飛び石 警察。 飛び石されたので相手を停めて警察を呼ぶ→相手の保険会社が支払い拒否!その驚きの理由とは・・?

飛び石で事故証明だして いません。警察不届出理由書を何と書い...

飛び石 警察

自損事故とは、相手が存在しない交通事故のことです。 「物損事故」のひとつとして扱われ、自分の過失が100%の事故であるため「自損」「自爆」「単独事故」と呼ばれることもあります。 具体的には次のような事例が自損事故に当てはまります。 そして、「他人を巻き込んでいない」という点です。 他人を巻き込んでいないため、自分の判断でその場をしのいで、警察への届出をしないケースが少なくありませんが、後々トラブルになることがあります。 物を壊しただけだし、他人を巻き込んでいるわけではないから黙ったままにしておこうと思ってしまう理由に「違反点数」と「罰金」のことが気になって、ということがあるでしょう。 しかし、自分だけが損害を被った自損事故は警察に連絡すれば処罰の対象にならず、違反点数の加点や罰金はありません。 では電柱や、ガードレールなどの公共物を擦った場合はどうなるでしょう? そのような物損事故の場合でも、警察に連絡をすれば「行政責任」と「刑事責任」の処罰対象にならないので心配の必要はありません。 (電柱やガードレールなどに損害があれば賠償する必要はあります) ただし、例外が存在します。 それは「当て逃げ」です。 当て逃げとは、誰かの車にぶつかるなどの事故を起こしたドライバーが、何もせず逃走するケースのことです。 軽く接触しただけだから…とそのまま報告しなかった場合、警察に当て逃げとして検挙されれば罰則の対象になり、「安全運転義務違反」2点と「危険防止措置義務違反」5点の合計7点の違反点数が付加されるのです。 これは、事故の前歴にもよりますが、少なくとも最低30日間は免許停止処分となってしまう点数です。 罰金については10万円以下 もしくは懲役1年以下 と定められ、当然、ゴールド免許は次回更新からブルーへと変更に。 届け出をした場合に比べ、しなかった場合は非常に厳しい処分が下されることを覚えておきましょう。 ガードレールにぶつかりそうになったので急ブレーキを踏んだ。 結果的に衝突はしてしまったが、幸いガードレールには破損がなく、自分の車も少しの傷で済んだ。 しかし、急ブレーキによって同乗者が身体の一部を車内にぶつけてケガをしてしまった。 ガードレールが無事で、自分の車の損傷も少ない状態ですから、対物賠償保険や車両保険は使用せずに済みそうです。 しかし、同乗者のケガの具合によっては病院での治療が必要になります。 この治療費に利用する保険は人身傷害保険や搭乗者傷害保険となり、「等級が下がる保険」をひとつも利用していないことになりますので、翌年度の等級に影響はありません。 では、自損事故で保険を使うか使わないか、何を基準に判断すればいいのでしょうか。 他人の物や自分の車の損害が大きい場合は、保険の利用を検討しましょう。 等級が下がり、翌年以降支払う保険料が高くなっても、弁償にかかる修理代を払うより全体として負担が軽くなるかもしれません。 保険会社や車両保険の種類によっては「契約できる条件」が設けられている場合も。 条件の一例としては次のようなものがあります。 保険会社によっては「初度登録年月から18年以上経過した車は車両保険を契約できない」などと定めています。 車両保険を使った際に支払われる保険金は、この市場販売額をもとに設定されていますので、通常の中古車市場で値段がつかない車は車両保険に入ることが困難です。 新車購入時にしか入れない「新車特約(車両新価特約)」で、補償金額が1,000万円を超えるなど、あまりに高額となる場合は契約できないことがあります。 クラスは1から9までの間で設定されており、数字が大きければそれだけ重大事故の危険性が高い車として認識されます。 対人賠償保険や人身傷害保険などの保険料算出にも、この車両料率クラスが使用されています。 さらに保険会社によってはこの車両料率クラスを車両保険契約の基準としていて、車両料率クラスが高すぎると契約できないケースも存在します。 他人の車との衝突により、 自分の車を修理する場合• 電柱に車をぶつけてしまい、 自分の車を修理する場合• 当て逃げに遭い、 自分の車を修理する場合• 3等級ダウン事故は、1等級ダウン事故、ノーカウント事故以外の事故が対象となります。 「電柱に衝突したので自分の車を直したい」 このような自損事故で車両保険を使う場面を考えてみます。 この場合は「飛来中、落下中ではない他物との衝突」に当てはまりますので1等級ダウンではなく、3等級ダウンとなります。 自損事故で車両保険を使うと、現在の保険状態によっては翌年度の年間保険料が高くなるというデメリットが発生してしまいます。 ですから、程度の軽い損害であれば自己資金で車を修理したほうがよい場合もあります。 車両保険は、自分の車の修理費用などの損害を補償する心強い保険です。 しかし、実際に車両保険を使用する前には、修理に必要な予算と等級ダウンによる保険料の増額分とをしっかりと比較することで、トータルの自己負担を抑えることがポイントです。 なお、ご自身で判断することが難しいようなケースの場合、保険会社に相談することも可能なので、ぜひ問合わせてみてください。

