陳情 令 メイキング。 中国WEBドラマ史を塗り変えたブロマンス・ファンタジー時代劇日本上陸!「陳情令」

「陳情令」オンエア1周年記念でスペシャル動画公開、「ドラマどおりの2人」主演インタビューも大反響|レコードチャイナ

陳情 令 メイキング

昨年夏に話題をさらった武侠ファンタジードラマ「陳情令」が27日、配信開始から丸1年を迎え、配信元の騰訊視頻(テンセント)がインタビューとメイキングを盛り込んだ160分のスペシャル動画を公開した。 日本でも人気を集めた「陳情令」は、人気の耽美小説「魔道祖師」を映像化したブロマンス時代劇。 中国では配信スタート直後、その描写やキャストの演技に対して原作ファンを中心に不満の声も上がったが、その後は人気が急上昇。 中国版ツイッター・新浪微博のドラマ公式アカウントではフォロワー数が500万人を突破し、中国ドラマで過去最高の記録を打ち立てた。 昨年6月27日の騰訊視頻での配信開始からちょうど1年を迎えた27日、新浪微博上では「陳情令オンエア1周年」がホットワードランキングの上位に登場した。 さらに騰訊視頻では、ダブル主演したシャオ・ジャン(肖戦)とワン・イーボー(王一博)のインタビューを中心にメイキングを盛り込んだ160分のスペシャル動画、主題歌「無羈」の特別版MVを公開している。 シャオ・ジャンとワン・イーボーのインタビューでは、答えづらい質問にジャンケン勝負で回答権を譲り合うなど、仲のよさそうな様子を見せている。 活発で明るい「魏無羨」と寡黙で優雅な「藍忘機」をそれぞれ演じているが、2人が相手について語った評価も、その中身が演じた役柄によく似ているとのこと。 空き時間にはワン・イーボーが、自分の得意なゲームにシャオ・ジャンを誘い、圧勝しては達成感を満喫していた、などといった爆笑エピソードも紹介している。 なお、インタビューでは積極的に話すシャオ・ジャンに対し、ワン・イーボーがたびたび揚げ足を取ってからかう場面も多く、視聴者からは「本当に『陳情令』の2人を見ているみたいだ」と喜びの声が上がっている。 (Mathilda) 【関連記事】•

