特急しなの 割引券。 乗り継ぎ割引

【2019年3月16日~】あずさ回数券廃止!中央線特急 新サービスを解説・お得に乗る方法も紹介│やまなしファン

特急しなの 割引券

乗り継ぎ割引の概要 乗り継ぎ割引は、「新幹線と在来線」の乗り継ぎと、「寝台特急と四国内の特急」の乗り継ぎに適用されます。 適用される駅は限定されています。 特急グリーン車、特急寝台車をご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。 ただし、一部個室は割引対象外です。 乗り継ぎ割引で半額になった料金の10円未満のは数は、切り捨てとなります。 乗り継ぎ割引は、出発前に、乗車券と乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります(乗車券をすでにお持ちの場合はご呈示ください)。 乗車後、車内で乗り継ぎ先の列車の特急券を購入した場合などは、乗り継ぎ割引の対象外です。 また、JR線とJR以外の会社線を乗り継ぐ場合も、「乗り継ぎ割引」の対象となりません。 新幹線と在来線の乗り継ぎ割引 乗り継ぎ割引の対象となる駅・路線は以下の通りです。 東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅• 東北・北海道新幹線の新青森駅、新函館北斗駅• 上越新幹線の長岡駅・新潟駅• 北陸新幹線の長野駅・金沢駅• 大阪駅(新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合)• 坂出駅・高松駅(岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合• 上越妙高駅と直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合)、• 金沢駅と津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合) 上記の駅で新幹線から在来線の特急・急行列車にその日のうちに乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は、在来線の乗車日か、その翌日でも割引になります。 新青森から青森間のみを特急・急行列車にご乗車になる場合は乗り継ぎ割引の対象になりませんが、乗車券のみで特急・急行列車の普通車自由席をご利用になれます。 また、九州新幹線には乗り継ぎ割引はありません。 新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高い方の料金が割引となります。 新幹線・在来線の乗り継ぎ割引の具体例 例:津和野から名古屋までの旅行で、新山口駅で在来線特急「おき」から新幹線「のぞみ」へ乗り継ぐ場合 津和野から新山口までは、在来線特急「おき」の普通車指定席を利用し、特急料金1,700円が乗り継ぎ割引で半額の850円になります。 新山口から名古屋までは新幹線「のぞみ」普通車指定席で、割引はなく、特急料金は6,330円です。 例:高知から東京までの旅行で、坂出駅と岡山駅で在来線特急「しまんと」と新幹線「のぞみ」を乗り継ぐ場合 高知から坂出までは在来線特急「しまんと」の普通車指定席で特急料金2,350円が乗り継ぎ割引で1,170円です。 坂出から岡山までは快速「マリンライナー」を利用し、普通車自由席の場合は料金は不要です。 岡山から東京までは新幹線「のぞみ」普通車指定席で、割引はなく、特急料金6,860円になります。 例:米子から中津川までの旅行で、岡山駅と名古屋駅で在来線と新幹線とを乗り継ぐ場合 米子から岡山までは在来線特急「やくも」の普通車指定席で特急料金2,680円が乗り継ぎ割引で1,340円になります。 岡山から名古屋までは新幹線「のぞみ」普通車指定席で特急料金は5,030円(無割引)です。 名古屋から中津川までは在来線特急「しなの」の普通車指定席で特急料金1,700円(無割引)です。 このケースで、「しなの」特急料金は乗り継ぎ割引の適用になりません。 乗り継ぎ割引が適用されるのは、在来線1列車だけで、2列車の乗り継ぎの場合は、ねだんの高いほうだけが割引になります。 例:東京から白浜までの旅行で、新大阪駅で新幹線「のぞみ」から在来線「くろしお」へ乗り継ぐ場合 東京から新大阪までは新幹線「のぞみ」普通車指定席で特急料金は5,700円(無割引)です。 新大阪から白浜までは在来線特急「くろしお」の普通車指定席で特急料金2,250円のところ、乗り継ぎ割引で1,120円になります。 寝台特急「サンライズ瀬戸」とJR四国内の特急との乗り継ぎ割引 寝台特急「サンライズ瀬戸」とJR四国内の特急列車とを、坂出駅または高松駅で乗り継ぐ場合、JR四国内の特急料金、指定席料金が半額になります。 割引が適用となるのは、はじめに乗る列車の乗車日かその翌日に乗り継ぐ場合です。 例:東京から松山までの旅行で、「サンライズ瀬戸」と「しおかぜ」を乗り継ぐ場合 東京から坂出までは寝台特急「サンライズ瀬戸」のB寝台個室で特急料金は3,240円(寝台料金は別途必要)で無割引です。 坂出から松山までは在来線特急「しおかぜ」の普通車指定席で特急料金2,680円のところ、乗継割引で1,340円となります。

