エルレイド 種族 値。 エルレイド|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】エルレイドの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

エルレイド 種族 値

同タイプにがいる。 攻撃力はに劣るが、耐久はエルレイドの方が高い。 また、リーフブレード、つじぎり、かげうちなど、豊富な攻撃技を持ち、 おにび、でんじは、トリック、みちづれなど差別化するには十分なほどの補助技も持つ。 一点特化の、器用なエルレイドといったところか。 以外の格闘ともタイプだけで差別化を図るのは厳しいので補助技を活かしてトリッキーに立ち回りたい。 メガシンカすることで攻撃・防御・素早さがアップし、特性はせいしんりょくになる。 素早さが上がるため追加効果で怯むことはもともと少ないが、ダブル・トリプルバトルでは多用されるねこだましを無効化できるのは大きい。 シングルではスキルスワップと併用することで、自分は強特性を手に入れ、特性頼りのポケモンを弱体化できる。 今作ではメガシンカのターンからメガシンカ後の素早さが適用されるようになったため、一気に多くのポケモンの上を取れるようになった。 特に初速の素早さで負けていたには有利に立ち回れるようになった。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 教え技 じしん 地 100 100 - 格闘と範囲が被りがち。 素早さのカバー、後続へのサポートに おにび 炎 85 物理アタッカーへの牽制に どくどく 毒 90 耐久ポケモン対策に。 毒や鋼は呼ばないので通りはよい ちょうはつ 悪 100 耐久ポケモンの変化技を封じる かなしばり 無 100 自分より遅い相手に対して。 有効打を封じる アンコール 無 100 無駄な技に固定できればおいしい ひかりのかべ 超 - サポート用 リフレクター 超 - サポート用 ビルドアップ 闘 - 火力と耐久を同時に強化 つるぎのまい 無 - 火力を一気に強化する おきみやげ 悪 100 死に際のサポートに みちづれ 霊 - 攻撃で倒せない相手を道連れに スキルスワップ 超 - 強力特性が多いので役立つ 型考察 本家では間違いなくネタ扱いされる特殊技の考察。 特殊型や二刀流型があるので載せてみました。 特攻種族値は65でかくとうタイプの中では比較的高めであり物理受け突破に使えるかもしれないので使えなくもない・・・かもしれない。 パルシェン対策になる。 ビルドレイン型のローブシンを素早く倒せる。 サイコカッターやしねんのずつきと違ってやけどを気にせずに使える。 なぜかエナジーボールは進化前も含めて覚えられない。 エルレイド受けのほとんどが特殊型なので起点にできる。 ふるいたてる - 実はサーナイトは使えない。 二刀流型との相性ばっちり。 ギルガルドのシャドーボール、かげうちをふういんして返り討ちにする。 鋼技が抜群で通らない分、こっちでやったほうが安定しそう。 現環境で大暴れしているテラキオンやコジョンドなどを受けられる。 物理耐久特化にすることで、いのちのたま持ちコジョンドのとびひざげりを2発耐えるため、交代出しで受けにいくことができる。 逃げられても逃げられなくてもあたるとおいしいでんじはやおにびは使い勝手がいい…はず。 受けに来たゴーストタイプはちょうはつやつじぎりで仕留めてしまえ! シャドーボールとかで返り討ちにあいそうなのはきっと気のせいだろう… 格闘岩に出せて一致弱点突いていける上にドレパンで回復、さらに鬼火やリフレク、アンコール(鬼火と両立不可だけど)まであるから結構使えそうなんだけども。 やっぱり種族値68の65という低さがネックか。 こいつの耐性って少ないから目立たないけど個人的にもかなり優秀に思える。 いうて弱点も飛行,ゴーストというかなり限定的なものだし、そして岩格闘という絶賛氾濫タイプをカバー その耐性が物理に異常に偏重しているのが非常悔やまれるが…。 逆にいえば上の弱点を除けばそれ以外の特殊も受けられるということになる。 俺はそっちを活かしたいけど しかも配布ならさりげなくこいつもねがいごと使えるっていうね。 つまるところ、受けというより耐久振りアタッカーだな。 真面目に使うなら、ゴツメかプレート持たせて撃ち逃げを繰り返す感じなのかなと。 カバルドンであくびやステルスロックで相手の場を妨害、有利な相手にドリュウズを出して球つるぎのまいで無双。 シングルフリーではこの組み合わせを使っていればかなり高いの勝率を保てるといわれている。 そこでカバドリュウズにお悩みのあなたにこのエルレイド! メインウェポンのじしんをふういんで封じてしまえばカバルドンはエルレイドに有効打はないはず…。 あくびをしてくるかもしれませんので、ちょうはつとラムのみをセットで持たせておくとなお安定。 ドレインパンチで回復すれば砂ダメージもこわくないぞ! 防御特化ならば、ドリュウズの球つるぎのまいシザークロスを耐えられます! 意外と強そうだけど、カバドリュウズピンポイント気味なのでやっぱりネタ。 「二刀」流なんてエルレイドにぴったりじゃないか。 特攻を利用するにはやはり瞑想やチャージビームで特攻をあげる必要がある。 やはりネタか。 凍える風あたりなら使い方によってはいけるかもしれないが。 (ラムに強い) :飛行,浮遊に又は風船持ちに地震が刺さる。 :行動不能の追加効果がない。 :素早さの半減値も半減なので場合によっては抜けない。 実際このコンボを実用で狙うおうとすると出来るポケモンは結構限られる。 (唯一地面のネンドールは火力ないし浮遊だし…) 素早さもある程度必要になるが80あれば少し振れば130族は割とラクに抜ける。 スカーフもそこまで気にしなくていい。 浮遊潰しはおまけ程度に考えてもいいが、浮遊のバーゲンセールで飽和状態なので意外と刺さっていいかもしれない。 完全に封印目的ならスカーフを巻いてもいいが、拘らなければ鬼火を封印してインファイト乱発なんかも…。 思いつきで書いてみたが、かなり欠点あると思うので追記頼む。 問題は俺が普段ダブルをやらないこと どくどく耐久型 性格:しんちょう 努力値:HP252 リフレクター使って防御=特防 持ち物:たべのこし 技:どくどく、みがわり、リフレクター、サイコカッターorかわらわりorきあいパンチorしねんのずつき 意表はつける。 5=威力1395を叩き出す。 ちなみに30段階上げられるのはアシストパワーもち ドーブル除く では他にがいる。 が、不一致なのでエルレイドの方が威力は上。 しかし、これだけ積んでも24段階積んだのほうがダメージは高くなる。 えっ、こんな事をする暇はない?知らんがな 対エルレイド• 注意すべき点 高い攻撃と特防、広い攻撃範囲、豊富な補助技による読みづらさ。 鬼火・電磁波・どくどくなどの状態異常、金縛り・アンコール・挑発といった行動制限技、 トリック、両壁、剣舞ビルド、トリックルーム、催眠術、置き土産、道連れ、スキルスワップ、手助けとなんでもできる。 アタッカーとしても優秀なため挑発も撃ちにくい。 メガシンカすると精神力によってねこだましによる怯みが効かなくなるので、ダブル・トリプルバトルでは特に脅威に。 対策方法 素のエルレイドは素早さと物理耐久は高くないので、上から高火力物理アタッカーで殴ればよい。 メガシンカすると弱点だった素早さと物理耐久が上昇する。 どんなポケモンを出しても何かしらのサブウェポンに引っ掛かる可能性があり 搦め手も多いので安易な受け出しはできないが、搭載できる技は4つまでなので、構成を慎重に見極めて動きたい。 ファイアローを対面させられればスカーフ型でも安全に対処ができ、見せ合い時に手持ちにいるだけでも選出を抑制できる。 特攻も低く、攻撃面は物理一本なので、鬼火で割と楽に機能停止できる。 スカーフ型・メガシンカ型なら電磁波も有効。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技03 サイコショック 80 100 エスパー 特殊 10 技04 めいそう - - エスパー 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技47 ローキック 65 100 かくとう 物理 20 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技54 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技61 おにび - 85 ほのお 変化 15 技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技81 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技92 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