次の

見終わってからも笛の音が聴こえてくる気がする「陳情令」 #1~#50 視聴完了

陳情 令 メイキング

陳情令 全50話 2019. 24 視聴完了 視聴完了とほぼ同時に、にアップロードされていた動画が日本非公開となりました。 日本上陸が決まったかな??と期待しているのですが、公開元だったテンセントのチャンネルは比較的こまめに閲覧規制を付けているので特に意味はないかもしれません。 まさに滑り込みセーフとなった「 陳情令」、本当はもう少し振り返り視聴したい部分もあったのですが、ひとまず無事完走しました。 前回のエントリーをアップするときに気になっていたBLエピソード、40話を過ぎてからはまた控えめになってて良かったです。 というか終盤に向けてスピードアップしたからBLがどうとか言ってる場合じゃなくなった。 w 後半になると一気に長台詞が増えたので英語字幕で追っている私は必死でした。 セリフ量が多い上に話すスピードも速いので字幕の切り替わりが早い早い。 笑 字幕を追い過ぎて肝心の画面を見れなくなるのは嫌なので、後半は字幕の理解よりも画面全体を見ておくようにしました。 の字幕は日本語に自動翻訳することも出来るのですが、それだと精度があまり良くないので結局もう一度頭の中で文章を整理する手間がかかってしまうことがあります。 とはいえこれは私自身が英語字幕を見ることをさほど苦としていない&大まかな理解で見進めていくことに割と慣れているせいもあるのかも… さて、全50話を見ての感想ですが、にもちょこちょこっと書いたりしていました。 陳情令50話完走。 笑 陳情令は画面を丁寧に綺麗に作り込まれてたのがすごく良かったんだよなぁ。 陳情令面白かったけどやっぱり私の2019年ベストはだなぁー 悲しくてしんどいから2度と見たくないって思いつつ、また見たくなるんだよね。 たとえ崖から落ちても、極端なことを言うと目の前で心臓を貫かれて誰かの腕の中でハッキリと絶命しない限りは「まだ死んでない!」と期待と確信を持って蘇生を待つのが定石となっているのです。 だから温情に関しては、温寧が生きていたこともあり絶対にまだ生きていると信じていたのです… 不夜天の門前に吊るされていた中にも居なかったと思ったんだけどなぁ…いたのかな?もう一度見て確認したいと思っても非公開になってしまったので分かりません。 温情のことを何となく意識している風の視線を送っていた江澄のどんでん返しにきたいしていたけど、それどころじゃなくて無理だったようですね… 魏無羨と温情の分かり合えているようなアイコンタクトがとても好きだったし、キャターとしてすごく相性良さげで良いルになったと思う。 それもあって原作ファンの皆さんは余計にヤキモキしたのではなかろうか。 話は少し逸れて藍忘機の名前に関する小ネタ(?)。 中文字幕では「 忘机」と標記されているのに、劇中に出てくる手紙には「 忘機」と書かれていました。 どっちだ?と思って調べてみたら、「机」は「機」のであり、日本語の「机(つくえ)」という意味は無いそうです。 私は原則日本語表記に直したものを使いたいと思っているので「忘機」で統一しています。 (という原則で行くと芸汐伝は蕓汐伝になるんだけど…w) 陳情令はハマって一気に見たドラマではあるんですが、特に思い入れが強かったドラマというわけでもなく。 見終わった後もさっぱりとしていて余韻に引きずられる…とかロスに陥る感じでもないですね。 終わり方が綺麗で良かったです。 温情と師姐、2人の女性は切なかったですけど… 最初に16年前の結末だけを見せて16年後の現在を見せ、そしてすぐに16年後の回想に戻ってまた16年後に戻ってくるという複雑な時間経過の見せ方が、最初こそ(見た目に変化が無いので分かり辛くて)戸惑ったものの、回を重ねるごとに面白さを増していった気がします。 CGの入れ込み方が過剰でなく丁寧だったり、カット割りの工夫が見て取れるシーンが多く散りばめられていたり、うっすらと感じていた違和感を解消する伏線の張り方が見事だったり、とにかく丁寧に作り上げたドラマなんだろうなぁというのを感じられたドラマでした。 普通によくあるイケメンドラマだろうと思って見始めたので、嬉しい誤算でした。 特に見終わった後からも思い出されて印象的なのは、トラック。 魏無羨は笛、藍忘機は古琴で法術を使うので、要所要所で笛の音や琴の音が響いてくるのですが、どれも素晴らしい音楽で耳に残ります。 後半にはキーとなる曲として日本伝来だという曲も登場しますが、中華風の曲の中にポンッと和の音階の曲が入ったときの異質さが上手く作用していたと思います。 あまりにも典型的な日本風だったのでちょっと笑ってしまいましたがw 主題曲の「 無羈」は特にドラマの中で何度も流れていて耳に残ります。 こちらは主役の肖戦と王一博が歌っているバージョンですが、インストもとっても良い。 とにかくこのメロディーが離れず、ミュージックでも陳情令のサントラが出ていたのでずっと聴いています。 個人的には「 」の主題曲「 初見」と並ぶくらいお気に入りです。 派手さがあるわけではないのに映像も脚本も丁寧さをとても感じたドラマだったので、次の視聴ドラマにはウェルメイドでありつつ恋愛描写が充実している古装を探しているのですが中々にハードルが上がっています。 悩んでいるうちにU-NEXTに「瓔珞」の11話~が更新される日が来てしまいそうで、それはそれでいいかなとも思っていますが、次の更新まであと1週間はあるんですよねぇ… 可愛い女の子とイケメンが恋するロマンチックなやつが見たい。 現代ものの方が見つかるかなぁ…でも気分は古装… tommhe.

