ホアキン フェニックス 減量。 ホアキン・フェニックス、ジョーカーを演じるために20キロ以上の減量。

ホアキンフェニックスは主演の映画ジョーカーの役作りがやばい!激痩せに周囲からは心配の声も?

ホアキン フェニックス 減量

ホアキンフェニックスがジョーカー役をするために減量する必要性はがあったのか? 都会の片隅でコメディアンを夢見て生きる孤独な男主人公、アーサー・フレック(ジョーカー)。 年老いた母親の面倒を見ながら、ピエロメイクの大道芸人で命を繋いていた彼は、驚くほどやせっぽっち!街のヤンキーたちにもいとも簡単に袋叩きにされてしまうほどの貧弱さ! この役をホアキンフェニックスがやるには、どうしたって痩せなきゃできません。 ホアキンフェニックスにとっても今回の 「ジョーカー」は大きな挑戦とも言っていましたから、深く掘り下げる必要があったはずです。 でなきゃ24キロのダイエットなんて無理でしょうからね。 冷蔵庫の中身をすべて引きずり出して、中へと入っちゃうシーンなんかもご自身のアドリブで、もう感情移入といいますか魂が込められているようです。 ご本人いわく 目の前に知らない世界が広がるのは、俳優冥利に尽きるね。 映画を見る魅力もそこにあると思うから。 そう考えれば、ジョーカーほど最高なキャラクターはいないよ。 何て言えばいいんだろう? もう「驚きと興奮」という言葉に尽きるね。 だそうです。 こちらが大減量、ダイエット前とダイエット後の画像です。 凄まじい俳優魂が伝わってきます。 ホアキンフェニックスはヴィーガン?24キロ減量した過酷なダイエット法とは ホアキンフェニックスがジョーカー役を演じるために行ったダイエット法とは、何と! 1日にリンゴ1個ダイエットです!って良く生命を維持できたものです… スタッフはムチャな方法で痩せるのには反対で医師の管理下で段階的に痩せて欲しかったらしいのですが、ホアキンフェニックスはそれを受け入れず 1日にリンゴ1個というダイエットに挑戦したんだそうなのです。 って正気ですか?と。 それでもドレッシング抜きのサラダを食べることもあったらしいですけど、基本的にリンゴだけだったのそうです。 これはもう自己責任ということで片付けるしかなかったみたいですね。 まぁクランクインから日数を逆算しても、こうするしかなかったのかも知れません… スクリーンの中では、 あばら骨が浮き出てましたからね、良くここまでホアキンが役作りのために減量・ダイエットを行ったものだと感心します。 当然、医師の管理の元で行ったそうですが、24キロって人相が全く変わってしまいますからね。 普段のホアキンと全然違いますよ。 でも減量してもやっぱりイケメンです。 何度か同じ医師の管理下でダイエットと行っているそうですが、まさか大減量のダイエットが趣味とか…ちなみに撮影後は体重を戻したそうですよ。 撮影時にはいろいろなダイエットにまつわる逸話があるらしいのですが、無理な減量ダイエットのおかげで筋肉がまったくない状態だったので、体を張る演技をするときは不安で仕方がなかったそうです。 裏道でなにかを蹴るシーンでは足を痛めて、地面に倒れこんでしまった一幕も。 なんと!そのシーンは映画にそのまま残ってましたね。 撮り直しをしなかったのはホアキンフェニックスケガをしたからワンテイクしか撮れなかったそうです。 ホアキン・フェニックスさんんはビーガンでも知られておりまして詳しくはこちらもどうぞ。 おわり。 thank you for reading.

次の

ホアキンフェニックスが23kg減量して老けた?若い頃と比較!

