ありがち な 恋愛 歌詞。 乃木坂46「ありがちな恋愛」の歌詞考察。振られて自虐的になるのもありがちである

【翻譯】乃木坂46『ありがちな恋愛』中日歌詞 @ 三分鐘熱度的不保證正確翻譯集中地 :: 痞客邦 ::

ありがち な 恋愛 歌詞

4thアルバム 『今が思い出になるまで』収録のリード曲 『ありがちな恋愛』がとても好きなのです。 作曲は我らが杉山勝彦氏。 もはや氏による楽曲であるというだけで名曲であることが約束されたようなものだが、注目すべきは歌詞である。 タイトルにあるように恋愛を切り取ったもので、かつそれは<君>と<僕>が既に離ればなれになった後、その残された<僕>の重い心情を描いている。 しかも、一貫してびっくりするくらい悲し気な態度である。 『君の名は希望』や『 シンクロニシティ』、 『Sing Out! 』のような、誰かに寄り添い背中を押すような歌を歌ってきた乃木坂46としては珍しいくらいのものだ。 じゃあこの 『ありがちな恋愛』はただの失恋ソングなのかというと、一概にそうとは言えない。 勿体振ってもアレなので結論から言うと、この曲は上で挙げた楽曲達と同じく乃木坂46の視点を描いており、それは「メンバーの卒業」、それを受けた(残された)メンバーの声である。 Twitterとかで検索してみると同じ答えを出している方は一定数いる事が確認できる。 なので、さくさく進めていこう。 先で書いたように、既に、<僕>の元から<君>が去ったその後の<僕>のモノローグのような形で描かれる。 ありがちな恋愛のその結末はどれも同じで そう知らぬ間に二人 別の道を行く 愛よりも大切な夢を見つけたのなら 現実はいつだって退屈なものだ <僕>と<君>の恋愛やその物語は<ありがちな>ものであると言い放ち、<夢を見つけた>彼女にとっては、2人で過ごす<現実はいつだって退屈>でしかない。 そのように自身の思いを卑下し、別れてそれぞれ<別の道を行く>ことが正しい事だと思い込もうとしているように見える。 2サビの歌詞には、より自身の内にある想いとの葛藤が見て取れる。 ありがちなサヨナラはそれでよかったと言い聞かせて 何回も"もしも"ばかり振り返るだけさ 本当は納得できてないってことだろう 後悔はいつだって意地との綱引き その別れもまた当たり前に訪れる<ありがちな>もので、それは必然の正しい選択だと自分に<言い聞かせ>る。 しかしそうしながらも、違う選択肢、違う結末の<"もしも"ばかり>を繰り返さずにいられない。 そんな、本当は<納得できてない>自分の気持ちの矛盾を知りながら、その"もしも"と共に沸き立つ<後悔>と、それを押さえ込んで無理矢理前に進もうという<意地>がぶつかり合い続ける。 グループから去る事を選んだメンバーに対し、そのことを受け入れ背中を押そうとしながらも、本心では受け止めきれず、しかし気持ちを抑えようとしている残されたメンバーの心情だ。 有り体に言えば、<君>と<僕>の別れの物語として、そこに様々な意味を持たせることができるのだが、「乃木坂46の楽曲である」というその事実を踏まえると、彼女たちの想いが秘められているものと考えずにはいられない。 しかしそうであるならば、これまでもメンバーの卒業を切り取った楽曲はシングル表題にも多くあるが、 『ありがちな恋愛』はそれと大きく離れた心情を描いている事になる。 『ハルジオンが咲く頃』は卒業する深川(以下敬称略)を盛大に送り出すような、明るい雰囲気に満ちた華やかな楽曲である。 『サヨナラの意味』はグループを去る橋本に向けた寂しさが抑えきれないというその葛藤を<僕>と<君>の物語に落とし込んでいる。 『帰り道は遠回りしたくなる』は逆に卒業する側である西野の「今すぐ飛び出したい」という衝動を疾走感のあるサウンドに乗せた曲であった。 これらはメンバーの卒業を前向きな「旅立ち」と捉えていた。 引き止めてはならず、笑顔で背中を押すことこそが残されたメンバーの命題であるとすらされていたように思う(それは曲に限った話ではないかもしれない)。 しかし 『ありがちな恋愛』は、より本心を露わにしている。 メンバーの卒業が残されたメンバーにとって「悲しい別れ」であるとして描いている。 そして、そこにある<"もしも"><後悔>を包み隠さず描いてしまっている。 歌詞を見てみると、そんな楽曲であるようにしか思えないのだ。 同じ方向に並んだ団地の窓に いくつしあわせが存在するか数えて 風に揺れている洗濯物の色味で どんな家族なのかわかる気がしてしまうよ <ありがちな恋愛のその結末>としての<家族>、それはメンバーの卒業がなかった場合の未来を指すものであるが、更にそれを表す<洗濯物の色味>。 「生まれ変わったような白さ!」みたいなコピーもあるが、どちらかというと繰り返していく中で色褪せたり、黄ばんだりしてくものだろう。 つまり「朽ちる」「劣化する」ことを示しているように思う。 <家族>として繋ぎ止めた先に待つものはそれであり、そこに一体<いくつしあわせが存在する>のか、<僕が守りたいもの>は<そこにあるのか>。 そう自分に言い聞かせて<別の道を行く>ことを無理にでも肯定しようとする。 しかし同時に、<僕>にとってその葛藤は簡単に解決できるものではなく、時には旅立った<君>のことを問い詰めるように責める事もしてしまう。 君はどうなんだろう? 望み通りか?(今は) 手に入れた夢の暮らしは しあわせか? 一度は背中を押していながらも、<君>が進んだ選択の先、<今><手に入れた夢>を疑う言葉を吐いてしまう。 そうした、受け入れなければいけない、でも受け入れられないという、これまでに表立って描かれていなかった、またメンバーの卒業を残されたメンバーが語る上で明言を避けてきた想いを、 『ありがちな恋愛』ではあからさまに描いている。 