次の

飛び石事故の防ぎ方と保険について

飛び石 警察

このページのもくじ• 飛び石はもちろん車両保険は使える!避けられない事故に備える保険 「と自動車保険料が高くなるからつけたくない」と思うドライバーも多いかと思います。 中には運転に自信があり、自損事故もほとんど起こしたことがないため必要無いと思われて付けなかった方もいらっしゃるでしょう。 ですが、ひとえに事故と呼んでも、 運転技術ではどうにもならない自動車トラブルも実は少なくありません。 たとえば や、 など案外たくさん避けられないトラブルがあります。 ここでは 「飛び石」に焦点をあて、詳しくご説明します。 車両保険で飛び石被害に補償を受けることが可能 何も備えていないときに限って、飛び石被害に実際に遭ってしまうということもあります。 飛び石被害にさえ遭わなければ必要のなかった出費ですので、特に修理費用がかさむような損壊になったときこそ車両保険の出番です。 飛び石は対物補償ではなく車両保険での補償なのはなぜ? 飛び石被害は基本的に、車両保険での対応になります。 「前の車が石を飛ばしてきたんだから、相手の対物賠償保険での補償じゃないのか!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、道路上では、 どの車が石を飛ばしてきたのか証明することが難しいので、 「飛び石」被害は全て車両保険での対応になるのです。 エコノミー型車両保険でも飛び石は補償できる 車両保険は、主に一般型車両保険とエコノミー型車両保険の2つがありますが、大体の保険会社で補償範囲の限定的なエコノミー型でも補償範囲に含まれます。 ですので、一応はつけておいたような エコノミー型車両保険でも安心できますね。 そのため、一般型のほうが保険料は割高になります。 車種などの条件によって保険料は異なるものの、平均すると一般型よりもエコノミー型のほうが30%~50%ほど保険料は安くなる傾向にあります。 もし、車両保険の付帯をしていなくて少しでも付帯するか検討される方は、 5分でできる 一括見積で各社の自動車保険の保険料を試算してみてはいかがでしょうか。 飛び石で知っていると役に立つ車両保険の補償受け取りまでの2ステップ 実際に飛び石被害に遭ったらどうしますか?ここでは、飛び石の被害に遭った後、車両保険の補償を受け取る際に重要な、以下の2ステップを解説します。 事故対応のプロである保険会社の担当者が、 事故対応に不慣れなあなたに代わって、次にするべきことを教えてくれるので安心です。 また、これはケースバイケースですが、他車への接触や建造物への衝突など二次的な事故が起きるほどの規模の被害の事故が起きた場合は、 欠かさず警察への連絡もしましょう。 保険会社からは事故届に関しては聞かれない場合もありますので、警察への連絡に迷ったときはまず保険会社に連絡して指示を仰ぎましょう。 保険会社の担当者にその場ですぐ連絡を取り、 その後の行動を一緒に考えることでスムーズに手続きが踏める ので、飛び石被害に遭った場合は できるだけ早く保険会社に事故報告の連絡を入れましょう。 後述しますが、例えば 今の等級が1つ下がる前後の自動車保険料の、差額未満の修理費で済むような軽微な傷であれば、あえて車両保険を使わない方がいいでしょう。 長いスパンで考えると出費を抑えられます。 ですので、車両保険の補償の受け取りを急がず、飛び石での破損の程度が 車両保険を適用したほうがいいものか、その後の保険料と合わせて一度考えてみましょう。 修理後に保険会社に請求はNG!車両保険が使えなくなるかも ときに、保険会社へ事故報告をせずに修理に出し、その後事故負担した修理費用を保険会社に請求したところ補償を受け取ることができなかった失敗談を耳にします。 