おっつけ 野球。 おっつけ

大相撲で良く聞くおっつけの意味って?取り組み中の用語一覧!

おっつけ 野球

野球ならではの言い回しは意外と多い(イメージ) サッカー、相撲、テニス、ゴルフ、フィギュアスケートなど、日本には人気スポーツがいくつもありますが、ドラフト会議や日本シリーズの盛り上がりを見ると、やはり野球が日本のスポーツ界の主役のひとつであることは間違いないでしょう。 しかし野球は専門的な用語や言い回しも多く、職場などで会話の輪に入れなくて悩んでいる人もいるはず。 そこで、「こいつ野球分かってるな」と思わせるための表現をいくつか紹介します。 今回は打撃編です。 【ドアスイング】 一口に「バットを振る」といっても、主にホームランバッターがやる下から上への「アッパースイング」、地面と水平に振る「レベルスイング」など、色々な振り方がありますが、やってはいけないと言われるのが「ドアスイング」。 腕が体から離れた状態でスイングするとドアスイングと言われ、少年野球では必ずといっていいほど直されます(壁の前でバットを振らされることも)。 例文:「柳田の不調はしばらく続くだろうね。 完全にドアスイングになっちゃってるもん」 【泳ぐ】 ボールを遠くに飛ばすために大事なことは、バットをしっかり振ること。 しかし試合では、狙いと違うコースの球が来たり、速球を待っていたのにスローボールが来たりして、フルスイングができないことがしばしばです。 そんな、「あ~、バットを振り始めたけど、狙った球と全然違うわ~」という状態で、腕が伸び切ったような、中途半端なスイングになってしまった状態が「泳ぐ」です。 「泳がされた」という言い方もありますし、「泳ぎながらもヒットを打った」という場合もあります。 例文:「せっかくのチャンスだったけど、ロサリオは外のボールに完全に泳いじゃったね」 【差し込まれる】 「泳ぐ」はボールが来るより前にバットを振ってしまうような状態ですが、こちらは超簡単に言えば「振り遅れ」。 0コンマ何秒の世界ですが、バットがボールに当たる位置が通常より後ろになり、ボテボテのゴロになるような場面が「差し込まれる」です。 ヒットを打ったバッターが「差し込まれないように気をつけた」と話すこともよくあります。 例文:「今日は相手ピッチャーが良すぎるね。 みんな直球に差し込まれてるよ」 【内角をさばく】 これは比較的分かりやすい表現でしょうか。 プロのバッターといえども、体に近いボールを打つのは至難の業。 逆に言えば、内角を巧く打てる(=内角をさばける)かどうかが一流と二流の境目とも言えます。 体に近いボールをキレイに打ったら、たとえ相手チームの選手でも「今のはしょうがないね」と素直に褒めておきましょう。 だからこそ、右バッターがライトに、左バッターがレフトに綺麗にヒットやホームランを打つ技術にファンは唸ります。 「流し打ち」は基本的に同じ意味です。 例文:「筒香は逆方向にもホームランが打てるからスゴいよね」 【おっつける】 「さばく」「泳ぐ」「差し込まれる」など、微妙な感覚を表す単語が存在することからも、野球の裾野の広さがうかがわれますが、その中でも最上級に絶妙な表現がこの「おっつける」です。 相撲にも「おっつけ」という言葉がありますが、野球の「おっつける」とは、フルスイングはせずに脇を締めてバットをコンパクトに振り、内角寄りの球を流し打ちすること。 なぜか右バッターにばかり多く使われている印象です。 これらを総合すると、次のような例文が成立します。 例文:「差し込まれそうな内角の球を巧くさばいて、逆方向におっつけたね」 もちろん上手に使えなければ、馬脚を表してしまうかもしれませんが、野球ファンの多くは野球ネタで会話できる人が増えるのを歓迎しています。 ぜひともこれを参考に、野球ファンの会話に参加してみて下さい。

