レモン グラス 虫除け。 レモングラスの効能、虫除けや認知症にも効果的?妊娠中は要注意な理由も!

レモングラスで虫除け♪3種類の害虫に効果的!スプレーで撃退しよう

レモン グラス 虫除け

レモングラスを虫除けに使う時の注意点は?効能や副作用も 虫除けの商品には、スプレータイプのものがたくさん出ていますが、化学成分でできているものが多いので、体へ悪影響がないのか気になる方が多いのではないでしょうか。 そんな方には、天然のハーブでレモングラスを虫除けに使うと効果があるので、次の通り効能や副作用はないのかといったことについてチェックしていきましょう。 レモングラスを虫除けに使うとどんな効能があるの?注意点や副作用は? ハーブティーやタイ料理などに使われることの多いレモングラスには、抗菌や殺菌作用があり、風邪の予防や腹痛、下痢の緩和にも効果的と言われていて、なんと水虫の治療にも活用されているそうです。 そして、レモングラスは人間にとってはリフレッシュ効果があり眠気を覚ますなどの効果がありますが、虫は嫌う匂いなので、虫を寄せ付けなくさせる効能があり、市販の虫除けスプレーにも含まれているのでしたね。 それから、天然のハーブの中にもシナモンは吐き気などの副作用がある中で、レモングラスにはこれまで問題となった健康被害や副作用の効果はないので、安全性の高いハーブとして料理にも用いられているのです。 ただし、レモングラスのアロマオイルは肌への刺激が強いので、精油をそのまま肌に塗ると健康な肌の人でも炎症を起こすことが多いので、そのまま使うのは厳禁です。 そのため、レモングラスを使う場合は、アロマポットのオイルとして利用し、室内でたくことで部屋へ虫が入ってくるのを予防するのに使ったり、お風呂に少したらして入浴すると、香りにレモングラスの香りが残って虫除け効果があるのでおすすめです。 また、レモングラスには子宮を収縮させる効能があるため、子宮出血、早産、流産の可能性が高まってしまうので、特に妊娠初期にレモングラスを使用するのは控えた方が良いとされているので気をつけるようにしましょう。 スポンサーリンク レモングラスはハーブティーにもおすすめ!どんな効果がある? カフェなどでハーブティーを選ぶ時、ブレンドされているハーブをチェックするとレモングラスが入っていることが多いですが、こうしたレモングラス入りのハーブティーはさわやかな香りとほのかな甘みもあって美味しいですよね。 そして、朝の目覚めの一杯として飲むと、すっきりと目覚めることができるので、自宅で楽しむ方も多いのではないのでしょうか? こうしたレモングラスですが、前述の虫除け効果以外にも、血行促進や貧血に効果があり、朝が弱い人には特におすすめで、消化促進の効果もあるので、食事時に飲むと良いでしょう。 また、食後に飲むと胃腸を整える作用もあるため、食べ過ぎによる胃もたれの解消やお腹のガス抜きを助けてくれるので、お腹にガスが溜まるなど消化に悩んでいる方には特におすすめです。 さらに、肌にハリを与えたり、皮脂分泌を抑える効能や、足のむくみの改善にも有効なので、女性には特に嬉しいところがいっぱいありますよね。 なので、気になる方はぜひ、虫除けだけでなくレモングラスのハーブティーを取り入れてみてはいかがでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、レモングラスを虫除けに使う時の注意点や、効能と副作用について詳しくお伝えしました。 まず、レモングラスは抗菌、殺菌作用があり、虫が嫌う匂いなので、虫を寄せ付けなくさせる効能があるため市販の虫除けにも含まれているのですが、直接肌に塗ると刺激が強すぎるのでアロマオイルとして部屋で使うかお風呂に入れるのをおすすめしました。 そして、目立った副作用は報告されていないものの、子宮を収縮させ、早産、流産を起こさせる危険性があるので妊婦は使用を控えた方が良いとのことでした。 それから、レモングラスはすっきり目覚める効果や、整腸作用、そして、皮脂分泌を抑える効能など美容効果も高いので、食事のときなどを中心にハーブティーとして飲むと良いのでしたね。

次の

ハーブ栽培は庭やベランダの虫除けにも最適!

