ホーム ルーター 比較。 ホームルーターおすすめTOP4!速度・料金を徹底比較【2020最新】

WiFi・WiMAXホームルーター4機種比較!速度・料金・性能を比較したおすすめはこれ

ホーム ルーター 比較

読みたい場所へ飛ぶ• 2020年版のおすすめできるホームルーターを比較 2020年時点でおすすめできるホームルーターは以下の2つです。 またこの2つはそれぞれインターネット通信業者が異なり、WiMAXとソフトバンクです。 実際にこの料金プランで利用でき、高速通信ができるホームルーターの機種はこの2つで間違いありません。 「Speed Wi-Fi HOME L02」👉WiMAX専用• 「Airターミナル4」👉ソフトバンク専用 このように通信会社別で利用できる端末が異なります。 この2つについて更に深堀りしてみましょう。 2で満足度ランキングでは1位です。 酷評がされがちなポケットWiFiやホームルーターシリーズの中でもSpeed Wi-Fi HOME L02はとても評判が良いです。 今朝のWiMAXの通信速度。 ホームルーターのL02は今日も絶好調です。 雨だけど全く影響ありません。 スピードは段違い。 — ネトセツ netosetsu 当然ながらWiMAXオンリーで使うならこの1Gbpsを実現できるような速度ではないのですが、幅広い受信感度や安定度が高いのが評価されているようです。 WiMAXホームルーターのデメリット 評価が良いWiMAXのホームルーターでもデメリットが2つあります。 もしも一切の制限がなく完全無制限を希望しているならAirターミナルを提供しているソフトバンクAir(モバレコAir)がおすすめできます。 またWiMAXについては以下のカテゴリで検証や重要なポイントを伝えているのでチェックしてみてください。 シリーズ別 最大速度 通信方式 同時接続数 Airターミナル4 下り最大962Mbps 4G方式 AXGP(2. 5GHz)TDD-LTE 3. 5GHz 4G LTE方式: FDD-LTE 2. 1GHz 64台 Airターミナル3 下り最大350Mbps Airターミナル2 下り最大261Mbps 4G方式:AXGP(2. 5GHz) Airターミナル1 下り最大110Mbps 4G方式:AXGP(2. 5GHz) 32台 過去のAirターミナルシリーズの中でも下り最大速度が962Mbpsに対応し過去最高のスペックとなっています。 ただし通常のソフトバンクの4G LTEエリアではなく ソフトバンクAir専用のAXGPエリアというものを使用しているため、地域によっては提供していない場合もあります。 通常のソフトバンクエリアとは異なり、以下の「Wireless City Planning」社のホームページで必ずエリアをチェックしておきましょう。 このエリアの兼ね合いもありAirターミナルはシリーズ1からずっと酷評されてきています。 初代のプレ実施期間から5年間使っていたSoftBank Air の機種変更をした。 カスタマーIDが変わらないので、受け付け終了した割引なども継続できるようだ。 2つ目のデメリットは端末の購入代金もしくはレンタル代金がかかる点です。 ただし分割購入(割賦)購入の場合は毎月の割引で相殺されて実際は請求されません。 ホームルーターはドコモには存在しない 実際に現時点ではドコモではホームルーターのサービスを提供していません。 取り扱っているのはポケットWiFiシリーズのみです。 もしもドコモ回線でホームルーターを使いたいという場合は SIMフリーのホームルーターを自分で用意し、それに ドコモ系の格安SIMを用意し差し込むとう方法があります。 SIMフリー版ホームルーターは「Aterm PA-HT100LN-SW」が一番評価が高くおすすめできます。

次の

ホームルーターとモバイルルーターの決定的違い!

