サピエンス 全 史 文庫。 『サピエンス全史』を読む前に読む

サピエンス異変

サピエンス 全 史 文庫

『銃・病原菌・鉄』で知られるジャレド・ダイアモンドの新刊『危機と人類』が10月に刊行され、『サピエンス全史』『ホモ・デウス』で知られるユヴァル・ノア・ハラリの新刊『21 Lessons』が11月に刊行される。 2010年代以降、ダイアモンドやハラリのように歴史解釈や未来論についての重厚な書籍がヒットしている。 人文社会科学系の本を好む読者層に届いているだけでなく、ビジネス誌でも『銃・病原菌・鉄』やウィリアム・H・マクニール『世界史』が ・『週刊東洋経済』 2011. 26号「【特集 さらば! スキルアップ教】--PART2 教養 実践編 教養人になる方法」 2015. 04号「【第1特集 世界史&宗教】--歴史観を鍛えるブックガイド--「グローバルヒストリー」入門」 2016. 24号「【第1特集 ビジネスマンのための近現代史】--PART1 「いま」がわかる歴史の読み方」 ・『エコノミスト』 2014. 25号「〔特集〕世界史に学ぶ経済 PART2 これが世界史を変えた 大作を読む」 で取り上げられ、 ・『週刊東洋経済』 2018. 01号「【第1特集 データ階層社会】」 ・『週刊ダイヤモンド』 2019. 02号「特集 人類欲望史1万3000年で読み解く 相場 経済 地政学 今が全部 ヤバい理由」 でハラリやジャレド・ダイアモンドの本が大きく取り上げられるなど、なかば定番ネタと化している。 これらはどのように括られ、人気の理由はどう語られてきたのか? 「世界史」ブームから「人類史」ブームへ ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』は2000年に邦訳された時点でいわゆる読書人には注目されていたが、爆発的なヒットになったのは2012年に文庫化されて以降である。 2012年には網野善彦『日本の歴史をよみなおす(全)』(ちくま学芸文庫)、マクニール『世界史』とともに歴史本が流行し、「朝日新聞」2012. 14東京夕刊「来し方・行く末、本に求め 日本史・世界史がブーム 文庫で手軽、震災後の時流映す?」や「産経新聞」2012. 17東京朝刊「【広角レンズ】「世界史」本 なぜ人気 歴史の転換期…過去に学びたい」など新聞上でも取り上げられた。 朝日新聞の記事によると「この十数年[引用者註:当時]で売れた歴史書は『日本社会の歴史』など、主に日本史を扱ったものが多かった。 その中でオーソドックスな世界史概説書であるマクニールの『世界史』が売れたのは「画期的なこと」(中央公論新社販売促進部次長の東山健さん)で、女性や若い世代など、歴史書の新たな購買層が掘り起こされた可能性がある」とのことだった。 これがハラリの『サピエンス全史』刊行後になると、「世界史」という括りから「人類史」ブーム、ないし「文理融合の歴史」人気という括りに変わっていく。 「中日新聞」2017. 24朝刊「記者の眼 盛り上がる「人類史」研究」では『サピエンス全史』を『銃・病原菌・鉄』、マクニール『世界史』と並べて「人類の通史をつづる」本とし、宇宙の誕生に始まる長大な歴史を、文系理系の知を融合して学ぶ「ビッグヒストリー」という授業も各国で広がる、としてデヴィッド・クリスチャンの試みを紹介する。 ほかにも「産経新聞」2017. 06東京朝刊「【広角レンズ】翻訳歴史本に新トレンド 世界成立の「なぜ」に文理融合で」などがほぼ同様の趣旨と本のセレクトの紹介記事として書かれている。

