戸 狩 温泉 スキー 場。 戸狩温泉スキー場【スキー場PV動画あり】

2020年 戸狩温泉スキー場

戸 狩 温泉 スキー 場

戸狩温泉スキー場の3つのエリアのうち、いちばん古くからあるのはペガサスゲレンデ。 かつてはパノラマゲレンデと呼ばれていたこのエリアには、スキーセンターをはじめスキー場機能の中枢が集合し、戸狩温泉スキー場のメインゲレンデともいえるでしょう。 まずは、このエリアの紹介から。 ペガサスゲレンデは中央にペガサスビートル4(1,037m)という高速リフトが架かり、その左右にさまざまなコースが開かれています。 向かって左側は中級者向きの「五本松コース」。 さらにリフト左側を大きく迂回し、下部でリフト沿いに向かう「みみずくコース」は全般的に緩やかな斜度で初級者も安心。 リフトを降り、すぐ右側のリフト沿いは非圧雪のダイナミックコース。 雪が降ったばかりのときは深雪、圧雪されてコブが育っていけばモーグルコースとなる刺激たっぷりのスペースです。 リフト右側をさらに迂回すると、そこは「イモハコース」と呼ばれ、レベルは中級者向き。 ポールトレーニングバーンにもなっていて、競技会もよく行われています。 ペガサスビートル4リフトを降り、そのまま正面の緩やかな連絡コースを滑り込んでいくと、カシオペア(とん平)ゲレンデエリアにアクセス可能。 滑り降りた先は、戸狩温泉スキー場の最上部に向かうペガサスラビット4リフト(1,221m)乗り場。 高速4人乗りのこのリフトはぐんぐん急角度に斜面を上がり、一気に最高地点の標高1,055mまで運んでくれます。 ここまで来ると雪質もずいぶんと変わり、最高の粉雪に。 ラビットコースやジェットコースといった非圧雪エリアも多く用意され、オフピステ派にはたまらない楽しみ。 また、沢伝いのコースはしっかり圧雪され、斜度も適度で中級者や初級者が安心して滑れます。 戸狩温泉スキー場の上部は小さな尾根が多く、それぞれの尾根の山腹にコースが開かれているので、遠方から眺めるとあたり一面ゲレンデだらけといった印象。 そのあたり、ちょっとヨーロッパのスキー場っぽい雰囲気も感じられます。 ペガサスラビット4リフトを降りて、右手をとん平第2高速クワッドリフト沿いに真っ直ぐ下っていくと、とん平ゲレンデのボトムに到着。 ここからオリオンゲレンデにアクセスすることができます。 オリオンツアーでは、長野県や新潟県のスキー場を中心に100ヶ所以上のスキー場からスキーツアーを選ぶことが出来ます! また、関東(新宿・東京)東海(名古屋)・関西(大阪・京都・神戸)・九州(博多・小倉)・中国(広島・岡山)・四国(徳島)・東北(仙台)の日本全国からバスツアーを出発しているので行きたいツアーが見つけやすいです! 特に朝発バス日帰りツアーは大学生・高校生や子供連れの家族旅行に人気です。 もちろん東京発着の新幹線で行くJRスキーツアーもありますので、バスツアーとJRツアーを比べてみるのものオススメです! また、マイカープランの宿泊プランやマイカー日帰りプランなど、バスを利用しなくてもオリオンツアーの独自仕入れのリフト券が使えるツアータイプがあるで見つけてみましょう! スキー場のオープン日情報・積雪情報・最長滑走距離やランキングなど、スキー場情報が満載のスキー場詳細ページも用意しているので要チェックです。 またシーズン中は不定期に料金を値下げした席数限定・日程限定の格安スキーツアーも販売予定!ただし、オリオンツアーの公式スキー&スノボツアーサイト限定プランなのでお見逃しなく! 朝発日帰りスキーツアーのメリットは? 1. 朝発日帰りスキーツアーは、夜行バスではないので、長時間バスの中で過ごすことがなく片道3~4時間の乗車時間でスキー場に着くことが出来ます。 朝発日帰りスキーツアーは、近郊のスキー場にツアーなので、リピートしやすく便利です!おひとり様のご参加率も高いです! 3. 朝発日帰りスキーツアーは、出発場所もたくさんあるので自分の住んでいる街から一番近い出発地から探して行けます!選べるスキー場もたくさんあるのがオススメ! 夜発日帰りスキーツアーのメリットは? 1. 夜発日帰りスキーツアーは、朝出発ではないので、朝早く起きれない方にオススメ!バスの中でゆっくり寝て、朝から思いっきり滑ろう! 2. 夜発日帰りスキーツアーは、夜出発なので、時間を調整しながらスキー場に向かうので、渋滞の影響でスキー場の到着が遅れるようなことは滅多にないのがオススメ! 3. 夜発日帰りスキーツアーは、朝発日帰りでは行けない遠くの雪質が良いスキー場に行けるのがオススメ! スキー上達の秘訣!滑り方と練習方法とは? まずは初心者に最適な滑り方、ボーゲンの基本について抑えておきましょう。 上級者でも立ち返る事があるボーゲンは、基本的なテクニックが詰まっています。 しかもリフトに乗る前、平地である程度の確認・練習が可能なので、ウォーミングアップを兼ねてぜひ平地トレーニングをオススメします。 初心者が準備しておくべき持ち物とは? これからスキーデビューしようと思っている人の中で、どのようなアイテムを準備すればいいか困っている方もいるでしょう。 持ち物について、フルセットを自分でそろえる必要はありません。 中にはレンタルできるものもあるからです。 そこで初心者向けにどのようなアイテムを持参すればいいかについて、以下にまとめました。 女子は事前の準備が重要!気になる3つのポイントとは? 冬になるとウィンタースポーツに挑戦したい!という方もいるかもしれません。 そんな時におすすめなのはスキーやスノボで、ツアーなどを利用することでお手軽にはじめられます。 そんなスキーやスノボは、実は事前に準備しておきたいことがあります。 特にスキー女子・スノボ女子はしっかりと準備をしておきましょう。

