生理 痛 緩和。 辛い生理痛を緩和する13の方法。薬に頼らず痛みを解消! | 女性の美学

【医師が解説】生理痛を和らげる食べ物は?

生理 痛 緩和

この記事の目次• 足ツボで生理痛が改善、緩和した方の声 「足ツボで本当に効くの?」というモヤモヤした気持ちを晴らすために、まずは足ツボで生理痛が改善された方、緩和された方の声をご紹介します。 のたうちまわる生理痛がなくなりました! 生理痛でお悩みのお客様のうち、生理痛が緩和される方が100%の、日本で初めての婦人科専門足つぼサロン「ワンドマユ」のお客様Tさんは、 「足つぼでまさか私の生理痛がなくなるなんて、本当に思ってもいませんでした。 治ったっていうのを先生のブログでずっと見てたけど、さすがに私の、のたうちまわる生理痛は無理でしょって思ってたんです。 ところが、通い出して4ヶ月くらいですよね、まだ。 夜中に痛みで起きてお腹押さえながら、もう何もわけわからないくらい痛くて這いつくばって階段を降りてトイレに行くっていうあの習慣(笑)がなくなり、気がつけば、全く生理痛がない!もう夢のようです!!」 と、生理痛を足つぼで改善されました。 足つぼを始めてから生理痛の薬を飲んでいません。 ワンドマユのお客様Rさんは、 「足つぼのおかげで、生理痛がなくなって、薬も手放せました。 生理が始まってから、生理痛の薬を飲むことが当たり前になっていたので、一生飲んでいくんだろうなって思っていました。 足つぼで薬を手放せるなんて、思ってもなかったので、本当にうれしいです。 」 と、生理痛の薬も必要なくなりました。 生理痛がない快適な生活を楽しんでます! ワンドマユで開催した、子宮筋腫とさよならする体質改善プライベートセミナーに参加されたTさんは、 「あれから、足つぼをコツコツと続けていました。 おかげで女子日(生理の日)でも、出かけられるようになりました! こんなに快適に過ごせるなんて!本当にセミナーに参加して、まゆさんに足つぼのセルフケアを教えてもらってよかったです!」 と、毎月の憂鬱だった生理の日を克服されています。 生理の痛みを自宅で解消!生理痛に効く足つぼマッサージ法 紹介したお声はほんの一部で、本当にたくさんの方が、生理痛を足つぼで緩和されたり、薬をやめることにつながりました。 彼女たちがやったことは、足つぼマッサージです。 足つぼマッサージは、正しくすると、カンタンで安全なので、あなたにもぜひやっていただきたいです。 生理痛がひどい日、生理の出血が気になるときは足つぼはしない セルフケアをする前に、こちらを必ずご確認ください。 ・妊娠中、もしくは可能性がある場合はケアしないこと ・食後は30分以上あけてからケアすること ・感染症、発熱、風邪(っぽい)場合、重度の心臓病、腎臓病、糖尿病の場合はケアは禁止 ・生理中は出血が増えることがあるので、気になる方はしない ・手術後6ヶ月以内はしない、もしくは医者の許可が出ればOK ・高血圧の場合、血圧が上がる恐れがあるので、弱め、時間を短めにして調整する ・不調を感じる日はしないこと 足つぼのセルフケアは、自己責任のもと、行ってください。 無理をしないでくださいね。 守っていただければ、安全でカンタンなケアですからね!よろしくお願いします。 足つぼは、彫刻するように足裏を刺激する 次に、効果アップする足つぼマッサージの方法をご紹介します。 彫刻する足つぼセルフケアは、手の指の関節を使ったり、足つぼ用の棒を使ったりします。 場所により、やりやすい方でやってくださいね。 彫刻の仕方ですが、棒でする時は、グーでしっかり持ちましょう。 そして、ケアしたい場所にグーッと棒を入れ込みます。 (慣れていないと痛いので、加減してください) そして、入れたまま、彫刻するように少しずつ棒を動かします。 手でするときは、足裏の彫刻には、人差し指の第二関節を使うことがほとんどです。 片方の親指で支えながら使います。 人差し指の関節でやりにくい場所は、親指の関節を使います。 手の関節を使うときは、痛めないよう気をつけてくださいね。 腱鞘炎などになりやすいので、最初は弱めにして手を慣らしましょう。 棒も手も動かすときに、「キレイな足の形をつくる」「足を小さくする」「足を薄くする」という感じで意識しましょう! 生理痛に効く足つぼの場所を図解で解説 次に場所を確認しておきましょう!生理痛に関係する足つぼの場所です。 まず一つ目が、脳下垂体。 ここは、ホルモンバランスの司令塔。 生理痛を緩和させるのにとっても重要です! 