お 香典 お札 向き。 お香典のお金の入れ方 お札の向きはどうする?

お札の入れ方:香典編!お札の向きや状態にはマナーがあるよ!

お 香典 お札 向き

香典のお金の入れ方。 お札の向きは表か裏か? 新札か旧札か? まず、香典袋に入れるお金は、新札を使うべきか旧札にすべきか、という問題があります。 結婚式のような慶事では、贈る側と贈られる側の双方が気持ちのよい新札を用います。 弔事においても、最近では、新札を使っても気にしない人が増えていますが、ご年配の方の中には、 「不幸を予期して用意していた」 と不快に思う方もいるので、新札は避けるのがマナーです。 ただし、紙幣があまりにも汚れていたり、しわになっていたりすると、それはそれで失礼なので、 新札ではないけれども、きれいなお金を用意するか、新札しかない場合は、一度折り目をつけてから袋に入れるとよいでしょう。 お金の入れ方 お次は、「香典袋にどのようにお金を入れるべきか?」という問題です。 お金の入れ方については、大きく分けて2通りの説があるので、それぞれご紹介します。 「人物が表」説 これは、主に市販のマナー本に書いてあるお金の入れ方になります。 祝儀であろうと、不祝儀であろうとお金の入れ方を変える必要はなく、 「人物が袋の表側・上方」 になるように入れる、というものです。 具体的な入れ方については、下の写真を参考にされてください。 「人物が裏」説 こちらは、主にインターネットで紹介されているお金の入れ方です。 香典袋のビニール包装に書かれている入れ方でもあるので、現在こちらが主流になっていると思われます。 この流儀によれば、不祝儀は祝儀とは逆に、 「人物が袋の裏側・下方」 になるように入れます。 具体的な入れ方については、下の写真を参考にされてください。 それで、なぜこのような向きでお札を入れるかというと、一つ目に、 「悲しみのあまり顔をふせる」 という意味が込められていることが挙げられます。 そして二つ目に、人物を下にして入れることで、お金を取り出した時に金額の数字がすぐに目に入り、受付の人が取りまとめるのに便利だからです。 受付の本音 これまで、香典袋へのお金の入れ方について解説してきましたが、 インターネット掲示板に、受付の方の本音が書きこまれていたのでご紹介します。 受付に出すのであれば、お金の入れ方を気にする必要はありません。 後ろですぐに出し、数えてまとめてしまうからです。 マナー本で、枚数や薄墨、新札・旧札などについて書かれていますが、まったく関係ありません。 受付からすると中袋は本当に邪魔なんです。 名前は誰でも読めるように書いてください。 達筆ぶるのはやめましょう。 中袋はそのまま廃棄してしまいます。 昔は、お札を裏返しで入れると言われていました。 「生ものもダメ」と言われていましたが、今は寿司を振る舞います。 葬儀のマナーもどんどん変わってきているのです。 きちんと記載した通りの金額が入っていれば十分です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 香典のお金の入れ方をまとめると、.

次の

香典のお金の入れ方中袋なしなら?!お札の向きで写真や上下は?

