パワプロ アンドロメダ デッキ。 【パワプロ】鳴響投手のデッキ候補をまとめてみた!覚醒暗黒スバル、津乃田、虹谷辺りが本命か

【パワプロ】鳴響投手のデッキ候補をまとめてみた!覚醒暗黒スバル、津乃田、虹谷辺りが本命か

パワプロ アンドロメダ デッキ

前イベ 相棒)• 固有ボーナスの タッグボーナス倍率アップが強力• ケガをした時に回復効果や軽症化の効果• スタミナ上限アップ• 「 変幻自在」or「 速球プライド」のコツ• 筋力ボーナス+技術ボーナスの2種類ボーナス持ち• 共通イベントで「 敏捷pt」を獲得できる• 真特殊能力『 真・怪童』『 真・怪物球威』を取得するためのピース• 後イベ(変化球)• 変化球ボーナス+技術ボーナス(覚醒)の2種類ボーナス持ち• コントロール上限アップ• 『 怪物球威』『 マインドブレイカー』のコツ• 真特殊能力『 真・怪物球威』を取得するためのピース• 覚醒で「得意練習率UP」があり、タッグ回数が増える• 選手兼彼女で評価ピンク以上なら12月4週に強制告白イベント発生で告白が安定する• 精神ボーナス+技術ボーナスの2種類ボーナス持ち• コントロール上限アップ• 『 怪童』『 ジャストフィット』のコツ• 筋力ボーナス(Lv50)+技術ボーナス(覚醒)の2種類ボーナス持ち• 球速上限アップ• 『 カイザーライジング』『 勇猛果敢』のコツ• 回復イベントが多い• コントロール上限アップ• レベル上限解放ボーナス50まで行くと精神ボーナス+技術ボーナスの2種ボナ持ちになる。 いいやつがもらえるので全体のタッグ発生が早くなる。 真特殊能力『 真・怪童』を取得するためのピース。 立ち回りのポイント 各セクションごとの共通の立ち回り解説はを参考にしてください。 「ゴールドセル」の獲得が難しい場合はデータセル配置を優先して、少しでも多くの経験点を獲得できるデータセル配置にしましょう。 このデッキのメリットポイント• コントロール上限UPで106なので査定を高くできる。 が強制告白イベント搭載なので、告白が安定する。 加藤理香が編成されている為、ケガを恐れず練習しやすい。 このデッキのデメリットポイント• 後イベントがちょっと重めなので、実践上 まねき猫が無いとイベント完走しにくい。 降谷の「怪物球威」は 不確定なので、真・特殊能力が一つ獲得できない可能性がある。 タッグセルがない為、タッグ練習でデータセルを獲得できないと 経験点が伸びにくい。 変化球ブーストセルが夢城一人なので、複数の「ジャングル」を生成する必要がある。 サクセス結果• 持ち込み「まねき猫」「天才の入部届」 凡才ではなく、天才の入部届でセンス〇も初期で獲得できていましたが、タッグが思った以上にハマらず点数が結果ランクSS9として伸び悩みました。 アンドロメダ学園投手育成の加藤京子と夢城優花入りデッキの解説 アンドロメダ学園投手育成の加藤京子と夢城優花入りデッキの編成キャラ• 後イベ• 固有ボーナスの ケガ率ダウンが強力• コントロール上限アップ• 「 ドクターK」のコツ• 体力最大値をかなりアップできる。 前イベ• 筋力ボーナス+技術ボーナスの2種類ボーナス持ち• 共通イベントで「 敏捷pt」を獲得できる• 真特殊能力『 真・怪童』『 真・怪物球威』を取得するためのピース• 後イベ• 変化球ボーナス+技術ボーナス(覚醒)の2種類ボーナス持ち• コントロール上限アップ• 『 怪物球威』『 マインドブレイカー』のコツ• 真特殊能力『 真・怪物球威』を取得するためのピース• 覚醒で「得意練習率UP」があり、タッグ回数が増える• スタミナ上限アップ• Lv45まで行くと筋力ボーナス+技術ボーナスの2種ボナ持ちになる。 『 オクトスモーク』Or『 完全制圧』のコツ。 