仮想 通貨 チャート 見方。 仮想通貨投資に役立つローソク足チャートとは?見方や分析方法を徹底解説!|カネット!

仮想通貨取引の板とは?見方や仕組み、注文方法を図解

仮想 通貨 チャート 見方

【 2020年大注目!】 FILECOIN MINER 第二期販売がスタート! 2017年に ICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、 総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家 もしくは 年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家 という ハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。 しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、 FILECOIN MINERになると、 一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に! 6月に一期発売があったものの 即完売。 しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、 2期販売が開催! 期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。 ジェラルドは1960年代に、「 Technical Analysis: Power Tools For The Active Investors」にてMACD考案を発表。 以後、金融トレードの第一人者として活躍し、著書「」などではMACDの詳細について語っています。 仮想通貨のMACDの見方 MACDは短期の移動平均線と中長期の移動平均線を組み合わせることで「売り」「買い」の判断を行うインジケーターです。 移動平均線を使うことで以下2つの指標を新たに生み出し、チャートに表示させます。 MACD• MACDシグナル 以下がMACDを実際に表示させているチャート画像です。 MACD=短期移動平均線ー長期移動平均線• MACDシグナル=MACDの単純移動平均線 MACDおよびMACDシグナルの計算方法は上記の通りです。 MACDは短期の移動平均線と長期の移動平均線の差で求めることができ、さらにそのMACDを平均化(単純移動平均線)したのがMACDシグナルとなります。 中・長期:26日• MACDシグナルの計算で用いられるのは、MACDの値を単に平均化した「単純移動平均線」です。 (平滑移動平均線を用いる場合もある) 仮想通貨のMACDの使い方 続いてはMACDの使い方。 実践で利用することのできる「売り・買いの判断方法」について解説します。 冒頭でも既述した通り、MACDを用いた売買判断はとてもシンプルで、初心者でも簡単に理解・実践できます。 今回、解説する手法は以下の4つ。 ゴールデンクロスとデッドクロス• クロスした位置(山と谷)• クロスした位置(0ライン)• ヒストグラムを利用する 1つ1つ解説します。 ゴールデンクロスとデッドクロス 出典: トレンド系のインジケーターを利用する際、必ず見極めなければいけないのが「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」。 MACDの場合は以下の通りです。 ゴールデンクロス(買い):MACDがシグナルを上抜ける• デッドクロス(売り):MACDがシグナルを下回る 基本的な考えとしては、MACDがシグナルを上回っているときは「強気相場」。 逆の場合は「弱気相場」となりますね。 MACDの 下降が緩やかになり、少し上昇したポイントが「買い」。 MACDの 上昇が緩やかになり、少し下降したポイントが「売り」。 だと覚えてください。 クロスした位置(山と谷) また、MACDの場合は「クロスした位置」も重要な分析ポイントとなります。 ここでいうクロスとはMACDとシグナルのクロスの事で、基本的には以下の様に覚えておきます。 グラフより高い位置(山)でクロス:通常より強い買いサイン• フラフより低い位置(谷)でクロス:通常より強い売りサイン 山と谷でのクロスを見極めれば、MACDとシグナルが単純にクロスするよりも信頼性が高い売買シグナルとして活用できます。 クロスした位置(0ライン) 上記画像の通り、「0ライン」とはシグナルの値が0になるチャートの横軸ラインのこと。 ここでいうクロスとは、MACD・シグナルと0ラインのクロスのことで、基本的には以下のように覚えておきます。 MACD・シグナルが0ラインを上抜け:上昇相場の持続• MACD・シグナルが0ラインをした抜け:下降相場の持続 また、先述したゴールデンクロスとデッドクロスを、0ラインと併せて分析することも可能です。 0ラインの下でゴールデンクロス:強烈な買いサイン• 0ラインの上でデッドクロス:強烈な売りサイン 基本的に仮想通貨価格は、上昇相場と下降相場の繰り返しです。 下降相場がの持続を意味する「0ライン下」の状態で、上昇相場の始まりを意味する「ゴールデンクロス」が現れた場合は、直後に価格が高騰する可能性が高いです。 (逆も然り) ヒストグラムを利用する MACDヒストグラム=MACD-シグナル ヒストグラムの位置関係と、上昇相場・下降相場の判断は以下の様に行います。 ヒストグラムが0ラインの上:MACDがシグナルより上• ヒストグラムが0ラインの下:MACDがシグナルより下 すなわち、ヒストグラムの値が0になった時は、MACDとシグナルの値が同じ(ゴールデンクロスorデッドクロス)になった時が、重要な売買ポイントとなります。 仮想通貨のMACDが使える取引所 ここからは、MACDが実際に使える仮想通貨取引所をご紹介します。 今回紹介するのは以下2つの取引所。 GMOコイン• bitbank どれも「大手」と呼ばれるほど規模の大きい仮想通貨取引所です。 また、スマホ対応したアプリケーションを同時リリースしていることも多いので、後述する「仮想通貨のMACDが使えるアプリ」を読んだうえで、利用を検討してみてください。 GMOコイン 出典: GMOコインのインジケーターの数は約60種類近くあり、国内取引所の中ではトップと言えるでしょう。 インジケーターの種類は細かく分類されており、無料チャートを提供しているTradingViewを元に作成されています。 ですから、tradingviewとGMOコインのインジケーターの種類やチャートは似ていますね。 GMOコインのMACDを使う GMOコインでMACDを利用するにはまず、ホーム画面左の「仮想通貨FX」を選択します。 すると「ローソク足チャート」という項目が表示されますので、それをクリックしてください。 下記画像参考 チャートが表示されたら、画面左上の「チャート設定」をクリック。 デフォルトでは「移動平均線」にチェックが入っているのでそれを外し、「MACD」にチェックを入れます。 最後に、下記画像のような画面が表示されていれば完了です。 出典: ビットバンクでは、各インジケーターにカタカナで名称が記載されてある為、初心者でもわかりやすいの特徴的です。 GMOコイン同様に、TradingViewのチャートを使用している為、チャート画面は似ていますね。 とはいえ、初心者向けにやさしく設定してある為、まずはビットバンクでインジケーターに慣れるのも良いかもしれませんね。 bitbankのMACDを使う bitbankでMACDを利用する場合はまず、画面上部のインジケーターアイコンをクリックします。 すると、インジケーター選択画面が表示されるので検索ボックスに「MACD」と入力し、表示された「MACD」項目をクリックします。 最後に、下記画面が表示されれば完了です。 仮想通貨のMACDが使えるアプリ 取引所だけでなく、アプリでもMACDを使用することができます。 代表的なのは、「」です。 MACDなどのテクニカル分析は、スマホではなくPCで行うのがベターですが、外出先などでどうしても利用したいという方は、これから紹介するアプリをダウンロードするとよいでしょう。 MACDを利用する 一目均衡表を利用するためにはまず、上部のインジケーターアイコンをクリックします。 続いて、インジケーター選択項目が表示されますので、検索ボックスにアルファベットで「MACD」と打ち込んで下さい。 すると一番上に「MACD」と表示されますのでクリックします。 クリックした直後、MACDが表示されれば完了です。 (下記画像参考) 2017年に ICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、 総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家 もしくは 年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家 という ハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。 しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、 FILECOIN MINERになると、 一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に! 6月に一期発売があったものの 即完売。 しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、 2期販売が開催! 期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

