ダックハント 缶。 ダックハント (3DS/Wii U)

ダックハントの現状の評価|Raito|note

ダックハント 缶

が向いている方向に缶を出す。 缶が跳ねている間にキャラに振れると爆発する。 硬直中以外でBボタンを押すことで缶を跳ねさせることが出来る。 派生Bは回数を重ねるごとに跳ねる高さが低くなっていく 缶に攻撃を当てると、攻撃の進行方向 左右 に次から缶が跳ねるようになる。 対策 避けなければいけないのは以下の2つ。 掴み確。 ここを意識していないと缶を出されるたびにダメージを取られかねないので注意。 ・遠距離 弓以外では触れない ピット側は特にやることなく、側は要塞構築と下Bでミス待ちを誘えるので距離を詰めることを考える。 缶にNBを当てることで、側に缶跳ねの軌道を変化させることが出来る。 が下強で缶を飛ばしてきたら再度NBを当てるか、シールドしてからSJ様子見 解除した場合、の決め打ちと読み合いになりやすい。 下Bには空対空されない位置でジャンプでやり過ごす。 直接的なリターンを狙わず、リスクを背負わないように缶精製に駆け引きが出来る距離まで詰めていく。 ・缶精製にDAが狙える距離 が歯をむき出しにして笑うのが缶精製の固有モーション。 あらかじめをしておけばモーション確認でDAは可能。 その場合は缶の下をくぐりながらDAを当てられるので位置状況が良くなる。 さらに距離が近い場合は缶発生を密着でシールドすることでを自爆させられる。 この間合いになってはじめて、の出方を伺いながら駆け引きができるようになる。 横Bについて フリスピーを投げ、追加入力で爆発させる。 爆発は4ヒットで持続も長い 4. 5-9. 10-16. 横Bからは空攻撃が繋がるのでリターンが高く、シールドしたとしても跳ね返ったフリスピーを爆発させることで仕切り直しされる。 フリスピーを出しているときは缶が出せず、缶とフリスピーが同時に存在するときはフリスピー優先で派生爆発することも覚えておく。 対策 リターンが高いのでが一番当てたい技。 に引っ掛ける打ち方や、引き打ち、着地際に投げてくる。 全体動作が61と長いため、大ジャンプを噛み合わせれば空前や空下で硬直を叩ける。 上からの攻めには対空NBで対応されるので可能であれば空攻撃を振るか振らないかの判断はギリギリまで先延ばしした方が良い。 密着でガードできた場合は掴み安定。 シールドからの攻撃は爆発に巻き込まれやすい。 着地狩 あまり詰められていない。 缶を盾にしながら降りてくるので、弓で缶の向きを変えたり、相打ち上等で叩きにいく。 後ろを取るようにすれば、着地硬直の長い空後にDAを狙いやすい。 はシールドからの切り返しが弱いので、着地に上からジャンプを被せて着地際横Bや空中攻撃を潰していくのも有効。 缶に弱いので缶出されていない時に 復帰阻止 上B上昇から一定時間が経つと空攻撃、空回避でキャンセル可能。 行動後は尻餅落下になる。 缶を盾にしながら上Bで戻ってくるので、缶の軌道に弓を置いてから復帰阻止に行くか、缶の発生狙いで予め飛び出しておく。 飛び出し読みで早めに上Bを使うかどうかの単純な駆け引きに落とし込む。 空回避崖掴みは5Fの隙間があるので空Nを置いておけばだいたい潰せる。 早期撃墜されやすい高めの空上、地上スマッシュは最優先でケアする。 空上に対しては空回避をするだけで高度を下げられるので拒否しやすい。 スマッシュはある程度噛み合わされるのは仕方ないが、なるべく一点読みされたら喰らうスマッシュ以外は拒否するようにする。 chocozomb.

