急死 芸能人。 【悲報】急性敗血症で急死した韓国芸能人!新型コロナウイルスとの関係も総まとめ

島田珠代に急死の噂が?離婚した旦那や子供がかわいい、再婚の噂は?

急死 芸能人

オルチャン時代で有名になった後は、動画配信サービスAfreecaTVのBJ(番組進行者)として活動していました。 韓国の人気Youtuberのような存在ですね。 出典: そんなイ・チフンさんは、2020年3月19日に急性敗血症で亡くなりました。 3月10日に リンパ腺炎と診断されたイ・チフンさんは、薬を飲みながら自宅療養をしていました。 3月13日には、自身のAfreecaTVチャンネルの告知で、リンパ腺炎を患っていることを伝え、さらに次のように書き込みをしていました。 「どうか新型コロナウイルス感染症ではありませんように。 マウスを握る力さえ出ず、モバイルでお知らせを出します。 皆さん、本当に大変な時期ですが、頑張りましょう」 引用: この書き込みを見る限り、3月13日の時点でかなり症状が悪化していることがわかります。 3月16日には新型コロナウイルスの検査を受けるように勧められましたが、すぐに受けることはできず、3月17日に江南保健所でようやくコロナウイルスの検査を受けられるようになり、検査を受けました。 3月18日には新型コロナウイルスは陰性という結果が出ましたが、同日に脳炎になっているとの診断を受けます。 そして、3月19日に急性敗血症で急死したんです。 2.ムン・ジユンさん 日本でも放送されたドラマのありますので、日本の韓流ファンにもおなじみの俳優さんです。 ムン・ジユンさんは役柄に合わせた体型を変える俳優さんでした。 2008年の「イルジメ」では体重を16kgも落としました。 「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」では逆に12kgも増やして撮影に臨んだんです。 まるで日本の俳優の鈴木亮平さんのようですね。 出典: そんな名脇役のムン・ジユンさんは、2020年3月18日に急性敗血症で亡くなったと所属事務所から発表されました。 所属事務所の発表によると、ムン・ジユンさんは 咽頭炎を患っていて、その症状がひどくなって病院に入院したそうです。 しかし、その後もさらに悪化して急性敗血症になり、ICUで治療を受けたものの、急死したとのこと。 ムン・ジユンさんの父親は、息子の急性敗血症による死に対して次のようにコメントしています。 「父親である私も、未だに信じられずにいる。 しかし、ジユンの告別式に多くの方々が弔問に足を運んでくださり、悲しみを共にして涙してくださったことで救われる部分があった」 引用: 韓国では3日間にわたり葬儀が行われ、多くの弔問客が訪れるのが一般的ですが、新型コロナウイルスの流行により、弔問客の安全を配慮した形で葬儀が行われたようです。 韓国芸能人が急性敗血症で急死したのは新型コロナと関係? 出典: 3月18日にムン・ジユンさんが、そして翌日の3月19日にはイ・チフンさんが相次いで、急性敗血症で急死しました。 この2人が急性敗血症で急死したのは、新型コロナウイルスが原因ではないかと言われています。 韓国芸能人2人は新型コロナウイルスで急死したのでしょうか? 2人は新型コロナウイルスには感染していなかった! 2人の韓国芸能人が急性敗血症で急死したのは、新型コロナウイルスに感染していたからではありません。 ムン・ジユンさんは咽頭炎でしたし、イ・チフンさんはリンパ腺炎でした。 イ・チフンさんの場合は、 お母様が新型コロナウイルスに感染していたことは強く否定しています。 「息子は(新型コロナウイルスの集団感染が指摘されている宗教団体の)新天地イエス教会の信者ではない。 