保険会社は、修理前の事故による損壊状況をしっかり検証しないと補償をすることが適切か判断が出来かねます。 ですので、修理費用の見積もりを取っても 修理に出してしまう前に保険会社へ相談してください。 焦って請求しないで!飛び石で車両保険を使った方が損になるかも 修理代の見積もりを取ってみたところ、 車両保険を使わないほうが得策だったということもあります。 たとえば、自損事故や盗難、飛び石などいかなるトラブルも 車両保険の補償を受け取ることで等級がダウンします。 車両保険の補償を受け取り等級が下がると、自動車保険料が丸ごと上がってしまうので注意が必要です。 等級がダウンし、保険料が上がったらどうすればいい?• 一度等級がダウンすると、もう一度戻していくのはなかなか難しい• 保険料を抑えるなら、そもそも契約している保険を見直すのもあり• 当サイトオススメの「価格. com」なら 5分で最大7社から見積もりが取れる• しかも 無料なので、一度保険料が安くなるか試してみるのがオススメ 飛び石で車両保険を使うと保険料は絶対上がる 車両保険も、対人・対物の他の保険と同様に、補償を受け取ると等級が下がり、それに伴って 自動車保険料が上がります。 等級とは契約者のランクのようなもので、1年間無事故だと翌年のランクが上がり自動車保険料に掛かる割引率が上がる仕組みです。 (車両保険と等級に関して詳しくは) 先述のように、等級という観点から、場合によっては 車両保険をあえて使わない方がいいこともありますので、実際に飛び石の被害に遭った際の参考までにご覧ください。 車両保険で1等級ダウン!飛び石などの避けられないトラブルでも保険料は上がる 通常、車両保険が適用できる事故やトラブルは大きく分けて「3等級ダウン事故」と「1等級ダウン事故」があり、飛び石被害をはじめその1等級 ダウン事故には次のようなものがあります。 別途特約を設定している場合に限り、何らかの補償が適用されます。 上記のように、一見して「ドライバーに非がなさそうに見える事故」でも、 車両保険はじめ自動車保険の補償を受け取ることで等級は必ず下がります。 車両保険を使うと、自動車保険料の金額はこれだけ上がる 等級が下がるということは次年度の保険料が上がるということです。 そこで、保険料8万円で仮定し計算し、各等級別に表にまとめました。 車両保険を付帯すると自動車保険がどうしても高くなりますが、ここではあなたにとって安い自動車保険を簡単に探す方法をご紹介します。 最短5分の入力で最大7社から保険料の安い自動車保険を探す唯一の方法 自動車保険そのものが高いと感じている、または、自動車保険料が上がる見込みがあって自動車保険料を安くしたい方に、自信をもって おススメしたいのは自動車保険ごと乗り換えることです。 自動車保険会社は、どれも似ているようでも、 同じ希望条件で一括見積もりをすると驚くほど自動車保険料に差が出ます。 あなたにとって一番安い他の自動車保険を探し、今加入している自動車保険の保険料を安く抑えるよりも、 他社に乗り換える方が何よりも保険料の節約に繋がるでしょう。 そこで、当サイトが自信を持っておススメしている一括見積サイト「」をご紹介します。 まとめ• いくら運転が上手でも、 飛び石は避けられない。 実は、飛び石での損壊も エコノミー型車両保険の補償範囲に入る。 車両保険で飛び石被害の補償を受け取るには、 正しいステップを踏むことが肝心。 飛び石に車両保険を適用すると、 等級が下がり保険料が絶対に上がる。 一括見積で探し、 保険会社ごと乗り換えるのが賢い節約の近道.

