カントリー ロード 歌詞 ひらがな。 buildandquote.challenger-ag.com: カントリーロード 歌詞 和訳

カントリー・ロード 歌詞 本名陽子 ※ buildandquote.challenger-ag.com

カントリー ロード 歌詞 ひらがな

日本では運転免許を持っていたものの、車は周囲がモーターバイクほどは目視できないので怖くて、うんぬん言って運転しませんでした。 アメリカに行ったら車乗れないと生活に困るよ、と再三言われてきましたが、アメリカで誰かにぶつけたり、ぶつけられたりしたほうが困る、云々言ってここに来て5年運転せずに生活してきました。 でもふと思い立って、近い将来ハナ子を日本語の学校に入れたいと思ったら毎日2つ向こうの市まで運転で送迎しなきゃいけないかも、と思いたち筆記試験を受けました。 虎の巻があってそのプリントを暗記したら同じ問題が出たので合格しました。 ペーパーでも若いころに教習所に日本で行っておいてよかった。 今は隣に有免許者を乗せて週末近所のガレッジセールをはしごするため、朝から車でくり出しています。 日本語の子どもの曲CDを入手したので車で家族に聴かせていて、トトロやあんぱんまんや千と千尋の曲が流れる度に家族でもりあがってます。 ハナ子は千と千尋のハクさま命 カントリーロードという曲はダンのお気に入りの曲で、それが日本語キッズCDから流れてきたとき、ダンが「この歌詞は絶対英語の曲とは違うこと言ってる。 」と指摘しました。 さよならーかんとりーろーどー、という歌詞を聴いて、英語のはsayonara なんて言わない、逆に行きたい行きたい、といっている曲だが一体日本語では何となってるんだ?と言ってました。 ダンは少しは日本語も分かるのです。 昨日帰っておけばよかったのに。 Country Roads, take me home To the place I belong West Virginia, mountain momma Take me home, country roads Country Roads, take me home To the place I belong West Virginia, mountain momma Take me home, country roads Take me home, now country roads Take me home, now country roads 山を彼女とも言っているのですが、日本人でこの曲を翻訳してみたという他の人々はその彼女は=元カノか恋人、と解釈したとウェブ上に載せていました。 ダンに聞いてみると「それは絶対にありえない」らしいです。 なぜなら、John Denver は でinto nature だからです。 ヒッピーというのは、Nature, Love and Peace,, をスローガンにかかげて生きる、みたいな人の総称。 とにかく自然派 into nature です。 オーガニック系のものにこだわる人 食べ物も自分で育てちゃう から、自然とともにいないと泣けてくるJohn みたいな人から、色々です。 ヒッピーだったら山や自然を『母』と呼びます。 John はみためもそんな感じ、言動もそういう感じだったそうで、そのJohnのこの曲は言葉どおり、田舎で生活できなくて泣けてくる感情を歌った曲なのだそうです。 うちのダンも、いつもストレスがたまるとミシガンの北の田舎 森林地帯 にポツンと立つ家を買うには幾らあればいいか、と言う計算を始めます。 以下は日本語の子ども曲CDに入っているほうの歌詞。 日本語で歌ってみた人が、歌い始めたら感極まって「もう帰らない!帰れないし!」と暴走、感情に流されてしまった感のある日本のカントリーロードという曲。 カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢みてた さみしさ 押し込めて 強い自分を 守っていこ カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード 歩き疲れ たたずむと 浮かんで来る 故郷の街 丘をまく 坂の道 そんな僕を 叱っている カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード どんな挫けそうな時だって 決して 涙は見せないで 心なしか 歩調が速くなっていく 思い出 消すため カントリー・ロード この道 故郷へつづいても 僕は 行かないさ 行けない カントリー・ロード カントリー・ロード 明日は いつもの僕さ 帰りたい 帰れない さよなら カントリー・ロード.

