花田 勝 ブログ。 花田美恵子は「再々婚」だった!花田虎上は何も知らず養育費を送金か

花田美恵子は「再々婚」だった!花田虎上は何も知らず養育費を送金か

花田 勝 ブログ

相撲の花田一家が、かつて絶頂を誇っていたのは誰もが知るところです。 細身ながら均整のとれた体格と甘いマスク、名横綱 初代・若乃花、本名・花田勝治、引退後は二子山部屋を創設 の弟と言う血筋の良さから 「角界のプリンス」と呼ばれた故・藤島親方 元大関・貴乃花、本名・花田満、引退後は藤島部屋を興す と、その妻の憲子夫人の間にできた二人の息子は、 若乃花 本名・花田勝、現在は実業家 ・ 貴乃花 本名・花田光司、引退後は貴乃花部屋親方)として そろって横綱になり、いわゆる 若・貴ブーム を巻き起こしました。 一時は理想の家族としてあこがれの的だった花田家でしたが、その後、息子たちの恋愛・結婚問題に始まり、兄弟間の確執、さらには憲子夫人の浮気騒動から夫妻の離婚と、一気にスキャンダラスな家族と言うイメージに転落してしまいました。 この一家を、貴乃花親方を中心に見てみましょう。 貴乃花親方の本名・花田光司氏の基礎運は「斜め型 中広(別称:B型)」です。 ~中略~ 彼は「他を圧倒して世間をあっと言わせたい」と言う願望を強く持っています。 それを実現するだけの感性や能力、そしてカリスマ性も強いため、若くして相撲の世界で横綱の地位にのぼり詰めました。 しかも貴乃花親方は、影響運の中でも最高の強運である「後名型=名望運」の持ち主です。 あれだけの名声と人気を得たのは十分に納得のいくところ ですが、残念なことにこの強運の度が過ぎました。 ~中略~「家が絶えて終わる代」になってしまうのです。 ちなみにこの「天下盗り運」は、戦国武将であれば天下を盗る運勢ですが、実際にはしっかり者すぎて兄弟姉妹が反目しあったり、自己本位でケンカっ早い性格になるという特徴があります。 弟・貴乃花親方と仲が非常に悪いとされる 兄・勝氏の基礎運は「隔離型(別称:H型)」。 伝統や目上の人を立てる環境を嫌い転職する傾向が強いので、相撲界から脱出したのもうなづけます。 しかし、 クリエイティブな能力が高いため企画力を活かせる実業家は向いています。 ほれっぽく飽きやすいため、現夫人との離婚の危険度は大。 父の満氏は「表十字型(別称:F型」で、変わり者。 弟・貴乃花親方同様、絶家の因縁を持っているため、自ら興した藤島部屋は一代で終わってしまいました。 プレイバック まず出版された当時の花田家の状況を確認しなければなりません。 主な登場人物は父の故・藤島親方と母憲子さん。 兄・勝さん、弟・光司さん(貴乃花光司さん)です。 この本が出版された2007年までに、花田家にはさまざまなことが起きています。 2007年10月、兄・勝氏が離婚(長い別居生活から離婚)• 2010年1月、日本相撲協会理事に就任• 2018年8月、相撲協会との悶着から貴乃花親方が相撲界から引退• 2018年10月、貴乃花光司さんと景子さんが離婚 当時の若貴ブームを知っているだけに兄弟の確執はとても残念でした。 また、 あれだけの名横綱がまさか角界自体を去ってしまう驚きと、それに伴う関係で花田家が運営する相撲部屋が無くなってしまうのは誰もが予想できなかったことではないでしょうか。 しかしながら、貴乃花光司さんの今後の人生(運勢)も引き続き、業界の雄ならんと名誉を求めることには変わりはありません。 概して名前の中に運勢はあるのですが、花田家一族のように努力性と実力性、その上でのスター性をもってしても、運勢がその気でなければ不本意の道に向かわざるを得ません。 このような運勢を見ると占い師としては「実にもったいない」と、心から思うのです。 関連記事.

