テスラ の 株価。 テスラ株を買うにはもう遅いか?

CEOが爆弾発言で株価急落!話題の「テスラ」($TSLA)ってどんな会社?

テスラ の 株価

株価の急騰によって、今週4日の時点ではテスラの時価総額は約1600億ドルとなった。 これはゼネラルモーターズ NYSE: 、フィアット・クライスラー NYSE: 、フォルクスワーゲン OTC: すべての時価総額の合計よりも大きい。 もし今からテスラに投資するべきか考えているのならば、バブルかどうかよく見極めなければならないだろう。 実際、ウォールストリートのアナリストたちもテスラの見通しが明るいかどうかについて意見が別れている。 肯定派では、テスラは第4四半期において過去最高の世界生産台数と納車台数を記録し、2020年はさらに加速させていく計画をもとに株価は上昇していくと考えている。 また、テスラの上海工場(ギガファクトリー)の竣工と、年間36万の販売目標の達成などが業績見通しを後押しし、今後に同社が急速に自動車産業でメインプレーヤーとなる観測を強めている。 自動車業界の変化 テスラの業績は回復しておりイーロン・マスクCEOが今後の毎四半期で利益成長を見込む中で、自動車業界は根本的な変化が起こっているといえる。 ブルームバーグのレポートによると、今まで言われていたように伝統的な自動車メーカーが、電気自動車の分野でテスラに追いつくという通説は間違っているという。 事実、イーロン・マスクはこの分野でリードを増やし続けており、数年後でこのマーケットで圧倒的なシェアを誇ることに王手をかけている。 ルシード・モータースのピーター・ローリンソンCEOはサンフランシスコで開かれたブルームバーグNEFサミットで「テスラは電気自動車分野で圧倒的な地位であることを認識している」とし、「テスラは伝えられているよりも段違いに進んでおり、そのギャップは広がるばかりで縮まっていない」とテスラを称賛した。 アナリストはテスラの目標株価を上方修正している。 アーガス(Argus)のアナリストは、テスラが電気自動車の分野で圧倒的な地位であることを引き合いにし、テスラの目標株価を556ドルから808ドルまで引き上げた。 テスラ株投資への注意 一方で、この異常なテスラ株の急騰に対し多くのアナリストは、今後のテスラの業績に懐疑的な見方を示し警告を鳴らしている。 GLJ ResearchのGordon Johnson氏は、テスラの今の上昇を「ビットコインのクジラ上げ」になぞらえ、バブルであることを警告している。 2月4日のテスラ株の14日相対力指数(RSI)は92. 5までのぼり、6日の時点では67. 4までに落ち着いている。 ブルームバーグのデータを参照すると、ビットコインが19511ドルまで上昇したときの14日RSIは91である。 一般的に、RSIが70を超えたら買われすぎとされている。 一方で需給面を考慮すると、中国政府は昨年に電気自動車の購入補助金を縮小したことによってEV販売は悪化している。 また米国ではテスラの購入に対する税額控除が2019年末で終了となっていることなどが、2020年のテスラ株の上昇を妨げる要因となるだろう。 総括 テスラの納車台数の増加と伴い、上海近郊のギガファクトリーの稼働開始は、テスラは成長軌道に戻ってきたと期待することができる。 しかしながら、まだテスラは安定した収益性があるわけではなく、通期で赤字を抜け出せていない。 これらの業績といままでも乱高下してきた株価を見ると、現在のバブルの上げに乗ることはおすすめできない。 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 All CFDs stocks, indexes, futures and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible. 22,512. 55 -730. 05 -2. 39 -88. 48 -0. 20 -0. 52 -1. 45 -0. 25 -0. 72 -0. 53 -2. 38 -1. 62 -0. 61 -0. 19 -0. 27 -0. 80 -0. 5 -61. 5 -0. 0 0. 0 0. 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