次の

阪神梅野「絶対ランナーかえす気持ちで」今季初打点

おっつけ 野球

右打者がレフト方向へ打つ際に使うのは左手です。 左手を引くことでレフト方向に強い打球が飛びます。 アメリカでもレフト方向にしか打てない打者のことをプルヒッターと呼んでいます。 右打者がライト方向に打つことを「ながす」とは言いません。 右打者がライト方向へ打つことを「おっつける」と表現されますが、脇を締めて右手で押し出すように打つ形が、相撲で使われる「おっつけ」から来ていると思われます。 ちなみに「流し打ち」は左打者がレフト方向へ打つことを言います。 左打者は一塁方向、つまり体がライト方向へ流れながら打つのです。 バントも左打者が一塁方向へすると「ドラッグバント」(=引き摺る)と呼びますが、 右打者にはドラッグバントは出来ません。 野球には、左利きと右利きで呼び名が変わるものが数多くあります。 確かに改めて考えると面白い言葉の使い方ですね。 言葉の由来を探すのは難しかったので ここでは私なりの解釈をお伝えします。 引っ張る対象をボールからバットに変えてみると 理解しやすいかもしれません。 右打者がレフト方向に打球を打つ場合 意識の中では強く打とうとする傾向があり、 この時打点は体の前にある必要があります。 このためテイクバックで体の後ろに引いたバットを 体の前まで「引っ張ってくる」必要があるわけです。 逆にライト方向へ打つ場合には強く打づらい状況が多いので 打点をぎりぎりまで体に近づけて ミートすることを意識することになります。 その分力を「流す(抜く)」というニュアンスで 使っていたのではないでしょうか。 A ベストアンサー 一般的に使われているのは、 クローザーにつなぐ、中継ぎ投手の意味です。 勝ち試合の7回、8回をしっかり抑えて、 最後の1回をクローザーと呼ばれる絶対的な守護神がおさえる、 と考えていただいていいと思います。 a setup man A relief pitcher who tries to hold the lead, usually in the seventh or eighth innings, before turning the game over to the closer. 〔チームのリードを保つために、通常7回か8回くらいに投入される リリーフ投手で、試合をthe closerに託す前に登板する 〕 ご参考まで。 nifty. html A ベストアンサー 理論的には質問者様の仰る通りです。 どっちに打つにせよ、飛んでくるボールに対して最大限の力でバットをぶつければ飛距離は同じですよ。 プロのバッターは外角に来るとわかっていれば、踏み込んで流し打ちでも狙ってホームランにできます。 そう、「わかっていれば」の話です。 バッターにとって最悪なのは「振り遅れ」です。 ボールが通り過ぎた後で振っていては、どんな大打者でも打つことはできません。 (当たり前ですね。 )ということはバッターは基本的に一番速いタマに反応してバットを振り出すことを考えています。 (意図的に遅いタマにヤマを張っているケースを除く。 )そして野球の構え、打ち方の構造上、内角球はポイントを前で、外角球はポイント近めで打つのは逃れられない宿命にあります。 (内角球をポイント後ろにしたらバットの中腹あたりに当たってバットが折れる。 外角球のポイントを前にしたら円運動のバットは思い切り先っぽに当たって詰まる。 ) ・・・ということは「バッターは内角の速いタマを打つ事が、一番早く反応する必要があり、まずはこれを待っているのがセオリー」となるわけです。 ところがプロのピッチャーだって打たれないためには、時にはバッターにぶつかりそうなくらいギリギリのタマ投げて脅かしたり、予想よりさらに食い込んでくるタマでファールを打たせたり、の「駆け引き」をしています。 つまりココを中心に「攻めて」外角球を狙わせない(=踏み込ませない)ようにしているわけです。 またその逆で、外角を狙っているバッターに対して内角に速いタマを投げ込めば、まず間違いなく「振り遅れの空振り(=一番ダメなパターン)」で討ち取れます。 つまりプロのピッチャーは「外角を狙わせない、外角ならボール球を振らせて討ち取る」努力をしているわけです。 その結果として流し打ちのホームランが減るということではないでしょうか。 理論的には質問者様の仰る通りです。 どっちに打つにせよ、飛んでくるボールに対して最大限の力でバットをぶつければ飛距離は同じですよ。 プロのバッターは外角に来るとわかっていれば、踏み込んで流し打ちでも狙ってホームランにできます。 そう、「わかっていれば」の話です。 バッターにとって最悪なのは「振り遅れ」です。 ボールが通り過ぎた後で振っていては、どんな大打者でも打つことはできません。 (当たり前ですね。 )ということはバッターは基本的に一番速いタマに反応してバットを振り出すことを考... A ベストアンサー 公認野球規則4. 10正式試合 c 球審によって打ち切りを命じられた試合 コールドゲーム が 次に該当する場合、正式試合となる。 1 五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。 両チームの得点の数には関係がない 2 五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、 ホームチーム 後攻)の得点がビジティングチーム 先攻 の得点より多いとき。 3 五回裏の攻撃中にホームチーム 後攻)が得点して、 ビジティングチーム 先攻 の得点と 等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。 とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で 後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4. 10 c 2 により 試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。 A ベストアンサー 打ちやすいピッチャーはどんなピッチャーか、という視点から考えてみます。 打ちやすさに影響するのは球速や球筋、キレなどもそうですが ひとつにリリースポイントという要素があります。 投球時、ボールを離す瞬間が分かりやすいピッチャーは 非常に打ちやすいと言われています。 逆に、どこから球がでてくるのか分かりにくいピッチャーは タイミングがとり辛く打ちにくいです。 バッターボックスに立っている状態から考えると 左バッターにとってリリースポイントが見極めにくいのは左ピッチャーですよね。 そういうことも大きな要因だと思います。 あと確かに右対右はどうなのか、というお話もわかりますが ほかの方もお書きのように こんなケースは多すぎて「言ってられない」というのが実情だと思います。 世間に左ピッチャーが増えて、逆に右バッターがこのままの数いれば 野球の平均打率はもう少しあがるかもしれませんね。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー すでに回答は出揃っている感がありますが… MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。 それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。 だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、 と思っているところです。 だけど、そういう話ではないんですよね。 以下、その前提で。 >高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね? 中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが 「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。 年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと 約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。 ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、 コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。 (かの10. 19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話) なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは 鉄腕と言われた稲尾和久監督です。 昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって 今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。 すでに回答は出揃っている感がありますが… MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。 それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。 だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、 と思っているところです。 だけど、そういう話ではないんですよね。 以下、その前提で。 >高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね? 中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...