親指の真ん中です。 次に、子宮。 子宮をあらわす場所は、かかとの内側の側面。 この三角地帯です。 そして、卵巣。 卵巣をあらわす足の場所は、かかとの外側の側面です。 この三角地帯です。 生殖腺も大事!生殖腺というのは、女性ホルモンを分泌する器官のこと。 生殖腺の反射区は、かかとの裏全体です。 生理痛を緩和させる効かせる足つぼマッサージ法 お待たせしました!これまでにのべ3,000人以上の女性の足つぼケアをしたセラピストが教える、効果が増すケア方法をご紹介します。 それは、生理痛に関する場所以外に、最初と最後に「腎臓・輸尿管・膀胱」の場所を彫刻すること。 「腎臓・輸尿管・膀胱」は排泄の器官なので、ケアの最初と最後に彫刻することで、排泄を促します。 排泄がしっかりできるようになると、カラダに溜まった余分な水分が出ていき、むくみが解消され、冷えもよくなりますよ。 冷えは生理痛やPMSの原因にもなるので、「腎臓・輸尿管・膀胱」はしっかり彫刻しましょう。 腎臓の反射区は、上から下へ、そら豆大くらいの大きさの面を彫刻します。 膀胱は、輸尿管を降りてきたかかとの斜め上。 10円玉くらいの大きさの面を彫刻します。 かかとの裏・生殖腺。 上から下へ彫刻しましょう。 次は、子宮や卵巣の場所。 こちらをケアするときの棒を動かす方向は、横、ななめ、縦(上から下)などやりやすい方向で大丈夫! 卵巣の場所は、ケアしにくいのでやりやすい姿勢を見つけてくださいね。 膝を立てたり、膝を内側に倒したり…、工夫してみてくださいね。 足つぼマッサージ、ケアの時間はどれくらい? 足つぼのセルフケアの時間は、1つの反射区に対して、最大5分までですが、ご紹介した反射区全部を片足10分程度で大丈夫です。 大事なのは、1回のケアの長さではなく、なるべく毎日ケアすることです。 週末だけ1時間のケアより、毎日5分などの方が効果的ですよ。 足つぼセルフケアが終わったあとの過ごし方 足つぼセルフケアが終わったら、白湯を500ml飲みましょう。 白湯は、カラダがポカポカするな〜というくらいの温度で。 白湯はガブガブ一気飲みするのではなく、ゆっくりちびちび飲んでくださいね。 ケアが夜になるときは、500mlも飲むとトイレに起きてしまうことがあるので、夜ケアのときは、コップ1杯か自分が起きないでいられる量。 朝起きたら、白湯を500ml、しっかり飲みましょう! 朝イチの白湯は排泄を増やしてくれるので、デトックスになってカラダもすっきり!いつもより動ける1日になりますよ。 足つぼを始めてどれくらいで生理痛が緩和する? これはやってみないとわからないところです。 体質や生活習慣などによっても異なるので、一概には言えませんが、早い方だと2、3ヶ月で生理痛が緩和された方も。 でも、生理は毎月のことですし、2、3ヶ月なかったとしても、また出てくるときもあります。 カラダの変化には波があるので、数ヶ月は様子見ながら、足つぼを続けてみてくださいね。 ご紹介した彫刻でのやり方で、正しく足つぼマッサージができていれば、薬を手放せる日は必ず近づいてきますので、楽しみにしながらやってみてくださいね! ツボと足つぼは、別物です。 ツボを刺激することで、体の調子を整えることができるとされています。 反射区は、足裏全体にあり、人体と密接な関わりがあります。 ちなみに、足つぼマッサージの効果はWHO(世界保健機関)でも認められているんですよ。 それに、欧米では代替医療(医療の代わりになるもの)として治療目的で使われています。 足裏からカラダへ直接つながっているから効果を感じやすい 反射区とカラダの臓器は、神経でつながっています。 足裏を刺激すると、神経が臓器へ到達して、それで臓器が活発に動き出します。 これが足ツボという健康法の原理。 直接、神経が臓器に伝わるので、効果を感じやすいです。 ワンドマユのお客様でも「先生、トイレ!」と施術中に腸が動き出す方も。 ただし、こういうのは一時的な反応であって、マッサージ中に反応があったからといって、そこからずっと生理痛が緩和されるわけではありません。 この反応を繰り返すことで、永続的な生理痛の緩和につながります。 足ツボというのは自然療法なので、続けることで効果があるんですよ。 効果を感じやすいから、足つぼ後の好転反応に注意! 「いつも生理周期が28日で安定していているのですが、今回、5日早く生理がきてしまいました。 ストレスがあったり、不摂生があっても乱れたことはなかったのに…。 