次の

カントリー ロード 歌詞 ひらがな

カントリー ロード 歌詞 ひらがな

そのためカントリーロードを久しぶりに聞いたら、 感情移入してしまい、故郷を離れて 都内で働いている僕の心にも響きました。 冒頭でも話しましたが、 この曲は、街自体を人に例えているのか、 町に住んでいる「彼女」がいるのか、 どっちに捉えるかで、視点も捉え方も変わってくる そんな深い曲です。 こちらは女性版の曲です。 英語版では、故郷を想って、 「帰りたい」 これを軸にした歌詞です。 しかし、 日本語版カントリーロード 「耳をすませば」での歌詞は、 一言で表すと、「帰りたい、けど帰らない」という軸になっています。  以下、日本語版のカントリーロードの歌詞です。 カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢見てた さみしさ 押し込めて 強い自分を 守っていこう カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる気がする カントリー・ロード 歩き疲れ たたずむと 浮かんで来る 故郷の街 丘をまく 坂の道 そんな僕を 叱っている カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる気がする カントリー・ロード どんな挫けそうな時だって 決して 涙は見せないで 心なしか 歩調が速くなっていく 思い出 消すため カントリー・ロード この道 故郷へつづいても 僕は 行かないさ 行けない カントリー・ロード カントリー・ロード 明日は いつもの僕さ 帰りたい 帰れない さよなら カントリー・ロード 「耳をすませば」を整理すると キャッチコピーが、 「好きな人が、できました」です。 主要な登場キャラは、 月島雫(写真の右側)…将来の夢が決まらない。 様々な人との出会いを通して自分の進む道を模索する。 そして、周りの人たち、猫(ムーンとバロン)とのストーリーを通して成長していく。 天沢聖司(写真の左側)…自分の進む将来の夢(=バイオリン職人)が決っており、努力を重ねる。 月島雫を導くようなキャラクター。 困難が多く、難しい夢と知ったうえで職人を志す。 月島雫は天沢聖司の努力する姿勢と 明確な将来像があり、夢のために必死に 努力している姿勢に胸を打たれます。 月島雫は天沢聖司の姿勢に憧れ、尊敬しつつ、 だんだんと心を開いていきました。 つまり、「耳をすませば」では、 雫が自分の常識の外に飛び出て、 色んな人と出会い、価値観を知り、 雫が成長する物語なんです。 成長する時って、 得るものも多いですが、 失うものもありますよね。 元の環境が懐かしいからと言って 後戻りしていたら成長なんて無理です。 聖司にあてはめると バイオリン職人になるために 好きな人を日本において イタリアへ修行をしに行くわけです。 好きな人とずっと一緒にいても、 バイオリン職人になれるわけもなく・・・。 これって、結構難しい選択ですよね。 自分の夢を叶えるために 1つの道(=街)を進む。 そのためには、大事だと思っているものを 諦めたり、捨てないといけない場面もあります。 けど、強い意志で今の環境を飛び出て、 困難を乗り越えて人は成長します。 イタリアという全然知らない土地で 一人乗り込んで、師匠から学んで さらに成長してくる。 これってすごくカッコいいなーと思います。 僕も、こんな魅力的な男になりたいです。 で、作中に使われているカントリーロードでは、 「職人になる」という夢を掴むためには、故郷には帰れない。 でも、思い出があるからこそ、努力できる。 そんな強い意志を形にしているのではないか、 と思います。 現時点では、カントリーロードは 聖司の視点で書かれた歌詞に思えますが、 雫の視点からすると、「あの町には夢を叶えようと奮闘しているあの人(天沢聖司くん)」がいる。 となります。 そして将来的には、聖司の視点が 小説家を志す、雫の視点と同じになります。 「耳をすませば」はラストシーンでは、 いろんな経験に耳を澄まして、 体験したからこそ聖司の思いを聞き取って、 最後のハッピーエンドへと繋がっていく、 そんな作品だと思います。 人の情熱に触れることで モチベーションが上がるし、 思いに触れることで自分の思いも形になっていく。 「好きな人が、できた」 そんな自分の思いにも気が付けたんですね。 気付いていないだけで 日常でも耳を澄ましたら、いろんな声があるし、 情熱、夢、価値観、信念はあります。 あとは、それに触れて 気が付けるかどうかなんです。 映画「耳を澄ませば」を通して 僕は、まだまだ井の中の蛙だな、 と思いました。 これから、 自分よりレベルの高い人と出会っても 逃げ出さず、付き合っていき、 成長していきたいなと思います。 このブログでは、 英語を話すことをメインに紹介しているので、 お勧めなブログ記事を紹介しますね。 英語を話すということで、 特に、メルマガで反応があった記事まとめです。 良質な情報をまとめているので 多くの知識をドンドンと蓄えて頂きたいと思います。 しかし、もとから得意だったわけじゃなく 「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」 と挫折するほど低い英語力でした。 なぜそんな状態から上達できたか? っていうと効率的な勉強法を知ったからです。 だからネイティブを相手にしても 緊張せずに話せるようになりました。 そしてだんだん自信がついて およそ30日後には楽しく英会話できたんです。 昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って 驚くことばかりです。 けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、 3分のスキマ時間に勉強するだけでも 誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。 今は英語スキルで活躍する人を増やすため 1500円のAmazon書籍「英文工学」を 無料で読めるキャンペーンを始めました。 しっかりと読んでくれる人だけに届くように 書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

