確定申告 添付書類台紙 貼り方。 〔平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書A用)〕申告書に添付・提示する書類|国税庁

確定申告:添付書類台紙への貼り方を確認!A4など大きい紙の場合は?

確定申告 添付書類台紙 貼り方

添付書類台紙とは 所得税の確定申告の際の「 添付書類台紙」とは、こちらです。 この「 添付書類台紙」は、電子申告でなく、税務署で紙の確定申告書を提出、又は税務署に確定申告書を郵送で提出等する場合に、 源泉徴収票の原本、 社会保険料や寄附金の控除関係書類を添付する際に使う台紙です。 昨今、電子申告(e-Taxなど)が普及したこともあり、源泉徴収票などの記載内容を入力して送信することによって、一定の書類の税務署への提出又は提示を省略することができるようになっています。 これにより、記載内容を入力して送信することにより添付省略する書類については、この「 添付書類台紙」は関係ありません。 また、医療費控除をうけるために、医療費の領収書等を提出する場合も、この台紙に貼らずに、医療費の明細書(封筒)やお手持ちの封筒に領収書等をいれて提出します。 本人確認書類の写しが添付できるように 所得税の確定申告書については、平成28年分より申告書にマイナンバーの記載が必要になりました。 これに伴い、書面により個人番号を記載した申告書等を提出する際には、税務署では成りすまし等を防止するための本人確認をすることになっています。 本人確認書類の写しとは、• マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合 マイナンバーカードの表面及び裏面の写し• 今年リリースされた「 添付書類台紙」からは、これら 本人確認書類の写しを貼るスペースが設けられています(したの写真の右側)。 これまでも確定申告で「 添付書類台紙」を使用してきた方でしたら、このように記載されていたら、事前にしっかりと準備できそうですね(うえの写真の左側は昨年までのもの)。 e-Taxで送信すれば なお、自宅等からe-Tax で確定申告書を送信する場合には、 本人確認書類の提示又は写しの提出は不要です。 これは、e-Tax で申告書などを送信する場合には、電子証明書などで本人確認を行うため、別途、 本人確認書類の提示又は写しの提出が不要になるためです。 これを機に、電子申告の普及やマイナンバーカードの取得に弾みがつくでしょうか。 なお、所得税の確定申告だけでなく、税務署にその他の申請書等を書面により提出する際にも、マイナンバーの記載と 本人確認書類の提示又は写しの添付が求められています。 さきの確定申告用の「 添付書類台紙」とは別に、いずれの申告書・申請書等にもオールマイティに使用できるもあります。

次の

確定申告書類とマイナンバーのまとめ

確定申告 添付書類台紙 貼り方

配偶者と扶養親族に加えて、事業専従者のマイナンバー記入欄もあります。 事業専従者とは、簡単に言えば家族従業員のことです。 個人事業を手伝ってくれている家族・親族がいる場合で、 専従者控除を受ける場合などは、その対象者のマイナンバーを記入しましょう。 上で見てきた画像は「確定申告書B」で、これは白色申告でも青色申告でも同じものを使います。 この確定申告書Bに、個人事業主のマイナンバーなどを記入するわけです。 なお、収支内訳書と青色申告決算書には、マイナンバーの記載欄はありません。 添付書類台紙に貼り付ける本人確認書類 確定申告における本人確認のため、にマイナンバーカードなどの写しを貼り付けて提出することになっています(による電子申告の場合には、添付書類台紙を提出する必要はありません)。 のり付けするのが基本ですが、ホッチキスやテープでとめても構いません。 マイナンバーカードを持っている場合 マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合は、表と裏のコピーをとって、それを貼り付ければOKです。 マイナンバーカード専用のソフトケースからは取り出して、12ケタの個人番号が確認できる状態で両面のコピーをとります。 マイナンバーカードとは? マイナンバーカードとは、希望者にのみ交付されるプラスチック製のカード。 このマイナンバーカードには顔写真も載るため、身分証明書としても活用できる。 それぞれのコピーを、添付書類台紙に貼り付けることになります。 マイナンバーカードを持っていない場合で、添付書類台紙に貼り付ける書類の組み合わせをまとめると、 以下のようになります。 番号確認書類として使える書類 (下記の書類などのうち、いずれか1つ) 身元確認書類として使える書類 (下記の書類などのうち、いずれか1つ)• マイナンバーの記載がある住民票の写し• 運転免許証• パスポート• 公的医療保険の被保険者証• 在留カード• 身体障害者手帳 ちなみに、添付書類台紙に貼るのは本人の証明書のみです。 控除対象配偶者や、扶養親族のマイナンバーカード写しなどの貼り付けは不要です。 Warning: include.. php on line 121 Warning: include : Failed opening '.. php on line 121.