それで理由を考えてみたら、足つぼかな〜と思いました。 今回生理になる一週間ほど前から一日5分程度足つぼマッサージをしていたんです。 足つぼマッサージと生理周期の乱れ、関係はありますか?」 というご相談をよく受けます。 これは、実はよくあること。 こういうのは、好転反応と呼んでいます。 特に、足つぼを初めて日課としてされた場合は、生理周期や出血の仕方など、最初のころは不安定になりがちです。 一見、不安に思いますが、実は「カラダが反応している」ということで良いことなんですよ!(極端に生活習慣が変わったということがなければ)• まだ悩み続けますか?もうやめにしませんか?子宮筋腫で悩むの。 「子宮筋腫の悩みをなくしたいけど、でもどうしたらいいのかわからない…」とお困りですか? そんな女性がネットで検索してONE DE MAYU(ワンドマユ)を見つけてくださっています。 病院へ行っても治らないから、他の方法をさがし、ここにたどり着き、改善された方のお声の多さから、ここなら改善できるかも! と、たくさんの女性に希望を持っていただいています。 そして、「今まで何をしてもダメだったのに、子宮筋腫が小さくなりました!」というお声をいただいています。 さて、2012年〜2018年まで営業していたONE DE MAYUは、「日本で初めての婦人科サロン」ということで、全国からお客様が来られ、営業中の約6年間、満席状態。 これまでに述べ3000人以上の女性をサポートさせていただき、子宮筋腫など婦人科のお悩みとさよならしました。 あなたもここに来たのなら、もう大丈夫! これまでにたくさんの女性が子宮筋腫などのお悩みから解放されたメソッドがあるからです! あなたもお悩みから解放されたいなら、やってみませんか? 1600名以上の女性が現在利用中の「無料オンライン婦人科サロン(メールと限定動画の配信)」でサポートさせていただきます。 メールや限定動画で、子宮筋腫のお悩みとさよならする方法をお届けしています。 ご利用中の方からは、 「動画2つ見せていただきました。 改善方法があっても、扱い方が異なることで、改善する人、しない人が出てきてしまいますからね。 実践をサポートするために、無料オンライン婦人科サロンがダウンロード後、自動的にスタートします。 E-Bookの内容をより深めて、実践しやすいようにサポートさせていただきます。 それでは、これから一緒に、子宮筋腫のお悩みとさよならしましょう! フォーム送信後、42時間以内にダウンロードURLをメールしますので、しばらくお待ちください。

次の

生理痛を和らげる方法【姿勢・食べ物・飲み物・ツボなど】

生理 痛 緩和

[1]憂鬱な生理痛はどうして起きるの? 生理痛はさまざまな要因が重なって起こるため明確な原因はわかっていませんが、主に2つのことに起因していると考えられています。 一つ目は ホルモンバランスの変化によるものです。 排卵後に受精卵の着床を促し、胎児を育むため子宮内膜の環境を整える黄体ホルモン(プロゲステロン)が大量に分泌されます。 しかし受精、着床が成立せず生理が始まるとこの黄体ホルモンは急減。 このため自律神経のバランスが崩れ頭痛や胃痛、イライラなどの不調を生むのです。 また、女性ホルモンのバランスを司るのは、卵巣にホルモン分泌を指令するホルモンを分泌する脳下垂体であり、精神的に強いストレスを感じることで、バランスが乱れてしまうことも関係していると思われます。 二つ目は 子宮内膜や月経の経血内に含まれるプロスタグランジンの働きによるものです。 これはホルモンに似た物質で、生理が始まると増加し、子宮の収縮を促し経血を外へと排出しようとします。 陣痛時にも作用するこの物質は血管収縮を強め、腰痛や重いだるさ、冷えに関与し、胃腸の働きにも作用して、吐き気や下痢などの症状も引き起こしてしまいます。 また、身体が冷えて血行が悪くなると月経血の排出がスムーズに進みにくくなるため、経血を体外に出そうとしてプロスタグランジンの分泌量が増えます。 冷えが生理痛を更に重くしてしまうとも言われているのはこのためです。 生理痛と言われる不調はこれらの原因により起こるようですが、その程度は個人差があり、ほとんど感じない方から日常生活を送ることが困難になる重症の方までいるようです。 [2]アロマにはどんな効能があるの? 医薬品とは違いアロマが生理痛の原因そのものを無くす、緩和するために身体に直接作用するというよりは、 間接的に痛みを和らげる効果をもたらすと言ってもいいかもしれません。 