大阪 市 普通 ごみ。 大阪市普通ごみの収集

年末年始のごみ収集日 (大阪府の各自治体)

大阪 市 普通 ごみ

このサイズ以上の大きなごみや 多量に出るごみは粗大ごみとなります。 あくまでも、大阪市にお住いの方の 家庭から出るゴミに限定されるので 会社や店舗から出るゴミは 大阪市としては回収してもらえません。 会社や店舗から出るゴミは 民間の事業所系ごみ収集業者さんに 回収を依頼してください。 など 普通ゴミの出し方のルール 中身が見える透明または半透明のゴミ袋に入れる 普通ゴミは、 中身が見える透明または半透明のゴミ袋に入れて しっかり口を結んで出します。 ゴミ袋の中身が見えることで ゴミ出しする人のゴミの分別意識が促され、 ゴミの減量やリサイクルが促進される とい考えです。 また、危険物の混入により ゴミ収集員さんの作業中の怪我や 事故防止につながります。 大阪市では、大阪市専用のごみ袋の製造や 販売はしていません。 ゴミ袋は、スーパーマーケットや 小売店で売っているものでOKです。 青色や黄色などの色がついていても、 半透明でゴミ袋の中身が見えるものであれば 使用できます。 スーパーやコンビニでもらう袋で 中身が見える透明または半透明の袋は 使用できます。 半透明とは、ゴミ袋の中に入れた 新聞紙の文字が読める程度です。 人に見られたくないゴミは紙袋などに包んでから、 中身の見える透明または半透明のゴミ袋に入れて 出しましょう。 回収できないゴミ袋には 啓発シールが貼られて残置されますので 後にを出した人がもちかえりましょう。 ゴミ出しのルールを守って それぞれのゴミの収集日に改めて ゴミを出してください。 指定日の朝9時までに指定場所に出す 普通ゴミは、お住いの地域や集合住宅で 決められたゴミ出しの日の朝9時までに 必ず指定のゴミ置場に出しましょう。 普通ゴミの回収時間は朝9時とは限りませんが バラバラにゴミを出してしまうと 回収されないゴミは発生する恐れがあります。 大阪市のゴミ出しのルールを守って 朝9時にはゴミ出しを完了させましょう。 ゴミ出しのことがよくわかる!無料スマホアプリ 大阪市のゴミ出しのルールを網羅した スマホアプリ「 さんあ~る」があります。

次の

大阪市:普通ごみ収集(収集日:週2回) (…>ご家庭で出るごみ>分別・出し方のルールと収集カレンダー)

大阪 市 普通 ごみ

お湯を沸かすのに便利な電気ケトル 寒い時にすぐにお湯を沸かしたい時に便利な家電が電気ケトルです。 ちょっとコーヒーを飲みたい時やカップめんを食べたい時、スイッチを入れるだけで必要な分だけお湯を沸かすことができます。 スイッチ一つでお湯が沸かせるためついつい頼りがちになってしまいますが、いきなりお湯が沸かせなくなって困ることもあります。 いきなりの不具合に困ることがないように、寿命をしっかり把握して効率よく買い替えましょう。 毎日何度も使うことが多い電気ケトルの寿命はおおよそ2年ほどです。 電気によって熱を発生しお湯を沸かすという構造のため、耐熱の限界が48時間と短くなっているので他の家電より寿命がずっと短くなっています。 大切に使えばもっと長持ちさせることもできますが、長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要になります。 定期的に清掃するなどのメンテナンスを行えば、もっと長く使い続けることも可能です。 ただ、メーカーによる補修用部品保管期間が5年となっているため、製造から5年以上経って故障しても修理することができません。 そのため、長持ちしたとしても寿命は5年から8年程度といったところでしょう。 故障して修理もできなければ、不用品として処分するしか仕方がありません。 処分するとしたら、どのような方法で処分すればいいのでしょうか。 基本的には普通ごみとして処分可能 不用品となったステンレスの電気ケトルを捨てる場合、大阪市では普通ごみとして捨てることができます。 ステンレスだから資源ごみなのではないかと思われるかもしれませんが、大阪市では普通ごみとして分別することになっています。 中身が見えるごみ袋に入れ、指定された日にごみ収集場所に出しておきましょう。 普通ごみの収集日は町ごとに違いますから、自分が住んでいる地域のごみ収集日をあらかじめ把握しておきましょう。 大阪市が開発したごみ分別アプリを利用すれば、ごみの分別方法や町ごとのごみ収集日をスマートフォンで簡単に確認することができます。 収集日にきちんとごみ収集場所に出しておけば、大阪市に委託された業者が回収してくれます。 普通ごみなら、かかる手間はごみ袋に入れるだけ、回収してもらうのに費用もかかりません。 粗大ごみになる場合とは? 普通なら普通ごみとして捨てればいい電気ケトルですが、サイズが大きい場合は粗大ごみになる場合もあります。 粗大ごみとして捨てなければならないのは、最大の辺または径が30cm以上のものです。 横幅が30cm以上ある製品はさすがにないでしょうが、高さが30cm以上ある製品はあるかもしれません。 メジャーかものさしを使い、30cmより高いか低いか計ってみましょう。 もし30cm以上なら粗大ごみとして捨てなければなりません。 粗大ごみ収集受付センターに事前に予約をすれば、指定した収集日に指定された場所に出しておけば回収してくれます。 粗大ごみ収集受付センターで事前予約が完了すれば、受付番号と処理手数料を教えてもらうことができます。 教えられた処理手数料分の粗大ごみ処理手数料券を購入し、回収してもらいたいものに貼って指定された場所に出しておけば持って行ってもらえます。 たまに分解すれば普通ごみとして捨てることができると考える方がいますが、電気で発熱する家電をむやみに分解するのはとても危険です。 それにステンレスはとても固い金属なので、少しの圧力をかけたぐらいでは分解することはできません。 手間をかけて無理なことをするよりも、ルールに則って処分したほうがラクに捨てることができるはずです。 手間暇かけて分解して危険な思いをするよりも、ルール通り捨てたほうが安全に捨てることができます。 売却するとしたらどういった方法があるのか 便利で人気の製品ですから、売却することはできないでしょうか。 正常に作動し状態が良いものならリサイクルショップで買取ってくれるかもしれません。 ただ、補修用部品保管期間が5年と短いため、製造年月から5年以内でなければ買取は難しいかもしれません。 正常に作動するものであれば、オークションに出品したほうが高く落札される可能性があります。 もしくは、地元中心の掲示板に投稿すれば、欲しいという人が現れるかもしれません。 ステンレスなら金属として売却できる可能性がありますが、電気ケトル一つ分のわずかな重量を買取ってくれるかどうかは微妙です。 他にまとめて買取ってもらえるものがあれば別ですが、どんなに高値が付きやすい金属でできていたとしても1つだけでは足元を見られてしまうかもしれません。 金属として買取ってもらうとしたら、他の製品などもまとめて持って行くといいでしょう。 業者ごとに得意な金属などが違いますから、買取ってもらう時はステンレスの買取を得意としている業者に持ち込みましょう。