カントリーロードという曲が伝えたい事

カントリー ロード 歌詞 ひらがな

歌詞 カントリーロード この道 ずっとゆけば あの街につづいてる 気がする カントリーロード ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢みてた さみしさ 押し込めて 強い自分を 守っていこ カントリーロード この道 ずっとゆけば あの街につづいてる 気がする カントリーロード 歩き疲れ たたずむと 浮かんでくる 故郷の街 丘をまく 坂の道 そんな僕を 叱っている カントリーロード この道 ずっとゆけば あの街につづいてる 気がする カントリーロード どんなくじけそうな時だって 決して 涙は見せないで 心なしか 歩調が速くなっていく 思い出 消すため カントリーロード この道 故郷へつづいても 僕は行かないさ 行けない カントリーロード カントリーロード 明日はいつもの僕さ 帰りたい 帰れない さよなら カントリーロード 原曲とは全然違う ジブリの名作、「耳をすませば」の挿入歌およびエンディング主題歌のこの曲。 原曲は「Take Me Home, Country Rods」。 この訳は原曲とは全然違う。 原曲はひたすら 故郷に想いを馳せて、take me home つまり 「僕を家まで連れてって」とひたすら言っている。 母か故郷の想い人なのか濁らせるダブルミーニング的な言い方をしているのがこの原曲の良いところだ。 しかしジブリ翻訳されたこの曲はまるで違う。 どちらかといえば、 これから一歩踏み出す曲なのだ。 僕は 「強い自分を守っていこ」という歌詞が本当に好きである。 まだまだ弱いんだろうなというのがこの一文で伝わってくるし、未だにそういう自分は、自分の中の大きい部分を占めているように思うからだ。 「帰りたい 帰れない」の部分からは 故郷を「あの頃の自分」と捉えているようにも感じる。 「耳をすませば」 「耳をすませば」は、もしかしたらジブリの中ではマイナー作品に分類されるかもしれない。 しかし、この映画は 生きる上で大切な要素をたくさん孕んでいるように思うので、その一部である、家庭の部分を紹介したい。 これを知るだけでも歌詞の捉え方が大きく変わってくる。 そしてあわよくば見て欲しい。 物語のあらすじとしては ヴァイオリン職人になるために頑張っていて、そのためもうすぐイタリアに行ってしまう聖司くんに刺激を受けたヒロイン雫が、物語の執筆に没入していくというもの。 物語の冒頭では雫が作詞した(だったっけ?わすれた)カントリーロードを歌っているシーンもある。 たしかジブリあるあるの、その歌詞を小馬鹿にした聖司くんにムキーってなってるところから始まった気がする。 (違ったらごめん) 両者、中学三年生。 そして執筆にはまる雫は寝食も忘れ、家族をないがしろにしてしまう。 そこで姉と喧嘩し、父と母が仲裁に入る。 ここでの父の発言がすごい。 以下記憶の中であいまいに語るので違ってたらごめんなさい。 雫の父の発言がすごい まずは争っている両者の言い分を聞く(基本ですね、えらい) そして否定しない(これめっちゃ大事)。 深入りせずに褒める。 その上でこんなことを言う。 「雫が何かを一生懸命やっているのをお父さんは知っている。 感心しているんだよ」 「何か」っていうのがポイントですよね。 何をやっていても咎める気がないことが伝わってくる。 「雫のしたいようにさせようか」 これは母への提案だったかな。 後押し。 「人と違う生き方というのは、それなりに大変だ。 何かが起きても誰のせいにもできない」 刺さりますね。 ちゃんと 人生の厳しさも教える父。 かっこいい。 なんだか父親紹介になってしまった。 雫と姉のやりとりから未来を考えたくなる それから雫とお姉ちゃんとのやりとりも好きだ。 作品の中では1分あったかどうかの進路相談のシーン。 雫:「お姉ちゃん、進路っていつ決めた?」 お姉ちゃんは大学生だ。 雫は受験高校も決まっている状態。 今更なにいってんのみたいなお姉ちゃん。 雫:「そうじゃなくって」 聖司くんがヴァイオリン職人になる(進路が決まっている)と聞いて焦っている雫の様子が伝わる。 姉:「 それを探すために大学に行ってるの」 ここもとっても痺れた。 このたった何行かの会話の中で、 モヤモヤする思春期と、 それでいいんだ時間はたっぷりある、 焦らなくても大丈夫、人それぞれだ みたいなたくさんの情報が詰まってる。 ただただ良い。。。 紹介している側だけど、久々に「耳をすませば」が見たくなってきた。 そして雫が執筆した物語は、ジブリのあの名作にもなっている。 あと、物語のラストはすごい急展開で「えw」って気分になるのでおすすめです。

次の