ホルモンバランスの崩れから乱れた自律神経を整える、鎮痛や鎮静、身体を温めるなどアロマならではの緩やかな作用により痛みや各種不調を軽減させるということです。 また、香りによるリラックス効果によって精神的な落ち着きと癒しを感じることで生理痛のつらさを感じにくくすると言われています。 [3]生理痛を緩和するおすすめアロマ つらい生理痛を感じた時に効果的だと言われるアロマを厳選しました。 選ぶポイントは何よりも自分の好きな香りであること。 たくさん試してお気に入りを見つけましょう。 ラベンダー リラクゼーション効果が期待できるアロマとしてもっとも広く知られているのがラベンダーの香りではないでしょうか。 ヨーロッパを原産国とし、古代ローマ人も入浴の際にラベンダーを使用していたと言われるほど古くから愛用されてきた植物です。 その効能は幅広く認められていますが、なかでも炎症や痛みを抑える作用、抗感染症作用、火傷を始め皮膚疾患の治癒、また緊張緩和や心を落ち着かせる効果が高く期待できると言われています。 生理痛への作用としては頭痛やイライラを落ち着かせ、安眠効果も優れているようです。 刺激も少なく、子どもから年配の方まで使えますが、妊娠初期は使用を避けましょう。 アロマ入門者でも気軽に試してみやすいはずです。 イランイラン 濃厚な甘い香りが特徴のイランイランは熱帯地方を原産地とする樹木で、高級ブランドの香水などにも使われています。 女性らしく官能的、華やかでゴージャスなどのイメージが強い香りですが、副交感神経を優位にするリラックス効果や誘眠作用に優れていると言われています。 また、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を高める効果や、皮脂バランスを整え、肌を美しくする効果も期待できるため、女性の強い味方でもあるようです。 これらの効能により、生理痛の緩和が期待できそうです。 エキゾチックな香りに包まれ至福のリラックスタイムを過ごしましょう。 ゼラニウム ゼラニウムはピンクや白、赤の花を咲かせる南アフリカを原産地とする多年草。 ヨーロッパでは古くから薬草として家庭栽培されてきたようです。 ストレスによる緊張を緩め、頭痛などにも緩和効果が期待できると言われています。 また、利尿作用、殺菌作用、さらにリンパの滞りを解消し、血流を改善して美肌効果も望めるようです。 ホルモン分泌を調整する作用があるため、排卵後から月経までの間のむくみやイライラ、PMS(月経前症候群)にも効果的です。 また、更年期の情緒不安定やストレス性の不調にもおすすめです。 芳しい花の豊かな香りが広がり優雅な気分に浸れそう。 カモミール・ローマン カモミールにはローマン・カモミールとジャーマン・カモミールがあり、香りも違い、用途もそれぞれに違いますが、どちらも生理痛には効果的です。 カモミール・ローマンは甘さと酸味が感じられ、「りんごのような」と表現されることが多いです。 とても穏やかに効く鎮静作用が特徴の植物なので、子どもの癇癪を鎮めるためにも使われてきたと言われています。 また、頭痛、歯痛など痛みを和らげる効果、消化不良、下痢、嘔吐などの胃腸の不調を改善する効果も期待できます。 この優れた鎮静作用によって生理痛緩和も望めそうです。 こちらもPMS(月経前症候群)にも、更年期障害にも効果的です。 手作りのスプレーや化粧水を作る方も多いそう。 クラリセージ 南ヨーロッパを原産とする多年草の植物で、昔から家庭で栽培されるなど親しまれてきました。 不安や迷いなどを取り去り、精神を安定させ、強壮する作用があると言われています。 気分をすっきりさせ、集中力を高めたいときなどにも向いています。 また、成分に含まれるスクラレオールが女性ホルモンと似たような作用があり、月経周期の乱れや閉経前後の不快な症状を緩和する役割があります。 また、鎮痛、抗痙攣作用もあるので、月経初日から2,3日目のひどく痛む場合、経血量を増やしてしまうかもしれませんが、ラベンダーやイランイランなどとブレンドして下腹部に塗布するのもおススメです。 通経作用があるので、妊娠中は使用不可ですが、出産準備や分娩時に使用されることもあります。 他の香りとも合わせやすいのでブレンドオイルにもおすすめです。 ネロリ ビターオレンジ(日本ではダイダイ)の木に咲く花から抽出されるネロリは、イタリアのネロラ公国のアンナ・マリア妃が愛用していたことからネロリと名付けられたそうです。 