カクヨム な ろう。 『カクヨムと小説家になろう』両方に同じ小説を投稿したらどれだけ効果があるのか検証してみた。

カクヨムは小説家になろうに勝てるのか? なろうと比較したり、カクヨムの戦略を考えたり。

カクヨム な ろう

オッス、オラ関連の! 季節外れのだよ! カクヨムはの都合優先し過ぎの漁場だ上手く行ってないな。 (下読みにさせて後のだけが読みたいとか、そういうね) の前提 カクヨムは、Consumer Generated Media(、略して)そなのよね。 つ、「が選んでなんかする」んじゃなくて、• 「を書く人」が「を書いてを作る」• 「を読む人」が「を読んでをする」 は場をすれば、にが増えて、 に(下読み)がする、美味しい。 にとっては、美味しい漁場ね。 というになってるハズ。 がしないとうまくいかない とかが曲がりなりにも回るのは、なまでにの「」が居る。 とかとかでの拾うとソコソコ的確なが揃うのも同じ。 ということはだ、カクヨムのは「読者」中心にしないといけないはずだった。 が、とかがあると、どうあっても「作者」寄りにするよな。 そこがマトモにしてねえよなって感じる所。 読み専に冷たいカクヨムの驕り まあ、「読み専」ってそが既にして判ってねえ感満載なんだが、 って者はほどいるって前提に立つことが多い。 繰り返しになるけど、者が中心に来ないとまずい。 例えばを始めるとして、 の全網羅したとして、 誰もしなかったらどうなるか? 誰が使うんだその。 今のカクヨムは、その状況。 いくつかの試案 まあ、があって埋もれてる状況って、よな。 そうすると、例えば以下のがある• 読者と作者を分けて、読者用のを充実させる• みたいなので、読者を増• 者のをとして扱う 読者と作者を分けて、読者用のを充実させる のなんだけど、読者を大切に扱う。 どこまで読んだかの栞、傾向の似てるの、読んだ数の。 あらゆる読者向けで使われている(表紙)ってにに効いてくるので、 としてを開催するくらいのことはやって充実させるが欲しい。 (屋に「」で通じるを良く考えるべき) みたいなので、読者を増 せっかくを持ってると組んでんだ、 「書きが読むのを探す」のをする。 コレがあるだけで、チョット読んでみようかって人が増える。 に居ないなら、それこそ日替わりとか頼えがな。 者のをとして扱う 者のっぷりがになるのは、的な。 目が多ければになることは少ないんだよね。 つ、者が少ないのが。 「量」が確保できないなら、「質」をする無い。 だったら、「参考になった」と「参考にならなかった」をにするのが手っ取り早い。 (興味深いとかいみたいな、もあるけど、いきなり導入は難ろうな) 「おい読者のとか、じゃなくて読む奴なんか居ねえだろ」 まあね。 でも、そので選んでんだ実は同じなんだよね。 星の合が出てるってのがそれ。 他の人ので選ぶなら、のを読んでるのと一緒。 知らず知らずのうちに人は者に影響を受けてる。 大量のをするならなお。 も悪くはないのよ ちゃんとされればね。 なんでかって言うと、の1万人のを読むはにはしない。 に「には早すぎた」があるを思い出そう。 後ににのを読まされるとかじゃない限り、人はに頼る。 は弾くべきだけど、やるべきことは「への加入補助」になるんだよ。 ってが強すぎると思うなら、の生成とか、な作りでも良い。 好きとか、攻め様だけ読む人とか、は広大なのでのは必ずできる。 (的には者だけのを促すべきなんだろうけど、難ろう) 今は、「読者」間の繋がりを作るが全く無い。 というわけで、くらい揉めるのでは まあ、そのうち週刊カクヨムができてされたり、 読者間のを促すができたり、 今週ののお題が出されたり、 そういう風になっていくだろ。 もう俺のは日の目が見ることはないだろうが、そんどうでもいい。 俺だけでなく多くの人が期待をこめて飛びこんだカクヨムをこのまま潰いでくれ。 そして、これを見たWEBに少しばかり興味がある人、どうか頼む。 多くの耳目を集めて準備期間も取った今のカクヨムには、がかなり埋もれている。 俺もいっぱいった。 それをなんとか探し出して少しでもしてやってくれ。 がなにかしらの一手を打つまで、そこまで生き残らせてくれ。 このに触発されて書いたのに、ですら書けてない現状が全て。 何言っても扱いされるようなはじゃないよ。 でも(アレだけ揉めながらも)が人気、 って者を報いるがだなのよ。 現時点で作りが全くないのは致命的。 をにする大切よ。 そこがなんだ。 何に焦っ知らないけど、見切り発車しすぎじゃねーかな。 のは1読んで必ず書くぐらいって。 そしたら、が書いたがどう扱われるか判るだろ。 社内で使えって。