次の

添付書類台紙とは?貼付する書類やダウンロードページなど

確定申告 添付書類台紙 貼り方

スポンサーリンク ふるさと納税の寄付金を張る場合:確定申告書Bを印刷する 確定申告を自分で作る場合、国税庁の確定申告のサイトで作られるかと思います。 その時に、確定申告Bの書類を作ると思うんですよ。 これが確定申告書Bの書類です。 あともう一枚ありますが、その辺は割愛します。 実際には、1枚目はマイナンバーを貼り付けるので、2枚目の添付書類台紙に貼り付けることになります。 ふるさと納税を貼る紙がでない!?という方は、貼り方の次の欄でご紹介しているので、このまま下にスクロールしてみてください。 ふるさと納税の寄付金の領収書の貼り方 ふるさと納税の貼り方はいたって簡単です。 生命保険などは、書いてある部分に受領書など確定申告の控除に必要な書類を貼り付ければOKです。 台紙に寄付金の領収書が貼りきれない場合 ふるさと納税の貼り方はわかったものの、ふるさと納税や寄付金の受領書が多くて貼りきれないよという人もいらっしゃるかと思います。 私の場合も、数件ふるさと納税をしたので受領書が貼りきれませんでした。 そういうときは貼らずに、 確定申告書Bと添付台紙と一緒に提出すればOKです。 確定申告の場合、書類があればいいので無理に貼り付けるぐらいならば普通に一緒に貼らずに提出するだけで大丈夫だったりします。 絶対に貼らなければいけないってことはないですし、ふるさと納税の紙はA4なのでなくなるという心配もありません。 寄付金の場所でも、大きい紙は2枚しか貼れないので、 別に2枚貼らなくて一緒に提出してしまっても大丈夫です。 逆に、年金やら保険関連ははがきサイズでくるので、 むしろこれらの控除対象のものを貼っておいた方がいいですね。 ふるさと納税の添付書類の台紙がない場合 自分で申告書の紙で書く場合や、確定申告の書類が2枚しかなくて台紙がないんだけどどうしよう・・・という人もいらっしゃるかもしれません。 私の場合は会計ソフトで作ったので、確定申告を印刷の際に添付書類を貼り付ける台紙がないパターンでした。 そんな時は、国税庁のHPの確定申告書のページの「 申告書B」リンクのPDFファイルを開いて、3ページ、4ページ部分に確定申告での提出用の添付書類台紙があります。 国税庁のふるさと納税のページを開き、 「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」という欄の「申告書B様式」をリンクを入力します。 申告書B様式のリンクを押すと、自動的にPDFファイルが勝手に開きます。 確定申告書Bの1枚目と2枚目は無視して、3枚目(マイナンバー書類),4枚目(添付台紙)だけ印刷して、あとはふるさと納税の寄付金の領収書を貼ればOKです。 ちなみにPDF版のリンクも貼っておきます。 国税庁のリンクは 確定申告でふるさと納税のような寄付金を貼る台紙が見当たらなければ、上記の国税庁サイトでPDFをダウンロードして使ってみてくださいね。 もしプリンターがなければ、 セブンネットなどで印刷すると便利です。 ふるさと納税や確定申告の郵送の送り方は、封筒に入れてもよりの税務署に送れば完了です。 ちなみにe-tax申告(電子申告)の場合は、ふるさと納税の寄付金の証書がいらない場合もあります。

次の