心を落ち着ける深い鎮静作用が期待でき、安心感を抱き幸福な気分をもたらすと言われています。 ホルモンバランスの乱れや、自律神経の乱れによるイライラや落ち込み、PMSの緩和や、生理中の不快感を鎮める働きが期待できます。 また、新陳代謝を促すとも言われているので、肌や髪のケアにも使用されています。 ローズやジャスミンとい同じく抽出量が少なく希少性が高いため、とても高価になりやすいようですが、その香りの魅力と効能により愛用者が多くいます。 貴重で高価ではありますが、少しずつ大切に使うことで十分価値があるはずです。 サイプレス ヒノキ科の針葉樹であるサイプレスは西洋ヒノキと呼ばれるほど日本のヒノキに近い香りをしています。 森林浴をしているような深い癒しを感じることができるのが魅力。 心を落ち着かせ、自律神経のバランスを整えて、副交感神経の働きを高め、血液循環を促すので、身体の隅々まで血液がめぐり、気持ちも向上してくきます。 ホルモンバランスを整える効果も期待できるので生理痛緩和、むくみや食欲増進、情緒不安定などのPMS、更年期に症状にもおすすめです。 また、咳などの喉の症状を和らげる作用もあるので、風邪などのときにはアロマバスにして入浴するとよいかもしれません。 日本人にとってはなじみ深く好まれる香りなので家族で使うのもおすすめですが、妊娠初期は避け、妊娠中期、後期も体調に気を付けながら使用した方がよいでしょう。 ローズ オットー 数ある精油のなかでも最も貴重なものの一つとされているローズ。 抽出方法の違いにより「ローズ アブソリュート」と「ローズ オットー」の2種に分かれます。 どちらもたいへん稀少で、高価ではありますが、女性特有の不調や精神的な落ち込みを和らげ、贅沢で優雅な気分にしてくれると言われています。 ホルモンバランスを整え、生理不順や生理痛、更年期障害の緩和にも効果的。 子宮の機能を高めるとも言われているようです。 香りの印象が違うので、好みで選ぶと良いでしょう。 女性としての自信を高めたいときにもすすめの香りです。 ブレンドオイル 数種類の精油を組み合わせてオリジナルの香りに作り上げたブレンドオイル。 アロマの知識がある方は自分で好みの精油を配合してお気に入りを作るのもおすすめです。 香りのタイプ別、または、気になる症状別にブレンドされた商品もたくさん販売されています。 生理痛、生理前のイライラ、精神的な落ち込みなど自分が抱えるトラブルを解消してくれるブレンドオイルをチェックしてみましょう。 症状別に「柔」「安」「艶」の3種類が発売されています。 お得な3本セットもあるのでまずは試してみるのもよさそうです。 ラベンダー、ゼラニウム、サイプレスなど女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できる精油が配合されていて、どれも心地よい香りばかりのラインアップです。 [4]効果を高めるために知っておきたいアロマの禁忌(きんき)事項 エッセンシャルオイルは天然の植物から抽出されるエキスをベースに作られているため、身体に穏やかに作用するものです。 劇的な効果が期待できない反面、副作用の心配も少ないのが特徴ですが、いくつかの注意すべき点、症状によっては使用を控えるべき精油があるので、必ず確認してから使うようにしましょう。 例えば、クラリセージは生理痛の緩和に効果的ではありますが、女性ホルモンの分泌を増やすことがあるので、子宮筋腫や子宮内膜症などの症状を悪化させたり、経血の量が増えるなどの影響が出ることも考えられます。 それなので、初めは少量からの使用であったり、生理痛の重い時は控えてみたり、 様子をみながら使用していくようにしましょう。 また、妊娠中はすべてのエッセンシャルオイルにおいて自己判断で使用するのは避けましょう。 特に 妊娠初期は流産を招くこともあるので慎重にならなくてはいけません。 正しい知識を持ち使用することで、安心してエッセンシャルオイルの高い効果を引き出しましょう。 [5]生理痛に効く! アロマ活用3つの方法 アロマポットやディフューザーで香りを漂わせる 精油を電気の熱で気化し香りを漂わせるアロマポットや、水を加えミストにして拡散するアロマディフューザーがもっとも人気のある使い方です。 リビングや寝室をお気に入りの香りで満たしましょう。 陶器製のアロマライト Amazonの情報を掲載しています アンティーク風のデザインがお洒落。 タイマー機能や3種のライト機能が付いているも嬉しいアロマディフューザー。 