ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません。 「ご希望に沿えず/ご希望に添えず」とは?意味と使い方を知る

「ご期待に沿う」の正しい使い方と例文! 沿う・添うの違いは?

ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません

「沿う」は「 目的などに 従う、はずれないようにすること」、「何かを取り囲むように線などを引くこと」、「流れに従って動くこと」などを指します。 「添う」は「なにかに付け加えること」、「誰かと行動を共にすること」、「 人と 親密な関係を築くこと」などを指します。 よって、「ご期待にそう」の場合は「期待された内容や要求にぴったり従い、はずれないようにする」といったニュアンスになり、「ご期待に添う」の場合は「期待された内容や要求に寄り添う」といったニュアンスになるため、どちらを使っても間違いではありません。 「ご期待に沿う」の使い方 メールでお礼やお断りをする場合に、「ご期待に沿う」をうまく利用すると丁寧で、失礼のない文面に仕上げることができます。 例えば、サービス商材を導入してくださったお客様に対するお礼メールの例文を見てみましょう。 みなさまのご期待に沿えますよう、今後より一層のサービス拡充に努めてまいります。 」 また、注文を断ったり仕事をキャンセルしたりする場合には、以下のように用いられます。 「このたびは、当社のプロジェクトに参加していただき誠にありがとうございました。 次の機会にはぜひ検討させていただきますので、その節は何卒よろしくお願い申し上げます。 」 「ご期待に沿う」を使ってはならないシーンは? 「ご期待に沿う」はあらたまった場面で使用する言葉です。 具体的な仕事の依頼を受けた際に使用する場合は不自然になることがあります。 期待しているからね」と言われた場合、「はい、ご期待に沿えるように努力いたします」という返答では、上司に対して失礼にあたるだけでなく不自然です。

次の

「ご期待に沿う」の正しい使い方と例文! 沿う・添うの違いは?

ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません

拝復 時下ますますご降盛のこととお慶び申し上げます。 何とぞ事情をご賢察のうえ、あしからずご了承くだいますようお願い申し上げます。 ご要望には添いかねます。 お断りさせていただきたく存じます。 ご容赦のほどお願い申し上げます。 誠に不本意ですが、今回は採用を見合わせることとさせていただきました。 ご期待に添えず残念ではありますが、• せっかくのご依頼ではございますが、• 誠にうれしいお話ではありますが、• 誠に残念ではございますが、今回はご要望にお応えすることができません。 せっかくのお申出ではありますが、お引き受けいたしかねます。 ありがたいお申し入れながら、お受けすることができません。 誠に申し訳ございませんが、今回はご辞退申し上げます。 誠に不本意ながら今回は貴意に沿うことができないという結論になりました。 事情お汲み取りのうえ,いましばらくお待ちいただけませんでしょうか。 不本意ながら、お力になれず申し訳ありません。 せっかくのご高配に対して申し訳ございませんが、今回はお断りさせていただきます。 何とぞご了承いただきたくお願い申し上げます。 せっかくのお話で誠に残念ですが、今回はお断りさせていただきます。 いろいろお世話になりながらご辞退申し上げる結果となり、誠に申しわけなく存じます• 御社ご希望の納期までには、どう急いでも問に合いそうにございません。 せっかくのご注文をお断りするのは、たいへん残念なのですが、事情をご賢察のうえ、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

次の

ご期待に添う・沿うの正しい使い方。期待に沿うの正しい意味│ファッション・占い・結婚情報が集まる総合女子メディア|kinakina[キナキナ]

ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません

『なにとぞ、今しばらくご猶予を賜りますようお願いいたします』 【商品破損・不良品に対するお詫び】商品に欠陥がありその代替品を送った際、相手に待ってもらう時に使う事が出来ます。 『お気持ちのみ有り難く頂戴したいと存じます』 【お断りの言葉】「気持ちだけ頂きます」を丁寧に言えるようにしましょう。 『お約束の日にちが過ぎてしまい、まことに申し訳ございません』 【遅延のお詫び】約束していた期限をきちんと守らなければなりませんね。 『自分の不注意さが悔やまれてなりません』 【お詫びの言葉】自分の行動を反省する言葉になります。 『今後このようなことのありませんよう、社員一同、サービスの向上に誠心誠意努力をしてまいります』 【クレームへのおわび状】クレームへの対応は、相手に誠意が伝わるように書くべきですね。 『お声がけをいただきましたことは身に余る光栄ではありますが、何とぞ、今回の〇〇をご辞退しますこととご容赦いただきますようお願いいたします』 【お誘いの断わり文例】コンペなどのお誘い事を断る際に参考にしてみて下さい。 『誠に勝手ながら、次回生産までお待ちいただけますようお願いいたしますとともに、ご要望にお応えできませんことを心よりお詫びいたします』 【在庫切れのお詫び例】お待ちして頂く事をお願いするのと、その要望に応えられなかった事をしっかりと謝りましょう。 『貴社よりの度々のお電話にもご無礼を重ねましたこと、心よりお詫び申し上げます』 【お詫びの文例】確認の電話を相手に何度もした場合には、その事についても謝っておく必要がありますね。 『弊社では、従来からいかなる名目にであっても贈答、接待などを固く禁じております。 これは、皆様との公正な取引を維持発展するための措置でありますので、失礼とは存じますが何卒ご了承を賜りますようお願い申し上げます』 【お歳暮断わり文例】お歳暮を断る際の文章の例文として、お使い下さい。 『不良品につきましては、お手数をおかけして誠に恐縮に存じますが、料金着払いにて御返送くださいますようお願いいたします』 【欠陥商品へのお詫び】欠陥商品などが出た場合は、どのように対応するのかその事をきちんと明記しましょう。 『誠に残念ではございますが、今回は御辞退申し上げる結果となりました 』 【参加の有無】招待を受けた際は、辞退する内容を述べて、上記のように締めるのがよいでしょう。 『せっかくのお申し出にお応えすることができず誠に心苦しいかぎりですが、事情御賢察のうえ御了承くださいますようお願い申し上げます』 【断わりの文例】こちらの断わる事情をしっかりと述べるようにしましょう。 『今回は誠に残念ではございますが、貴意に添いかねる結論となりました』 【新規取引の断わり文】「厚意」「貴意」などいろんな言い方があるんですね。 『せっかくの御厚意にお応えすることができず、誠に申し訳ございません』 【お断り】相手の厚意に応える事が出来ない事をしっかりとお詫びしましょう。 『ここに謹んで深謝の所思をお伝え申し上げます』 【お詫びの文例】冒頭か文末に書き加えるのがいいと思います。 『先日はご迷惑をおかけしてまことに申し訳ございませんでした』 【ビジネス会話でのお詫び】急な休みをとった時、上司にお詫びをする時に使えます。 『どうにかお力になりたいのですが、当方の事情をご理解いただきたく、何卒ご賢察いただけますよう存じます』 【依頼を断る文例】こちらの事情をきちんと述べた上で、上記のように書き加えるといいですね。 『ご期待を裏切る結果となり、誠に心苦しい限りではありますが、どうぞ、ご理解ください』 【断わりの文例】取引先の依頼を断る際の手紙やメール文例の参考にしてみてください。 『社内で検討しました結果、大変申し訳ないのですが、今回は見送らせていただくことになりました。 また機会がありましたらよろしくお願いします』 【商談の断わりメール文例】簡潔に、短めに書くことをお勧めします。 親しければ、最後にねぎらいの言葉でも入れておくといいかもしれませんね。 『なんとか力になりたいと思ったのですが、ご期待には添えそうにありません』 【断わり会話】断わる際にも柔らかく、断るようにしましょう。 『非力でお役に立てず、残念です。 事情ご拝察のうえ、どうかお許しいただきたく存じます』 【断わり文】相手の希望にそえない、断わりの内容を書いた後、上記のように締めるのがいいでしょう。 『何とか都合をつけようと仕事の調整をしてみたのですが、どうしても都合がつきませんでした。 残念ですが欠席させていただきます。 皆さまへも、どうぞよろしくお伝えください』 【お誘いの断わり】お誘いごとの断わりは予約の都合などもあるので、早めの連絡が必要になります。 『ご期待にそえず、本当に申し訳ございません』 【断わり文】相手を傷つけることなく、丁寧に断る必要があります。 『当社としては貴社のご希望に添えかねます』 【お断わり】自分の会社では、相手の意に添えない事をきちんと述べましょう。 『誠に遺憾に存じますが、申し入れを辞退したく存じます。 ご賢察のうえ、悪しからずご了承くださるようお願い申しあげます』 【申入れ辞退】参加できないのが残念だという事を相手にきちんと伝えるようにしましょう。 『近いうちに改めてお詫びに伺うつもりではおりますが、まずは書中にてひと言お詫びを申し上げます』 【お詫びの文例】まずは、文章できちんとお詫びの連絡を入れておくのが重要ですね。 その後、伺うようにしましょう。 『本来であればお詫びに参上すべきところ、甚だ略儀ではございますが、取り急ぎ書面にてお詫び申し上げます』 【メールでのお詫び】商品に誤りがあった場合のメールでのお詫び文例です。 『今後は二度とこのようなミスの無いよう、細心の注意をはらう所存でございます。 何卒ご容赦のほどお願い申し上げます』 【お詫びの文例】メールや文書などでお詫びをする際に、参考にしてみてください。 『多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます』 【お詫びの文例】こちらのミスで相手に迷惑が掛かっている事をきちんと謝りましょう。 『これはひとえに当方のミスであり、弁解の余地もございません。 誠に申し訳ございませんでした』 【お詫び】先方に謝る場合はこんな感じがいいと思います。 文章や会話、どちらでも使えそうです。 『この度は、当方の手違いにより製品Aの納品日を間違えてお届けにあがり大変なご迷惑をおかけいたしましたこと、謹んでお詫び申し上げます』 【納品遅れ】この文章の後に、納品日を間違えた理由を述べるといいですね。

次の