次の

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福

サピエンス 全 史 文庫

ハラリ(2013) 生誕 1976-02-24 (44歳) , 居住 , 国籍 研究分野 研究機関 出身校 博士課程 指導教員 Steven J. Gunn 主な業績 『』 『』 影響を 受けた人物 主な受賞歴• Polonsky Prize for Creativity and Originality 2009 and 2012• Society for Military History's Moncado Award• Young Israeli Academy of Sciences• 学部の終身雇用教授。 世界的ベストセラー『 』、『』の著者。 著書では、、について検証している。 略歴 [ ] 1976年、ので生まれた。 その後にてとをルーツに持つ家庭で育った。 2002年に、現在彼のであるイツィク・ヤハフ(Itzik Yahav)に出会い、彼はヤハフのことを「私の『すべてのモノのインターネット』(my internet of all things)と語っている」。 ヤハフは個人的なマネージャーでもある。 ので結婚し 、その後イスラエルにほど近い地の(農業共同体の一種)で生活している。 2000年、オックスフォード在住中にを開始し 、それが「人生を変えた」と語っている。 著書『』では献辞として「に捧げる」とされている。 経歴 [ ] 1993年から1998年の間、ヘブライ大学で地中海史と軍事史を学んだ。 その後オックスフォード大学のジーザス・カレッジに進み、Steven J. Gunnに師事して2002年に博士の学位を取得した。 2003年から2005年にかけてのフェローとしての立場で歴史学を研究した。 その頃から、主として軍事に関する多くの著書や記事を執筆するようになる。 現在の専門は世界史とマクロ・ヒストリー(歴史の究極的な法則性を探求し、長期的・巨視的な傾向を見いだそうとする学問)である。 著書『』は2011年にヘブライ語で出版された。 2014年には英語版が出版され、その後30に迫る数の言語に翻訳された。 本書においてハラリはの全域に渡る調査を行った。 その領域は石器時代から始まって、21世紀における政治的・技術的な革新にいたるまでの進化全域を対象としている。 ヘブライ語版はイスラエルでベストセラーとなり、学界のみならず一般の人々の関心もかき立てたためハラリは一躍名声を得た。 で公開されているヘブライ大学における世界史講義(ヘブライ語)は、視聴回数が数十万回という人気を誇っている。 またハラリは『A Brief History of Humankind(人類史概論)』という英語での無料オンライン講座を開講しており、全世界で10万人以上の受講者がいる。 2009年から2012年にかけていくつかの有名な賞を受賞して名声を固めていった。 さらに2015年、の創始者であり現CEOでもあるによってサピエンス全史が紹介され一躍世界的に有名になった。 ザッカーバーグは本書を「人類文明の壮大な歴史物語」と評してフォロワーに紹介した。 主な著書 [ ]• Harari, Yuval Noah 2014. Sapiens: A Brief History of Humankind. London: Harvill Secker. Harari, Yuval Noah 2015. Jerusalem: Dvir publishing• ユヴァル・ノア・ハラリ、訳 『サピエンス全史:文明の構造と人類の幸福』 河出書房新社、2016年。 Sapiens: A Brief History of Humankindの翻訳)• Harari, Yuval Noah 2016. Homo Deus: A Brief History of Tomorrow. London: Harvill Secker. ユヴァル・ノア・ハラリ、柴田裕之訳 『ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来』 河出書房新社、2018年。 Homo Deus: A Brief History of Tomorrowの翻訳)• ユヴァル・ノア・ハラリ;柴田裕之訳『21 Lessons トゥエンティワン・レッスンズ :21世紀の人類のための21の思考 』 河出書房新社、2019年。。 (21 LESSONS FOR THE 21st CENTURYの翻訳) 動物福祉 [ ] 彼は(乳製品等も摂らない完全な菜食主義者)でもあり、動物(とりわけ家畜)の置かれている深刻な状況に対しても見解を述べている。 2015年、英国ガーディアン紙に寄稿した記事『は歴史上最悪の犯罪のひとつである』において「工業的に飼育されている動物たちの運命は(中略)我々の時代における最も逼迫した倫理上の問題のひとつである」と述べている。 出典 [ ]• Cadwalladr, Carole 2015年7月5日. 2016年11月2日閲覧。 Adams, Tim 2016年8月27日. the Guardian. 2018年3月17日閲覧。 Haaretz 2012年4月25日. 2018年3月17日閲覧。 2018年3月17日閲覧。 The Times Group 2015年10月14日. 2018年3月17日閲覧。 2017年4月25日. 2018年11月5日閲覧。 2014年8月31日. 2015年7月25日閲覧。 Reed, John 2014年9月5日. com. 2015年7月25日閲覧。 2018年3月17日閲覧。 Adams, Tim 2016年8月27日. 2018年11月5日閲覧。 Hebrew University 2008年. 2017年2月19日閲覧。 , in the channel in in 外部リンク [ ]•