次の

乗り継ぎ割引

特急しなの 割引券

きっぷあれこれ 乗継割引 以下に紹介する条件で、JR線の特急列車や急行列車を乗り継ぐと特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 特急グリーン(個室を除く)、特急寝台(2人用の個室及び一部列車を除く)をご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。 なお、10円未満のは数は切り捨てとなります。 出発前に乗車券及び乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります(乗車券をすでにお持ちの場合はご呈示ください)。 乗車後はこのお取扱いはいたしません。 なお、JR線とJR以外の会社線を乗り継ぐ場合は、このお取扱いはいたしません。 関連する規則• 新幹線と在来線の乗継割引• 東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅、東北新幹線及び北海道新幹線の新青森駅、上越新幹線の長岡駅・新潟駅、北陸新幹線の長野駅・金沢駅、北海道新幹線の新函館北斗駅、大阪駅(新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、坂出駅・高松駅(坂出駅及び高松駅は岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、または津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)で新幹線から在来線の特急・急行列車にその日のうちに乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。 *新青森~青森間のみをご乗車になる場合は割引の対象になりませんが、乗車券のみで特急・急行列車の普通車自由席をご利用になれます。 *〔サフィール踊り子号〕をご利用になる場合は、乗継割引の対象とはなりません。 新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高いほうの料金が割引となります。 九州新幹線には乗継割引はありません。 例 1)名古屋から津和野まで新山口駅で新幹線〔のぞみ〕から在来線へ「通常期」に乗り継ぐ場合 例 2)高知から東京まで坂出駅と岡山駅で在来線と新幹線〔のぞみ〕を「通常期」に乗り継ぐ場合 例 3)米子から名古屋を経由して中津川まで岡山駅と名古屋駅で在来線と新幹線とを「通常期」に乗り継ぐ場合 例 4)東京から白浜まで新大阪駅で新幹線 〔のぞみ〕から在来線〔くろしお〕へ「通常期」に乗り継ぐ場合 関連する規則•

次の

特急しなのをお得に乗る方法まとめ【回数券・フリーきっぷ】

特急しなの 割引券

こんにちは。 七宝です。 昨日に引き続き今日もJRきっぷに関する記事をご紹介します。 乗車券に関してはある程度説明しました。 乗車券は出発地から目的地まで運んでもらうためのきっぷです。 今回ご紹介する乗継割引に関しては特急券を安くする手法です。 特急券というのは速達で移動できるきっぷを乗車券とは別に買うということです。 詳しくない人のためにさらっと特急券の軽く説明をしますと、 JRの特急列車(有名どころで言うとあずさ・ひたち・しなの・サンダーバードといったところでしょうか)に乗る場合、乗車券の他に特急券が必要となります。 急行列車には急行券が必要です。 もうほとんど走ってないですが 目的地まで運んでもらう乗車券にプラスで早く目的地まで運んでもらうことに対するお金を支払うという考え方ですね。 乗車券の場合列車が運休などによりお客様を目的地まで運べなかった場合、払い戻しになります。 一方特急券の場合は、列車が2時間以上遅れた場合に払い戻しになります。 特急券には主に自由席特急券と指定席特急券の2種類があります。 他にも立席特急券とかあるのですがややこしいのでここではおいときます 自由席はどの列車でも乗れます。 席も自由席車両の空いている席に座れます。 満席だったら立って移動することになります。 指定席は予め決められた号車・座席に座ることになります。 その席は自分の席です。 自由席より指定席の方が着席が約束されているため500円前後高いです。 指定席を取っている列車に乗り遅れた場合、後続の列車の自由席に乗ることができます。 原則、自由席から指定席への変更は差額を払えばできますが、指定席から自由席に変更することはできません。 私の場合、閑散期に1人で旅行することが多く、列車の始発駅から乗ることが多いので、自由席を使うことが多いです。 指定席は列車が指定されているので予定より早い列車に乗りたい時とかに不便ですから、同じ値段でも自由席を選ぶと思います。 また、乗車券と異なり、1列車1枚の特急券が必要です。 新幹線は改札を出ずに同一方向に乗換をする場合、1枚の特急券で大丈夫です。 ソニックとにちりんを乗り継ぐ場合の大分駅や南風とあしずりを乗り継ぐ場合の高知駅など、改札を出なければ1枚の特急券で乗り継ぎができる特例もあります。 ラッチ内乗継と言います ちなみに、のぞみ・さくら・みずほの自由席に乗る場合は2号車をお選びください。 さぁようやく本題に移ります! 乗継割引の裏技です。 在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。 要は新幹線と在来線特急を乗り継いだ時に特急料金がベラボーに高くなるので、高くなりすぎないように安い方の在来線特急分を半額に割引しますよというお話ですね。 分かりやすく例えると、新幹線特急料金が10000で在来線特急料金が5000円だったとします。 「普通は合わせて15000円になりますけど、乗継割引で在来線特急分が半額の2500円になり、合わせて12500円でいいですよ」というお話で、これが乗継割引の基本的な使い方です。 この制度を利用してお得にすることができちゃうんです! 新幹線には特定特急料金というものが設定されています。 これは一駅で自由席なら特別に安くしますよ。 といった特定料金です。 基本的には860円です。 米原~京都や大宮~小山など距離の長いところでも980円です。 距離が短い区間では2駅乗っても特定特急料金が設定されている区間もあります。 もうお分かりでしょうか。 その裏技とは、 特定特急料金区間の安い新幹線特急券を買うことで、高い方の在来線特急券を半額にしてしまうといった方法です。 例えば大阪~金沢までサンダーバードの指定席に乗るとしましょう。 普通に大阪~金沢までの特急券を買うと2900円です。 ところが同時に金沢~新高岡までの新幹線の自由席特急券を買ったとしましょう。 これが上記の新幹線の乗換駅ならどこでも使えてしまいます。 もっと走る距離の長い在来線特急で使った場合、割引額はもっと大きくなります。

次の