お 香典 お札 向き

ご祝儀袋の上包み・中包み(中袋)とは? ラト — stock. adobe. com 市販のご祝儀袋は多くの場合、「上包み」と「中包み(中袋)」がセットで販売されています。 このうち、ご祝儀袋の表になるの包みのこと上包みといい、それに対して 中包みは、半紙サイズの紙を折った包みのことを指し、お金を直接包むものになります。 その他にも、中包みを封筒にしたタイプがあり、これを中袋といいます。 もし、中包み(中袋)が用意できない場合は、半紙を折ることで代用ができます。 このように、上包みと中包みを使って、ご祝儀を包みます。 adobe. com ご祝儀を用意するのに気をつけたいのが、ご祝儀の包み方です。 ここでは、ご祝儀の包み方のマナーについてご紹介します。 折り方もマナーとしての決まりがあるため、まずは基本を確認しておきましょう。 札の向きに気をつける ご祝儀袋の中包みの表面に、1万円の人物の肖像がある面を表にし、上にくるように入れます。 お札を複数枚入れる際には、表裏と向きをそろっているか確認してから入れてください。 また、2万円を包む場合には、 割り切れる数だと縁起が悪いとされているため、 1万円札を2枚用意するのは避けるようにします。 代わりに、1万円札を1枚と5千円札を2枚用意してください。 お札の種類が複数になるのであれば、金額の大きいお札を前にして入れるようにしましょう。 中包み(中袋)の書き方・折り方 中包み(中袋)の表の面にはご祝儀金額を記入し、裏の面には住所と名前の記入をおこないます。 金額の記入の仕方は1万円の場合は壱萬円(壱萬圓)と記入し、2万円の場合は弐萬円(弐萬圓)、3万円の場合は参萬円(参萬圓)、5万円の場合は五萬円または伍萬円 (五萬圓または伍萬圓)と記入してください。 市販のご祝儀袋の多くは、中包み(中袋)も入っており、すでに折られています。 そのため、お金を包んだ後は、その通りに中包み(中袋)を包めば問題なく包めるので、簡単にできるでしょう。 上包みの裏側の折り返し方 お札を中包み(中袋)に入れて包んだ後、続いて上包みを包みます。 折り方は、たとう折りという方法でおこないます。 上包みの内側の面を上にし、その上に中袋み(中包み)置きます。 次に左を折り、その後、右を折ります。 その後、裏面に返して、上側を折るようにします。 最後に下側を上にして重なるように折ります。 表に返して、水引を通して完了です。 新札を入れる ご祝儀にお札を包む際には、新札を用意します。 新札には、「ふたりの新しい門出をお祝いする」という意味合いと、「結婚式を楽しみにしていました」という意味合いが込められています。 一方で、「綺麗なお札だから…」と、ピン札を入れる人も見受けられますが、マナーとして新札を用意するのが望ましいでしょう。 ご祝儀を包む際の注意点 yamasan — stock. adobe. com ご祝儀の包み方を理解したところで、続いてはご祝儀を包む際に、注意したい点も合わせて確認しておきましょう。 お札の入れ忘れに気をつける お札の入れ忘れは、まれに発生してしまうミスです。 「先に上包みや中包みの包み方の確認をしていて、そのままお金を入れずに渡してしまった…」などのミスがないようにしたいものです。 不安な人は念のため、ダブルチェックをしてから新郎新婦に渡すようにしましょう。 上包みの折り返し部分の間違いに注意 上包みを折る場合は、特に注意しなければいけません。 なぜなら、上包みの重ね方を反対にしてしまうと、不祝儀袋の意味合いと同じになってしまうからです。 ご祝儀袋の場合は、袋の上の折り返し部分に下の折り返し部分を重ねますが、不祝儀袋の場合には、下の折り返しに上の折り返しを重ねるため、その反対になりますので注意しましょう。 ご祝儀袋は包む金額に相応しいものを選ぶ 市販されているご祝儀には、様々な種類のものがあります。 ご祝儀服との選び方としては、包む金額が高いほど華やかなものを選ぶのがマナーとされています。 もし、出席できず、1万円を包む場合には、水引が印刷されたものを選ぶといいでしょう。 まとめ ご祝儀の包み方をマスターし、ハレの日をお祝いしよう! 新郎新婦へのお祝いの気持ちを形にするご祝儀。 ふたりへの気持ちがこもったご祝儀ですが、マナーを知らなかったばかりに失礼になってしまうのは残念なことです。 お祝いの気持ちが新郎新婦に伝えられるように、ご祝儀などの基本的なマナーは理解してから、当日を迎えましょう。

次の

香典のお札の入れ方・中袋の入れ方・向きとふくさへの入れ方

お 香典 お札 向き

・キリスト教であれば「御花料」、神道であれば「御玉串料」と書きますが、 宗旨宗派を問わない「御香典」も安心です。 さらに表書きの下部分には、自分の名前をフルネームで記入してください。 夫婦など、連盟でお渡しする場合には、三名までなら表に書いても問題ありません。 法事のお香典、中袋の書き方 続いて中袋の表面には、 包んだ金額を中央上部に記入しますが、この金額は 「漢数字」で書かなければなりません。 漢数字は一~十までが、「 壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾」、百・千・万は、「 百・阡・萬」です。 また金額の上には「金」、下には「 圓也(えんなり)」を入れるので、例えば五千円を包むのなら、「金 伍阡圓也」となります。 …以上が基本的な中袋の書き方ですが、なかには 中袋がないタイプもあります。 しばしば、住所を省略して書く方がいるのですが、施主はお香典返しやお礼の手紙を送る時に使いますので、そこまで想定して、 郵便番号や都県まで、正確に書くと親切です。 お札を入れる 表書きまで終えると安心しがちですが、 お札の入れ方にもマナーがあります。 そして、そのマナーが結婚式のお祝儀とは反対な点も、間違えやすいところです。 (一方、お祝儀は華やかな色でも大丈夫です。 ) ・渡す時には袱紗(ふくさ)からお香典を取り出します。 受付では取り出して そのまま両手で渡すと丁寧です。 またご自宅へ弔問する時には、袱紗を座布団のように、 お香典の下に敷いて差し出してください。 いかがでしたでしょうか、今日は 法事でお香典を準備する時に、押さえておきたいマナーをお伝えしました。 また袋の包み方ですが、弔事では 「お辞儀をするように」下が先、上を先に折りたたんでください。 (祝儀では上が先です。 )このように冠婚葬祭では、あらゆる場面でお金を包みますが、その 内容によって細かなマナーに違いがあります。 複雑に感じることもありますが、一度 意味合いまで理解してしまえば、後々間違える心配もありません。 法事のお香典の、 立場や年齢で違う金額相場については別記事でもお伝えしていますので、ぜひ、こちらも参考にしてください。 ・ まとめ.

次の