本当に 住み やすい 街。 【本当に住みやすい街の本当の理由─赤羽編】自分の日常が地元の歴史になっていく街

【本当に住みやすい街大賞2019】1位は「子育ても高齢者福祉もナンバー1」を目指してきたあの街が急上昇(ウレぴあ総研)

本当に 住み やすい 街

今回は2019年12月に実施した「本当に住みやすい街大賞2020」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。 【本当に住みやすい街大賞2020 第6位「王子」】 総合評価3. 63点 <審査基準> 発展性 3. 6点 住環境 3. 5点 交通の利便性 3. 6点 コストパフォーマンス 3. 6点 教育・文化環境 3. 5点 王子ってどんな街? 「飛鳥山公園」をはじめ、歴史と文化を感じる施設が多く存在する王子。 東京に唯一残る都電の「東京さくらトラム(都電荒川線)」が通る街でも有名です。 都心まで20分とアクセスもよく、混雑度もゆるやかなため通勤・通学にも適した場所となっています。 観光地も多く、知れば知るほどおもしろい街です。 【発展性:3. 6点】職住近接を実現! 注目度の上がる街 職住近接の街として人気のエリア。 同じ北区内の赤羽が脚光を浴び、その流れで注目度が上がってきています。 マンションの供給が活発化し、北区新庁舎建設計画も進行中であることから、今後の街づくりへの期待が大きい場所です。 【住環境:3. 5点】古くからある緑豊かな公園が点在、子育て家庭にうってつけ! 徳川吉宗所縁の「飛鳥山公園」と、日本の都市公園100選に選ばれた「音無親水公園」という2つの大きな公園があります。 子どもの遊び場としてだけでなく、近所のコミュニティも広がることから週末は家族連れでにぎわいを見せます。 春には桜が満開になり、花見のスポットとしても有名です。 【街の声】 「地域の人が優しくしてくれて、子育てしやすい街だと感じます。 駅近くにある東武ストアなど商業施設も多く、日々の生活には困りません」(30代女性) 【街の声】 「基本的に生活用品には困りませんが、夜遅くまで飲食できる店があまりないのが少し残念です」(60代男性) 【交通の利便性:3. 6点】東京駅まで20分、混雑度もゆるやかで通勤にうれしい JR京浜東北線・東京メトロ南北線・東京さくらトラム(都電荒川線)の3路線が利用可能です。 東京駅まで約20分でアクセスできるため、都心への通勤や通学に便利です。 また、利便性もさることながら、意外に混雑度がゆるやかといううれしい特徴があります。 【コストパフォーマンス:3. 6点】ファミリーに手の届きやすい価格帯でコスパ〇 大規模マンションが増えた影響でファミリー層向けの物件も豊富になり、手の届く価格帯で広めの物件を探すことができます。 一人暮らし向けの物件も、東京都にしては比較的手頃な価格で借りることができます。 傾向としてマンションの割安感はありますが、駅から離れた物件が多くなってきています。 【教育・文化環境:3. 5点】歴史と芸術に触れるカルチャーシティ 「北とぴあ」や「中央公園文化センター」などの文化施設が点在。 飛鳥山公園内には渋沢資料館や北区飛鳥山博物館など、文化や芸術に触れる施設が豊富です。 また、保育所が増加傾向にあり、高校・専門学校なども多く、教育環境の整備に注力しています。 【街の声】 「飛鳥山公園など緑が多く、新しく一万円札になる渋沢栄一の資料館もあり文化施設も豊富です」(30代男性) 執筆者:ARUHIマガジン編集部 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