後イベ• 筋力ボーナス(Lv50)+技術ボーナス(覚醒)の2種類ボーナス持ち• 球速上限アップ• 『 カイザーライジング』『 勇猛果敢』のコツ• 回復イベントが多い• 前イベ• コントロール上限アップ• レベル上限解放ボーナス50まで行くと精神ボーナス+技術ボーナスの2種ボナ持ちになる。 いいやつがもらえるので全体のタッグ発生が早くなる。 真特殊能力『 真・怪童』を取得するためのピース。 立ち回りのポイント 各セクションごとの共通の立ち回り解説はを参考にしてください。 「タッグセル」の注意点は、データセル自体の回収が上手くいってないと効果を発揮できないので一緒に回収するセルを良く考えて行う必要があります。 このデッキのメリットポイント• コントロール上限UPで106なので査定を高くできる。 タッグセルを絡められれば、経験点が伸びやすい。 加藤京子が「 体力最大値アップ量」がかなり多いので練習回数を増やせる。 このデッキのデメリットポイント• 後イベントがかなり重めなので、実践上 まねき猫が無いとイベント完走しにくい。 降谷の「怪物球威」は 不確定なので、真・特殊能力が一つ獲得できない可能性がある。 タッグセルがない為、タッグ練習でセルを獲得できないと 経験点が伸びにくい。 先発にしたため、SS6とランクは伸びませんでしたが、ランクはまだまだ伸びしろがあるとおもいます。 adsbygoogle []. 筋力ブーストセル。 球速上限+1を搭載している。 覚醒+レベル上限解放50まで行くと筋力ボーナス+技術ボーナスの2種ボナ持ちになる。 回復イベントが多いので練習回数を増やせる。 コツが強化され重要なコツ「ノビ〇」を獲得できる。 「球速のコツ」で球速での消費経験点の軽減ができる。 得意練習率UPと試合経験点ボーナス所持。 筋力ブーストセル。 筋力ボーナス+技術ボーナスの2種類ボーナス持ち。 レベル上限解放50まで行くと練習効果• 重要なコツ「ノビ〇」「重い球」を獲得できる。 共通イベントで「敏捷ポイント」を獲得できる。 真特殊能力『 真・怪童』『 真・怪物球威』を取得するためのピース。 筋力ブーストセル。 スタミナ上限アップ2を搭載している。 Lv45まで行くと筋力ボーナス+技術ボーナスの2種ボナ持ちになる。 『オクトスモーク』Or『完全制圧』のコツ。 筋力ブーストセル。 タッグボーナスの数値が強力。 『エースの風格』+『変幻自在』2個金特コツ獲得のチャンスあり。 [アンドロメダ] 大西 得意練習 [スタミナ]• 筋力ブーストセル。 覚醒で筋力ボーナス+精神ボーナスの2種ボーナス持ちになる。 強力な回復イベントがある。 所持コツが強力。 シナリオキャラなのでセクション4でゴールドセルが配布される。 『ミスターゼロ』のコツ。 筋力ブーストセル• コツイベント率アップが強力。 真・特殊能力の下位コツ「ノビ〇」「重い球」を所持している。 「球速のコツ」で球速での消費経験点の軽減ができる。 変化ブーストセル。 コントロールのコツを搭載している。 練習効果アップとコツイベント率アップが強力。 オクタヴィアとのコンボあり。 闇野栄剛 得意練習 [変化]• 変化ブーストセル。 レベル上限解放50まで行くと変化ボーナス+技術ボーナスの2種ボナ持ちになる。 得意練習率アップと試合経験点ボーナスが強力。 [サンタ] 太刃川 得意練習 [変化]• 変化ブーストセル。 金特のイベントで成功すればノビコツも獲得できる。 得意練習率アップと練習効果アップが強力。 真・特殊能力の下位コツ「ノビ〇」「重い球」を所持している。 真特殊能力『 真・怪物球威』を取得するためのピース。 筋力ブーストセル• 12月4週目で告白強制発動(評価オレンジ以上)。 コントロール上限アップ2• ラブパワーイベントがある。 技術ボーナス+精神ボーナスの2種ボーナス持ち。 「 真・怪童」へのピース。 練習をしつつ遊ぶコマンドで星石も獲得できる。 コントロール上限アップ2を搭載している。 練習後イベントでの体力回復ができる。 『いいやつ』を入手できる。