次の

おっつけとは

おっつけ 野球

おっつけは「差し手」を殺す技 「おっつけ」とは、 相手の差し手を殺すための技です。 なのでおっつけが何か知るためには、 まず 「差し手」が何かを知る必要が あります。 差し手とは? 相手の脇の下に差し込んだ手のことを 「差し手」と言います。 大相撲中継でよく言う 「右を差した」「左を差した」とは、 相手の脇の下に手を差し込んだという ことなんですね。 相手の左脇に自分の右手を差した状態を 「右四つ」、 相手の右脇に自分の左手を差した状態を 「左四つ」、 両手を相手の両脇に差した状態を 「 双差 もろざし」と言います。 差されると 脇があき、 体が起き上がって体勢が悪くなります。 そこで、 差された方の脇を締め、 肘を脇腹につけて 相手の差し手を挟み付ける 相手の差し手の肘の下から ぐーっと押し上げる こうすることによって、 相手はせっかく差しても 身動きがとれなくなります。 挟み付けられて痛いので、 差し手を抜きたくなります。 さらにぐーっと押し上げられたことにより、 重心が浮いて体が起きます。 ちなみに写真は 魁皇(現浅香山親方)の おっつけ。 魁皇の強烈なおっつけを受けた相手は、 あれよというまに体が浮き上がり、 根こそぎ持っていかれました。 おっつけ名人と呼ばれた力士 かつておっつけの名手と言われた力士の 一人が、 二代目栃東(現玉ノ井親方)です。 怪我をしたことがきっかけで、 左から押っ付ける技術を磨きました。 おっつけを覚える以前は、 投げて怪我をすることの多かった栃東。 前へ出る技を磨くため、 おっつけを覚えました。 栃東がお手本にしたのは、 3代目若乃花(現 花田虎上さん)の おっつけとのことです。 栃東のおっつけのコツ 玉ノ井親方はおっつけのコツを、 以下の3点であると話していました。 差されて脇が開いている状態で 腰を相手より下に入れる って、 冷静に考えたら凄い技術ですよね! そりゃ、おっつけの強い人は 強くなって当然ですわ! 肘の関節を押す 元栃東の語るおっつけのコツ 3つ目は 「肘の関節を押す」こと。 肘の関節を押すことで、 相手は嫌がるのだそうです。 確かに肘の関節を押されたら 痛いでしょうからね>< これは素人でも容易に想像できますね^^ 栃東は「おっつけ」で横綱を倒した! この磨き上げた「おっつけ」で、 栃東は 当時最強だった朝青龍を破って 優勝もはたしました! さらには お手本であった尊敬する 3代目 若乃花にも勝って恩返しします。 小さな力士にこそ重要なおっつけ このおっつけについて、 春日野親方(元栃乃和歌)は NHK大相撲中継で 「廻しを取る以前の基本の技」 と話していました。

次の