海外には行っていないし、大邱(テグ)に行ったこともない」とし、「息子がとても苦しんだが新型コロナウイルスに感染してはいない。 それを証明して早く治療をしなければならなかった」と述べた。 引用: 集団感染した宗教団体での信者ではないし、海外で感染したわけでもない。 韓国で新型コロナウイルスが完成拡大した大邱にも行っていない。 検査でも陰性だったということは、イ・チフンさんは新型コロナウイルスではないでしょう。 だから、ムン・ジユンさんとイ・チフンさんが急性敗血症で急死したのは、新型コロナウイルスが直接的な原因ではなかったんです。 2人の急死は新型コロナウイルスが間接的な原因 2人の韓国芸能人の急性敗血症による急死は、新型コロナウイルスに感染したからではありません。 でも、間接的に新型コロナウイルスが原因だったんです。 韓国では2月下旬から3月上旬にかけて、新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えていました。 そのため、韓国の医療施設は医療崩壊に近い状態になっていたのです。 新型コロナウイルスの治療を最優先にしていたため、一般的な病気の治療は後回しになっていたと言われていますし、患者自身も病院に行くことで新型コロナウイルスに感染するのではないかと、 病院を受診するのが通常時よりも遅くなっていたことが考えられます。 急死した2人とも30代で若く、おそらく持病もなかったはずなので、新型コロナウイルスが流行していない時に早めに受診して、適切な治療を受けることができていれば、急性敗血症にもならなかったし、急死しなかったはずです。 だから、2人の急死は新型コロナウイルスが間接的な原因と言われています。 新型コロナがなかったら、失われることはなかった命の可能性が大きいですね。 急性敗血症とは? 2人の韓国芸能人が急死した急性敗血症とは、いったいどんな病気でしょうか? そもそも、敗血症とは何らかの感染症によって、炎症が全身に広がり、臓器障害を起こしている状態です。 急性敗血症はこの敗血症が急激に起こった状態ですね。 敗血症は、細菌などの病原微生物に感染し、体がその微生物に対抗することで起こるさまざまな状態のことで、全身性炎症反応症候群ともいいます。 引用: 敗血症は、非常に危険な状態です。 敗血症の患者は全世界で年間2700万人が罹患していて、そのうち800万人が死亡しているとされています。 日本だけでも、約10万人が敗血症で死亡しているという統計があるんです。 急性敗血症は治療を早く始めることが大切であり、治療開始が遅くなればなるほど、予後は悪く、死亡率が高くなります。 このような条件に1つでも当てはまる人は、急性敗血症になりやすいですし、急性敗血症が重篤化しやすいです。 ただ、先ほどの韓国の2人の芸能人は、おそらくこの条件に当てはまっていないですし、健康な30代男性ですから、体力もあったはずです。 それでも、急性敗血症になり、急死してしまったのですから、急性敗血症はとても恐ろしい病気なんです。 まとめ 急性敗血症で急死した2人の韓国芸能人と新型コロナウイルスの関係、急性敗血症の症状や原因をまとめましたが、いかがでしたか? 新型コロナウイルスは感染したことを考えると、もちろん怖いです。 でも、自分は感染していなくても、医療崩壊が起こることで、救えるはずの命も救えなくなってしまうという恐ろしさもあります。 救えるはずの命を救うためには、とにかく新型コロナウイルスに感染しないための最善の方法をとるしかありません。 手洗いをして、不要な外出を避け、免疫力をアップさせておく。 自分を守るためにも、そして周囲の人を守るためにも、みんなが意識を高く持って、新型コロナウイルスに立ち向かいたいですね。

