新型 コロナ ウイルス 終息。 神の予言 新型コロナウイルスの終息は?神と未来カード 新型コロナ体験記 人類は自分たちの撒いた種とも気が付かず薬やワクチン開発で毒の上塗り!

新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケースは「国内の医療崩壊」

新型 コロナ ウイルス 終息

イタリア側からの要請があれば、医療スタッフの派遣も行うとしている。 また、中国の支援は政府主導に加えて、地方自治体、民間企業も主体となって積極的に行うとした。 そのうえで、王外相は「この共闘を通して両国関係はさらに緊密化し、国民間の友好も深化する」と発言した。 中国では11日、新型コロナウイルスにより新たに22人の死亡が確認され、死者数が3158人となった。 死亡したのはいずれも湖北省武漢に在住の感染者だった。 また、完治して退院した人の数は1578人増えて6万1475人に達した。 一方、新たに感染した人は24人にとどまり、感染者数はほぼ横ばいの8万778人だった。 中国の国家衛生健康委員会が11日の発表で明らかにした。 中国の新型コロナウイルス 中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。 専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルス2019- nCoVが疾患の原因と判断した。 各国は、 中国との国境を閉鎖したり、 中国発着の国際線を減便や一時停止するなど、 感染拡大防止のために様々な方策をとっているが、 そうした努力にも関わらず感染者数は日々増加している。 中国に続き、韓国、イタリアで、特に多く感染が広がっている。

次の

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

新型 コロナ ウイルス 終息

もはや新型コロナウイルスの蔓延を止められないとしたら、誰もがこのウイルスに対する免疫を持つようになる日を待つしかないのでしょうか? しかし、この考えには致命的な欠点があります。 集団免疫は個人を守ることはできても、ワクチンがない病気から全人口を守ることはできないからです。 ピンときませんか? では、理解を深めるために、集団免疫とはどのようなものか?どうすれば集団免疫を実現できるのか?そして、その結果はどうなるのか?を見ていきましょう。 そもそも集団免疫とは? 死に至る可能性がある伝染病が流行すると、結果的には生き残るか死ぬかです。 多くの伝染病の場合、生き残った人たちは免疫がつき、二度とその病気にかかることはありません。 その点はCOVID-19ももしかしたら同じかもしれません。 個人レベルで見ると、免疫できれば伝染病から守られます。 ですから、COVID-19に免疫がある人は、外出しても病気になる心配はありません。 また、私自身にCOVID-19 の免疫がなくても、世界中の人に免疫があれば私自身も安全です。 ワクチン接種により実現する集団免疫なら問題ありません。 たとえば、町民の95%に麻疹の免疫があるとしたら、麻疹にかかった旅行者がその町にやってきても、誰かにうつす可能性はほとんどありません。 ワクチンが町民のほとんどを守り、ワクチンを接種していない少数の人たちも、麻疹がその人たちまで到達しようがないので守られます。 集団免疫はすべての人の安全を保証するものではありませんが、感染が拡大してもたいていは急速に終息します。 全体の何パーセントが免疫すると集団免疫になるかは、病気によります。 麻疹はとても感染力が強く、感染者がいない集団では1人の感染者が12人から18人に感染させます。 COVID-19はそこまで強い感染力はないようで、感染者1人につき2人から3人に感染させると見込まれますが、まだ正確な数字はわかっていません。 今のところ、全体の60%が免疫すると集団免疫に達する可能性があるとしか言えません。 集団免疫を獲得すれば新型コロナウイルスは終息する? ことはそう簡単ではありません。 Murrayさんによれば、新型コロナウイルスに感染してもあまり重症化しないこともあり得ますが、実際には感染した人の多くが重篤になっています。 