先述した通り、これまでも描いてきた「メンバーの卒業」に際しての、これまで描かなかった側面がこの曲には表れている。 そのことがまた一つスゴいなと。 思うわけです。 これまでは、良くも悪くもメンバーの卒業は前向きに受け入れる事が美徳とされてきたように思う。 だからこそ 『ハルジオンが咲く頃』のような曲が生まれたり、 『サヨナラの意味』で「その別れが辛い」ということは言っていてもそれ以上は描かれなかった。 ここに来て「それを引き止める事ができていれば……」という心情を描いたことが中々挑戦的というか、あまりにも正直すぎるくらい正直であると思う。 しかしその想いは事実としてあって、例えば高山がメンバーに卒業を考え直すよう説得しているエピソードがあったり、それこそ卒業メンバー最後のステージでのメンバー達の涙はその現れであったりするわけで。 新しいメンバーも増え、在籍していたメンバーがグループから去り(そしてそれは続いていき)、まさに 『今が思い出になるまで』という言葉の通りに、「今」や「これまで」への憧憬の念を描いているように思う。 つっても"問題"というほど大事ではなかったのだが、近いタイミングで発表された 『Sing Out! 』がこれまでの乃木坂46楽曲らしからぬ牧歌的なものであったために当初は賛否両論であり、安心の杉山曲であるこちらを支持する声が一定数あった。 今では 『Sing Out! 』は正しく評価され、そちらの論者ももう見かけないが、ともかく当時はそう言われる事もあった。 確かに作曲者・杉山勝彦氏は、 『君の名は希望』『サヨナラの意味』など、単に曲として良いだけではなくグループにとって重要な位置の楽曲を製作してきた。 その名前にハクがあるというか、「杉山曲」が「シングルにふさわしい」という認識はわからないでもない。 しかし、この曲が示す意味は上で書いてきたようなものだ。 だからこそ、 『ありがちな恋愛』はシングル曲にしてはならなかった。 と、主張したい。 ほかのnoteでも散々書いてきたが、乃木坂46のシングル表題曲は、その時その時の乃木坂46をそのまま切り取ったり、新たに打ち立てる姿を描いたものだったりと、グループの「今」を示すものであった。 (参考) 例えば、1st~3rdで培ってきたイメージを突き崩す意志を、ルールや通説への反抗心、その衝動と重ねて描いた 『制服のマネキン』、加入したばかりの新メンバーへの懐疑的な視線、不信感、それによる不穏さをそのまま落とし込んだ 『バレッタ』、生田の一時的な離脱への不安と帰還による安心を空模様に例えた 『何度目の青空か』。 秋田の田舎っぺだった少女が、多くのセンター経験、グループ兼任などを経て完成したアイドルとしての彼女の姿をその裏付けに、誰かの「新たな一歩」を応援する 『太陽ノック』、加入仕立てのまっさらな3期生の姿を見せつけて、メンバー達の当初抱いていた夢や願いを露わにしようとした 『逃げ水』、そして上でも書いた卒業シングル達は、まさに卒業していくメンバーを中心に据えたグループを描いた楽曲である。 シングル曲がそうした役割を果たす中で、目の前の<君>を救おうとする 『君の名は希望』が生まれ、遠くどこかにいる<誰か>にも手を差し伸べようとする 『シンクロニシティ』が生まれ、これらを経て乃木坂46が到達したのが、<ここにいない>遙か彼方にいる人へと愛を届ける 『Sing Out! 』であった。 7年間の活動を通して乃木坂46が辿り着いた「今」を示すのが 『Sing Out! 』だったのである。 <自分のしあわせを少しずつ分け合えば笑顔は広がる>というメッセージがこそ、「今」の乃木坂46が表明すべきものだった。 だからこそ、 『ありがちな恋愛』はシングル曲にしてはならなかったのだ。 それは「今の乃木坂46の姿」として示されなかった。 それにふさわしいものは 『ありがちな恋愛』ではなく 『Sing Out! 』であったのだ。 もちろんそれが本心であることもまた事実ではあるが、乃木坂46が人に力を与える役割を担う上で、その本心をあからさまに現すことは良しとされなかった。 というより、その想いの方向性として、内に向かっている 『ありがちな恋愛』、外に向かっている 『Sing Out! 』、乃木坂46がこれから進んでいく未来も踏まえ、一つの看板として立てるべくは後者であったのだ。 どっちの曲の方が良いかそうでないかではなく、「乃木坂46の姿」としてあるべきなのはどちらか、という選択の上で選ばれたのが 『Sing Out! 』である。 そして秘めた想いを表した 『ありがちな恋愛』はアルバムのリード曲として、ひっそりと、でありながら確かに存在するものとして、ここに収められたのではないかと思う。 10thまでを経て一つの完成を見た乃木坂46が、その姿を以て究極的かつ普遍的なテーマを歌った『命は美しい』に通ずる 『僕がいる場所』、<君>を見送る<僕たち>の視点を落とし込んだ『ハルジオンが咲く頃』より直接的に踏み出す一歩そのものを描いた 『きっかけ』、『バレッタ』に対する『そんなバカな』のように、新メンバーへの期待や好意、楽しい予感が表れた 『スカイダイビング』(プラス、人と人が共存することそのものを曲にした 『設定温度』)。 これらを踏まえると、アルバムリード曲が描いていることは、同じタイミングの表題曲を受けたものであったり、表題曲では取りこぼしたものであるのかもしれない。 少なくとも、このように読み解ける程度には、ただ架空の物語を描いているわけではないと言えそうである。 現に、卒業したメンバーに向けた「本当はもっと一緒にいられたら」という想いは大なり小なり存在するものであって、そしてそれはファンにしても残されたメンバーにしても抱いているものだ。 その辛い想いを隠し通すでなく露わにし、また腫れ物のようにも扱うこともせず、本心を本心としてありのまま表に出した楽曲が 『ありがちな恋愛』であるとしたい。

