を、できる限り労わりながら、たまに踏み込んだりして、遊んでいきたいと思います! >e様 コメントいただき、ありがとうございます。 クアトロポルテを愛人に持つ生活は、さぞ甘美なのでしょうね・・・。 羨ましい限りです。 リアル世界のママに貢いでもリターンは未知数(笑) しかし、工業製品でありながら芸術品でもあるクアトロポルテは、お金を掛ければその分だけ応えてくれるはず。 ちょっと乱暴に踏みつけても、F430譲りの甲高い美声で鳴いてくれるのでしょうねぇ・・・。 妄想するだけで、ため息が出てしまいます。 5代目クアトロポルテは、マセラティの名に燦然と輝くモデル。 維持費は掛かると思いますが、イタリア生まれの美女を末永く大事にしてあげて下さい。 私もクアトロポルテオーナーになれるよう、爪に火を灯しながら貯金に励みたいと思います(笑) 非常に楽しい文章を読みながら、目を瞑り過去を思い返しておりました。 もうかれこれ、購入してから7年になります。 2008年式のジアッロ 黄色 を社用車として足代わりに乗っています。 マフラーをKSGにし、車高調を入れたり、楽しくドライブしています。 一発 故障すると国産車の様にはいきませんが、それでも修理代としては最大でも100万円以内でした。 私の車は既に新車の時から走行距離が12万キロを越えています 笑 でも、小さな電気トラブル以外 気に成る様な大きな故障はないですね、、、。 オイルだけは5000kで必ず全交換してますが、日常的にはその程度です。 今迄に発生した故障は、ラジエターホースの破裂でオーバーヒート、エンジン内のバルタイ破損により部品交換、ウィンドウォッシャータンクヒビ割れで交換、スカイフックサスペンションのセンサー以上でセンサー交換、前席の左右ウィンドウモーターの交換、ヘッドライトバルブの左右交換、、これ位です。 本当は6速ミッション載せたら楽しいかもしれないかなと時折 考えます。 牛や馬、911も休日に乗りますが、その度にクワトロポルテの良さを逆に発見する機会が多いです。 速い車は沢山 世の中にあります。 でも、この車はそんな次元ではないところに良さがあると思います。 若干手がかかりますが、所有する喜びはある車かもしれません。 K 様 はじめまして。 コメントありがとうございます。 クアトロポルテのオーナー様に「楽しい文章」と思っていただけるだけで感無量です。 K 様のコメントにある、6速ミッションをスワップした5代目クアトロポルテの姿を想像したら、ヨダレが出てきました(笑) そんな素敵なクルマを乗りこなす人がいたら、映画の主人公か妖精レベルの存在。 カーマニアの間で都市伝説として語り継がれそうですね。 仰るとおり、この車の魅力は速さとは別次元のもっと高いところ・・・ 人間の5感のうち、味覚を除く4感全てに訴えかける強烈な「感性力」だと思います。 5代目クアトロポルテに魅了されて、はや10年。 所有するには少々ハードルが高い車ですが、いつの日か必ず手に入れてみせます! 奥山デザインのクアトロポルテのデザインに同感しているマセラティ初心者オーナーです 昨年07スポーツGT走行23000KMを500万円にて購入しました 新車では高額なのでなかなか購入できませんが中古車の値落ちお買得はマセラティならではです トルコンATのおかげで維持費もかからずトラブルもまだありません メーター内のトラブル表示はよく点灯しますがすぐ消えます誤作動で多いようです。 イタ車なので細かい事を気にしなければ楽しめると思います。 内装もドイツ車には真似できない家具のようなエロチックなデザインに感動してます 355と993も所有しておりますが、クアトロポルテのシルエットにはかないません 今後再びあのようなピニンファリーナデザインは登場しないと思います ぜひ所有してください、今世紀もっとも美しいデザインの自動車です Rockman様、ご無沙汰しております・・・・(会った事ないですが(笑) 去年コメントさせて頂いたの来年から増税です、、今年五月の税金にについE55が10万コース に突破しました(驚)足回りも異音が出始めたので、ついに、ついに、念願の夢のクアトロポルテに 乗り換えました・・5代目のAT仕様です、まだ納車一週間も立っていないですが、なぜが乗るときに 心臓がトキドキで、うれしいのようで、緊張のようで・・・ そこですぐRockmanさんを思い出しました。 お元気でしょうか?当初クアトロについで、色んな詳しく 情報を書いて、参考になりました、お互いにクアトロが好きで、これも一つのご縁でしょうか・・ また時々ブログを拝見させて下さい、ではお元気で。。。 >来年から取りあえず増税ストップ 様 ご無沙汰しております! 税金10万円コースはキツイですね・・・。 長く乗れば乗るほど税金が重くのしかかる現状の税制は狂っていると思います。 クアトロポルテをご購入されたんですね! おめでとうございます。 初めてコメントさせていただきます。 トンネル内でのチキンレースの場面で主人公の乗るロードランナーを、象徴であるトライデントのエンブレム越しに睨み付けるギブリのフロントグリル 所謂Shark Faceですね に人目惚れ。 正直言って、学生時代まで全く車に興味の無かった僕が「車に人目惚れする」という体験をさせてくれたのは、後にも先にもマセラティだけです 笑 勢いでコメントしちゃいましたが、僕もいつかは必ずクアトロポルテのオーナーになりたいです! ギブリでは無くあえてクアトロポルテを目標にしているのは、最高の車の最高のリアシートに父親や友達を座らせたいからです! 以上、長文失礼しました!.

次の