「本当に住みやすい街2020」で川口が1位に

本当に 住み やすい 街

赤羽は勘違いされてるんです。 いい機会だから、みなさんがムサコに抱いてる幻想をブチ壊して、赤羽のグッドタウンぶりを見せてやりますよ! 武蔵小杉が「住みたい街」として人気な3つ理由• アクセスが良い• 新しくキレイな大型商業施設が複数ある• 子育てしやすい環境 このひとつひとつを赤羽と比べていきましょう。 jreast. 利用できる路線や主要駅への所要時間を比べてみました。 赤羽で利用できる路線 JR 赤羽駅:埼京線/湘南新宿ライン/京浜東北線宇都宮線/高崎線 東京メトロ 赤羽岩淵駅:南北線/埼玉高速鉄道線 横浜って中華食べに行く以外に用事あるんですかね?次いってみましょう。 赤羽と武蔵小杉『わくわくショッピング対決』 武蔵小杉駅前は『武蔵小杉東急スクエア』『三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉』『グランツリー武蔵小杉』などの大型商業施設が次々オープンしています。 セレクトショップや気のきいたプレゼントが買える雑貨店など、ショッピングモールでの買い物は楽しいけれど、 住む街ならば生活に役立つ店が充実している方がいいと思うのは、私だけでしょうか? 赤羽駅前はスーパーの見本市!日用品の品ぞろえが異常 赤羽駅前は、大型スーパーから業務用スーパー、新形態のスーパーから激安店まで揃うスーパーの見本市のよう。 イトーヨーカドー(6階建て。 衣料品/薬/本/ゲーム/日用品/食品までなんでも揃う)• SEIYU(24時間営業。 本社が横にあるので、店づくりの気合が違う)• ダイエー(都市型戦略業態『フードスタイルストア』第1号店)• 生鮮食品館富士ガーデン(駅直通。 人気の鮮魚店『角上魚類』がある)• 売り場に活気がある)• プロマート(プロが扱うこだわり食材、手に入りにくい輸入食材などが並ぶ業務用食品スーパー)• アミカ(世界のグルメ食材が並ぶ業務用食品スーパー) スーパーは安さだけでなく、利用しやすさや魅力的な棚づくりを競って赤羽住民を楽しませてくれます。 特にダイエーは最近リニューアルして、店内が明るく見やすく、おっしゃれーになりました。 駅ナカにも商業施設『エキュート』があり、雑貨屋さんやスウィーツやデリ(お惣菜屋さん)が立ち並びます。 子ども向けの施設が豊富! どのお店も新しくてピカピカ! この街の子どもたちは 泥遊びとかしないのかな……。 しかし「子ども向けの店が多い」= 「子育てしやすい街」というわけではありません。 武蔵小杉の不安要素「教育設備のキャパシティー不足」 武蔵小杉駅がある神奈川県川崎市中原区は10年前から再開発が始まりました。 その間に人口が急増したため、 教育設備(特に小学校のキャパシティー)が不足しています。 プレハブの教室を設置したり校舎を増築したり、小学校の新設計画を進めることで対応していますが、川崎市教育委員会の報告書によると 新しい小学校が開校するのは平成31年だそうです。 また、武蔵小杉周辺にお住まいの方にコメントをいただいたところ、産院も保育園もキャパオーバーを起こしているとか……。 【参考記事】 子どもが多いのは良いことですが、共働きの親が保育園の確保に奔走するのは大変だし、プレハブの教室で子どもが授業を受けるのはちょっと嫌だな。 その点赤羽は(全然イメージと違うかもしれませんが) 教育設備や補助金制度が充実している、子育てしやすい街なんです。 1.高校卒業まである医療費助成 小さな子どもは、ケガや病気が日常茶飯事なので医療費助成制度の違いは家計に大きく影響します。 高校の入院代まで医療費助成があるのは、北区と千代田区だけ! 2.自然の中でのびのび遊んで学べる 北区の学校では、自然の中での体験教室も積極的に行っているので、無理して高知に移住したりしなくても、自然と触れ合う機会がたくさんあります。 荒川や赤羽自然観察公園/清水坂公園/飛鳥山公園 など大きく緑豊かな公園があり、東京にいながら土にまみれて遊んだり、動植物を観察できます。 子どもは、ちょっとぐらい泥飲んで育った方が病気や菌に強くなると思う。 3.子どもたちやパパママに居場所がある 児童館・学童保育施設などの子どもを預けられる施設が多く 認可保育園の数は23区No1 、休日保育や子どもショートステイ・トワイライトステイなど子どもを預けられるサービスがあり 『小1の壁』の対策が進んでおり、親が子育てについて相談できる環境や設備も充実しています。 また『保育園を考える親の会』実施している『100都市保育力充実度チェック調査』の結果、北区は新規に認可入園の申し込みをした児童のうち、認可に入園できた児童の割合である「入園決定率」が80~90%以上と23区の中でもかなり高い割合になっているそうです。 赤羽が「穴場」って言われる理由がわかってきた気がする。 武蔵小杉に長く住む やきとり屋のおかみさんに話を聞いてみた 武蔵小杉の欠点を探しまくってさまよい歩くハズが、ショッピングモールでいろいろ買い物をしてしまいお腹を空かせた中島なかじは、キラキラした駅前とは少し空気が違う商店街に脚を伸ばしました。 