次の

【大阪市】使い捨て「ライター」の処分方法とガス抜き方法をご紹介

大阪 市 普通 ごみ

大阪市では 家庭から出たもの以外は 収集してもらえません。 職場や事業所で使っていたものや リフォームなどででた廃材の コンクリートブロックやレンガは 民間のごみ収集業者さんに回収をお願いしましょう。 最大辺が30cm未満の小さなものは普通ゴミ コンクリートブロックやレンガの 1個あたりの最大辺が30cm未満の小さなものは 重くても普通ゴミで収集可能です。 コンクリートブロックやレンガを 透明のビニール袋に入れて 週2日の普通ゴミにだしましょう。 ただし、一気に大量に出すと 回収してもらえない恐れがありますので 少量づつ小分けにして、 何日かに分けて出してくださいね。 普通ゴミ1回に出せるゴミ袋の数は 1家庭につき、45Lのゴミ袋3個程度です。 最大辺が30cm以上のものは粗大ゴミ コンクリートブロックやレンガの 1個あたりの最大辺が30cm以上のものは 粗大ゴミの扱いになります。 大量にコンクリートブロックやレンガがあっても 1個あたりに粗大ゴミ手数料がかかります。 コンクリートブロックやレンガはどちらも不燃です。 大阪市粗大ゴミのコンクリートブロックやレンガの処理手数料 コンクリートブロックやレンガは たて+横幅+高さの3辺の合計cmから 金額を算出することができます。 コンクリートブロックやレンガをひとりでゴミ置き場まで持っていけない場合 ふれあい収集で回収してもらう 高齢の世帯や一人暮らしの方で、近隣に ゴミ出しを手伝ってもらえる知人がいない方、 体が不自由な方など、 自力で粗大ゴミをゴミ置き場まで 運べない方もいらっしゃるでしょう。 大阪市のゴミ出しには、 簡単な審査がありますが「ふれあい収集」という 無料で粗大ゴミを持ち出してくれるサービスがあります。 ふれあい収集についてはこちらの記事を参考にしてください。 まだ使えそうなコンクリートブロックやレンガの場合 コンクリートブロックやレンガが まだキレイで壊れていない場合、 インターネットのフリマに出すのも方法です。 メルカリなどのフリマアプリや ジモティー(地元の掲示板)を活用して 買い手を探すこともできます。 メルカリに新規登録をする場合、 招待コード「 TNUAYH」を入力すると 最初に必ず500円分のポイントがもらえますよ。 災害で出たコンクリートブロックやレンガの場合 大阪市域内で、 天災により発生したごみを災害ごみといいます。 台風や集中豪雨により災害ごみが発生した場合は、 お住まいの地域の環境事業センターまたは 区役所に連絡してください。 環境事業センターで被害状況を確認のうえ、 災害ごみを処理してもらえます。 地震や水害、台風などで 家屋損壊により出たコンクリートブロックなどは 区役所にて発行された「被災証明書」を添えて、 事前に災害ごみ処理手数料の免除申請をすると 手数料を免除してもらえます。 詳しくは お住いのエリアを管轄する環境事業センターに 電話で問い合わせてください。

次の