急上昇するテスラ株の楽しみ方【買わなくても勉強になります】

テスラ の 株価

全3489文字 「ブル」も「ベア」もテスラの未来に好意的 20年1月29日の決算発表前、複数のアナリストにテスラをどう評価するかについて聞くと、回答はおおむね好意的だった。 調査会社のニュー・ストリート・リサーチは、1月21日に発表したリポートで、テスラの株価の目標価格を530ドルから800ドルに引き上げた。 1月29日現在の580. 99ドルからさらに上がるとの見立てだ。 同社でアナリストを務めるロルフ・バルク氏は、その理由についてこう説明した。 「テスラは25年までに200万~300万台を販売し、利益率は業界トップクラスになると見ている。 実現すれば、25年初めの株価は1100~1700ドルとなり、そこから推測すると21年の株価は640~960ドルの間になる」。 今回の決算でテスラが発表した20年の年間出荷台数目標が50万台だから、4年で4倍以上になる計算だ。 もともと同社はテスラに対して好意的な見方をする「ブル(強気)派」だが、そうではない「ベア(弱気)派」の機関投資家たちでさえ、目標価格を上乗せし始めた。 例えば、スイスのUBSは1月23日付のリポートで、目標価格を160ドルから410ドルに引き上げた。 25年までに販売台数は110万台、利益率は11%と見通している。 だが、UBSはあくまで「テスラ株は売り」のスタンスを維持している。 同社アナリストのパトリック・フンメル氏は「(テスラがこれまで恩恵を受けていた)EV補助金がなくなるため、米国での需要が減る点を多くの人が見逃している」と指摘する。 テスラが工場を立ち上げたばかりの中国でも、補助金は段階的に減らされている。 テスラは21年にも独ベルリン近郊で工場を稼働させる予定で、米国はもちろん、これらの新しい工場をフルに稼働させられるだけの需要を維持できるかは未知数だ。 経営面でも課題は残る。 2四半期連続黒字決算もビジネスは縮小 株価高騰の主因となった19年7~9月期と10~12月期(19年下期)の連続黒字決算だが、18年下期と比較すると売り上げ・利益ともに目減りしている。 売上高は18年下期の141億ドルから19年下期は137億ドルに、純利益は4億5000万ドルから2億4800万ドルに減少した。 黒字が出て評価を上げた同社だが、実際にはビジネスが縮小しているのだ。 19年5月にテスラ株が急落していたときに書いたでは、同社が抱える根本的な課題として「資金繰り」「マスク氏に対する投資家の不信感」「アーリー・マジョリティーの壁」「QCD(品質・コスト・納期)における競争力」を挙げた。 資金繰りとマスク氏への信頼が株価高騰でいったんは回復したとすると、残りの2つはどうか。 結論から言うと、現時点では解決していないと言えそうだ。 まずアーリー・マジョリティーの壁だが、前回の記事の論点をまとめると、利益を出しながら持続的に成長を続けるためには、顧客層を「アーリー・アダプター」から「アーリー・マジョリティー」に広げることが不可欠になる。 だが、テスラが造るEVはアーリー・マジョリティーの心を射止めるには斬新すぎる。 アーリー・マジョリティーが求めるのは、どちらかというとトヨタ自動車の「カムリ」やホンダの「アコード」のような安心感のあるクルマだからだ。 もちろん、すでに触れたように気候変動への意識の高まりでEVが急ピッチに普及する可能性は高いし、自動運転に対する心理的な壁も低くなっていくだろう。 だからこそ投資家たちがテスラを高く評価し始めたわけだが、現時点でテスラがまだ越えられていない壁もある。 価格の問題だ。

次の

テスラの株価は今後、80%下落する —— アナリストが指摘

テスラ の 株価

全3489文字 「ブル」も「ベア」もテスラの未来に好意的 20年1月29日の決算発表前、複数のアナリストにテスラをどう評価するかについて聞くと、回答はおおむね好意的だった。 調査会社のニュー・ストリート・リサーチは、1月21日に発表したリポートで、テスラの株価の目標価格を530ドルから800ドルに引き上げた。 1月29日現在の580. 99ドルからさらに上がるとの見立てだ。 同社でアナリストを務めるロルフ・バルク氏は、その理由についてこう説明した。 「テスラは25年までに200万~300万台を販売し、利益率は業界トップクラスになると見ている。 実現すれば、25年初めの株価は1100~1700ドルとなり、そこから推測すると21年の株価は640~960ドルの間になる」。 今回の決算でテスラが発表した20年の年間出荷台数目標が50万台だから、4年で4倍以上になる計算だ。 もともと同社はテスラに対して好意的な見方をする「ブル(強気)派」だが、そうではない「ベア(弱気)派」の機関投資家たちでさえ、目標価格を上乗せし始めた。 例えば、スイスのUBSは1月23日付のリポートで、目標価格を160ドルから410ドルに引き上げた。 25年までに販売台数は110万台、利益率は11%と見通している。 だが、UBSはあくまで「テスラ株は売り」のスタンスを維持している。 同社アナリストのパトリック・フンメル氏は「(テスラがこれまで恩恵を受けていた)EV補助金がなくなるため、米国での需要が減る点を多くの人が見逃している」と指摘する。 テスラが工場を立ち上げたばかりの中国でも、補助金は段階的に減らされている。 テスラは21年にも独ベルリン近郊で工場を稼働させる予定で、米国はもちろん、これらの新しい工場をフルに稼働させられるだけの需要を維持できるかは未知数だ。 経営面でも課題は残る。 2四半期連続黒字決算もビジネスは縮小 株価高騰の主因となった19年7~9月期と10~12月期(19年下期)の連続黒字決算だが、18年下期と比較すると売り上げ・利益ともに目減りしている。 売上高は18年下期の141億ドルから19年下期は137億ドルに、純利益は4億5000万ドルから2億4800万ドルに減少した。 黒字が出て評価を上げた同社だが、実際にはビジネスが縮小しているのだ。 19年5月にテスラ株が急落していたときに書いたでは、同社が抱える根本的な課題として「資金繰り」「マスク氏に対する投資家の不信感」「アーリー・マジョリティーの壁」「QCD(品質・コスト・納期)における競争力」を挙げた。 資金繰りとマスク氏への信頼が株価高騰でいったんは回復したとすると、残りの2つはどうか。 結論から言うと、現時点では解決していないと言えそうだ。 まずアーリー・マジョリティーの壁だが、前回の記事の論点をまとめると、利益を出しながら持続的に成長を続けるためには、顧客層を「アーリー・アダプター」から「アーリー・マジョリティー」に広げることが不可欠になる。 だが、テスラが造るEVはアーリー・マジョリティーの心を射止めるには斬新すぎる。 アーリー・マジョリティーが求めるのは、どちらかというとトヨタ自動車の「カムリ」やホンダの「アコード」のような安心感のあるクルマだからだ。 もちろん、すでに触れたように気候変動への意識の高まりでEVが急ピッチに普及する可能性は高いし、自動運転に対する心理的な壁も低くなっていくだろう。 だからこそ投資家たちがテスラを高く評価し始めたわけだが、現時点でテスラがまだ越えられていない壁もある。 価格の問題だ。

次の