次の

木村花さん(女子プロレスラー)急死に著名人(芸能人)が悲しみと遺憾のコメント

急死 芸能人

livedoor. 多くの作品で 名脇役として活躍しているため、韓国での知名度は高く、日本でも人気の作品に出演していることから日本での認知度も高い俳優です。 2002年にMBCドラマ「ロマンス」で俳優デビューして以降、「善徳女王」「メイクイーン」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」などのヒット作品に多数出演しました。 印象的なルックスと個性的な演技で作品の脇を固め、韓国芸能界で存在感を発揮していたムン・ジユン。 2020年3月18日、急性敗血症により急死したと報じられました。 享年36歳でした。 ムン・ジユンは喉の痛みを訴えて病院に行き、 喉に炎症があると診断されました。 すぐに入院しましたが治癒には至らず、入院先の病院で急性敗血症を発症しました。 集中治療室に運ばれたものの、回復することなく死去したということです。 新型コロナウイルスが世界的に蔓延している現状、ムン・ジユンにも感染の噂が囁かれていましたが、所属事務所がムン・ジユンの 新型コロナウイルス感染を否定しています。 また、遺族は弔問に訪れる人が新型コロナウイルスの脅威に晒されることを懸念し、弔問を丁重に断っていたことも分かっています。 ムン・ジユンの急死から1ヶ月が経とうとしていた2020年4月7日、生前最後に撮影した自動車のCMの放送が開始されました。 遺族が「息子の幸せな姿を、最後まで愛してくださったファンと視聴者の皆様に覚えていてほしい」と意向を示し、済州島で撮影されたムン・ジユン最後のCMがオンエアされています。 「オルチャン時代」とは、韓国のオルチャン、いわゆるイケメンや美女を紹介する人気バラエティ番組です。 オルチャンとは韓国語の「オルグル(顔)」と「チャン(最高)」を組み合わせてできた造語で、美形の男女が出演し人気芸能人を輩出した番組として知られています。 2009年から2013年まで放送された「オルチャン時代」に出演したイ・チフンは、 スラッとした長身で抜群のスタイル 、顔立ちも甘く整っていることから女性を中心に人気を博しました。 そんなイ・チフンは、新型コロナウイルスが感染拡大中の 2020年3月19日、急性敗血症で死去したことが報じられました。 死因は急性敗血症ですが、新型コロナウイルスによる医療崩壊が危ぶまれる中で、イ・チフンは きちんとした治療を受けることができなかったことが明るみになっています。 イ・チフンの母親や友人が、彼の体調悪化から急性敗血症により死亡するまでの経過を発表しました。 それによると、イ・チフンは死亡する9日前、耳鼻科で リンパ腺炎と診断されていたそうです。 その後、高熱と嘔吐の症状で再度病院に行きますが、新型コロナウイルスの検査で陰性だったため帰宅を促されたそうで、帰宅後に容体が急変、集中治療室に運ばれました。 精密検査で 脳炎を発症していることが判明し、治療を受けていましたが、3月19日早朝に脳炎から急性敗血症となり息を引き取りました。 母親は、イ・チフンが新型コロナウイルスの検査は陰性であり、感染拡大が危険視されている場所には行っていないことを明かしています。 早期治療が必要な急性敗血症ですが、新型コロナウイルスの混乱の中で自宅に帰らなければならなかったイ・チフン。 「息子は新型コロナウイルスに感染しておらず、それを証明して早く治療をしなければならなかった」と母親はコメントしました。 医療崩壊が起これば誰にでもこのようなケースが発生します。 これ以上医療現場が混乱に陥らないよう、1人1人がウイルスの感染拡大を食い止めるために予防と行動の自粛を心掛けましょう。

次の

右肩上がりの子宮体がん、なぜ?中川安奈さんら芸能人も急死!

急死 芸能人

肺炎の進み方によって症状が違います。 自分は過去3回経験しました。 2度目と3度目は通院で完治しました。 1回目のときは20才後半の頃。 夜になって寒気がして急に熱が出て来ました。 初めは軽い咳が出ていました。 翌朝体が軽くふらついて立ち上がることができませんでした。 咳は出ていましたが普通の風邪ぐらいにしか思っていませんでした。 今までは風邪をひいても寝込むほどではなく2~3日で回復していたので、そのときは軽く考えていました。 しかし3日経っても4日経っても寝床から立ち上がるとふらついてしまうのです。 体温は上がる一方でその時点で40度、咳の出方に異常さを感じるようになりました。 腹の底から突き上げるような席が止めどもなく連続して呼吸もできないくらい、強い咳が出るようになりました。 同時に黄色い痰が出るようになりました。 だんだんとその量が増えてきました。 熱は一向に治らず。 寝ていても気だるく気管支は痰がからまって息苦しささえ感じるようになりました。 症状の異常さに親が心配して近所の医者に往診を依頼しました。 寝ていても体が宙に浮いているような感覚で目が回っているようで何とも表現のしようもない気持ちの悪さが続きました。 医者は毎晩往診に来てくれました。 今思えば生命の危険を感じたのでしょうか。 完治するまでおよそ6ヶ月往診に来てくれました。 その後 病院で肺のレントゲンを撮ってもらったら肺の炎症は腹膜にまで達していたことがわかりました。 毎晩往診してくれた医者のお陰で真さに間一髪で命拾いをしたことになったのです。 肺炎は恐ろしい病気です。 咳が止まらないときは 是非 肺炎を疑って早めに受診してください。

次の