ホーム ルーター 比較

新生活が始まると同時にインターネット回線の契約見直し・新規契約を検討する方も多いと思いますが、いざ引っ越してみると 「 固定回線が使えなかった」 「 固定回線は使えるが速度が遅すぎる」 そんな経験をする人は意外と多いです。 例えば引っ越し先がそもそも光回線が提供されいないエリアだったり、アパートやマンション自体でそもそも契約がなかったり、あるいは契約はあるけど聞いたこともないような回線が契約されていて回線速度が致命的に遅かったりすると別の回線の契約を検討しなければなりません。 こういう風に引っ越し先で固定回線が使えなかった場合、今までは「 LTEのポケットWi-Fi」であったり「 WiMAX」といったモバイル式のルーターを検討し始めるというのが定石でした。 しかし最近では持ち歩くタイプではなく 据え置きタイプのルーターが人気を集めています。 それが今回紹介する ホームルーターです。 ホームルーターとは ホームルーターとは一体何なのかと言うとWiMAXやLTEの回線を使用したルーターで、自宅で据え置きで使うタイプのルーターです。 光回線のように大がかりな工事が必要なく、WiMAXやLTEの電波がつかめるエリアであればどこでも使用できるので、 引っ越しの頻度が多い人などを中心に徐々に人気を集めています。 関連記事: モバイルルーターとの違い しかし、ここでこんな疑問が沸いてくる人もいるんじゃないでしょうか。 「 モバイルルーターを自宅に置きっぱなしにすれば同じことじゃないの?」 「 ホームルーターとモバイルルーターと一体何が違うの?」 はい、ごもっともな疑問だと思います。 しかしホームルーターは以下の2点においてモバイルルーターと明確に 性能の差があります。 同時接続台数が多い• 電波の掴みが良い 同時接続台数が多い モバイルルーターは同時接続台数が 10台程度なのに対してホームルーターであれば 40台~60台を同時に接続することが出来ます。 4人家族で1人1台スマホを接続して、その他にもパソコン・タブレット・ゲーム機などを接続してしまえばあっという間に10台に近づいてしまいます。 それに加えて親戚や友人が遊びに来ようもんなら10台どころでは足りなくなることは容易に想像できます。 なので一人暮らしの人であれば同時接続台数はそこまで気にする必要はないかもしれませんが、複数人で利用するようなご家庭であれば間違いなくホームルーターの方がオススメです。 電波の掴みが良い モバイルルーターとホームルーターが決定的に違う点が「電波の掴み」と言っても過言ではないでしょう。 モバイルルーターはそもそも屋外で利用することを前提としているため、ポケットやカバンなど自分の身の回りで使用する範囲内でWiFiの電波を掴むよう設計されています。 そのため、例えばモバイルルーターをリビングの机の上に置いて隣の部屋に移動したり上の階に移動したりすると、電波は壁や天井などにぶつかりながら徐々に強度が衰退していきWiFiの接続が弱くなってしまいます。 一方でホームルーターは家の中でACアダプタをさしっぱなしで使うことを前提としているので、電波の強度はモバイルルーターよりもはるかに強く設計されています。 モバイルルーターがおよそ 10m~15m程度なのに対してホームルーターは 50m以上離れた場所でもしっかり電波を掴んでくれます。 それを考えると、複数の部屋をまたいでネットを利用することが多い人は間違いなくモバイルルーターよりもホームルーターの方がオススメです。 実際に測定 同時接続台数が多いとか電波強度が高いとか、数字上だけなら何とでも言えます。 重要なのは 実際に自宅で測定をした場合どうなるのかという点です。 インターネットの回線事業者やプロバイダは公式サイトで「最大〇〇Mbps」という数値を掲げていますが、これはあくまで測定する上で 理想的な環境を用意した場合に理論上出る可能性のある最大速度です。 実際には速度を低下させる障害物によって理論値よりもはるかに遅い速度しか出ません。 特に「LTE」や「WiMAX」といったモバイル向けの回線は、 屋外で使用することが最も理想的とされています。 しかし本記事で紹介している ホームルーターの場合、 常に障害物だらけの自宅で使用することになります。 モバイル向けの回線を屋内で使用する場合、壁や柱などにぶつかるうちに電波強度は徐々に低下していくことになります。 つまり、ホームルーターはモバイルルーターと比べて「理論値」より「実際に出る速度」というのがさらに重要になってくるのです。 というわけで当サイトではホームルーターを 自宅内で使用して実際に測定をしてみました。 測定環境 今回測定に使用したのはL01sというホームルーターとW05というモバイルルーターの2機種です。 スペックに関しては以下の通りです。 一般的には同時に接続する台数が増えれば増えるほど1台で出せる速度は低下していくとされています。 で、実際に複数台で測定を行う場合、最大接続台数が多いホームルーターの方がモバイルルーターよりも速度が出やすいのかどうかというのを検証するためにも3台の端末を用意しました。 そして自宅内の測定環境についてですが、今回はなるべくホームルーターのポテンシャルを確かめるためにも• 3部屋の扉を閉める という環境での測定結果を公開します。 以下が測定結果です。 モバイルルーター ホームルーター 以上のように、1台のスマホの下り速度だけモバイルルーターに負けていますが、それ以外は ホームルーターの圧勝でした。 つまり、例えモバイルルーターの方がスペック上の数値が高かったとしても 壁や扉のような障害物を挟んだ場合はホームルーターの方がより速度が出やすいということがお分かりいただけると思います。 ランキング ホームルーターがどんなものなのか大体お分かりいただけたと思います。 ただ一口にホームルーターといっても機種は沢山あり、しかもそれぞれ 料金や 速度、 パケット上限など特徴が全く異なります。 そしてどれを選ぶかによって快適なネット生活が送れるかどうかが大きく左右されると言っても過言ではないでしょう。 そこで当サイトがそれぞれの特徴を解説して皆さんに最適のホームルーターをランキング形式で紹介したいと思います。 当サイトが最もオススメするホームルーターがSpeed Wi-Fi HOME L02です。 上の「実際に測定」で使っていたL01sの後継機種にあたり、回線速度はホームルーターで最速の下り最大1Gbpsを実現しております。 つまり、理論値としては自宅で利用されるような 光回線にかなり近いというわけです。 3日間で10GBまでという制限はあるので複数人で使うようなご家庭だとパケット的に厳しいかもしれませんが、 1か月間の通信上限はないので一人暮らしをしている人ならそこそこインターネットを使う人でもパケットを気にすることなく使えるでしょう。 ちなみにSpeed Wi-Fi HOME L02は複数のプロバイダで提供されていますが、一番おすすめのプロバイダはブロードワイマックスです。 数あるWiMAXプロバイダの中でもブロードワイマックスは月額料金が最安クラスだからです。 少しでも安くWiMAXを使いたい方は是非ブロードワイマックスでHOME L02を契約しましょう。 WiMAXが提供エリア外の人にオススメなのがモバレコエアーです。 モバレコエアーはホームルーターの中で唯一 使い放題なのでインターネットの使用量が多い人にもオススメです。 また、モバレコエアーはソフトバンクのLTE回線を使用していて、回線速度こそ通常のLTEよりも遅い 下り最大261Mbpsですが、一般的なLTE回線のように1か月7GBまでや、WiMAX回線のように3日で10GBまでといった制限はありません。 1人暮らしであれば速度制限があってもデータ通信量を気にしながら使えばなんとか通信制限は回避できるかもしれませんが、例えば家族4人で一つのルーターに繋ぐとなると月7GBや3日で10GBなんてあっという間です。 そう言った意味でもモバレコエアーは 複数人で同時にネットで繋ぐようなご家庭にオススメのホームルーターであると言えます。 また、 ソフトバンクのスマホを利用している人がモバレコエアーを申し込むと スマホの月額料金が毎月1,000円割引かれるので、ソフトバンクのスマホユーザーであれば間違いなくオススメのホームルーターです。 とにかく月額料金を抑えたいという人にオススメなのがNEC製のAterm PA-HT100LN-SWです。 Aterm PA-HT100LN-SWはルーターの購入と回線の契約を別々に行う必要があり、通販サイトなどでルーターを購入したあと 別途MVNOと契約をしてSIMカードをルーターに刺して使用します。 ルーターの購入と回線の契約が別々なのでソフトバンクエアーやWiMAXと比べると少々手間がかかりますが、逆に言えば 自由に回線業者を選ぶことが出来るので自分のインターネット使用量に合わせて最適な料金プランで契約をすることが出来ます。 そのため、家族複数人で使用する場合には20GBや30GBといった大容量プランを契約をしたり、一人暮らしでそこまでインターネットを使用しないという人は5GBプランや3GBプランを契約したりできるので コスパを重視する人にオススメです。 なぜならnovas WiMAXで契約すると特典として 標準アンテナ延長ケーブルがついてくるからです。 延長ケーブルを使えばルーターを窓際に固定せずに使うことが出来るのでルーターの置き場所に制限がある人はnovas WiMAXから契約しましょう。 モバレコエアーにも「ネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられ、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります」という注釈はあるので完全無制限とまでは言えませんが、こういう注意書きはどの4G回線であっても必ずあります。 1ヵ月間や3日間のデータ容量制限は設けられていないので データ容量制限としてはかなり緩い方だと言えます。 WiMAXは3日間で10GBまでなので、動画を見るご家族が数人いたりすると少し厳しいかもしれませんが、回線速度は速いので一人暮らしの人、あるいはWEB閲覧やSNSが利用のご家庭であれば かなり快適に利用できるはずです。 Aterm PA-HT100LN-SWに関しては、どのMVNOのどのプランと契約するのかによってデータ容量の上限が異なります。 ただ言い換えればご自身のインターネットの使用量に合わせて最適なデータ量が選べるので コスパ重視の人にはおすすめです。 まとめ 以上がホームルーターのおすすめランキングです。 まとめるとこんな感じになります。