空腹でフラフラしていると、甘辛い匂いを漂わせるおじいちゃまと目が合いました。 食べてく? おじいちゃま(実は店番)が誘ってくれた『炭火焼鳥 わいわい』は、味よし/ボリュームよし/価格よし と三方よしな焼き鳥屋さん。 話を聞くと、40年前に1軒の屋台から始まって、今や武蔵小杉と元住吉に4店舗を持つチェーンに成長したんだとか。 見事な手つきで焼き鳥を焼くおかみさんに武蔵小杉の良さについて話を聞いてみました。 グランツリーで買ったブルーベリーミルクを飲んでこの表情 赤羽と武蔵小杉を比べることで 「住みよい街は、人によって違う」ということがわかりました。 駅徒歩10分以上でも、歩いて気分の良い道があったり、寄り道できるスポットがあるなら、通勤・通学はとても楽しくなります。 夜遅くまで仕事をしている方には、駅前や家の近くに24時間空いているスーパーがあるととても便利です。 メディアで取り上げられる情報やネームバリューにとらわれるのではなく、 本当に自分に合う街を見つけて暮らすことできれば、人生がより豊かになります。 あなたにとって住みよい街は、どこですか? おまけ:インターネットを使ってどんな街か調べる方法 街を知るには、実際に(昼と夜)歩いたり買い物したりするのが一番だと思いますが、ネットで検索することも立派な情報収集です。 また、その街に遊びに行った人のブログも出てくるので、雰囲気を掴むのに参考になります(検索結果の1ページ目以降も見てみましょう)。 赤羽の場合「赤羽」「赤羽 商店街」「赤羽 ショッピング」などで検索すると情報がガッポガッポ出てきます。 例えば『赤羽一番街商店街』のサイトは、情報と愛に溢れています。 『赤羽一番街商店街 公式サイト』 商店街のお店で使えるクーポンもあって実用的! 東京Deep案内を恐る恐る見てみる 東京Deep案内 中島なかじが好き過ぎて一晩中見てしまう、目の付けどころと角度が違う毒舌タウンガイド。 自分が住んでいる街の名前を検索すると「えっ?そんな激シブな場所があるの?」と不思議な出逢いがあるかも。 知らなきゃよかったこともあるかも。 特に『』は参考になるかは別として、見ていて超楽しいです。 おすすめ。 その空気の違いから• タワマンに住み始めた人と長く武蔵小杉に住んでる人って仲良くやっていけるのかな?• もしかしたら、お互いをあまりよく思っていないのでは? という印象を受けました。 また当記事をSNSでシェアしたところ、武蔵小杉周辺にお住まいの方から• キラキラしたのは嬉しいけど、小杉の造られた異様な雰囲気やスノッブ(教養がある人間のようなふるまい・エセ紳士っぽさ)は気になる• 人口が増えると治安が悪くなる一因もあるため、個人的にはあまり喜ばしいこととは思っていない といったコメントもいただきました 新しいものと昔ながらのものが共存するのは、簡単なことではないのかもしれません。 しかし赤羽は、飲み屋街やちょっとエッチな店のゴミゴミした感じもファミリー向けのキレイな店もいい感じに共生しているのです。 ある種の汚さも隠そうとせず、 カオスを受け入れ 清濁併せ呑むところが赤羽の魅力だと思いました。 【随時更新】もっと赤羽の魅力を伝えたい(記事や特集など) 東洋経済オンライン 「赤羽」が急速に女子人気を集めている事情 実はもっと深い魅力がある。 たとえば、街の活気。 街を訪れる人に女性や20~30代が多いだけでなく、それを迎える飲食店の経営者、スタッフにも同年代が増え、それが街全体の元気な雰囲気をつくっているのである。 「すっぴんで歩けそうな街」1位• 「生活費が抑えられそうな街」3位• 「昼から飲んで怒られない街」5位 に赤羽がランクインしたそうです(すっぴんで歩けるし、物価もそこそこ安いし、朝から飲んでる人も多い)。 あまり酒が飲めない私でも、飲食店のバラエティが豊富で楽しめます。 2017年4月には東洋大学の新キャンパスもでき、さらに若者が増えて駅前が活気付いています。 来る者を拒まず、去る者を追わない赤羽。 かなり住みよいですよ。 テレビ東京『カンブリア宮殿』常識をくつがえすサービスで地元が活性化!元官僚が挑む!信用金庫のサバイバル経営 東京の赤羽は、美味くて安い店が集まる今、注目のグルメスポット。 昔ながらの商店や飲み屋からオシャレなレストランまで!おまけに手ごろな家賃で都心へのアクセスも抜群。 「住みたい町ランク4位」に急上昇。 その赤羽の住民に愛されているのが城北信用金庫だ。 引用: 2017年8月3日 北区や荒川区で活躍する中小企業の89. akabanefan. 赤羽のイベントといえば4月に行われる『馬鹿祭り』が多く取り上げられますが、夏の終わりに行われる『赤羽納涼フェスタ』のほうが、街や店や人のあたたかみをより強く感じられます。 赤羽でグルメの舌を唸らせる20店舗以上の飲食店が独自の屋台メニューを出したり、舞台で地域の小学生が練習してきた踊りを披露したり、子どもたちが遊べるスペースもあります。 【参考リンク】 Can you survive? サバイブな関連記事|この記事を読んだ人にオススメ.

