ステーキmax。 新宿のステーキマックスのステーキはボリュームたっぷり!

11/28オープンの新店 ステーキマックス新宿中央通り店を初訪問 ハンバーグとステーキの付け合わせにから揚げという肉の海に溺れるがっつりトリオ│新宿グルメランチ~俳優、近藤フクのヒラ飯~

ステーキmax

ステーキ業界はここ数年、「いきなり! ステーキ」の一強時代が続いていた。 しかしアメリカでの事業の失敗等もあってか、急激に失速。 多くの店を閉めることとなり、ような状況になった。 現在は、で遠のいた客足を呼び戻す策を講じている。 そんななか、新しい勢力が誕生しつつあることを発見した。 同じくステーキ・ハンバーグの専門店「ふらんす亭」が新たな姿に生まれ変わっていたのである。 リニューアルしたお店は「ステーキマックス」といい、ランチ時には 税別1000円で300グラムのステーキを食うことができるのだ。 これは今後、ステーキ業界に新風を巻き起こすのでは? ・3カ月で3店舗誕生 私(佐藤)が確認した範囲では、2020年1月28日現在、ステーキマックスは都内に3店舗(江古田・新宿・中野)しかない。 いずれも元はふらんす亭だったお店を改装して、ステーキマックスに生まれ変わっている。 江古田の店舗は2019年10月、新宿は11月、中野は12月にそれぞれオープンしており、わずか3カ月で相次いで3店舗をオープンしている。 不可解なのは、ふらんす亭のホームページだ。 すでにステーキマックスにリニューアルした直営の中野店が、ふらんす亭のままホームページ上に残っている。 ということは、ふらんす亭の新業態なのか? いずれにしても、店舗に行ってみれば何かわかるだろう。 そう思い、新宿の店舗へと足を運んだ。 ・ecota育ち 看板は店舗名の「STEAK MAX」の文字よりも、「がっつり系ステーキ」の方が目立っている。 そして見逃すことができないのが、「付け合わせは唐揚げ!」だ。 コーンやブロコッリーではなく唐揚げ? 付け合わせを推すお店は結構珍しいと思うのだが……。 階段を降りていくと、さりげなく装飾で店舗について説明している。 そこにはこうある。 「Hawaii 生まれで ecota 育ち コスパ抜群」 うん? 何のことかな? ステーキメニューの生い立ち的なものを端的に説明しているのだろうか。 あまりも簡略化され過ぎていて、一瞬頭に「?」が浮かぶ。 柴又生まれ、柴又育ちの寅さんが頭をよぎったじゃないか。 ・1000円で300グラムの肉! 看板メニューを見ると、「がっつりステーキ」が300グラムで税別1000円! いきなりステーキのワイルドステーキが300グラムで税別1390円(ランチ時)であることを考えると、結構安いのでは? さらに入店してメニューを見ると、やはりいきなりよりも安い価格設定となっている。 がっつりステーキ900グラムで税別3000円じゃないか。 いきなりの食べ放題(60分税別3980円)でがんばって900グラム食べたときよりも安い……。 なお、ステーキ全品にスープ・ライス・唐揚げが付く。 唐揚げはミックス野菜に変更が可能とのこと。 ・鉄板を固形燃料で加熱 注文後、約5分程度で料理が出てきた。 スープにライス、そしてステーキだ。 300グラムのUSアンガス牛(赤身)、そして小ぶりの唐揚げが3個。 小型の耐熱容器にはわさびを添えたソースが入っている。 この鉄板、通常のものより少し高さがある。 実は下に固形燃料が入っており、鉄板を温めているのだ。 そのため鉄板が冷めない。 ステーキの焼き加減はレアになっており、鉄板で肉を焼きながら食べることができる。 いきなりのワイルドステーキと同じ提供の仕方ではあるが、いきなりはソースをかけると鉄板が冷めてしまう。 その点、こちらは固形燃料で熱しているので、鉄板が冷めない。 おまけにソースは耐熱容器に入っているので、やはり鉄板を冷ます心配がない。 これはちょっとイイ! ・いきなりのライバルになり得るのか? 気になるのは肉質だ。 私はここのところ、続けていきなりのワイルドステーキを食べている。 「硬い」との声があるそうだが、私はそこまで気になることはなかった。 1000円台なら納得できる肉質と味だと考えている。 その点、こちらはやや硬い印象。 たまたま悪い部位にあたっただけかもしれないが、ナイフで切るのに少々手間取った。 細切れにすれば難なく食べられたものの、いきなりと比して「硬い」と評価せざるを得なかった。 とはいえ、1000円で300グラムもの肉塊を頂くことができる。 その満足度はかなり高いと言えるだろう。 付け合わせの唐揚げも、男心をくすぐるというものだ。 ちなみにお店の人に尋ねたところ、ステーキマックスは元々ふらんす亭のFCだったお店を改装して、親会社(株式会社ふらんす亭)の運営のもと、営業を行っているそうだ。 つまりふらんす亭の直営店ということになる。 今後ステーキマックスはさらに店舗が増えるのだろうか? この先、さらにステーキ界は混沌の色合いを強めていくことになりそうである。 ・今回訪問した店舗の情報 店名 ステーキマックス 新宿中央通り店 住所 東京都新宿区新宿3-31-7 ミヤビル B1F 営業時間 11:30~22:30 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