次の

警察への届出は絶対に必要? [自動車保険] All About

飛び石 警察

目次でパッと理解する• レンタカーの飛び石は警察に連絡するべき? 自損事故は、基本的には警察に届ける必要はありません。 飛び石でレンタカーのフロントガラスが割れたり、傷がついたりしたときも警察に届けなくてよいように思えますが、レンタカーの飛び石は警察に連絡するべきです。 通常は対人・対物ともに無制限です。 レンタカーを借りる人は運転に慣れている人から初心者までいろんな人がいるので、保険をつけなければレンタカー会社は怖くて貸せませんよね。 保険料は、レンタカーを借りる料金に含まれています。 また、自分が入っている任意保険の他車運転特約で対応することもできます。 友人や保険適応外の家族の車を借りる場合は、400円から入れるLINE保険の「」が便利ですよ。 保険適用には届け出が必要!フロントガラスのヒビは車検NG が入っていると、車検を通すことができなくなります。 車検を通すための基準に、運転にあたって前方の視野がしっかりと保たれていることと、フロントガラスが簡単に貫通しないことが定められています。 コイン1枚くらいの大きさのヒビなら大丈夫では?と思えますが、助手席側なら大丈夫でも運転席側だとNGの可能性が高いです。 保険で直すには、事故証明がないと保険金が支払われないので、すぐ警察に届ける必要があります。 もし自分の車でヒビが入ったら、、どうする? 判断が難しければ営業所に連絡する 飛び石でフロントガラスにヒビが入って、対応を自分で判断できないときは、レンタカーを借りた営業所にすぐ連絡しましょう。 何の連絡もせず、車に傷を付けたままレンタカーを返却するのは、借りるときの約款に違反しています。 さらに保険で直すこともできなくなるので、修理代はすべて自己負担になります。 修理代の全額自己負担を避けるため、レンタカーを運転していて、万一傷をつけたときは警察とともに、営業所にも連絡しましょう。 覚えのない傷でも修理費を請求される? レンタカーを返却するときにモメるのが、自分には身に覚えのない傷に対して修理代を請求されるケースです。 レンタカーを借りる前に、チェックシートで車体を確認して傷をチェックしますが、バンパーの下の傷はかがみこまないと見えないので、借りる前に既に傷があっても気がつかないことがあります。 あとで指摘を受け、修理代を請求されてモメるの典型的な例です。 レンタカーを借りる行為は使用者責任が発生し、自分が運転しているときにつけた傷ではないと証明できない限り、修理代を請求されてしまうのです。 こんなことにならないように、チェックシートをしっかり確認し、気になるなら慎重に慎重を重ねて、車の下までもぐり込んで傷の有無を確認した方がよいでしょう。 【実録】レンタカーのフロントガラス破損の一部始終 一昨日から友達と北海道旅を楽しみました。 レンタカー借りて富良野、美瑛へ。 そして、小樽へ。 日常を忘れてリフレッシュできました。 明日から札幌でイラストサイン会です😊 — 川久保貴美子 ateliercheto 少し遠出したときに便利なのがレンタカーですが、さまざまな事故によってフロントガラスなどが破損してしまうことがあります。 そんなとき、どのような対応をするべきなのか心配になる人もいると思います。 体験談を踏まえてどのような対応になったか紹介します。 楽しい旅行のはずが飛び石による事故発生! 友達と2人で北海道旅行に行った時のことです。 電車よりも車を使って北海道内を回るということでレンタカーを借りていました。 北海道に着いて3日目に旭川から札幌に行くことになり高速道路を走行していた時のことです。 大型トラックが凄いスピードで迫ってきたので車線変更をして前に行かせました。 自分の車をトラックが追い抜いて前に車線変更してきた、その瞬間。 石が飛んできてブロントガラスに直撃しました。 見事にクモの巣状にヒビが入ってしまいました。 どうすれば良いか分からずレンタカー会社へ連絡! このような事故は初めてのことで少し焦りました。 とりあえず、すぐに車を停めて友達とどう対応するべきか相談した結果、何はともあれレンタカー会社に連絡を入れるべきだと言われたのでレンタカー会社に連絡。 どのような状況なのか軽く説明して指示を仰ぎました。 その際に、飛び石での損害であったとしても警察への届け出が必要ということだったので連絡を入れました。 これは知らないことだったので、しっかりと確認しておいて良かったと思います。 レンタカー会社や担当者は優しく対応 レンタカー会社に戻って担当者の方に事情を説明しました。 難しいことは考えずに「道路を走行中に飛び石によりフロントガラスに傷とヒビが入ってしまいました。 どうすれば良いでしょう?」と聞きました。 嘘を付いても意味がないので、起こったことを話しましょう。 その時の状況やどの区間を走っていたかを確認して、今後どのような対応を取っていくのかを話し合いました。 担当者の方は怒っておらず「このような事故は結構あるので安心して話してください」と言ってくれました。 個人的には好印象だったのを覚えています。 飛び石でも修理代を負担することに... こちらが修理代を負担するということで収まりました。 