アロマバスでリラックス お気に入りの精油を数滴バスタブに入れて香りを楽しむアロマバスはリラックス効果が抜群と言われています。 天然塩に混ぜてバスソルトを作ってみるものおすすめです。 皮膚の弱い方は精油の濃度を薄めてから慎重に試しましょう。 足浴など部分的に試してみるのも良いと思います。 アロママッサージで腹痛、腰痛をケア 肌に使用する場合はキャリアオイルなどで十分希釈してから使うようにしましょう。 つらい部分を直接マッサージすることで痛みを緩和できます。 [6]香りがもたらすリラックス効果は生理痛を和らげ幸せ気分に! つらく不快な生理痛を薬だけに頼って乗り切ろうとする前に、心地よいアロマの香りでリラックスしてみてはいかがでしょうか?ホルモンバランスによる不調には気分を落ち着かせるアロマの力が思った以上に効いてくれることがあります。 まずは好きな香りを見つけることから始めてみましょう。

次の

生理痛を緩和する体操・辛い時でもできる3つのストレッチ

生理 痛 緩和

もくじ• そもそも生理痛はどうして起きる? 人の体には 「プロスタグランジン」という生理活性物質が存在し、子宮を収縮させ、生理時の経血を体外に排出する働きをします。 しかし、このプロスタグランジンの過剰分泌が子宮の収縮を活発に行ってしまい、つらい生理痛に繋がるようです。 実はプロスタグランジンの分泌が増えるのは、経血を排出する時。 経血が出にくいといった状況になると、経血を出そうとプロスタグランジンの分泌量が増え、子宮収縮も激しくなるので、子宮がキリキリするなどといった痛みを感じるのです。 また、プロスタグランジンは子宮を収縮させるだけでなく、血管も収縮させる働きがあるため頭痛や腰痛、冷えなどの原因にも繋がります。 胃腸にも大きく影響しているため、吐き気や下痢などの症状があらわれる人もいるでしょう。 生理痛がつらいと感じる人は、生理痛が軽い人に比べプロスタグランジンが多いそうです。 子宮が未発達な女性に生理痛が起こりやすく、初潮を迎えたばかりの女の子などは、身体がプロスタグランジンの働きに慣れていないため痛みを強く感じます。 また、出産未経験の女性は経血に大きな塊などが交じる事が多く、子宮頸管が固く細いので、そこを通過する際に痛みを感じる方が多いでしょう。 出産を経験すると子宮の出口が広がるので、生理痛が軽くなる、という人もいます。 プロスタグランジン以外では多くの女性が抱える「冷え」が原因の場合があります。 冷えで骨盤周りの血流が悪くなることで子宮付近から腰回りにかけてジワジワと痛み、重く感じてしまうのです。 ストレスも生理痛の原因の一つと言われており、自律神経の働きが悪くなることで血流も悪くし体が冷えてしまうんですね。 生理痛を悪化させる食べ物や飲み物は? 生理痛が起こる仕組みをなんとなく理解できたかと思います。 「プロスタグランジン」が生理痛の主な原因ですが、その他にも生理痛を悪化させる原因が生活の中に潜んでいます。 その中でも食べ物は生理痛と大きな関係性があると言われているため注意が必要です。 では、どのような食べ物が生理痛を悪化させるのか見ていきましょう。 スナック菓子や揚げ物、インスタント食品などの加工食品 血液をドロドロにする砂糖や酸化した油、食品添加物が多く含まれているため体内の血流が悪くなり生理痛悪化に繋がります。 その他にも加工食品には ・糖を分解する際に、子宮収縮を抑制する働きをするビタミンBを消費してしまう ・酸化した油で消化不良になりやすくなり、下痢や吐き気に繋がる ・食品添加物はミネラルの吸収を邪魔し、子宮の収縮を抑えたり、貧血を予防するマグネシウムの働きを弱めてしまう など、生理痛を悪化させる要因がたくさんあります。 カフェインを含む飲み物や食べ物 チョコレートやコーヒー、紅茶、緑茶は香りに癒やし効果がありますが、カフェインを含みます。 カフェインは血管を収縮し、身体を冷やしてしまう作用があるため、生理痛をひどくする危険性があるのです。 コーヒーを飲みたい場合はココアを代用したり、紅茶を飲みたい場合は、身体を温める効果のある生姜を入れたりして飲むといいでしょう。 また、カフェインは身体を冷やすだけでなく、鉄やミネラルの吸収を邪魔する作用もあるので貧血に繋がるようです。 一日一杯程度ならカフェインの摂取は問題ありません。 冷たい食べ物 アイスやかき氷は夏によく食べますが、身体を冷やしてしまうので食べすぎないように注意しましょう。 