ステーキMAX(地図/写真/江古田/ステーキ)

ステーキmax

今、日本列島は夏真っ只中、そしてポケモンフィーバー真っ只中である。 公園に行くと猛暑の中、ポケモンGOをやりながらエナジードリンクを飲んでいる人を見かけるが、本気でエナジーを補給するなら、やはり「 肉」がイチバンだ。 高コスパなステーキを食べるならココっきゃないぞ!! ・北海道に全5店舗を構える弁当屋「ミートハウス」 「ミートハウス」は北海道の函館市、札幌市、旭川市に全5店舗を構える弁当屋である。 この日筆者が訪れたのは、札幌の『ミートハウス 南1条店』だ。 店の看板に「 お肉屋さんのお弁当」と大きく書いてあるところを見ると、よほど肉に自信があるに違いない。 ・3種類の弁当を購入 筆者はこの店の人気商品だという、サーロインを使用した「 ステーキ丼(税抜760円)」と、脂身の少ないモモ肉を使用しているという「 ドカ弁ステーキMAX(税抜1300円)」、そして「 ギガメンチカツ弁当(税抜880円)」の3種類の弁当を購入。 最寄りの大通公園に移動して食べることにした。 ・「ドカ弁ステーキMAX」がオススメ 晴れた日に木陰のベンチで食べる肉は最高! どの弁当もボリュームがあり肉々しくて美味かったが、3種類の中で筆者がダントツにオススメしたいのが、「ドカ弁ステーキMAX」だ。 そんな時にうってつけの高コスパなステーキ弁当といえよう。 なお、同じモモ肉を使用していながら量が控えめの「 ドカ弁ステーキジュニア(税抜1120円)」もあるので、その日の食欲と相談してから選ぶことも可能だ。 これから先もまだまだ暑い日が続く。 今年の夏はポケモン探しとあわせて、この 最強の肉ストップを求めて北海道を訪れてみるというのはいかがだろうか。 参考リンク: Report: Photo:Rocketnews24.

次の

ステーキMAX

ステーキmax

わさびがステーキカレーに合いました! 私のオススメは卓上の「わさび」。 ステーキカレーにわさびを添えて食べると、カレー、ステーキの力強い余韻をピリリと爽やかにしてくれます。 カレーのおいしさと、ステーキならではの「お肉を食べた!」という満足感でいっぱいになりました。 「いきなり!ステーキカレー」は「いきなり!ステーキ」好きな方も、カレーを食べたいという人も、満たされるはずなので試してみて欲しいです。 「いきなり!ステーキカレー」を食べると、いきステのポイントシステム「肉マイレージ」を200gぶん貯めることがでる、というのもうれしいですよ。 さて、「いきなり!ステーキカレー」を提供しているのは以下の店舗。 <「いきなり!ステーキカレー」提供店> 販売店舗:銀座4丁目店、六本木店、赤坂通り店、市ヶ谷店、池袋西口店、南行徳店、虎ノ門店、目黒上大崎店、中野店、亀有店、町田店、立川北口店、藤沢店、亀戸駅前店、横浜西口店、大森ララ店、上尾駅前店、末広町店、勝どき店、オリナス錦糸町店 別途「カレーライス」実施店舗も 煮込んだ牛肉と、スライスビーフをトッピングした「カレーライス」を提供している店舗もあります。 「カレーライス」の価格は1100円。 こちらも、「肉マイレージ」を200gぶん貯めることができますよ。 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。 新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。 にグルメ記事がまとまっています。 ぜひ見てくださいね!.

次の