次の

カクヨムは担当者レベルの想定が甘いからもうチョット揉めるだろ

カクヨム な ろう

カクヨムでは、小説を執筆している時に、特定の文字にルビをふったり、傍点をつけたりすることができます。 ルビや傍点は「カクヨム記法」という、サービス独自の方法を用いて記述します。 記法は現在以下の2種類ですが、今後増える可能性があります。 ルビ ルビの記述方法は、以下の2通りあります。 親文字の直後にルビ文字を二重山括弧 《 》でくくって入力します。 《 》は 『かっこ』を変換すると入力できます。 親文字となるのは漢字のみで構成されている部分です。 親文字の直前に全角縦線 |または半角縦線 を入れ、親文字の直後に二重山括弧 《 》でくくったルビ文字を記入します。 この場合は漢字以外の部分も親文字に含められます。 例: 冴えない彼女《ヒロイン》の育てかた あいつの|etc《えとせとら》 この際|紅蓮の炎《ヘルフレイム》に焼かれて果てろ! 「親文字」はルビを振られる文字、「ルビ文字」はルビとなる文字です。 親文字は最大20文字まで、ルビ文字は最大50文字まで設定できます。 ルビを振りたい対象となる親文字が「直前の漢字のみ」であれば 《 》でルビをその後に書けば良いですし、ルビを振りたいのが「漢字以外」や「漢字以外の文字を間に含む」場合には、 |でどこまでを対象にするかを指定すれば良いということになります。 本文中で 《をそのまま表示する場合は、記号の直前に |を置いてください。 |《のように記述すると 《は変換されません。 ルビの記法は改行をまたぐと無効になります。 また、ルビと傍点を同時に振ることはできません。 編集サイドバーの機能を使ってルビを簡単に入力することもできます。 まずエピソード執筆画面の左上にある「編集サイドバーを表示」のアイコンをクリックして、サイドバーを表示します。 次に、「記法と整形」にある「ルビ」をクリックしてください。 ルビの記法がエピソードの本文に挿入されます。 また、テキストを選択した状態で「ルビ」をクリックすることで、選択したテキストを親文字として記法を挿入できます。 傍点 傍点の記述方法は以下のとおりです。 傍点を振る部分を、 《《 》》でくくります。 例: おじいさんは山へ《《柴刈り》》に出かけました。 傍点の記法は改行をまたぐと無効になります。 また、ルビと傍点を同時に振ることはできません。 傍点も、編集サイドバーの機能を使って簡単に入力できます。 編集サイドバーの「記法と整形」にある「傍点」をクリックすると、傍点の記法がエピソードの本文に挿入されます。 テキストを選択した状態で「傍点」をクリックすると、選択したテキストに記法を反映できます。 nmy.

次の

【5冊無料】『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―』実写映画公開記念、なんと「カラー版」4冊の無料試し読み開催中!さらに和月伸宏最新作『エンバーミング』も1巻無料!‐ニコニコインフォ