冷えで血流をわるくし、生理痛悪化に繋がります。 食べる際は暖かい飲み物と一緒に食べるなどをするといいでしょう。 乳製品 牛乳やチーズなどの乳製品はエストロゲンという女性ホルモンを分泌させる成分を多く含みます。 適度な摂取なら問題はありませんが、取りすぎてしまうとホルモンバランスが乱れ、生理痛を悪化させてしまう場合があります。 アルコール 少量のお酒は身体を温める効果があるのですが、大量にお酒を飲むとアルコールを分解するためにビタミンBとマグネシウムをたくさん消費してしまいます。 ビタミンBは子宮収縮をおさえ、痛みを抑える働きをするためそれが少なくなることで生理痛に痛みを感じやすくなるでしょう。 また、マグネシウムが少なくなると鉄分不足で身体を冷やしてしまったり、貧血でめまい、フラつきに繋がってしまうのです。 生理中のお酒は控えるようにしたほうが良いですね。 夏野菜や夏果物など 夏野菜や暑い場所で取れる食べ物は身体を冷やす働きがあるので生理中は控えましょう。 食べる際は温めるといいですよ。 夏に採れるスイカやメロン、梨などは利尿作用があり、尿と一緒に体内の熱を外に出してしまうので身体を冷やすことに繋がってしまいます。 精製度の高い食品 白い砂糖や白いご飯、小麦粉などの精製度の高い食べ物は、身体を冷やす作用があるようです。 また、子宮収縮を押さえるビタミンの吸収も邪魔してしまうため、痛みを感じやすくなります。 お米を食べる際は、白いご飯だけでなく麦や玄米を足して食べると良いでしょう。 パンは白いパンは控え、ライ麦を使用したパンや全粒粉使ったパンを選ぶのがおすすめです。 生理痛を予防・改善・緩和させる食べ物や飲み物は? 身体を冷やす食べ物やミネラル、ビタミン、マグネシウムなどの吸収を妨げる食べ物は生理痛を悪化させるようですね。 では逆にどのような食べ物が生理痛の予防や改善に効果的なのでしょうか。 見ていきましょう。 冬野菜や根菜 身体を温める食材は生理痛予防に繋がります。 冬野菜や根菜(白菜、ネギ、ごぼう、レンコンなど)は身体を温める食材として代表的なものですよね。 生姜やニンニク、ニラや玉ねぎにも身体を温める匂いや辛味成分が含まれているので生理前~生理中に積極的に食べたい食材です。 クエン酸を多く含む果物やビタミンE豊富なナッツ 果物(杏、オレンジ、梅、パイナップル、レモンなど)に含まれるクエン酸やナッツ類に含まれるビタミンEは血行促進に効果があるので身体を温めてくれます。 果物を食べる際は冷たいものではなく「常温」のものがいいでしょう。 血行促進に効果的な食材は身体を温めるだけでなく身体の循環を良くするので子宮収縮の動きを押さえる働きをするそうです。 ココアやハーブティー、お酒 身体を温める飲み物として挙げられるのはココアやハーブティー、少量のお酒です。 ココアは身体を暖めるだけでなくリラックス効果があると言われています。 ハーブティーにもリラックス効果があり、ノンカフェインなのでおすすめです。 ハーブティーの中でもカモミールティーには鎮痛作用があるので生理前から生理中に飲むといいでしょう。 お酒は生理痛を悪化させる項目にありますが、赤ワインや日本酒など少量なら身体を温める効果があります。 どの飲み物もアイスよりもホットで飲むと、より効果を発揮するでしょう。 肉や魚などの良質なタンパク質 タンパク質が不足すると身体の不調が感じやすくなります。 鶏肉や羊の肉などは高タンパク質なだけでなく、身体を温める効果もあるようなのでおすすめです。 サンマやアジ、イワシは魚の中でも良質なタンパク質と言われておりDHC、EPAが豊富に含まれています。 それらは血液をサラサラにする効果があり、血行促進に繋がるので「冷え」の改善に繋がるのです。 また、魚には子宮収縮を抑制し、痛みを和らげてくれるビタミンB群も豊富に含まれているので生理中は積極的に摂取すると良いかもしれません。 大豆製品 肉や魚の他には大豆製品も生理痛を和らげるのに効果的な食材です。 女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが多く含まれているため、補給することでホルモンバランスを整える事ができ、生理痛を抑えることができます。 エストロゲンの過剰分泌は生理痛緩和には逆効果と言われていますが、イソフラボンは過剰摂取を抑える働きをしてくれるそうです。 鉄分を多く含む食べ物 プルーンやレバー、ひじきなど鉄分を多く含む食材を摂ることで、増えすぎたカルシウムを外に出してくれます。 