次の

「陳情令」メイキングーー訓練特集

陳情 令 メイキング

動画再生回数70億回を突破、中国WEBドラマ史の記録を塗り替えるなど、大ヒットとなったブロマンス・ファンタジー時代劇「陳情令」のリリースが決定した。 「2019年WEBドラマ再生回数No. 1」「Weiboユーザーが選ぶ2019年人気ドラマNo. 1」などに輝き、数々の祭典で賞を獲得したヒット作が、ついに日本上陸。 主演に抜擢されたのは、共にアイドルグループ出身のシャオ・ジャンとワン・イーボー。 本作の大ヒットを受け、「2019年芸能界で特に活躍した10人」に2人揃って選出されるほどの人気に。 アジア中で大ブレイクを果たした。 「黒」と「白」、「動」と「静」の正反対な性格と思考を持った2人が出会い、互いの人生を変える唯一無二の知己となっていく。 しかし、罠によって魏無羨は命を落とし、藍忘機は心に傷を抱えながら生きていくことに。 16年後、再び運命的な再会を果たした2人。 今度こそ信じてそばにいると心に誓う藍忘機の熱い思い、そして2人の固い絆が切なくも美しく、魂を揺さぶる。 また、彼らの友情に色を添えるのが、本作を語る上で欠かせない、彼ら2人が歌う主題歌。 中国の伝統的な音色に甘く切ない歌声を乗せ、語り尽くせない2人の想いを表現している。 そのほか各キャラクターそれぞれにテーマ曲があり、魏無羨は笛、藍忘機は琴と、それぞれが使う法術の音を印象的に用い、より深く物語の世界に視聴者をいざなっていく。 人気BL小説の実写化!世界を興奮の渦に巻き込む 原作は、中国で2015年から2016年にかけてWEB上で連載した、墨香銅臭氏が手掛けたBL小説「魔道祖師」。 オンラインプラットフォームで売り上げNo. 1を記録すると、2018年には動画配信サイトにて独占公開されたアニメ版が、公開後わずか3日で4000万PVを超え、同サイトのアニメアクセスランキングで1位を獲得。 その勢いは中国国内に留まらず、アジア全域に波及し、2019年ついに実写化。 原作小説で描かれた耽美な世界観を、主演のシャオ・ジャンとワン・イーボーが圧倒的な美しさで体現して社会現象に。 女性監督が細かい描写や、しぐさ1つ1つを丁寧に演出。 思わず身悶えてしまうシーンや胸を熱くさせるセリフを描き切った。 なお、2019年11月に中国・南京で開催された主演2人が出演したコンサート「陳情令国風演唱会」のチケットは即完売、先駆けてタイで行われたファンミーティング「The Untamed Fanmeeting in Thailand」も約1万枚のチケットが即完売となり、国内外からファンが集結。 その勢いは主演2人だけでなく、脇を固める俳優陣も軒並み人気を獲得し、キャスト6名によるユニット「TUBS(陳情少年)」が結成されて一大ムーブメントと化している。 中国ドラマ史上異例のラジオドラマ化で日本でも大ブーム到来か? 中国ではドラマ以外にもアニメ、漫画、ラジオドラマと数々の関連コンテンツが展開され、その全てで大ヒットを記録。 日本でも、アジアドラマ史上異例ともいえる多ジャンルに渡る展開がスタート。 1月から配信開始されたラジオドラマは、人気声優の起用が拍車をかけ、熱はアニメファンへと拡大中。 予告編&ダイジェストにも人気声優・木村良平、立花慎之介を起用した特別吹き替えを実施する。 「陳情令」は7月3日(金)よりDVDレンタル開始、8月5日(水)よりBlu-rayBOX発売開始。 net》.

次の