レモン グラス 虫除け

ゼラニウム ゼラニウムにはいくつか種類があり、いわゆる蚊除けに使われるのがセンテッドゼラニウム、または蚊取草、ニオイゼラニウム、カレンソウとも呼ばれます。 香りのあるゼラニウムのにはさらに種類があります。 バラの香り、レモンの香り、リンゴの香り、オレンジの香り・・。 どうしてこんな風に香るのか不思議ですね。 よくある園芸用のゼラニウムとの違いは、蚊が嫌いな成分を含んでいることです。 ただ、一鉢置いておいてすごく効果があるかというと、効き目はそれほどでもない場合が多いようです。 窓辺に網戸代わりに沢山おいているヨーロッパの家のように、大きく育て、沢山置いておけば、それなりの効果は期待できるかもしれません。 多少日陰でも育つので、やぶ蚊が沢山飛ぶ場所にどんと植えてみる、玄関わきに植えて大きく育てるなど。 香りが良いので、窓辺や玄関近くに置けば、風に乗ってお部屋にいい香りが漂ってきますし、お花もかわいらしいです。 では、蚊よけにもっと効果的な使い方はないかというとそうでもなく、エッセンシャルオイル(精油)を使う方法があります。 スプレー容器に、無水エタノールを5ml入れ、エッセンシャルオイルを3~5滴入れよく混ぜます。 さらに精製水45ml入れて振って混ぜます。 使うときにもよく振って下さい。 これでスプレーができあがり。 お部屋や出入り口に時々スプレーをすると、植物を置いただけより効果が期待できます。 蚊よけ以外にも、香りが優しく気分をよくしてくれます。 レモングラス レモングラスは、一見ススキのような草ですが、レモンの芳香を持っていて、お茶や料理にも使われるハーブです。 育てるのは難しくなく、地植えにすると大株になります。 蚊が嫌いなシトラールという成分をふくんでいるので、虫除け効果があると言われます。 ゼラニウムに比べると、見た目「草」なので、ただ植えても面白くないのですが、大鉢に上手に寄せ植えにするなど工夫するといいですね。 やはり植物そのものを置く効果よりは、エッセンシャルオイルを使って虫除け対策にしている方が多いようです。 スプレーの作り方がゼラニウムと同じですが、良く売られているアロマポットで香りをお部屋に充満させておくのも手です。 キャンドルタイプのポットを使う方は火に注意、周りに燃えるものを置かないように。 電気のタイプのポットは手軽です。 レモンの香りがお部屋に広がり、ストレスや疲労の軽減にもなります。 ラベンダー ラベンダーは殺菌作用、消毒作用があり、美容にもよく用いられるハーブです。 虫除けとしては、衣類やカーペットなどの小さな虫除けに使えます。 エッセシャルオイルでスプレーにして使うほかに、植物を風通しのよい場所に吊るし、ドライフラワーにして使用できます。 簡単な使い方は、ドライにしたラベンダーを2,3㎝にカットし(花だけでなく、茎、葉も使えます)、小さな巾着に入れたり、ハンカチか小さめにカットした布にくるんで、リボンなどで止め、引き出しやタンスにしのばせます。 香りが長くもち、薄くなっても揉むとまた強く香ります。 また、大きめのものを作っておいて、掃除したついでにカーペットやカーテンにぽんぽんたたきつけると、防虫効果とともに香りも広がります。 枕の中にしのばせておいてもいいですね。 ラベンダーの鎮静作用で、いい眠りにつけるかもしれません。 ミント ミントはお茶にも食用にもよく使われている代表的なハーブです。 生育が旺盛で、どんどん増えます。 茂ってきたら刈り取って、お茶以外にも防虫に使えます。 エッセンシャルオイルを使ってスプレーを作らなくても、植物から作れます。 熱湯100mlに刻んだミントを1、2週間付け込んでおくだけ。 夏場は冷蔵庫に入れて保存した方がいいですね。 爽やかな香りなので、カーテンに防虫として吹き付けておくと、風で香りが広がります。 また、ラベンダーもですが、スプレーをモップやぞうきんにかけて使用すると、フローリングや壁などにも使えますし、掃除機の紙パックにエッセンシャルオイルをつけてもいいです。 ユーカリ ユーカリも防虫効果が期待効果できます。 エッセンシャルオイルをスプレーにして使ってもいいですが、トリートメントオイルを作って腕など刺されやすい場所に塗っても効果がありそうです。 ホホバオイル5mlにエッセンシャルオイルを1滴まぜて、体に塗ります。 香りがきついと感じる方は、ゼラニウムやラベンダーなど、防虫効果があるエッセンシャルオイルを混ぜていいと思いますが、量に気を付けて下さい。 ユーカリは、抗ウイルス作用、殺菌作用、鎮痛作用もあり、万能な植物です。 ユーカリはいろんな葉の形があり、香りより見た目が好きで育てていますが、切り花に使われているユーカリは強烈な香りがし、その効能をうかがわせます。 葉を沢山花瓶にいけておいても防虫効果がありそうです。 ティートゥリー ティーと付くのでお茶の木かと思いますが、オーストラリアの低木で、ローズマリーのように細長い葉が沢山ついています。 これもユーカリに負けず 強い香りに殺菌効果を持ち、免疫力を高め、リフレッシュ効果もあると言います。 刺激が強いので、エッセンシャルオイルを使用するときは、量を抑えていいかもしれません。 スプレーにする場合は、香りが好きな方はこのままで、きついと感じる方はブレンドして。 レモンやミントと混ぜると、爽やかな香りになりますし、どれも防虫効果があるオイルです。 夏場にはとてもいい相性だと思います。 ローズマリー ローズマリーは、料理の風味付けにも使われますし、 血液循環をよくしたり、発汗作用、利尿作用もあり、老廃物を除去する働きがあり、また鎮痛効果まであるという万能ハーブです。 香りが独特で強く、虫除けにも効果あるそうです。 確かにうちのローズマリーは虫がついたのを見たことがないので、よほど強力なんでしょう。 園芸店に行けば簡単に手に入るので、育ててみてはいかがでしょうか。 花も綺麗で、学名の「Rosmarinusu]とは「海のしずく」という意味。 薄いブルーや紫色で、確かにしずくのように見える花です。 鉢をそのまま窓辺に置いておいてもいいですし、伸びた枝葉をカットし、ハンカチに包んでタンスにいれておいても。 ちょっと触っただけでも、手に強い香りが付きます。 料理に使うときは一つまみ程度に。 もちろん、エッセンシャルオイルを使って、スプレーなどにもできます。 やはり香りのきつさが気になる方は、ラベンダーやレモンと混ぜて。 このように、防虫効果があると言われるハーブは、スプレーにして使われることが多いようです。 どれも少々香りが強いので、香りにもこだわりたい方は、2,3種類ブレンドして使ってみると良いでしょう。 香りの相性が良ければ、ブレンドするオイルは防虫効果がなくても問題ありません。 蚊以外にも、コバエ、ゴキブリ、ブヨなどにも効果があるものもありますので、是非色々試してみてください。 まとめ 虫除けに効くハーブの特徴 ・ゼラニウム、香りも楽しんで ・レモングラス、爽やかなレモンの香りで ・ラベンダーはドライフラワーも利用して ・繁殖旺盛なミントはいろんな利用ができます ・強力な香りと殺菌効果もあるユーカリ ・リフレッシュ効果もあるティートゥリーですっきりと ・万能ハーブ、ローズマリー.