カクヨム な ろう

オッス、オラ関連の! 季節外れのだよ! カクヨムはの都合優先し過ぎの漁場だ上手く行ってないな。 (下読みにさせて後のだけが読みたいとか、そういうね) の前提 カクヨムは、Consumer Generated Media(、略して)そなのよね。 つ、「が選んでなんかする」んじゃなくて、• 「を書く人」が「を書いてを作る」• 「を読む人」が「を読んでをする」 は場をすれば、にが増えて、 に(下読み)がする、美味しい。 にとっては、美味しい漁場ね。 というになってるハズ。 がしないとうまくいかない とかが曲がりなりにも回るのは、なまでにの「」が居る。 とかとかでの拾うとソコソコ的確なが揃うのも同じ。 ということはだ、カクヨムのは「読者」中心にしないといけないはずだった。 が、とかがあると、どうあっても「作者」寄りにするよな。 そこがマトモにしてねえよなって感じる所。 読み専に冷たいカクヨムの驕り まあ、「読み専」ってそが既にして判ってねえ感満載なんだが、 って者はほどいるって前提に立つことが多い。 繰り返しになるけど、者が中心に来ないとまずい。 例えばを始めるとして、 の全網羅したとして、 誰もしなかったらどうなるか? 誰が使うんだその。 今のカクヨムは、その状況。 いくつかの試案 まあ、があって埋もれてる状況って、よな。 そうすると、例えば以下のがある• 読者と作者を分けて、読者用のを充実させる• みたいなので、読者を増• 者のをとして扱う 読者と作者を分けて、読者用のを充実させる のなんだけど、読者を大切に扱う。 どこまで読んだかの栞、傾向の似てるの、読んだ数の。 あらゆる読者向けで使われている(表紙)ってにに効いてくるので、 としてを開催するくらいのことはやって充実させるが欲しい。 (屋に「」で通じるを良く考えるべき) みたいなので、読者を増 せっかくを持ってると組んでんだ、 「書きが読むのを探す」のをする。 コレがあるだけで、チョット読んでみようかって人が増える。 に居ないなら、それこそ日替わりとか頼えがな。 者のをとして扱う 者のっぷりがになるのは、的な。 目が多ければになることは少ないんだよね。 つ、者が少ないのが。 「量」が確保できないなら、「質」をする無い。 だったら、「参考になった」と「参考にならなかった」をにするのが手っ取り早い。 (興味深いとかいみたいな、もあるけど、いきなり導入は難ろうな) 「おい読者のとか、じゃなくて読む奴なんか居ねえだろ」 まあね。 でも、そので選んでんだ実は同じなんだよね。 星の合が出てるってのがそれ。 他の人ので選ぶなら、のを読んでるのと一緒。 知らず知らずのうちに人は者に影響を受けてる。 大量のをするならなお。 も悪くはないのよ ちゃんとされればね。 なんでかって言うと、の1万人のを読むはにはしない。 に「には早すぎた」があるを思い出そう。 後ににのを読まされるとかじゃない限り、人はに頼る。 は弾くべきだけど、やるべきことは「への加入補助」になるんだよ。 ってが強すぎると思うなら、の生成とか、な作りでも良い。 好きとか、攻め様だけ読む人とか、は広大なのでのは必ずできる。 (的には者だけのを促すべきなんだろうけど、難ろう) 今は、「読者」間の繋がりを作るが全く無い。 というわけで、くらい揉めるのでは まあ、そのうち週刊カクヨムができてされたり、 読者間のを促すができたり、 今週ののお題が出されたり、 そういう風になっていくだろ。 もう俺のは日の目が見ることはないだろうが、そんどうでもいい。 俺だけでなく多くの人が期待をこめて飛びこんだカクヨムをこのまま潰いでくれ。 そして、これを見たWEBに少しばかり興味がある人、どうか頼む。 多くの耳目を集めて準備期間も取った今のカクヨムには、がかなり埋もれている。 俺もいっぱいった。 それをなんとか探し出して少しでもしてやってくれ。 がなにかしらの一手を打つまで、そこまで生き残らせてくれ。 このに触発されて書いたのに、ですら書けてない現状が全て。 何言っても扱いされるようなはじゃないよ。 でも(アレだけ揉めながらも)が人気、 って者を報いるがだなのよ。 現時点で作りが全くないのは致命的。 をにする大切よ。 そこがなんだ。 何に焦っ知らないけど、見切り発車しすぎじゃねーかな。 のは1読んで必ず書くぐらいって。 そしたら、が書いたがどう扱われるか判るだろ。 社内で使えって。

次の