次の

本当に住みやすい街 関西 2020

本当に 住み やすい 街

住みやすいと人気の高い街には共通項があります。 交通の便のよさ、教育・文化施設や子育て支援など公共面での充実、再開発計画などの将来性。 しかし、スペックを見比べるだけでは、その街の空気感、日常の充実度、これからの生活のイメージはなかなかつかみにくいもの。 そこで、話題の街の日常に1歩深入りし、その街を見続けてきた人たちを訪ね、「この街の住みやすさの本当の理由」をお聞きしました。 今回は「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」でも不動の人気を示す「赤羽」の魅力を探りました。 新型コロナウィルス感染対策のため一部店舗やスポットは通常通りに営業していない可能性があります。 詳しくは各ホームページをご確認ください。 異なる便利さがコンパクトに共存し、相乗効果を生む街 赤羽の特徴の1つに、交通アクセスのよさがあります。 赤羽駅はJR京浜東北線や埼京線、湘南新宿ライン、上野東京ラインが利用でき、池袋や新宿、渋谷、上野といった都心部の拠点への移動を容易にし、鎌倉へも1本で行ける手軽さがあります。 駅西側を出ると駅前ロータリー、複数の大型ショッピングセンターやビル群の風景が広がりますが、徒歩数分で武蔵野台地の東縁「赤羽台」に突き当たります。 ここから先が東京における「山の手」です。 かつての赤羽台団地が、UR都市機構による再開発で「ヌーヴェル赤羽台」へと生まれ変わりました。 都市的なデザインと自然とが隔合した、駅の近くとは思えない静かで落ち着いた景観が広がります。 赤羽駅西口側から赤羽台方面を望む。 段差の上に建つのが「ヌーヴェル赤羽台」(写真左)。 「ヌーヴェル赤羽台」側から赤羽駅方面を望む(写真右) ヌーヴェル赤羽台。 建物間に木々を配置し、都市と自然をバランスよく融合している街の景観づくりには、多くのデザイナーが参加しています 赤羽の住みやすさは、駅の東西で異なる趣を持ちながら、互いに補完し合っている点です。 赤羽駅周辺には、生活全般がまかなえる複数の商業エリアがあり、広域に人の流れが生まれ「にぎわい」を感じさせるのです。 高架下を活用したショッピングモール「ビーンズ赤羽」はJRが運営。 約350mにわたり、飲食や物販、ホームセンターの店舗が軒を連ねます。 高架脇の「赤羽一番街商店街」は、約400mの路地に100店舗ほどが営業。 程よい雑然と庶民ぽいあたたかみが漂い、昭和な雰囲気の居酒屋は「むしろ新しい」と若者や女性のグループにも注目されています。 視線を駅前通りの東の先に向けると「LaLaガーデン」のゲートが見えます。 1997年に完成した生活用品の店やスーパーなど約100店舗が並ぶ都内最大級の天蓋アーケードです。 赤羽駅東口駅前。 夕暮れ時には、街を出て行く人と帰って来る人が交差します 高架下の「ビーンズ赤羽」(写真上)。 左手前が「赤羽一番街商店街」。 右手奥に見える緑色の入口が「LaLaガーデン」(写真下) 「LaLaガーデン」のゲート。 ここからは「赤羽スズラン通り商店街」です 「LaLaガーデン」を出た後も「志茂スズラン通り商店街」(写真左)、「志茂平和通り商店街」(写真右)が続きます 父親たちの世代が始めたイベントが地元の「民俗文化」になっていた 赤羽では、毎年4月の最終土曜日・日曜日に「赤羽馬鹿祭り」が開催されます(2020年は翌年に順延)。 1956年に地元の商店主たちが企画した商業祭りで、エイプリルフールにちなんで命名されました。 やがて規模の拡大、参加者の多様化などから名称が「大赤羽祭」となりましたが、2012年の第57回から元の名称に変更。 現在まで続く北区最大の市民イベントです。 2019年5月11日、12日に開催された「第64回赤羽馬鹿祭り」。 駅前東口通りから商店街をコースに行われるパレードは、音楽隊や神輿など地元の人びとが総出で参加し、街全体がにぎわいます(写真提供:赤羽馬鹿祭り実行委員会) 「赤羽馬鹿祭り」の実行委員長を務める森岡謙二さんは、第1回「馬鹿祭り」に9歳で参加しました。 