カルシウムが体内で増えすぎてしまうと、子宮収縮が活発になるので鉄分は積極的に摂りましょう。 また、生理中は貧血になりやすいので鉄分を多く含む食材を摂ることで貧血予防にも繋がります。 生理痛予防・改善に効果的な食事の仕方とは? 生理痛を悪化させる食材と、予防・改善する食材をご紹介しましたが、生理痛に影響があるのは何も食材だけではありません。 そこで、生理痛予防・改善に効果的な食事方法をご紹介します。 栄養バランスのいい食事を心がけよう! 食事をする際、いちばん大事なのは栄養バランスです。 これは生理痛改善だけでなく健康にもいいことなので日頃から心がけましょう。 肉や魚などのタンパク質、パンやご飯などの炭水化物、乳製品などの脂質、野菜や果物をバランスよく食べることでホルモンバランスが整い生理痛改善に繋がります。 インスタント食品やスナック菓子などは糖や脂質が多く含まれており栄養バランスが偏ってしまうので食べ過ぎには気をつけましょう。 できるだけ手作りを心がけることで栄養バランスも整いやすいです。 また、生理中は精神的にイライラしやすいので甘いものを食べたくなると思います。 そんなときは砂糖ではないおにぎりやお煎餅といった糖質類をゆっくり食べることで気持ちが落ち着きますよ! 朝ごはんをしっかり食べよう! 昔から朝ごはんをしっかり食べることは肥満や糖尿病などの予防に繋がり、健康な体を作る生活習慣の基本として進められていますが、生理痛にもとても効果的なんです。 朝ごはんをしっかり食べないと身体の体温が上がらず、生理痛の原因の一つである「冷え」に繋がるので朝ごはんは日頃からしっかりたべるという習慣を作ったほうがいいですね。 どうして朝ごはんを抜くと体温が上がらないのか? 食事と摂ると口や胃、腸など体全体の内臓が運動を始めるため、寝ていた時に下がってしまった体温を温めてくれます。 また、朝食で上がった体温はお昼まで維持できるのです。 朝食を抜いた人でも動けばそれなりに体温は上がりますが、エネルギーや栄養が足りていないので体温を維持することができません。 低体温のまま日中過ごすと身体に「冷え」を感じやすくするだけでなく、「眠気」「倦怠感」といった体調不良が現れやすくなるのです。 朝ごはんを食べることは一日の体温上昇にはとても大切なことといえます。 朝ごはんを簡単に済ませたいという人は多く、炭水化物やタンパク質だけになりがちですが、ヨーグルトやフルーツ、野菜を取り入れるとバランスいい栄養を摂ることができるのでホルモンバランスも整い、生理痛改善に効果的です。 常温で食べよう! 身体は食べたものを胃の中で身体と同じくらいの温度にする働きをします。 冷たい食べ物を食べた場合、体内で温度を上げなくてはいけないため身体に負担をかけやすく、身体の内側から体温を下げてしまうので生理痛悪化に繋がります。 そのため果物など常温保存が可能な食材は、できるだけ常温で食べるようにしましょう。 体に負担をかけずに済み、生理痛を軽くすることができます。 生理中におすすめのメニュー3選! 鶏肉のハニージンジャーソテー 高タンパク質の鶏肉と加熱した生姜を使用することで身体を温める効果のあるメニューです。 りんごとたまねぎドレッシング 玉ねぎに含まれる、体を温める「アリシン」はとても熱に弱いです。 生の玉ねぎをすりおろすことで身体を温める効果を存分に発揮するのでドレッシングがおすすめです。 またりんごには血行促進につながるクエン酸が豊富なため身体を温める効果が期待できます。 生理中に食べる食べ物は基本的には身体を暖めるものを積極的に摂るといいですね。 すべて覚えるのは大変だと思うので、覚えやすく、手軽に料理や飲み物などに加えられる「生姜」がからチャレンジしてみるといいかもしれません。 すりおろし生姜がチューブで販売されているのでいつでも始められますよね。 また加工食品を食べるよりも、食事を手作りにすることで食材や調味料などを調整できるので、できるだけ手作りを心がけるようにしましょう。 外食をする場合などは、マグネシウムやビタミン、身体を温める食材などを選ぶといいです。 上記で紹介した「りんごとたまねぎドレッシング」を小さめの瓶などで持ち歩けばいつでも食べられるのでオススメです! 朝ごはんをしっかり食べることや食材を常温で食べること、栄養バランスを考えて食事をする事も生理痛予防や改善には大切です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の