東京 都 選挙 管理 委員 会。 全国市区選挙管理委員会連合会

選挙管理委員会規程(各種委員会規程)

東京 都 選挙 管理 委員 会

その人達を選んで、私たちの代表として、村政をまかせるのですから、選挙はとても大切なのです。 投票の流れ 1. 選挙があるときは、選挙人名簿にしたがって郵送で、 投票所入場券がお手元に届きます。 投票所入場券には、選挙の投票日(選挙期日)や投票所の名称所在地等が記載されています。 投票日当日には、入場券に記載された投票所に行って投票してください。 【各地区の投票所】• 本村地区:住民センター• 式根島地区:式根島開発総合センター• 若郷地区:若郷会館 入場券が届かなかったり、なくしてしまったりした場合でも投票できます。 投票日に投票所の係員にお申し出ください。 投票日当日に用事などがある場合、期日前投票・不在者投票ができます。 (下記参照) 3. 投票日に投票所に行きましょう 入場券を出して、受付係で受付をし、名簿対照係で選挙人名簿にのっている本人かどうかの確認を受けます。 確認が済むと投票用紙が渡されます。 自分で投票用紙の記入ができない方は「代理投票」を行うことができます。 目の不自由な方は「点字投票」を行うことができます。 点字投票や代理投票をご希望の場合は、係員にお申し出ください。 投票用紙を受け取り、記入します 投票用紙を受け取ったのち、投票記載所で記入をします。 候補者の氏名は投票記載所でご覧いただけますが、 あらかじめ選挙期間中に選挙公報、候補者のポスターやテレビ・新聞などの媒体で確かめることができます。 投票します 投票用紙の記入が終わったらいよいよ投票です。 投票用紙を投票箱に投函します。 期日前投票・不在者投票 投票日に仕事や旅行、レジャーなどの用事がある方は、期日前投票・不在者投票をすることができます。 期日前投票 投票できる期間は、選挙期日の公示日又は告示日の翌日から投票日の前日までの間です。 【期日前投票所】• 投票用紙の請求 期日前投票所に行き、宣誓書兼請求書に必要事項を記入して投票用紙を請求します。 投票用紙の交付 宣誓書の記載事項が確認されると投票用紙が交付されます。 投票用紙の記載・投函 投票用紙が交付されたら、投票記載台で投票用紙に記入し、投票箱に投函します。 不在者投票• 仕事先、旅行先などの滞在地の区市町村選挙管理委員会で不在者投票をする場合 あらかじめ手続きが必要です。 投票できる期間は、選挙期日の公示日または告示日の翌日から投票日の前日までの間です。 投票できる時間は、原則として午前8時30分から午後5時までです。 不在者投票の投票手順・手続きは次のとおりです。 投票用紙・投票用封筒の請求 村の選挙管理委員会の委員長に対して、直接または郵便等によって、投票用紙と投票用封筒(外封筒と内封筒)を請求してください。 詳しくは、村の選挙管理委員会にお問い合わせください。 投票用紙・投票用封筒・不在者投票証明書の交付 不在者投票事由があると認められると、投票用紙と投票用封筒のほか、不在者投票証明書が交付されます。 不在者投票証明書は、不在者投票証明書用封筒に入っていますが、封筒は開封しないでください。 (開封すると投票できません。 ) 3. 投票方法および手続き 投票用紙などの交付を受けたら、それを持って公示日または告示日の翌日から投票日の前日までに(ただし、投票用紙を投票所の閉鎖までに村の選挙管理委員会委員長へ、さらに投票管理者へ送るので、日数的に余裕をもって早めに)、滞在地の区市町村選挙管理委員会に行ってください。 投票をする前に投票用紙、投票用封筒を提示し、不在者投票証明書の入っている封筒を開封しないで提出してください。 (開封すると投票できません。 ) また、あらかじめ、投票用紙に候補者の氏名を記入しないでください。 (記入してあると投票はできません。 ) 4. 投票用紙の記載・封入 不在者投票記載場所で投票用紙に記入し、まず内封筒に入れて封をし、さらにその内封筒を外封筒に入れて封をします。 なお、その際、外封筒の表面に署名します。 不在者投票管理者へ提出 外封筒に署名をしたら、立会人の署名(または、記名押印)を受けて、不在者投票管理者に提出します。 指定病院等において不在者投票をする場合 指定病院、指定老人ホームなどの都道府県の選挙管理委員会が不在者投票施設に指定した施設や法令で定められた施設に入院、入所中であれば、その施設で不在者投票ができます。 なお、投票用紙などの請求は、入院、入所中の施設の長を通じて行いますが、自分で直接請求することもできます。 投票できる期間は、選挙期日の公示日または告示日の翌日から投票日の前日までの間です。 投票できる時間は、原則として午前8時30分から午後5時までです。 選挙管理委員会委員報酬について 選挙委員として選挙のお手伝いをしてくださった方には以下の報酬が支払われます。