次の

レモングラスの香りと効能・使い方

レモン グラス 虫除け

レモングラスってホントに虫除け効果があるの? レモングラスには防虫効果があります。 乾燥させたレモングラスの葉をクローゼットに入れておくだけで、 衣類に虫がつくのを防ぎますし、自作の虫除けスプレーの材料として使う人もいます。 レモングラスは、イネ科オガルカヤ属の多年草で、インドや東南アジアに多く生息する ハーブです。 美容成分を豊富に含んでいる人気食材でもあります。 だから 健康的に虫除けができるということで、レモングラスは注目されているんですね。 理由は、その香りの元になっている 芳香成分に昆虫忌避(きひ)作用があるから。 シトラス調のレモンに似た強いフレッシュな香りがするレモングラスですが、主な芳香成分は、 シトラール、シトロネラール、ゲラニオール、リナロールです。 この中で特に シトラールとシトロネラールは昆虫忌避作用の効果が高く、蚊が嫌う匂いとしても有名です。 レモングラスで虫除けできる害虫は3種類 レモングラスで防ぐことができる外注は次の3種類です。 レモングラスの虫除け作用で防げる3つの害虫• ゴキブリ• ダニ 蚊やダニに対しては、エッセンシャルオイルとして使えばOKです。 ゴキブリに対しては、 レモングラスの葉を乾燥させてキッチンに置いておくだけでOKです。 蚊やダニ、ゴキブリの虫除けができるなんて、ありがたいですよね。 レモングラスの虫除け効果を最大にする使い方を公開! レモングラスの虫除け効果を最大にするには、 シトロネラ(レモングラスと同じイネ科の植物)と一緒に使うのが1番です! というのも、レモングラスとシトロネラの強い香りが混ざることによって、蚊などの害虫が感知する 私たち人間の体臭を隠すことができるからです。 蚊の嗅覚を撹乱して刺されにくくすることができるんですね。 ただし、レモングラスとシトロネラのエッセンシャルオイルを使って 虫除けを自作するのは、おすすめしません。 というのも、成分が凝縮されたエッセンシャルオイルには、手に触れないようにするとか、吸引しないようにするといった気をつける点がいろいろあるからです。 また、手間がかかりますし、作っても長期間の保存ができません。 ですので、レモングラスの虫除け効果を取り入れたい場合は、 レモングラスとシトロネラがブレンドされている市販の虫除け剤を使うことをがおすすめします。 中でも、使いやすく、すぐに広範囲に効果を発揮させられるスプレータイプの虫除けがおすすめです。 こちらは レモングラスとシトロネラに、ペパーミントとゼラニウムも加わった、天然なのにしっかりと効果のある虫除けスプレーです。 天然ハーブを使った健康的な虫除けを検討されているなら、チェックしてみてくださいね。 まとめ レモングラスに含まれる芳香成分には昆虫忌避作用がある、ということが分かりました。

次の