モンスト自動マルチ。 【モンスト】マルチができない時の原因と対処方法|ゲームエイト

モンスト自動入室マルチ掲示板 for Android

モンスト自動マルチ

もっとも多かったのは……! トップを獲得したのは『 モンスター交換機能』の実装。 とても多くの方法が提案されました。 ガチャ限定モンスターのトレードは難しいかもしれませんが、降臨のボスや素材系モンスターのトレード機能があれば便利そうですね。 ほかの予想はこちら ・モンスタープレゼント機能 ・進化神化をスキップして直接獣神化する機能 ・降臨モンスターが入手できるクエストの難易度表示 ・ボックス機能拡張 50音順の並びかえを可能に、運極を別ボックスへ移動、上限数拡張、進化・神化別の表示、モンパス会員特典で拡張 など ・編成画面上で育成可能 ・上方修正を毎月実施 ・低レア降臨モンスターにも英雄の証 ・低レアモンスターも獣神化 ・降臨キャラも獣神化 バベル、超絶以上など ・進化のみの降臨キャラに神化追加 ・アニメーション実装 ・タッチに反応 ・ストーリー機能 ・キャラに仲良し度を設定 ・かしモン、かりモンの数や時間、範囲増加 ・好きなキャラ1日使用権 ・新属性追加 ・ラック分解機能 ・退化機能 ・獣神化より上の進化 ……など。 『アビリティ・友情・SS』に関連する予想で多かったものはこちら! もっとも多かったのは……! 『 アンチニードルパネル』のアビリティに関する要望が多数。 とくに「 飛行のアビリティに、ニードルパネル回避の効果を追加してほしい」という理由が目立ちました。 「空域ステージ」が追加されて活躍の場が増えたものの、どうしてもマインスイーパーの下位互換という感じがぬぐえない「飛行」。 ぜひ独自性を発揮してほしいものです。 ほかの予想はこちら ・ダメージウォールで回復 ・アンチ蘇生 ・オールアンチアビリティ ・オールキラー ・全敵ロックオンチップソー ・ブロック破壊 ・即死回避 ・天聖キラー ・毒を受けると回復 ・友情コンボ付け替え機能 ・放電持ちモンスターの追加 ・SSボイスの変更 ・画面内の好きな位置に配置できるSS ・SSを弱点に当てたら金卵ドロップ ・分岐SSの実装 ・SS発動時のムービーカット ・ストライクドッキング復活 ……など。 『ガチャ』に関連する予想で多かったものはこちら! もっとも多かったのは……! ガチャに関しては『 確定ガチャ』の登場を熱望する声が多数。 その内容も、 10連で1体確定にしてほしい、星玉は未所持モンスター排出確定、コラボガチャはコラボキャラのみ排出、爆死したくないなど切実なものばかり。 強い思いがヒシヒシと伝わります。 など ・10連以下を連続で引けるように ・10連でもらえるマジックストーンを増加 ・排出確率アップ ・ガチャ開催期間延長 ・ガチャの開催予告と予約 ・好きなモンスター選択ガチャ ・コラボガチャ復刻 ・星5-6キャラの卵は違う色に ・低確率でイラスト違いが排出 ・モンパス会員ガチャを毎月実施 ……など。 『フレンド』に関連する予想で多かったものはこちら! もっとも多かったのは……! 一番多かったのは、『 フレンド数の上限解放』! 新しいフレンドを増やしたくても人数がいっぱい、でも今のフレンドも切りたくない……。 上限100人は少ないと感じている方が多いことが分かります。 ほかの予想はこちら ・フレンドへのメッセージ送信機能 ・フレンド設定モンスターの改善 通常用、禁忌用、神獣用、属性ごとに設定可能など ・フレンド名前検索機能 ・クエストクリア後のフレンド一括申請機能 ・フレンドマルチの絆メーター以外の恩恵追加 ・フレンドにクエストの最適キャラが1体必ず出現 ・フレンドポイントの使いみちを追加 ・アイテムや育成素材をフレンドにプレゼントする機能 ……など。 クエスト周回中のコミュニケーション用ツールとして実装を願う声が多かったです。 友達がいつも近くにいるとは限りませんし、遠くにいる友達とのマルチプレイには通話が欠かせないですよね。 ほかの予想はこちら ・スタンプ追加 場面ごとに使い分け可能 ・オートプレイ機能 ・ステージスキップ機能 ・敵の攻撃スキップ機能 ・クエストクリア時のリトライ機能 ・轟絶ポイントの使いみち追加 ・プレゼントBOXなどの報酬一括受け取り機能 ・ソロプレイでもモンスターの順番入れ替え可能に ・自動合成でどのモンスターに追加するか指定 ・適正モンスターの自動編成機能 ・合成数上限の撤廃 ・自動合成で運極まで一気に合成 ・ボスの撤退や撃破ボイスをいつでも聴けるように ・全国マルチ機能 ・サウンド設定で効果音とSSボイスを別々に ・コラボキャラもSSボイスがいつでも聴けるように ・マルチゲストブロック、キック機能 ・ホスト切断禁止 ・マルチプレイ時のラキモン数表示 ・デッキ編成を複数保存可能 ・ガイド機能強化 2反射以降のガイドを表示 ・禁忌の獄スキップ機能 ・魂の紋章で付与できるキャラ数の追加 ・魂の紋章で同じキャラでもラック数カウント ・モンパニとの互換性 ……など。