次の

仮想通貨投資に役立つローソク足チャートとは?見方や分析方法を徹底解説!|カネット!

仮想 通貨 チャート 見方

2009年から右肩上がりに上昇してきたビットコイン。 その価格推移をみると、誰もが「もっと早く買っていれば」と思うことでしょう。 2017年からビットコインへの投資家が劇的に増加し、2020年になっても口座数は増え続けています。 そこで筆者が気付いたのは、株式やFXなどの投資をしたことない人たちも半数くらいの割合でいるということです。 今回は「ビットコインのチャートの見方」の基礎部分を解説したいと思います。 【合わせて読みたい】 ・ ・ ・ ・ チャートとは 基本的なことですが、チャートとは価格推移を表したグラフとなります。 チャートの種類には、単純に価格推移を線で繋いだ「ラインチャート」 線の下に色が付いた「マウンテンチャート」 一定時間の価格推移を全て表した「ローソク足チャート」などがあります。 まずは、基本となるローソク足チャートの見方を覚えましょう。 bitFlyerのHPに表示されているマウンテンチャート まずはローソク足を覚えよう チャートの基本となるのは、ローソク足です。 この見方が分からないと、価格推移が分かりづらいでしょう。 ローソク足とは、bitFlyerではLightningに表示される縦長の四角い物体のことを言います。 (出所:bitFlyer) 一定期間の始りの時間の値に対して、最終的に価格が上がれば陽線。 下がれば陰線といいます。 ローソク足の太い部分を実体といい、上下に出ている細い部分をヒゲといいます。 ちなみに、1日の値動きを表したものを日足、1週間だと週足(しゅうあし)、1時間や5分だと1時間足、5分足(ごふんあし)といいます。 ローソク足は、江戸時代に日本の本間宗久氏が発案した日本生まれのグラフで、今では世界中で利用されている最もポピュラーなチャートとなっています。 さらに同氏は、ローソク足の並びを基本としたテクニカル分析のひとつである酒田五法を考案しました。 世界中の人がローソク足を見て取引していますので、少なくとも以下の形状を覚えておきましょう。 (参考:) 最初は値動きがランダムに見えるかもしれませんが、毎日チャートを見ていると似たような形になることが多いことに気ずくはずです。 そういったところから、次に上がり易い・下がり易いという予想がつくようになり、それが取引の判断材料の一つとなるのです。 投資の達人は、テクニカル分析の基本となるローソク足を非常に良く見ている人が多いですので、まずはここからスタートしましょう! 移動平均線 もう一つ、基本となるチャートの見方として移動平均線があります。 これは、過去何日かの価格の平均値を線で繋いだ線になります。 例えば、10日移動平均線だと、過去10日間の平均値を表示した線。 75日移動平均線だと、過去75日の平均値を表示した線となります。 この線を見ることにより、過去〇日の平均値より今の価格が高いや安いかが一目でわかるという優れた指標なのです。 ビットコインの取引に適した移動平均線は? では、ビットコインの取引に適した指標はどの移動平均線でしょうか。 これは議論があるところですが、正直何が一番使えるのか定まりきっていないのが現状です。 1週間、1ヶ月と区切ると見やすいことから、7日移動平均線と30日移動平均線を使う人が比較的多いようです。 だた、4時間足~日足にかけては25日と75日移動平均線が比較的使えるように思えますので、みんなの仮想通貨の移動平均線は25日と75日を採用しています。 ビットコインのチャートを読むことは、まずはローソク足と移動平均線の見方を覚えましょう!• 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