死を免れる場合も、何週間も重篤な状態が続き入院が必要になったり、臓器障害やその他の長期的な後遺症に苦しむことになるかもしれません。 もっとも、新型コロナウイルスの感染症に人類が苦しむのは歴史上初めてのことであり、回復した人たちもまだ数か月しか経過していないので、どのような後遺症があるかもわかっていません。 そして、死者も出ます。 これを米国全体に適用すると、何百万人もの死者が出ることになります。 麻疹の場合、ワクチンがあるおかげで私たちは集団免疫で守られています。 しかし、ワクチンが存在しないCOVID-19のような感染症の場合は、免疫するには感染するしかありません。 ですから、 「みんなで病気になろう(=集団免疫を獲得しよう)」という考えは、「みんなが病気にならないためにはどうすればよいか」という問題の解決策にはなりません。 全員が感染したら、少なくとも免疫はできる? 短期間はそうなるかもしれません。 しかし、 COVID-19に対する免疫がどのくらい持続するかは、まだわかっていません。 ほかのコロナウイルスについて科学的にわかっていることに基づいて考えると、COVID-19の免疫は1年ぐらいしかもたない可能性があります。 また、新型コロナウイルスに感染すると一生免疫が保たれることがわかったとしても、別の問題があります。 それは、 どんなコミュニティも、ほぼ全員が新型コロナウイルスに免疫のある状態を長期間維持できないということです。 旅行者も来れば子どもも生まれます。 はしかのワクチン接種が実施される前は、数年ごとに麻疹が大流行していました。 たった数千人の赤ん坊が生まれただけで、感染しやすい人間の数が増えて麻疹の大流行が再発したのです。 この数字はCOVID-19に関しては異なるかもしれませんが、原則は同じです。 若くて健康な人たちに免疫をつけてもらう方法は? ちょっと待ってください。 その場合、誰が感染させる役目を負うのでしょうか? 死に至る可能性のあるこの実験の被験者をどうやって募るのでしょうか? このような実験は、少なくとも倫理に反します。 仮に、不必要に多くの人が死亡することを受け入れるとしましょう(はっきりさせておきたいのですが、私はこの考えは支持しません)。 COVID-19に感染しても生き残る可能性が最も高い人々だけ感染させる方法はあるでしょうか? 実は、高齢者は隔離して、学校を再開したり若者を仕事に復帰させるという提案の裏にはこの思惑があります。 しかし、 集団免疫が全人口に適用されないところが問題だとMurrayさんは言います。 交流する人の輪の内側に限って有効な集団免疫になるからです。 老人ホームで暮らすおじいちゃんが交流するのは、ほぼその老人ホームにいる人たちだけで、そこでは誰もウイルスに対する免疫がないとします。 すると、たった1人の感染者が(それはあなたかもしれません)訪問者としてやってきただけで、その建物全体で集団感染が起こります。 結局、「集団免疫の獲得」はウイルスを克服できる? さらに別の問題もあります。 エピデミックには勢いがあるからです。 人口の半分以上が既に感染しているエピデミックになると、その勢いは止まらないでしょう。 ですから、もし大規模感染を阻止できるなら、死者が出る前に感染者ゼロの時点で阻止すべきです。 倫理上の問題がここでも生じます。 一握りの人たちを死に至らしめることは、たとえ統計的に個人を特定できなくても、あまりにも非人道的です。 志願者を無理やり募っても、やはり倫理上の問題は避けられません。 また、免疫の有無で社会的階層を作るという思想には、恐ろしい差別の歴史があることも忘れてはいけません。 集団免疫を作るには、多数の人命という大きすぎる犠牲を払うことになり、しかもその効果は長期的に続かないかもしれません。 ですから、集団免疫は、COVID-19との闘いに勝つ方法でなく、むしろウイルスに敗北した証明になるでしょう。 あわせて読みたい Image: Elena Scotti, Wikipedia Source: The Conversation, Boston University, PBS NewsHour, Worldometer, The New York Times 1, 2 , NCBI, CBS News, MyNorthwest. com Beth Skwarecki — Lifehacker US[原文].