それから60年をこえて続いている理由は、人びとの自主的な参加意欲だといいます。 規模が大きくなれば、いろいろな人が参加し、祭りの趣旨も「商業振興」だけでなく「地域活性化」など多様化してきました。 時にはそれぞれの思いがぶつかり、その度にそれを乗りこえ気持ちを1つにし、変化を重ねながらも「地元の人が楽しめる祭り」という1点を変えずに今日まで継承してきたそうです。 「今年、北区の博物館による『赤羽地区民俗調査』を見て驚きました。 地域の伝承・行事の調査対象に、寺社の伝統行事に並んで『赤羽馬鹿祭り』が選ばれていたのです。 私が子どもの頃に父親世代が始めたイベントが、私が生きている間に地域の「民俗」の行事として位置付けられる。 そうした『歴史を作る』行為が、地域で自分たちの手でできることに驚きと喜びを感じました」(森岡さん) 「赤羽馬鹿祭り」の実行委員会の委員長を務める森岡謙二さん(写真左)。 「LaLaガーデン」の天蓋アーケードは、地域振興のための規制緩和によって実現したものなので、同じ規模のものはもう作られないだろうとのこと 「赤羽のよさ」という視点で見渡すといろいろな可能性が見えてくる 子高齢化、街づくりの担い手の後継者不足は、どの地域でも共通の課題です。 しかし、そうした課題に対して赤羽ならではの解決の道があるのではと森岡さんはいいます。 「以前は、荒川に行き当たる奥行きの狭い商圏を『限界』と感じていました。 交通の利便性のよさも、お客さんが外へ出て行ってしまうとマイナス材料として考えることも多かった。 しかし、人生を重ね、家業だけでなく地域活動や、さらに広いコミュニティの活動をするようになると、赤羽の地元で何でも揃う便利さと、どこにでも出て行きやすいフットワークのよさは、私たち自身の住みやすさであると気づいたのです。 今では、赤羽はどこよりもいい街だと実感するようになりました」(森岡さん) 赤羽台の再開発などによる地域全体の価値の向上、荒川を見渡す大きなマンション建設に伴う新住民が感じる「自然豊かな赤羽」という新たなイメージ……気づかないところで「広がり」を見せる赤羽の街の変貌に「地元の課題」の解決策があると考えるようになったそうです。 外から見た街の評価は「話題」に目を奪われがちです。 最新の施設、人気のイベント、話題のエリア……。 そうした最新情報は、場所を変え、新たに生まれ、目移りします。 しかし、赤羽では、ここに住む人の手作りの「今」がずっと続くことで、少しずつ確実に街を変えてきた実績がありました。 時代に合わせ、互いに協力する街づくり。 現代社会で失われたコミュニケーションの力が赤羽にはあるようです。 「本当に住みやすい街大賞」から見た「赤羽」の今を分析する 「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」における「赤羽」のランキング(10位圏内)推移は次の通りです。 10/発展性4. 6/住環境3. 6/交通の利便性4. 3/コストパフォーマンス4. 0/教育・文化環境4. 54/発展性5. 0/住環境4. 8/交通の利便性4. 9/コストパフォーマンス4. 0/教育・文化環境4. 92/発展性4. 0/住環境3. 8/交通の利便性4. 8/コストパフォーマンス3. 0/教育・文化環境4. 0) ランキング上位常連としてまさにAクラスの街。 北区全体の地価が上昇傾向にある中、前年比10%を超ええる地区もあり、また大型マンション建設も続くため「コストパフォーマンス」面で「お手頃」感は後退しているようです。 上昇し続ける街の価値を見いだし、資産価値のあるマンションを売って数年で別の街に出ていく人も少なくないそうですが、そうした人びとが「赤羽の住みやすさ」を後から感じるといいます。 「赤羽」の魅力は、何といっても「生活の活気」「街のにぎわい」が駅周辺にあり、その周辺に暮らしと自然がグラデーションを描いていることでしょう。 学校、医療、自然。 それらは、ある時期だけ必要なものかもしれませんが、住み続けることで「常に住みやすい街」を感じることができるものです。 「赤羽」のコストパフォーマンスは、長期的視野で見る必要もありそうです。 取材協力.

次の