一目均衡表で仮想通貨をトレードする方法、見方や売買方法を解説

仮想 通貨 チャート 見方

それはローソク足チャートだネ。 どんな投資でも重要なことは、現在の相場がどのように動いていて、今後の値動きがどうなるかを分析して推測すること。 その中で有望だと判断した銘柄に投資するわけです。 その分析~推測の手段として、投資家なら誰でも必ず活用するのが「チャート」です。 チャートとは簡単に言うと相場の推移表のことで、仮想通貨の取引を始めるとチャートの分析は毎日の日課になることでしょう。 引用元: ローソク足チャートは日本で考案されたチャートで、名前の通り見た目がローソクに似ているのでこの名称で呼ばれています。 相場の流れだけではなく、今後の値動きを予測する時にも重宝するローソク足チャートですが、チャートの中では複雑なタイプに入るので、まずは基本的な仕組みから確認しましょう。 基本的な仕組み まずはチャートの見方から理解しましょう。 ローソク足チャートでは、左から右に向かって色々な長さの棒状の物が、赤と青に色分けされて並んでいます。 これを「日足(ひあし)」と呼びます。 他にもスパンごとに「週足(しゅうあし)」や「月足(つきあし)」などの呼び方を覚えておくと良いでしょう。 チャート全体はこのローソク足が順番に並んで、折れ線グラフのように現在までの値動きを表しています。 ローソク足チャートでは、過去から現在までの相場の上下動と、ある一定期間の値動きとを同時に確認できるわけです。 チャートによっては「移動平均線」などのデータも同時に表示される場合があるので、さまざまなチャートを確認して見方に慣れておいてください。 最初にローソク足の構成から見てみましょう。 引用元: 赤や青で表示されるローソク本体は「実体」または「柱」と呼ばれます。 また実体から上に伸びている細い直線を「上ヒゲ」、下に伸びている直線を「下ヒゲ」と呼びます。 さらにローソクの色によって、相場が上昇基調にあるのか下降基調にあるのかが分かるようになっています。 陽線が続いていると相場は上昇基調だと判断できます。 陰線が続いていると相場は下降基調だと判断できます。 ローソク足チャートの見方 基本的なローソク足の構成が分かったところで、今度はローソク足チャートの見方を確認しましょう。 まずローソクの上下に伸びているヒゲですが、この上端は最高値を表し、下端は最安値を表しています。 つまりヒゲの上端と下端との間で値が動いたということです。 しかも本来チャートとは左から右へと、時間軸を追いかけて相場を分析するもの。 ローソク足チャートも同様で、連続する複数のローソク足を総合的に分析して、今までの相場の流れや今後の展開を推測できるのです。 ここではローソク足チャートを使った相場の分析を紹介しますが、こうした分析法には実にさまざまな種類があり、詳細まではとても紹介しきれません。 引用元: 例えば日足で上記のような陽線になった場合、素直に上昇基調だと判断して良いのでしょうか? もっと細かく見てみると、実際の値動きが青線のようだったとすると、今後値上がりする可能性があります。 しかし赤線のような動きの結果表示されたローソク足だったとすると、今後は下落する危険性があるのです。 こうした細かい値動きを観察するには、表示のスパンを短めに設定しないと正確な情報がつかめません。 ローソク足チャートを活用する時は、なるべくスパンを固定せずに、長期的なスパンと短時間でのスパンを総合的に分析して、今後の相場を推測するようにしてください。 ヒゲが短い場合は、相場の変動が小さかったことを意味します。 逆にヒゲが長い場合には大きな相場の変動が読み取れますが、上ヒゲが長いか下ヒゲが長いかで今後の推測は違ってきます。 簡単に言うと上ヒゲが長い場合は、そのスパンで相場が上昇した分のほとんどが下落したことを表しています。 ここから再度上昇するというのは難しいケースです。 逆に下ヒゲが長い場合は、下落した分のほとんどを取り戻して上昇したことになり、ここから下がって行く可能性は低いと言えます。 つまりローソク足の上下のヒゲどちらかが長い場合は、長い方の反対側に相場が動きやすいと言えるのです。 