次の

【新型コロナウイルス】ニュースで使われる終息と収束正しいのは?意味や使い分けについても

新型 コロナ ウイルス 終息

神の予言 の終息は? 神の予言 の終息は? 神と未来カード 新型コロナ体験記 2020年4月4日 先回のブログは、世界中がコロナ一色の中で神様からの予言として人類自身が遺伝子組換えで起こしてしまった事を書かせて頂きました。 ですが世間ではその事も分からずどこでしたのか、どこで感染したのか、密集は危険という事で、多く集まるコンサート、デパート、スポーツ観戦、学校、職場など、又他の国からの入国や出国を禁じ、家の中より出ない事を勧めています。 確かに、は強くて同じ部屋に居ただけで空気感染します。 実際そのような場合は症状が出るのが、遺伝子組換えのものを食べた人より早く症状が出るそうです。 組換え食品を食べてコロナ症状が出て来るまでは時間がかかるので、誰ともしてないのに、どこにも出掛けていないのにという事に後々なって来ます。 又日本人が他の国に比べて酷くないのは日本の上空が、神様の温情で守られているからも多々ありますし、御霊分け7神の遺伝子が強い事もあります。 いろんな事で創造神様の恩恵を受けている日本国民は、世界一幸せな国民だと思います。 それに比べ最近は、イタリアが中国を超す勢いでたいへんな事になって来ました。 神様のお話だと1956年前にイタリアのヴェス火山が噴火し、の町が一瞬にして消滅した歴史があります。 その町が余りにも廃退し、神の怒りを買ったために起こった出来事と言われています。 今回も同様に神の怒りで、 2021年3月、同じくヴェス火山が噴火して、 コロナとともに町が一瞬に滅びるとの事をお聞きしました。 神様のお話では、はこの後も世界中終息はつかず、 人類は自分たちの撒いた種とも気が付かず、毒の上塗りを考え、薬やワクチン開発をしています。 神の予言 2021年3月ヴェス火山が噴火して、コロナとともに町が一瞬に滅びる 原因も分からず次々と新たな病気を作って行く事の繰り返しで、せっかく神様からお預かりしている貴重な身体も、人間の目先の利益ばかり追いかけて寿命も短くなっています。 後の損失の方が莫大で取り返しがつかないという事が未だに分かっていない事に、神様も何度言っても分からない人類にさじを投げられました。 神様の教えが聞けないなら、自分たちの考える通りにやりなさい!というのが結論です。 神からお預かりした生命ですが、そのような親の気持ちが分からない方は好きにして下さいとのお気持ちだと思います。 さて、そのような人類になったとしても、 神様は神一厘の救いを3000年前よりお考え下さっていました。 その神一厘とはどのようなものなのか? 先々回のブログ にて書かせて頂きました。 又先回のブログ では、 より恐ろしい悪魔のお話もさせて頂ました。 や化学化合物によって人間の身体はどんどん蝕まれ、もともと1000歳の寿命も10分の1以下になり、知らずに毒を入れてしまった方々は、寝たきり、業病で生き地獄を味わいながらの人生だったり辛い目に合っています。 色々な人生の一コマですが、に罹って、死を覚悟した方の体験が寄せられました。 これからは、この様な事態が皆さんの足元にも忍び寄って来る事になるかも知れません。 来た時には既に遅かりしなので、いつでも心の準備をしておいて欲しいと思います。 先日の事、辛い症状のメールが10回以上、最後には夜中に電話で助けてコールがありました。 以下その内容です。 *1000枚ぐらい写真撮りしても治らない、どんどん酷くなってきて今までに無い苦しさで「明日の朝ベッドの上で死んでいるかも知れない!子供は神様を信じているので子どもの事はお願いします」など遺言めいた言葉を発していました。 夜明け2時頃でもあり、「明日の朝になったら神様にお聞きして上げるから今日はお休みなさい」と言って電話を切りました。 朝、神様にコロナの居る場所をお聞きすると目、口、額という事を教えて戴いたのでその場所を伝えました。 すると、そこを重点に写真撮り浄化したら、「3分で嘘のように症状が無くなった!」との連絡が入りました。 遺言まで出て来るくらいの辛さが原因を取り除けばたったの3分で元気になり、改めて神様と未来カードの凄さに感謝された体験です。 今回の体験を皆様にお伝えしたいとの希望でご紹介させて頂きます。 Yさん 私の体験記 神様、先生、いつもありがとうございます。 昨夜、とても大切な体験をしたので、皆さんにお伝えしたいと思います。 私は、一ヶ月ほど前に肺炎に感染しました。 といっても検査を受けたわけではなく、先生の測定によるものです。 はじめはそれとは分からず、体がだるく、熱っぽい症状でした。 もともと持っている不調に加えて、が来てしまって、怒りに似たショックを感じました。 先生のブログにもありましたが、皆さんご存じの通り、未来カードは、も浄化で消してくれます。 私も消すことが出来、安心していました。 今思えば、になって良かったー、くらいに思い、感謝の気持ちが抜け落ちた、けしからん人間だったと思います。 それからも何度か同じ症状が出てくるたびに、先生に助けてもらい、完全に馴れと甘え状態にありました。 そして昨夜、の症状が過去最高に襲ってきました。 感謝とか反省もなくただひたすら機械のように浄化を繰り返しました。 しかし、まったく改善されず、夜中に先生に連絡してしまいました。 真夜中にも関わらず、先生は、対応してくださったのです。 非常識な自分を責め、観音様のような先生に頭が下がりました。 しかし、症状は変わらなかったので、私はもう神様から見捨てられて、これで終わりなんだ、と弱気になっていきました。 もう駄目なんだ、と苦しみの中、神様に今まで生かしてくださったことに対する感謝をお伝えし、今までのおごり、天狗になっていたことを謝罪し、反省のない自分を後悔していることもお伝えしました。 先生への感謝と、まだ10代にして母親を亡くすだろう息子への不憫さを嘆きました。 明日になれば、もう冷たくなっているか、意識不明なのかな、と悲しくなりました。 このように、反省、後悔、謝罪、感謝、嘆きを繰り返しながら、熱にうなされ眠れない夜を過ごしました。 こんなことは、人生で初めてです。 そして今朝、目を覚ました自分にビックリ!奇跡だ!と思いましたが、奇跡ではなく、神様と未来カードのお陰です。 私は、神様の実在を信じ、未来カードを信じている、と思っていましたが、完全に口先だけでした。 本当は、体の不調などを治したかっただけの強欲者だったと気づいたのです。 自分さえ助かれば、という最悪の人間でした。 自分の終わりを覚悟することで、ようやく間違っている自分を心から反省しました。 あまりに遅くて、情けない限りです。 この体験は、必要で、とても意味の深いものと感謝しています。 今まで、大した苦労をしたことがなく、な道を選択して生きてきた自分に気づき、また甘えた考えの自分を恥ずかしく思います。 今後はこの体験を絶対に忘れることなく、反省と神様への感謝を常に意識し、それが日常となり、神とともに、5次元に向かいたいです。 まとまりのない、分かりにくい文になってしまいましたが、皆様にお伝えしたかった体験です。 次回は、最後の予言書「」の内容とは?、 とは、どの様な世界の事なのか? 神々様にお聞きしお答えを戴きました。 ご期待ください! 2020年4月5日 14時 mirai-hadou.

次の