次の

総務省|都道府県選挙管理委員会ホームページ一覧

東京 都 選挙 管理 委員 会

更新日:2020年3月2日 委員会、事務局の概要 選挙管理委員会について 選挙管理委員会は、区議会において、選挙された4人の委員で構成されています。 委員会は、委員の中から委員長を選挙で決めます。 委員長は、委員会の事務を総括し、委員会を代表します。 委員会は、国及び地方公共団体の選挙に関し、管理執行を民主的かつ公平に行うために設けられた機関で、このほかに最高裁判所裁判官国民審査、直接請求にかかる署名簿の審査事務を行っています。 また、委員会は、明るい選挙推進委員と連携し、話しあい活動を通じて公正な選挙の推進のため、啓発活動に取り組んでいます。 なお、選挙管理委員会の職務を補助執行するために、事務局が置かれています。 1 組織 選挙管理委員会(4人)、選挙管理委員会事務局(9人) 2 選挙管理委員会 委員会は、4人の委員で構成する合議制の執行機関です。 定例会が毎月2回(原則として5日、20日 開催されるほか、必要に応じて臨時会が開催されます。 3 委員の構成 選挙管理委員の任期は4年です。 現在の委員の任期は、2019年2月20日から2023年2月19日までです。 委員長 小櫻 勲(こざくら いさお) 江東区大島在住 昭和16年生まれ 就任年月日 平成31年2月20日 法人役員 委員長職務代理者 植村 典侑(うえむら のりゆき) 江東区北砂在住 昭和21年生まれ 就任年月日 平成31年2月20日 会社役員 委員 小西 典子(こにし のりこ) 江東区東砂在住 昭和22年生まれ 就任年月日 平成31年2月20日 委員 柴田 幸雄(しばた ゆきお) 江東区東陽在住 昭和24年生まれ 就任年月日 平成27年2月20日 会社役員 元江東区議会議員(5期)平成3年5月1日~平成23年4月30日 4 事務局 事務局は、委員長の命を受け委員会に関する事務を処理します。 5 事務事業 公職選挙法に定める各種選挙の執行管理に関すること 選挙人名簿の調製に関すること 在外選挙人名簿に関すること 有権者に対する啓発 裁判員候補者予定者名簿の調製 検察審査員候補者予定者名簿の調製 直接請求の署名簿の審査 関連ページ• 関連リンク•

次の

選挙管理委員会規程(各種委員会規程)

東京 都 選挙 管理 委員 会

更新日:2020年3月2日 委員会、事務局の概要 選挙管理委員会について 選挙管理委員会は、区議会において、選挙された4人の委員で構成されています。 委員会は、委員の中から委員長を選挙で決めます。 委員長は、委員会の事務を総括し、委員会を代表します。 委員会は、国及び地方公共団体の選挙に関し、管理執行を民主的かつ公平に行うために設けられた機関で、このほかに最高裁判所裁判官国民審査、直接請求にかかる署名簿の審査事務を行っています。 また、委員会は、明るい選挙推進委員と連携し、話しあい活動を通じて公正な選挙の推進のため、啓発活動に取り組んでいます。 なお、選挙管理委員会の職務を補助執行するために、事務局が置かれています。 1 組織 選挙管理委員会(4人)、選挙管理委員会事務局(9人) 2 選挙管理委員会 委員会は、4人の委員で構成する合議制の執行機関です。 定例会が毎月2回(原則として5日、20日 開催されるほか、必要に応じて臨時会が開催されます。 3 委員の構成 選挙管理委員の任期は4年です。 現在の委員の任期は、2019年2月20日から2023年2月19日までです。 委員長 小櫻 勲(こざくら いさお) 江東区大島在住 昭和16年生まれ 就任年月日 平成31年2月20日 法人役員 委員長職務代理者 植村 典侑(うえむら のりゆき) 江東区北砂在住 昭和21年生まれ 就任年月日 平成31年2月20日 会社役員 委員 小西 典子(こにし のりこ) 江東区東砂在住 昭和22年生まれ 就任年月日 平成31年2月20日 委員 柴田 幸雄(しばた ゆきお) 江東区東陽在住 昭和24年生まれ 就任年月日 平成27年2月20日 会社役員 元江東区議会議員(5期)平成3年5月1日~平成23年4月30日 4 事務局 事務局は、委員長の命を受け委員会に関する事務を処理します。 5 事務事業 公職選挙法に定める各種選挙の執行管理に関すること 選挙人名簿の調製に関すること 在外選挙人名簿に関すること 有権者に対する啓発 裁判員候補者予定者名簿の調製 検察審査員候補者予定者名簿の調製 直接請求の署名簿の審査 関連ページ• 関連リンク•

次の