ただしローソク足の実体が陽線か陰線かによっても流れは変わるので、ヒゲの長さはあくまでも参考程度に考えておいた方が良いでしょう。 まるで占いのようですが、これも長年の観察の積み重ねから生まれた分析法なので、仮想通貨でもチャートの見方に慣れてきたら参考にしてみると良いでしょう。 複数のローソク足から相場を分析 無限にありそうなローソク足のパターンにも、長期的に相場を観察すると見えてくる独特のパターンがあります。 さらに長期的なローソク足の流れを追って、その決まったパターンから今後のトレンドを予測する方法もありますが、投資のプロによって独自の理論があるため、参考にするとかえって迷いが深まると思います。 同時にローソク足チャート全体での相場の流れも、必ずチェックするようにしてください。 ローソク本体の端が始値・終値、細い線がその時間に起きた値動きだね。 国内外で多くの投資家が使っているローソク足チャートですが、では他のチャートと比較しても優れたチャートだと言えるのでしょうか? ローソク足チャートのメリット 相場の値動きに関する情報を、最も詳しくしかも分かりやすく表示してくれるのは、やはりここまで説明してきたローソク足チャートでしょう。 投資を始めたばかりの人でも、知りたい情報がビジュアル的に確認できるので、比較的早く投資の流れや重要なタイミングをつかむことができます。 またチャートの使い方に慣れてくると、さまざまなパターンを読み取りながら、的確な投資のタイミングを見つけられるようにもなるでしょう。 チャートの機能によっては、トレンドラインや移動平均線なども同時に使って、さらに詳細な分析も可能になります。 引用元: 国内の取引所の取引画面でも、チャートを表示するとさまざまな機能を使って自分で分析できる、高機能チャートが導入されています。 表示設定を自由に切り替えたり、トレンドラインを書き込むことまでできるので、これだけでも大変重宝します。 仮想通貨の投資で成功するためには、ローソク足チャートを使いこなせるようになることが、必須条件だと言っても良いでしょう。 ローソク足チャートのデメリット 多機能で便利なだけに、表示が分かりづらいという評価も一部ではありますが、使っている内に慣れてくるので問題はないでしょう。 あえてデメリットとして挙げるとすれば、少し初歩的な手法からは外れてしまうのですが、今後の相場を予測するタイミングが、ラインチャートなどと比べて微妙に遅れる可能性があることです。 チャートでは一定期間の値動きを直線で結んで、トレンドラインというものを形成します。 このラインによって投資家は売買のタイミングを予測するのですが、ローソク足チャートの場合は実際の取引価格以外にも、ヒゲなどの情報を加味してラインを引くことになります。 この点でシンプルなラインチャートなどに比べると手間がかかり、しかもラインを引く位置がちょっと後ろにずれるようで、売買のタイミングに反応する時間がわずかに遅れる可能性があるのです。 しかし相当に投資で経験を積んだ人以外なら、こうしたデメリットを打ち消してしまうほど、ローソク足チャートは便利で役に立つツールであることは間違いありません。 僕はまだ数秒単位で取引をどうこうってレベルじゃないから、メリットしか無いかも?よーし、がんばってローソク足チャートをマスターするぞー! ローソク足チャートを投資に役立てよう 一見すると複雑で難しそうなローソク足チャートですが、仕組みそのものは意外にシンプルで理解しやすいものでした。 仮想通貨の取引では、過去から現在に至るまでの相場の流れも重要ですが、それ以上に重要なのが売買するタイミングを見逃さないこと。 そのタイミングを的確に把握するためには、日々の取引の流れを注視する必要があります。 そこで最も頼りになるツールがローソク足チャートです。 ローソク足チャートなら仮想通貨の取引に必要な情報を、さまざまな角度から分析して投資に役立てることができます。 ここでは基本的なローソク足チャートの見方にポイントを絞って説明しましたが、毎日このチャートをどんどん試してみて、使い方に慣れてしまってください。 そしてさらにハイレベルな分析法を身につけて、大切な資産を仮想通貨で有効に活用しましょう。

次の