次の

乃木坂46 ありがちな恋愛 歌詞&動画視聴

ありがち な 恋愛 歌詞

「ありがちな恋愛」が乃木坂46オールナイトニッポンラジオで解禁されました。 4枚目のアルバム「今が思い出になるまで」 2019 の収録曲となります。 作詞は秋元康さん。 オールナイトニッポンの公式ホームページによれば歌唱メンバーは、卒業した西野七瀬さんを除く「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜チームになっています。 歌詞考察 振られて自虐的な「僕」 タイトルに恋愛、とありますから、男女関係を歌っているのがわかります。 付き合いたてなのか終わりかかっているのか想像しますが、どうやら恋愛を解消したことで心を痛めている「僕」の心境が歌詞となっているようです。 それがわかる歌詞に、 ありがちな恋愛の結末はどれも同じでそう知らぬ間にふたり別の道を行く、があります。 別の道を行くことが「ありがちな恋愛」の結末となっていますから、恋愛解消はありがちだということになります。 ありがちは、世間によくあることという意味ですね。 恋愛に限らず人間関係が長くつづかないのは、ありがちなことでした。 なぜ「ありがちな恋愛」の「僕」は「君」と関係が続かなかったのでしょうか。 大抵関係が長くなればなるほど、相手の好みがわかって行動パターンも読めるようになると、新鮮味が薄れてきます。 そういうことも含めてありがちなのかなと思います。 冒頭の歌詞は、 同じ方向に並んだ団地の窓にいくつ幸せが存在するか数えて、風に揺れている洗濯物の色味でどんな家族なのか分かる気がしてしまうよ僕が守りたいものそこにあるのか?通りかかった道端で考えた、となっています。 「僕」は道端で、団地の窓を眺めています。 そこで揺れている洗濯物に「君」との生活を想像したのでしょう。 ですが、「君」とは別の道を行くことが決まっていますから、未来を思い描くことはできないのですね。 別れることが決まっているのに、団地の窓を眺めて妄想に耽っている「僕」が不意に道端で我に返っている画が思い浮かびました。 となると、「君」との生活を想像する自分に呆れているようにも思えます。 だから、そんな妄想を抱いてしまうのも「ありがちな恋愛」だと言いながら、自分を卑しめているのでしょう。 だから、僕が守りたいものはそこにあるのか? と疑問を抱いたのでした。 同時に、いや別れているんだから守るも何もあったものじゃないとも考えたでしょう。 終わりに 道端で見かけた洗濯物に思いを馳せるくらいなので、「君」に対する未練は大きなものになっていそうです。 例えば、 ありがちなサヨナラはそれで良かったと言い聞かせて何回も後ろばっかり振り返るだけさ本当は納得できてないってことだろう後悔はいつだって意地との綱引き、という歌詞からは未練が感じられることでしょう。 もしかしたら、歌詞に登場する 団地の窓の洗濯物は、「君」と新しいパートナーのものなのかなとも思いました。 そう考えれば、 現実はいつだって退屈なものだ、となるのも納得できます。 「立ち直り中」の主人公は、かつての恋人であった「あなた」の家まで行ってしまいます。 この主人公も未練を引きずっていますから「ありがちな恋愛」の「僕」に重なりました。 終わり.