エルレイド:ポケモン ダイヤモンド・パール・プラチナ攻略Wiki

エルレイド 種族 値

244 なし エルレイドの詳細評価 攻撃種族値が高い エルレイドは攻撃種族値、最大CP共に高いポケモン。 そのため、等倍以上で攻撃できる相手であれば、十分ダメージを与えることが可能。 覚える技が扱いづらい エルレイドは種族値は優秀なものの、覚える技はバトル向きではない。 かくとうタイプ、エスパータイプどちらとしても使える場面が少なく、レイドやジムバトルでの活躍は難しい。 DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 120 52. 17 2. 3 1 108 38. 57 2. 8 1. 3 70 29. 17 2. 4 1. 00 0. 7 0. 92 2. 6 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 120 2. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし エルレイドの進化系統.

次の

【ポケモンGO】エルレイドのおすすめ技と最大CP&弱点

エルレイド 種族 値

図鑑説明 のびちぢみする ひじの かたなで たたかう。 い めいしゅ。 れいぎ ただしい。 だれかを ろうと したとき ひじをのばし かたなの ように へんか させて しく たたかう。 あいての かんがえを びんかんに キャッチする のくを もつため に こうげきが できるのだ。 のが「めざめいし」を使うことでなんとに覚めた。 時代から一変してが付いた上、のように変化する肘を生かしたのとなった。 のの攻撃と特攻を入れ替えるとそのままエルレイドになる。 はひるむと素さがする ふくつのに変化。 しかし等に対するひるみとしてもあまり機しないなである。 せいしんなら良かったのだが。 は せいぎの。 これも役立たない訳ではないが、等倍の悪技をわざわざ受けに行く機会も多くないのでと言えばである。 覚える技は撃系や三色などのものが大幅に増え、全てのに技で抜群を取れるので攻撃範囲に困ることはまずない。 しいのの使い手である。 さらに系統の持ち味である豊富な補助技も兼ねそろえているためにパッと見でを読まれる事はそうないだろう。 1の芸達者である。 エルレイドにさせると、時代に習得可だった特殊技や補助技をはじめとするいくつかの技が習得できなくなる。 特にの存在は大きいので石の。 野生の捕獲に役立つ「みねうち」「さいみんじゅつ」「ちょうはつ」「くろいまなざし」を全て同時に覚える事が出来る数少ないでもある。 ちなみににおける対応数が禁止級のを除けば最も多い。 限定のエルレイドが登場したため、対のは前にも増してのが強くなってしまった。 当然のも存在するので今後も彼らには是非オス同士色々と頑って欲しいところである。 では、ミツルのに抜。 でミツルが連れていたがだったから、を使う要としてとするから等諸説ある。 そして、からやや遅れて も獲得した。 は 上の方で「せいしん」ならよかったと書いたからか「せいしん」となった。 元々「ふくつの」を持っているエルレイドに怯み技が飛んでくることは多くないので、このが活きるのも多くはないだろう。 一応、「」や「いわなだれ」といった怯み技が重宝される以上では有用かもしれない。 特に「せいしん」で怯まずに「おにび」や「みちづれ」を使うことができる重な存在となる。 豊富な補助技を怯まずに使えるというと解釈するか、そのためにを割く価値はないと判断するかはである。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の