次の

モンストのラインマルチができない

モンスト自動マルチ

使用するデッキを選ぶと、「LINEでマルチに誘おう!」と表示されます。 【OK】を選ぶとLINEが起動するので、送信先を選びましょう。 相手に送ったメッセージ内のURLをコピーしましょう! 【マルチを募集】を選ぶと募集内容の入力画面になります。 条件を設定してコピーしたURLをそのまま貼付けて投稿しましょう!あとは、貼付けたURLをタップして仲間が入ってくるのを待ちましょう! 参加する場合 あなたがマルチに参加する場合は、【マルチを検索する】から【募集目的】を選んで検索します。 プレイ方法 ホスト(1番目)の人からのスタート!画面下、左から右に1番~4番の順番です。 また自分のターンになっても気づかずに動かないプレイヤーがいる時はグッジョブで教えてあげる手段としても使われています。 グッジョブで気をつけること 友人同士であれば、グッジョブをし合うのも楽しいかもしれませんが、あまり連打をし過ぎるとうるさいと思われてしまう可能性もあります。 注意しましょう。 もしくは連打をされてうるさいと思ったら音量を下げる、音を出さないことで解消できます。 その時にマルチで適正キャラを募集してクエストに行けば、自分の手持ちに無い適正キャラのおかげでクエストクリアが楽になるかもしれません。 スタミナ、コンテニュー マルチプレイは最大4人で出来ますが、スタミナ&コンテニューを負担するのはホストのみです。 同じクエストに行く者同士で、ホストをし合うと効率良く周れるでしょう。 ラックボーナス(運極) ラックボーナスは運極で宝箱2個が貰えるようになります。 ソロプレイでは運極を持っていても最大で2個の宝箱しか増やすことが出来ません。 その点マルチプレイであれば、ゲスト側にも運極を用意してもらえれば、最大4人の運極ボーナスで宝箱8個が貰えるようになります。 大幅にドロップ率も良くなることでしょう! ダメトレ(ダメージトレジャー) ダメトレとはマルチのみで発生するステージ内でのボーナスです。 コインやタスモンスター、またはボスがその場でドロップする場合もあります。 ) 尚且つ、プレイヤーによって出る物も違ったりするようです。 スキップ機能 マルチのみで出来るスキップです。 例:アビリティロックがかかっている状態で、ダメージウォールを全面にはられてしまい避けられそうにない場合。 マルチの場合は一人のターンは20秒と決められており、その時間を過ぎると次の順番の人に回ります。 よくある質問• MEMU•

次の

iphone8 でモンストのマルチがしたいんですがLINEを開かずに募集す...