次の

【スマブラSP】ダックハントの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

ダックハント 缶

ダックハント 技コマンド スマブラSP「ダックハント」の技コマンドのデータです。 ボタンを押すと缶がガンマンに撃たれて前方へ跳ねる。 缶がダックハントの近くにある時にガンマンの射撃を行うと、ダックハントが目を塞いでしまいスキが出来てしまう。 缶は射撃のほか攻撃を当てて動かすことも可能。 弾き入力で投げる速度を変更可能。 ボタン入力でガンマンが射撃し、クレーがに当たると破片で連続ヒット。 ある程度飛ぶと攻撃や回避が出来る。 ガンマンは5人いて、それぞれ腕前が違う。 デメリット• ダメージを稼ぐのは上手いが決定力が低め• 上必殺技「ダックジャンプ」が復帰阻止に弱い ダックハントの立ち回り ダックハントは3種類の優秀な飛び道具を持っているのが特徴です。 ただどれもくせが強いので上手く使いこなすには慣れが必要になるでしょう。 通常必殺技「トリックショット」は缶を前方に置くことで牽制に使いましょう。 ダックハントがどんな状況でも射撃は可能なので不意を狙って移動させると効果的です。 缶は放物線を描くため崖下への復帰阻止にも使えます。 射撃を利用して軌道を調整し上手くぶつけましょう。 缶は相手から攻撃を受けると一時的に相手のものになってしまうので注意です。 他の飛び道具を使い弾幕を張るなどして簡単に利用させないようにしましょう。 横必殺技の「クレー射撃」は牽制だけでなく近距離であたった場合にはコンボ始動技になります。 上手くヒットしたら追撃を加えていきましょう。 空中攻撃に使いやすい技が揃っています。 空中N攻撃は発生の早さと持続にあり、空中上攻撃はスキが少なく発生の早さとバースト性能が優秀です。 飛び道具で相手を動かしたらうまく迎撃に使いましょう。 上必殺技「ダックジャンプ」は復帰力はありますが移動中完全に無防備なため復帰阻止に弱いので注意です。 今作から使用中に空中回避が可能になったので上手く生かして着地をごまかしましょう。 ダックハント 対策 ダックハントは豊富な飛び道具を活かした遠距離での戦いが得意なファイターです。 積極的に近づいていき飛び道具が使いにくい間合いに持っていくのが基本の対策になるでしょう。 通常必殺技「トリックショット」の缶の動きは独特なため対応しづらいですが、うまく攻撃を当てられれば逆に相手に缶をぶつけることが出来るためチャンスがあれば狙いましょう。 飛び道具には反射が効果的ですが、3種の飛び道具を上手く織り交ぜられると意外と難しいので注意。 缶も反射でき反射に成功すると缶の判定はこちらのものになります。 横必殺技「クレー射撃」のクレーには当たり判定があるためこちらが飛ばした飛び道具とぶつかりあいます。 回転率のいい飛び道具があればクレーを破壊しつつ缶にも攻撃できるので優位に立ち回りやすいでしょう。 逆に回転率が悪い場合はクレーに阻まれて押し込まれてしまうので注意です。 復帰技である「ダックジャンプ」は攻撃判定が無くかなり無防備になるので復帰阻止のチャンスがあれば積極的に狙いましょう。 ダックハント アミーボ.