その際、保険や保障によって半分ほどの負担で済んだのでありがたかったです。 自分だけで判断してしまうと全額負担の危険性もあるので、担当者に相談してしっかりとした対応を取った方が良いですね。 飛び石被害に遭わないように気を付けよう! 自分が乗車しているときに発生した事故なので支払いなどに関しては仕方ないことだと感じました。 問題だったのは、飛び石が当たらないように注意しなかったことです。 今まで飛び石被害に遭ったことがなかったため、スピードを出しているトラックが近くを走っていても、車間距離を大きく空けませんでした。 それが結果的に飛び石による事故を招いてしまったのです。 保険や保障を気にするよりも、被害に遭わない努力をするべきだと反省しています。 レンタカー会社の免責補償制度ってなに? レンタカーの保険には免責があります。 車両保険の対物補償が免責5万円とすれば、修理代が5万円までの事故は自分が負担しなければいけません。 つまり、修理代が10万円かかった場合、5万円は自己負担額ということになります。 そこで、免責補償制度に加入していれば、免責金額の分は免除されます。 免責補償制度は1,080円で加入でき、本来支払うべき免責分の5万円を払わなくて済むならありがたいですね。 また、レンタカーで事故を起こしたときは「ノンオペレーションチャージ(NOC)」という休業補償が発生します。 傷や汚れがひどいと、修理でお客さんにしばらく貸せなくなるので、その間の賠償が必要になるのです。 金額はレンタカー会社によって多少差がありますが、自走で営業所まで帰ってこられたときは2万円、そうでないときは5万円かかります。 NOCも大きな金額なので、NOCを補償するプランもあるので検討してみましょう。 ニッポンレンタカーの場合、NOC補償サポートを利用すると1日432円です。 参考: 免責分をクレジットカードの付帯保険で補償できない? 海外でレンタカーを借りる場合、クレジットカードの付帯保険でレンタカーの保険をカバーできます。 そこでレンタカーを運転していて傷をつけたときに、クレジットカードの付帯保険で補償できないか考えてみましょう。 レンタカーに係る物損は対象外 クレジットカードの付帯保険で、レンタカーに乗っていたときの事故に適用されるのは海外旅行傷害保険です。 レンタカーを運転していたとき、万一の事故で死亡または後遺症が残ったとき、ケガをしたとき、または身の回りのものが盗まれたときの損害を補償しますが、レンタカーの物損にかかわる修理代は残念ながら対象外です。 「海外旅行傷害保険」であって、車両保険という概念は含まれていないので仕方ありません。 鍵を盗まれたときの弁償もダメ 海外でレンタカーを利用していて、車内から身の回りのものやレンタカーの鍵を盗まれたときの弁償は、どうなるのでしょうか。 クレジットカード付帯保険では、携行品に対する損害の補償には条件があります。 置き忘れによる紛失で盗難にあった場合は、補償の対象にはならないので注意が必要です。 またクレジットカードの付帯保険には、補償が適用されないケースが結構あるので、前もって確認しておきましょう。 飛び石の被害に遭わない方法 飛び石の被害は稀で「運次第」、いつどこで被害に遭うかわかりません。 高速道路でレンタカーを運転中に、飛び石によってガラスにヒビが入ったり、傷がついたりする被害を避けるには、走り方に気をつけましょう。 具体的な走り方を解説します。 走行速度を控えめにする 飛び石の被害に遭わないためには、スピードを控えめにしましょう。 自分の車でもレンタカーでも高速道路を走るときは、ついアクセルを踏んでスピードを出しがちですが、スピードが高ければ高いほど、飛び石がフロントガラスや車体に当たったときのヒビや傷は大きくなります。 飛び石の被害に遭わなくても、気がついたら自分の後方から覆面パトカーが追尾している可能性もあります。 スピードの出しすぎには気をつけましょう。 追い越し車線を走行しない 飛び石の被害に遭わないためには、追い越し車線を走行し続けないことも大切です。 対向車線から飛び石が飛んでくる可能性が高いからです。 追い越し車線をスピードを上げて走っていたときの被害は考えたくありませんね。 飛び石は、前方を走る車のタイヤに挟まっていた小石が跳ね上がってくるので、車間距離を詰めて走っているとよけようがなくなります。 ダンプカーは要注意です。 砂利の輸送で、小石の多いところを走っています。 タイヤの溝に無数の小石が挟まっている可能性があります。 車間距離を開けて走ることも、飛び石の被害を避ける方法です。 まとめ 飛び石が飛んできたときはよけようがありません。 自分の車でも痛手ですが、レンタカーはさらに痛手を負うことがあります。 「免責補償制度は必要だろうか?」という人もいます。 運転初心者や、車の運転に慣れていない人はともかく、事故率の少ないドライバーは不要という考えがあるからです。 飛び石は本当に「時の運」で、どんなに事故率の少ないドライバーでも避けようがありません。 走り方に気をつけるほかに、免責補償制度やNOC補償をつけて金銭的損害を少なくすることが賢明です。

次の