次の

『銃・病原菌・鉄』から『21 Lessons』まで、人類史や未来論がブームになった背景|Real Sound|リアルサウンド ブック

サピエンス 全 史 文庫

文化180304 ユヴァル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』(柴田裕之訳)を読んだ。 ベストセラーになっているだけあって、平易で面白いことは事実である。 西洋中心主義者の身勝手さを牽制する役割は果たしているけれども、何かアジア人としては、違和感も覚えた。 ユダヤ人独特の発想に由来するものなのだろうか。 故郷を持つ農耕の民である日本人とは、価値観が明らかに違う。 われわれは、衣食住が満ち足りて、安全・安心な生活ができ、さらに子孫が繁栄することに、大きな価値を置く。 事実、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、子孫繁栄を祈る「お祭り」は日本全国で溢れているではないか。 先日、汕頭大学新聞学院教授・加藤隆則氏のブログで、この本を取り上げていた。 自分の書評は、また今度書くとして、加藤隆則氏の違和感をご紹介しておこう。 引用: ユヴァル・ノア・ハラリ著の『サピエンス全史』は、人類史を宇宙から俯瞰するユニークで、平易な記述が好評で、世界的なベストセラーになった。 進化論と多文化主義がねじ曲げられ、西洋優位の世界観をもたらしていることへの批判を下敷きに、人類全体に歴史の担い手としての自覚と、将来への参画を促したことは大いに評価されてよい。 だが名著は、多くではなく、長く読まれ続けることによってその名に値する。 私は、賛辞の尽くされた世間の書評とは裏腹に、少なくない内容に既視感があった。 むしろ、過剰な反響に、世界の人々に共通する閉塞感、焦燥感、無力感があるのではないか、との思いを強くした。 情報があふれるが、何が本当なのかはわからない。 個人が発言する手段と機会は増えたが、言葉がつかみどころのない大海に飲み込まれ、自分の存在はかつてないほど卑小に見える。 宗教は堕落し、何を頼ってよいのかわからない。 だから、我々は仮想社会の中で右往左往しているだけで、長い人類史の中では取るに足らない存在なのだ。 現状は宿命でも、必然でもなく、すべては白紙だ。 そう達観してしまえば、一気に憂いは一掃される。 ベストセラーの背景に、こんな厭世的な気分があるような気がしてならない。 周囲の中国人学生たちが、国家も貨幣もしょせんは想像物に過ぎない、アルゴリズムが我々の将来を決めるんだ、と他人ごとのように話しているのを聞いていると、戸惑いを覚える。 目の前にある難題から目をそらせ、解決の責任から逃避しているだけではないのか。 「では、君の現実はどこにあるのか?」と問いを発せずにはいられない。 思考も感情も記憶も、自分の身体を切り離しては成り立たない。 その身体から答えを見つけ出すような、地に足の着いた思索の営みこそ、若者には重要なのではないか。 身体性の視点についていえば、『サピエンス全史』は、中国を代表とするアジアについては十分な理解があると思えない。 特に、「歴史上の戦争や革命の大半を引き起こしたのは食糧不足ではない」と断言し、フランス革命を率いた「豊かな法律家」や、古代ローマ共和国の崩壊、1991年からのユーゴスラビア紛争を挙げている点だ。 中国の王朝興亡史にこの定理は当てはまらない。 中国大陸では、土地を失い、食糧を奪われ、何一つ失うもののない「無一物」の農民たちが決起し、王朝を転覆させてきた歴史がある。 毛沢東は、工業先進国で生まれた社会主義思想を農村に適用した。 そして、腹を空かした農民を組織し、都市部のブルジョア資本を代弁する蒋介石政権を打破できたのは、独自の歴史に学んだ結果である。 過酷な自然環境の中、食について飽くなき追求をしてきた民族は、あくまで胃袋で感じ、行動する。 思考を支える言語には、食に関する表現があふれ、古代からの詩は常に「飢え」と背中合わせだった。 最低限の衣食が足りたとしても、人として並みの待遇を受けられない社会的貧困の飢餓感は、腹の中に抱え込まれる。 抽象的な観念に振り回されるのではなく、身体を使って人生にとって何が大切で、どんな楽しみがあるのかを考える。 中国ではこうやって人々が暮らしてきた。 そして現在、習近平総書記が最も恐れているのは、人間の尊厳を踏みにじられ幸福な生活が脅かされている農民たちの不満である。 毛沢東が、みなを国の主人公にすると約束したのはうそだったのか。 「最初の話と違うじゃないか!」。 農村からの悲痛な叫びに耳を澄まし、納得のいく答えを出さなければ、中国共産党は歴史的正統性を失って崩壊する。 まともな生活の保証がないまま都市で暮らす出稼ぎ農民、そして農村に取り残され、孤立した老人や婦女、子どもたちは、貧しさと不正義への不満をつのらせ、党幹部の腐敗に腹を据えかねている。 持たざるものたちの怒りはもはや爆発寸前で、すでに小さな火種はあちこちに表出している。 習近平自身が「このままでは党も国も滅ぶ」と危機感を公言せざるを得ない状況だ。 (引用おわり).

次の