次の

倒れた貴乃花親方をブログで心配した花田虎上 評価や疑いの声

花田 勝 ブログ

最近、話題になっていますが、 僕の中での話題は こっち。 モノマネ大賞ですね。 ではっ! 勢いにのって 今日の キラキラ君です。 いやらしいですね。 そうそうっ! 「 日本一の朝礼」vs「 日本一の魂の朝礼」 今日「 てっぺん」の朝礼に参加しました。 やっほ〜ぉ〜! その中でスピーチ訓練というのがあるんです。 5人まで指されるんです。 他の人が5人指されてしまい、 とれなかった!って思った瞬間、 もう1本!!! 3回参加して3回目、打率10割。 異例の6人目で 指されました! 僕と「おだぽん」「いけぽん」「ばばし」と4人で参加。 ということで 異例で本日2人目のキラキラ君です。 房の駅メンバーで 唯一、 スピーチ訓練、指されなかった こちらの人です。 悔しいかぁ〜。。。 ?(元上司) 悔しいです。。。。 直営店舗 房の駅を通して世界を広げることにチャレンジ。 千葉、房の駅を世界ブランドにするため NEW YORK チェルシーに設立。 ゼロ人脈 ゼロ英語力からはじめる世界進出を実践中。 世界に通用する千葉の商品づくりを農業、漁業を超えて 実現するため日々、全力疾走。 株式会社やます: 代表取締役社長 直営店舗房の駅、房の駅飲食部門、千葉県内の問屋業 食品製造工場やますファクトリー 株式会社房の駅農場 農地所有適格法人 : 代表取締役社長 落花生、さつまいも、いちごの生産 ならびに煎り落花生、干し芋工場運営 YAMASU JAPAN, INC : PRESIDENT 現在、ニューヨーク房の駅の出店交渉中 問屋業開始.

次の

花田虎上の再婚した嫁・倉実とは!元妻・花田美恵子は子供と現在ハワイへ

花田 勝 ブログ

22日、元横綱・若乃花の花田虎上氏が、自身のブログで巡業中に救急搬送された実弟の貴乃花親方に言及した。 現在アメリカに旅行中という花田氏。 「サンタモニカから」というタイトルでブログを更新し、「大好きだ」というレストランで食べた食事の様子を公開する。 そして、文末に「コメントも沢山頂きましたが、貴乃花親方が倒れた後回復されたようで安心しました。 ありがとうございました」と短くコメント。 絶縁中ながら、弟の容態を慮るような素振りを見せた。 そのような姿勢に一部のネットユーザーからは「ついに雪解けか?」「やっぱりお兄ちゃんなんだね」と評価する声も。 一方で、「コメントされるのが面倒だから言及しただけ」「本当にそう思っているのかわからない」と疑いの声をあげるネットユーザーもいた。 共に角界入りし、兄弟で横綱に上り詰めた類まれなる才能を持つ2人だが、現在は源頼朝・義経と並び称されるほどの「不仲兄弟」として知られる。 その要因については様々な憶測が流れているが、表面化したのは1998年の貴乃花洗脳騒動。 若乃花が「整体師に洗脳されている」などと話し、不仲が明らかになったのだ。 さらに、2005年に父の故二子山親方が亡くなると、喪主の座や遺骨の管理を巡り対立した模様で、不仲は決定的に。 のちに花田氏が「仲直りはない、もうお会いしない」と発言したほか、ゲッターズ飯田から「お互いに謝れば許すと思っている」と諭された際には、「なんで俺が謝らなければならないんだ」と激昂するシーンもあった。 一方、貴乃花親方は不仲を認めているが、花田氏についての言及はほとんどなく、「相撲道」を歩んでいる様子。 タレントとなり自由奔放に生きる花田氏と相撲界で後進の指導に力を入れる貴乃花親方との違いは、決定的なものがある。 口撃を続けている印象の花田氏だが、昨年、貴乃花親方が日馬富士の貴ノ岩暴行事件で批判に晒され際には、巡業部長だった貴乃花親方に白鵬が文句を言ったなどとされることについては白鵬を猛批判し、事情聴取を拒否していた貴乃花親方についても理解を示すなど、「兄らしい」一面も見せている。 今回の「ありがとうございました」という文章は、やはり弟のことを心配しているようにも思える。 2人がお互いについてどう思っているのかは不明だが、少なくとも角界に入るまでは生活と苦楽を共にした兄弟であることは間違いない。 いつか和解する姿を見たいものだ。 外部サイト.

次の