ホアキン フェニックス 減量

ホアキンフェニックスが激痩せして老けた?過酷な減量法とは 危険すぎる減量法!? 『ジョーカー』の監督、トッド・フィリップスによると ホアキンは「アーサー」というキャラの役づくりのために 23kgものハードな減量を成し遂げたようです。 その激痩せした減量方法は、栄養分は摂取しながらもカロリーを抑える 「食事制限」が主。 主食は 「リンゴ」 しかも一日たった一個だけです。 ほとんどそんな食生活を4ヶ月ほど実践したことで減量したそうですが、普通なら体力低下やリバウンドなど無理のツケを払う可能性が高く、ちょっと危険な減量法だなと思いました。 そういえば彼は、ヴィーガン(絶対菜食主義者)だという話は聞いた事があります。 ある程度の淡白な食生活には慣れているかもしれませんが…。 『 ジョーカー』の 「アーサー」は、ご覧の通り病的な印象を与える人物。 減量の際に感じるネガティヴな精神状態が、役柄を演じるのに一役も二役もかったようです。 毎日体重計に乗っては「何キロ痩せたか」に病的なほどに支配されたそうですが、それもマーベルコミックの「ジョーカー」のイメージを忠実に表現したいという俳優魂のなせる技だったようです。 かっこいいなぁ。 減量の結果は…? まず、役柄に取り組む以前の体重は、 81. 6キロ(身長173cm) ふっくらして貫禄があって素敵です。 それもそう、カンヌで男優賞を受賞した『ビューティフル・デイ』では トラウマを抱えた元海兵隊員を演じるために、2か月かけて「増量」したそうです。 そこからの、、、 23キロ減量。 家族は芸能一家で、兄弟姉妹揃って役者だそうです。 「バットマンシリーズ」にて「バットマン」の役を演じてきた、ベン・アフレックとは義理の兄弟にあたります。 8歳の頃から 演技を始めており、子役時代は「リーフ・フェニックス」という名で活動し主演なども努めていました。 しかし、兄リバー・フェニックスの衝撃的な死をきっかけに俳優業をしばらく休業し、一時期はラッパーとして活動していた時期もあるようです。 その後、ニコール・キッドマン主演の「誘う女」( 95 )で、本名「ホアキン・フェニックス」として活動を再開。 高い演技で、 ゴールデングローブ賞・最優秀男優賞やアカデミー賞の最優秀男優賞など受賞、他多数ノミネートされており、演技派俳優として知られています。 ホアキンフェニックスの代表作 代表作 「グラディエーター」 ( 00 ) アカデミー助演男優賞/ノミネート ゴールデングローブ賞/助演男優賞/ノミネート ローマ皇帝コモドゥス役で、主演のラッセル・クロウに一歩も引かない演技を見せた。 「ウォーク・ザ・ライン 君に続く道」 ( 05 ) アカデミー助演男優賞/ノミネート ゴールデングローブ賞/最優秀男優賞/ノミネート カントリー歌手のジョニー・キャッシュ役では、劇中歌も自ら担当してグラミー賞も受賞。 グラミー賞 /サウンドトラック映画賞 /受賞 「ザ・マスター」( 12 ) ヴェネツィア国際映画祭/男優賞受賞 アカデミー主演男優賞/ノミネート ゴールデングローブ賞/主演男優賞 ドラマ部門 /ノミネート 戦争後遺症に苦しむ退役軍人を演じ、ヴェネツィア国際映画祭で最優秀男優賞を授与。 「彼女」 13 ゴールデングローブ賞/最優秀男優賞/ノミネート 人工知能と恋愛する男性を好演し、ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。 目覚ましい活躍ぶりを発揮し続けているホアキン・フェニックス。 最新作『The Joker』は間違いなく彼のトップクラスの代表作に入るでしょう。 また、その能力は俳優だけにとどまらず、ミュージックビデオの監督や、映画やテレビ番組の制作などクリエイティブな表現においても発揮されているようです。 歳を重ねるごとに、味わい深い魅力が増して益々素敵だなと思います。

次の

ホアキン・フェニックスは口蓋裂?若い頃の画像/身長体重/年齢もチェック!

ホアキン フェニックス 減量

実は、もともとはドキュメンタリー映画出身で、それからコメディ映画を手がけるようになったから、こうした方向に進むのは自然な流れだったんだ。 『ハングオーバー』シリーズなんて、実はとてもダークな作品で、すでにその頃からこっちの方向に向かっていたんだよ。 みんな、よくレッテルを貼るよね。 「あいつはコメディ監督だ」とか「彼はドラマ専門だ」とか。 でも、僕にとっては映画作りでは同じ筋肉を使っているし、他人が思うほど大きな挑戦ってわけではないんだ。 アメコミファンでもなければ、アメコミ映画好きでもない。 物語の中に混沌や混乱があって、それを記録するのが好きなんだ。 だから、コミックのキャラクターを題材にした映画を撮るアイデアが浮かんだとき、ジョーカーを選んだ。 まず、悪役というだけでヒーローよりもずっと魅力的だ。 『スカーフェイス』(1983年)が、警官を主人公にした映画よりも面白いように。 おまけにジョーカーは、ダース・ベイダーと並ぶ知名度を誇っているしね。 Ent. ふたつめは、ホアキン(・フェニックス)の出演を取りつけることだった。 いったん参加が決まれば、あとはスムーズだったが、それまでが大変だった。 脚本を一緒に読みこんでいくんだが、彼は頭が良くて、注意深いから、ごまんと質問を浴びせてくる。 おまけに彼は、過去数年にわたりインディペンデント映画をやってきた。 注目されずに俳優活動をすることを好んでいるからで、実際、素晴らしい仕事をこなしてきている。 でも、この映画に出演したら、注目されずにいるなど不可能なことが分かっていた。 だからこそ余計に用心深くなったんだと思う。 実は、あんなムチャな方法で痩せて欲しくなんかなかったんだ。 きちんと医師をつけて、段階的に痩せて欲しかったのに、彼は受け入れてくれなかった。 その結果、数ヶ月ものあいだ、1日にリンゴ1個というダイエットに挑戦したんだよ。 ランチにドレッシング抜きのサラダを食べるときもあったけれど、基本的にリンゴだけで、そのおかげであんなに痩せたんだ。 だけど、こんな無茶なやり方になったのはホアキン本人の責任だ。 もっと前から準備することを勧めたのに、「それは俺のやり方じゃない。 やるときは、やる」と主張してね。 2018年9月12日にクランクインしたんだが、彼がダイエットを始めたのが5月15日から6月1日あたり。 そのあいだに、あれだけの体重を落としたんだ。 自分自身を傷つけてしまうのではないかと思ってね。 彼は痩せこけて、筋肉がまったくない状態だった。 だから、映画でフィジカルな演技をするときは不安で仕方がなかったよ。 彼が裏道でなにかを蹴るシーンがあるんだが、そのとき足を痛めて、地面に倒れこんでしまった。 そのシーンは映画にそのまま残してあるよ。 負傷してしまって、ワンテイクしかできなかったから。 Ent. ホアキンはプロフェッショナルな役者だけど、みんなが思うようなメソッド俳優ではない。 演技にのめり込むし、とても激しいことをやってのける。 でも、テイクが終わったら笑顔に戻る。 アーサーやジョーカーになりきったまま、現場で過ごしているわけじゃないんだ。 あれだけすごい俳優だし、いろんな噂を聞いていたから、現場では彼のことをアーサーと呼ばなきゃいけないのかと思っていたんだけどね(笑)。 取材・文:小西未来 『ジョーカー』は2019年10月4日(金)公開.

次の