板橋区 小児科。 板橋区常盤台の小児科 ときわ台はしもと小児科アレルギー科

はっとり小児科 ***東京都板橋区前野町***

板橋区 小児科

小児科とは 主に新生児から中学生くらいまでのお子さんを対象に急な体調不良や小児特有の病気など幅広く診療いたします。 当診療科では、発熱、鼻づまり・鼻水、咳、痰、喉の痛み、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、夜尿症(おねしょ)、ひきつけ(痙攣)、呼吸が苦しそうといったはっきりとした症状がみられたことで来院されることが多いですが、お子さんの様子がいつもと違う、あるいはどの診療科に連れていけばよいかわからないという場合も遠慮なくご受診ください。 また小さなお子さんは、どのような症状にあるのかを自らの言葉で説明するのは大変困難です。 そのため、保護者の方からお子様の状態をきちんとお聞きするなどのご協力をいただいたうえで、現状みられている症状を注意深く観察するなどして、総合的に診断いたします。 小児科でよくみられる症状• 鼻水、鼻づまり• せき、痰• 喉の痛み• ぜーぜーする• ひきつけ(痙攣)• お腹が痛い• おう吐、下痢• 湿疹(ブツブツ)• 肌のカサつき• 機嫌が悪い• 泣き方がいつもと違う• 何となく元気が無い• 顔色が悪い• 食欲が無い• おねしょ(夜尿症) など 小児科で扱う代表的な疾患 ・風邪症候群 ・突発性発疹 ・インフルエンザ ・急性中耳炎 ・ヘルパンギーナ ・咽頭結膜熱(プール熱) ・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・扁桃炎 ・水痘(水ぼうそう) ・麻疹(はしか) ・風疹 ・手足口病 ・溶連菌感染症 ・りんご病(伝染性紅斑) ・水いぼ(伝染性軟属腫) ・とびひ(伝染性膿痂疹) ・ウイルス性胃腸炎 ・アトピー性皮膚炎 ・気管支ぜんそく ・花粉症(アレルギー性鼻炎) ・おむつかぶれ ・あせも ・細気管支炎 ・肺炎 など 重大な感染症がみられる場合 小児がかかりやすい感染症には、はしか、おたふくかぜ、水ぼうそうなどがありますが、これらはいずれも重大な感染症(感染力が強い、集団での感染リスクが高い)です。 お子さんの様子などから明らかにこれらの病気が疑われると気づかれた場合は、来院される前に一度お電話等でご連絡ください。 連絡を受けた受付スタッフが受診方法などを説明いたします。 ご来院時は、その指示に従うようにしてください。 このような対応は、他のお子さんに感染させるリスクをできるだけ避けたいと考えている当クリニックからのお願いになります。

次の

特徴紹介|板橋区|内科|小児科

板橋区 小児科

月並みですが長いようで短いような15年あまりでした。 開院以来きわめてたくさんの方々と有意義な出会いをさせていただき、 皆様方から大きな力をいただきました。 改めてはっとり小児科にかかわってくださったすべての方に対し最大の感謝をし、 深くお礼を申し上げます。 みなさまの事はおそらく一生忘れる事はないと思います。 体調不良が原因ではないため今後も大好きな小児診療はすこしずつつづけ、 生涯小児科医の視線は持ち続けたいと考えております。 9月からは同じ場所で渡部浩平先生がえがおこどもクリニックを開設してくださいます。 よろしくお願い致します。 すべてのお子さんの未来に希望が持てるような社会になるよう祈念いたします。 もしよろしければごらんください。 職員さんが作ってくださいました。 本当にありがとうございました。

次の

小児科|高島平東口クリニック|板橋区|内科 消化器科 乳幼児健診

板橋区 小児科

PCR検査の実施については診察をした医師の判断となります。 ご心配な症状がある場合、まずはお電話をしたうえでかかりつけ医をご受診ください。 かかりつけ医がいない場合、保健所の新型コロナ受診相談窓口へご相談ください。 「2週間以内の海外渡航歴がある」「新型コロナ患者との接触歴がある」「特定のクラスターに曝露している」のいずれかを満たす方では、新型コロナの検査の対象になる可能性があり、この場合は保健所にご相談ください。 新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問 新型コロナウイルス感染症の経過には, 1. 感染から 約5日間(1~14日間)の潜伏期を経て, 2. 感冒様症状(発熱,咳,喀痰,咽頭痛,鼻汁等), 倦怠感, 嗅覚・味覚異常等が出現し, 3. 一部の患者では 嘔吐,下痢などの消化器症状を呈することもあり, 4. それら症状が比較的長く, 約7日間持続する 5. 無症候のままで推移する感染者もいる という特徴があります。 特に「 息切れ」の症状は、風邪やインフルエンザでは稀な症状ですので、新型コロナの可能性を疑うきっかけになります。 この場合大病院の受診が必要です。

次の