モンスト自動マルチ

モンストの自演招待が終わり110人になってからはオーブがあまり貯まりません。 自演招待での550個のオーブで10連ガチャが11回も回す事が出来ますが、そのチャンス中に欲しいモンスターが手に入らなければ再度やり直す必要がありました。 そういう人は課金してオーブを買ってます ・・; そういう人のために、 パソコンにモンストをインストールして遊べる方法をご紹介します。 パパっと読むための目次• 事前準備 Windowsのパソコン Macのパソコン ノートPCまたはデスクトップPCどちらでも構いません。 モンストのバックアップ方法はこちらに詳しく記載しています。 Genymotionの設定 パソコンに『Genymotion』の設定を行いましょう。 このGenymotionを設定することによってパソコンでAndroidスマホを動かす事が出来るようになります。 設定方法はこちらに詳しく記載しています。 ここまででうまくパソコン上でうまく起動しないよ〜という人はGenymotionとVirtualをアンインストールして、もう一度入れましょう! ポイントはインストールする際、インストールディレクトリを変更しないで下さい。 パソコン上のAndroidのGoogleアカウントを設定していなければ、ダミー用で大丈夫ですので新しく作成して設定しましょう。 設定が完了すると各種アプリがPlay Storeからダウンロードすることが出来るようになります。 BANされる場合がありますので自己責任でお願いします。 モンストのマルチは『位置情報を用いた近くの人とマルチ』、『LINEを使った誰かとマルチ』どちらでも可能です。 そこで当ブログでは LINEをインストールさせてLINEでマルチをすることをオススメします。 他のアプリの場合で位置情報を入れないといけないという人はこちらの設定を参考にしてください。 手順1:『Location Spoofer』をインストール 手順2:Android端末の設定で擬似ロケーションを許可を『ON』にする。 手順3:『Location Spoofer』で位置情報を設定し、『Duration(有効時間)』で時間を設定後、Start Spoofingで擬似位置情報設定 手順4:擬似ロケーションを許可のままだと『モンスト』でマルチプレイができないので、『OFF』に再設定 大抵は自宅あたりに設定すればメイン機とマルチ出来るようになるので便利です。 モンストのインストール 事前準備が完了したらモンストをPlay Storeからインストールしましょう! これでモンストをパソコンで遊ぶことが出来ます! パソコンでモンストをするメリット 1. パソコンで簡単に自演招待が可能になります。 Androidスマホでは自演招待として不向きでしたがエミュレータのAndroidでは自演招待が出来ます。 タスの巣窟チケットが無限に手に入る 自演招待が終わったとしたもチケットは手に入るのでそれを使えばメイン機でタスの巣窟が行き放題になります。 モンストアカウントの交換が出来る パソコン上のモンストアカウントとスマホのモンストアカウントをGoogleのメールアドレスにバックアップしてからモンストアプリを削除し『データ引き継ぎ』で相互にアカウントを交換出来る。 パソコンのモンストアカウントでメイン機よりいいキャラをゲットした時なんかにメイン機のデータを消さなくて済むので便利です。 モンストのゲーム攻略動画撮影が可能 パソコンの画面を録画する無料ソフト『Bandicam』を使うことでイベントなどの本来録画出来ないステージやモンストの鞄などを録画する事が出来る。 パソコンでモンストをするデメリット 1. 空き容量が減る これは仕方のないことですが、エミュレータの容量分空きは減ります。。 動作が重くなる場合がある パソコンの性能によりますが、ノートパソコンで古いと少し動作が重くなる場合があります。 そんな時には無料ソフトの『Smart Defrag』でメモリの最適化することで処理が高速化されます。

次の