次の

乃木坂46「ありがちな恋愛」の歌詞考察。振られて自虐的になるのもありがちである

ありがち な 恋愛 歌詞

【目次】• 杉山勝彦の新たな神曲!乃木坂46「ありがちな恋愛」 杉山勝彦作曲の乃木坂46の楽曲 「制服のマネキン」 「君の名は希望」 「サイコキネシスの可能性」 「私のために 誰かのために」 「羽根の記憶」 「サヨナラの意味」 「僕がいる場所」 「ひとりよがり」 「きっかけ」 「硬い殻のように抱きしめたい」 「ありがちな恋愛」 「もし君がいなければ」 杉山勝彦氏に関しては、乃木坂46ファンにはもはや説明不要ではないでしょうか。 「制服のマネキン」や「サヨナラの意味」、「君の名は希望」「きっかけ」など乃木坂46の神曲に高確率で携わっている乃木坂46にとって特に縁の深い作曲家さんです。 そんな杉山勝彦氏がアルバムのリード曲の作曲を担当されているとなれば、そりゃ期待をせずにはいられませんよね。 しかも、杉山勝彦氏作曲のアルバムリード曲といったら何と言ってもあの神曲「きっかけ」があります。 「きっかけ」はシングルカットの噂も出たほどファンから神曲と呼び名の高い楽曲で、乃木坂46を象徴する楽曲と言っても過言ではないでしょう。 さすが、杉山勝彦!としか言いようがありませんね。 神曲です! 「頬杖をついては眠れない」や「ぼっち党」など攻めた楽曲も目立つ4thアルバムですが、「ありがちな恋愛」は王道楽曲。 ここらへんも非常に安心感がありますね。 センター・白石麻衣と齋藤飛鳥の歌割りが泣ける 楽曲自体が神曲と分かったところで、次に気になるのが誰がセンターなのか。 PVが公開されていない(というか、アルバムリリース時点でPV制作の予定がない)ので、音源解禁時点での情報からセンターを予想してみましょう。 重要となるであろうポイントは歌い出しですよね。 歌い出しは、 白石麻衣と齋藤飛鳥の声と思われます。 となると、「ありがちな恋愛」は白石麻衣と齋藤飛鳥のWセンターが有力でしょうか。 アルバムCMのナレーションも白石麻衣と齋藤飛鳥が担当していることを考えても、やはり白石麻衣と齋藤飛鳥のWセンターである可能性は極めて高そうです。 「ありがちな恋愛」は衛藤美彩、西野七瀬、若月佑美以外の「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜メンバーですので、「帰り道は遠回りしたくなる」のセンター・西野七瀬の両脇にいた白石麻衣と齋藤飛鳥がそのままWセンターとして繰り上がっていると考えれば、これも自然ですよね。 となると、フォーメーションも「帰り道は遠回りしたくなる」がベースになっている可能性が高そうです。 歌詞の意味はグループ云々とは無関係ですが、意味はともかく2人がここの歌詞で同じ歌割りというのが個人的にエモいです。 まとめ 今回は、乃木坂46「ありがちな恋愛」を取り上げました。 杉山勝彦氏の新たな神曲誕生に、乃木坂46ファンとしては喜びを感じずにはいられません。 全ツではこの曲で最大のボルテージを感じる可能性すらあります。 2019年も乃木坂46の勢いは止まりませんね!.

次の