次の

2020年 戸狩温泉スキー場

戸 狩 温泉 スキー 場

戸狩温泉スキー場の混雑状況は? 実際に戸狩温泉スキー場に行こうとすると、気になってしまうのが混雑状況ですよね。 人が多いと待ち時間が増えたり、周囲に気を使って疲れやすくなってしまうので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。 戸狩温泉スキー場が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか? 戸狩温泉スキー場が混雑する時期としては、基本的に 平日よりも 土日祝日が混雑しやすく、時間帯としては 10時~14時の時間帯が混雑しやすくなっています。 ちなみに、1月・2月あたりが積雪量が多く、雪質も良い傾向なので、12月や3月以降と比べると、多くの人が訪れやすいですね。 特に 年末年始や 1月2月の3連休になると、仕事や学校が休みの人が多く、通常よりも混雑しやすいので注意しておきましょう! 混雑を避けるためには、できるだけ平日に行ったり、12月や3月以降に行ったり、営業開始直後の時間帯など、時期や時間帯をズラして利用するのがおすすめです。 ここまで大体の混雑状況について解説しましたが、 「混雑すると言っても、戸狩温泉スキー場のどの場所が混雑するの?」 と、悩んでいる人もいると思います。 戸狩温泉スキー場の中で特に混雑に注意してほしい場所としては、 周辺道路&駐車場・ チケット窓口・ レストラン・ リフトですね! 周辺道路&駐車場に関してですが、戸狩温泉スキー場までは車で行く人も多く、周辺にはスキー場も多いので、周辺道路や駐車場で混雑しやすくなっています。 この次の章で詳しく解説しているので、車で行く人はしっかりと確認しておきましょう。 チケット窓口についてですが、時期・時間帯によってはリフト券を購入する人の長い行列ができており、購入するまでに10分以上待つ場合もあります。 各チケットサイトでは、戸狩温泉スキー場の前売り券を期間限定で販売している事もあるので、事前に購入しておくのがおすすめです。 レストランについてですが、お昼の時間帯になると多くの人で混雑しており、長い行列ができている事があります。 座席数も限られているので、ちょっと早めですが11時頃から利用したり、お弁当を持参して車の中で食事するなどの対策をしておくと良いでしょう。 リフトについてですが、近くに野沢温泉スキー場があるせいか、リフトの混雑はほとんど無く、土日でもスムーズに利用することができます。 周辺道路の混雑状況についてですが、特に目立った渋滞情報などは無いので、スムーズに通行することができるでしょう。 道路も平坦な道が多いので、アクセスも良いと評判ですが、状況によっては積雪や路面凍結の恐れもあるので、スタッドレスタイヤやチェーンを装備して運転することをおすすめします! 駐車場の混雑状況についてですが、平日に利用する場合は特に混雑していないので、スムーズに利用することができるでしょう。 ただ、土日や年末年始・3連休に行く場合、到着するのが遅れると、ゲレンデまで離れた駐車場しか空いていないことが多いですね。 たくさんの荷物を持参したり、小さな子供と一緒に行く場合、歩いて行くのが大変なので、できるだけ早めに到着しておくのがおすすめです。 駐車場に到着しておく時間の目安としては、 平日に行く場合は、 午前中までに到着できるよう行動しましょう。 土日に行く場合は、 9時頃までに到着しておきましょう。 さらに車で行く場合はガソリン代がかかりますし、レンタルやレストランを利用するとさらに出費が増えてしまうので、リフト券だけでも安く利用したいものです。

次の

戸狩温泉スキー場の混雑状況と駐車場情報、リフト券の割引も紹介!

戸 狩 温泉 スキー 場

みみずくコースは初心者でも滑りやすい、なだらかなコース みみずくコースは、初心者の練習にうってつけ。 ほとんど斜度がなく、距離が長いコースなので、ゆっくり練習できる。 リフトを降りるとすぐに、みみずくコースと並走している五本松コースとの分岐があるので、間違えないように。 五本松コースは中級コース指定だが、下までまっすぐで滑りやすく、平均斜度 13度。 みみずくコースで滑れるようになったら、こちらで腕試しをしてみよう。 モーグルコースは初級設定だが、コブ斜面の滑走は少し技術がいるので、しっかり板をコントロールできるようになってからチャレンジだ。 私もここで簡単に体を慣らして、上級者コースがあるペガサスゲレンデの山頂へ向かった。 戸狩温泉スキー場名物は、パウダースノーの非圧雪コース 帰りも飯山駅行き急行バスで 「暁の湯」は「戸狩温泉スキー場」バス停のすぐ近く。 ぎりぎりまで温まって、飯山駅に戻る。 このエリアは、かつては東京から行きにくい場所だったが、北陸新幹線のおかげで「居眠りしているうちに到着するエリア」になった。 日中のリフト営業時間が終わる 16時 50分までしっかり遊んでも、 21時ごろまでには東京駅に到着できる。 ぜひ戸狩のパウダースノーでスキーを満喫していただきたい。 ちなみに、新潟県のかぐらスキー場など、積雪が多いエリアではゴールデンウィークのころまで営業しているスキー場も。 スキーシーズンは、まだまだ終わらない! この記事の内容は2019年3月20日現在の情報です。

次の