次の

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園攻略まとめ【パワプロ】

パワプロ アンドロメダ デッキ

本デッキの強い点 敏捷ptをかなり稼ぎやすい 館橋の強力な走塁タッグと敏捷ブースターにより、アンドロメダ野手育成のネックである敏捷ptをかなり稼ぎやすい。 これにより、 敏捷ptのことをあまり気にかけず、強力な打撃タッグをガンガン踏みに行ける。 前2編成によりもねの告白が早く起きやすい 前イベ数が計6とかなり軽いため、もねの告白発生が早くなりやすい。 序盤選手キャラの評価上げに集中しても、クリぼっちを回避しやすい。 もね,館橋の2人からいいヤツ取得可能 もねの全レアイベと館橋の全レアイベでを確定取得可能。 序盤に取得することでキャラの評価上げをより効率的に行えるようになる。 凡才スタートでもワンチャンに期待できる。 もね評価をMAXまで上げやすい もねはデートでの評価UP量が少なめというネックがあるが、アミティの全レアイベで取得可能なため、エピまでにもね評価をMAXまで上げやすい。 本デッキの懸念点 査定最大値が低い パワー上限UPが無くも無いので、選手査定の最大値は低め。 後イベがやや重い 後イベ数が計14とやや重いため、後イベ未完のリスクが高め。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 告白のために木村を追わなくていい 彼女キャラのユニ木村はSR覚醒で初期評価が最大20UPする。 木村がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 ユニ木村のイベント回復量がかなり多い ユニ木村は合計4回の体力回復イベがある上に、クリスマスやバレンタインの回復量も多い。 アンドロメダ高校は練習回数の増加が経験点の伸びに大きく関わってくるため非常に強力。 本デッキの懸念点 告白がやや間に合いにくい 木村を彼女にするためには必ず2回告白イベを発生させる必要があるため、クリスマスまでに彼女にする難度がやや高い。 前イベ数が多い 本デッキの前イベの合計数は14 空きイベ数は38 とかなり多い。 告白と選手キャラのSRイベが完走すればよく、全てのイベントが発生する必要はないが完走を安定させるなら招き猫を持ち込みたい。 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 ユニ木村を覚醒している必要がある ユニ木村の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 サクセス中の練習の試行回数を大幅に増やすことができ、経験点を伸ばしやすくなる。 序盤のゲージ管理が非常に楽になり、サクセスを通しての超特訓発動回数も増やせるため強力。 6上限UPを達成できる 本デッキは基礎上限UPを6上限全て編成している。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 本デッキの懸念点 筋力ptが大幅に余りやすい ガジェット・社長の2人が筋力ブーストセル持ちのためVR空間が雪山 筋力ボナ になりやすい。 しかし本デッキは強力な筋力ボナ持ちの打撃キャラが複数人編成されており、雪山を複数回生成してしまうと大量の筋力pt余りが発生してしまう。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 後イベ数がやや多い 本デッキの後イベの合計数は ガジェットのSRイベを2回目で切る前提で14 空きイベ数43 とやや多い。 ライター体感でアンドロメダ学園の後イベは走りにくいというのもあり、安定した完走を目指すなら招き猫を持ち込みたい。 恋がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 本デッキの懸念点 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 恋を覚醒している必要がある 恋の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 エピローグで扇風機が付く 二股対象扱い?の天音がいるため、恋とのエピローグで赤特のが付いてしまう。 が、扇風機の消去に使用する経験点は余りやすい技術なので、そこまで大きなデメリットとはならない。

次の

アンドロメダ学園高校の投手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

パワプロ アンドロメダ デッキ

本デッキの強い点 基本的には6上限テンプレと同じ 本デッキはのを[バス停前]田中山に変更したのみ。 至高の遊撃手で査定を大きく伸ばせる の表示査定は210と野手金特の中でもずば抜けて高い。 冴木のの表示査定は56で 差し引き144もの査定を伸ばせるのは大きな魅力。 田中山で敏捷ptの不足を補える 田中山は敏捷ボナ持ちのため、不足しがちな敏捷ptを補うことが可能。 ジャングル生成時の守備タッグはもちろん、 走塁タッグに敏捷ボナと練習効果UPを絡めることで経験点を伸ばすこともできるため冴木入りに比べると敏捷不足が緩和される。 本デッキ使用時の注意点 精神ptが不足しやすい 精神ボナ・メンタルタッグ・精神ブーストセル供給が可能な冴木を外しているため、精神ptが大幅に不足しやすくなっている。 アンドロメダ学園はライター体感で後イベが走りにくいのもあり全完走にはやや不安がある。 体力消費イベが増える 田中山は 全レアイベで2回の体力消費イベがあり体力管理がよりシビアになる。 社長や田中山の体力消費イベの残数は把握して体力管理をしよう。 精神ptを意識して稼ぐ.

次の