次の

【スマブラSP】ダックハントのコンボと最新評価【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

ダックハント 缶

どーも、Raitoです。 ウメブラJM、海外大会と最近の大会でやっとこさ好成績を納めることができたので、ダックハントの個人的な評価について語って行きます。 巷では弱キャラだの難易度とキャラパワーが釣り合ってないだの散々に言われてますが、実際のところはどうなのか。 今後ダックハントをメインorサブに据えたいと考えている人は是非読んでみてください。 今作のダックハントは高火力キャラ 今作のダックハントの魅力は どんな時でも高火力を叩き出せるところにあります。 よくクレーを擦るキャラと勘違いされていますが、クレーよりもヤバい性能をしているのが NBの缶です。 コンボの始動パターンも掴みや空中攻撃、強攻撃…と幅広く行えるのも良いです。 肝心の撃墜面は、平均ダメージが高く 撃墜ラインに到達するまでの与ダメ速度が早いため撃墜の遅さはそこまで気になりません。 アホほど飛ぶ各種スマッシュや崖上の制圧力の高さを考えると、要所で技を当てられれば寧ろ撃墜は早い部類です。 今作は火力が高いキャラ=キャラパワーが高いと言っても過言ではない程、1コンボの火力の高さが重視されているゲーム。 火力が高いと読み合いの回数が減り、ゲームを優位に進めやすいためです。 そんな中缶を含めたコンボ火力の高さで崖に出すゲームメイクがしやすいこのキャラは、 突き詰めればかなりのポテンシャルを秘めているファイターとも言えます。 特殊な防御面がゲーム性にマッチしている 缶を使った防御力の高さは、始動技を当て続けるこのゲーム性と非常にマッチしています。 このゲームの序盤は 如何に近距離でコンボの始動を当てるかが肝心となってきます。 近距離の技はコンボの始動になりやすいのでリターンが高く、逆にリーチが長い技はコンボに繋がり辛い分安定性があります。 当然近距離の技を捌きつつ自分の始動技を当てていくことが重要視されますが、ダックハントは 缶のおかげでシールドを貼りつつ相手の攻撃にカウンターを行えるので火力レースにおいて優位に立ちやすいです。 相手からの嫌な読み合いを拒否しつつ、自分のやりたい事を押し付けられるゲームメイク力の高さはこのゲームではトップクラスです。 ただし 一度技を通されたら防御面はゴミッカスレベルになるのでその点はプレイヤーのリスク管理の高さが求められます。 徹底力の難しさがストレスになりやすい 上の要素だけ見ると高火力かつ防御面も相当高い優秀なファイターに見えますが、操作が複雑で求められる要素が多いのがネックとなっている。 それがこのファイターの弱い面でもあります。 ダックハントをいざ触ってみると、缶とガンマンと本体を同時に管理する難しさに折れる人が大半です。 特に缶と本体を同時操作できず、缶が無い状態で外に出されてあっさり倒されてしまうというシーンは頻繁に起こるでしょう。 コンボも慣れるまでは操作が難しく、適当に使うと低火力かつ性能の低い技に頼らざるを得ないのはかなりのストレスです。 コンボ火力の高さや飛び道具の豊富さに目を付けて使い始めた人は、大抵の場合この操作難度と防御面の弱さに折れてしまいます。 更に復帰能力も高い方ではないので、缶を合わせた復帰ができないと簡単に詰まされてしまうレベルです。 通常時に高い操作難度を求められる割に、一度技を通された後のどうしようも無さを見ると単純に弱いファイターとして扱われるのも当然と言えるでしょう。 この弱い防御面をカバーするために無駄な缶の処理や相手の位置を見て飛び道具を生成する間合い管理を徹底しなければならないので、サブキャラとして扱うには少しコスパが悪いとも言えます。 ダックハントの総評 個人的なダックハントの評価は 最強ではないけどそこそこ強めのキャラという感じです。 ただし操作難度の観点から、間違いなく扱いづらい部類のキャラとしてデザインされています。 飛び道具持ちやインファイト一辺倒のキャラに対して相性が良く、 上位ファイターではピーチやワリオ、インクリング等に対して相性が良いのがとても強力です。 前作のシーククラウドのような完全に詰ませてくるファイターが存在しない(メタはちょっと怪しいかも)のも今作においてはかなりの追い風要素で、対策を怠らなければ幅広く戦えるのも良いです。 何より火力が高いのが全て!どれだけ相性が不利でもコンボさえミスらなければ大ダメージを与えられ、崖に追い込めればしっかりと撃墜まで持っていけるのはとても偉い。 操作難度は高めで慣れるまで苦痛が続きやすいキャラだけど、それに見合うだけ性能はある。 これからの開拓次第で更に伸びる…って考えるとなんだかワクワクしてくっぞ! ただし、相性がキツいキャラはちゃんと存在します。 トーナメントで常勝を目指す場合、それらのキャラや対ダックハントを熟知してる人に安定して勝てるサブは育成しときたいです。 現状ルキナかアイクラが最も補完として良さそうなので僕はこの2キャラと向き合ってみます。 ただアイクラは対戦に出すまでに時間どれだけかかることやら。。。

次の