次の

HOME 02・L02徹底比較!選ぶべきWiMAXホームルーターはどっち?

ホーム ルーター 比較

工事不要・設定不要ですぐ使える! モバイルWiFiの ホームルーターを徹底解説! 当ページでは、いくつかあるホームルーターの中でも特に人気なWiMAXとSoftBank Airについて、 速度・エリア・料金などのスペックを徹底比較しました! 2020年6月最もおすすめのホームルーター情報がわかります! WiMAX・ポケットWiFi比較の専門サイトとして 年間80万人近くの方に情報提供を行う当サイトが、 あなたにピッタリのおすすめホームルーターをご紹介します! また、おすすめホームルーターを、 固定回線や モバイルルーターと比較した際のメリット・デメリットもあわせてご紹介していきます。 ホームルーター選びや、モバイルルーターとの比較でお悩みの方は、ぜひ当サイトの情報を参考にしていただければと思います。 WiMAXホームルーターとソフトバンク SoftBankAir 、おすすめはどっち? では、ここから上記の比較表を元に、各ホームルーターの解説をしてまいります。 まず結論から申し上げますと、上記3つのホームルーターを比較した結果、 最もおすすめのホームルーターはWiMAX史上最高速度の機種「WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02」。 おすすめ順だと、 WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02 > WiMAX HOME 02 > SoftBankAirになります。 SoftBankAirとWiMAXホームルーター2つの大事な比較ポイントは4つ。 2Gbps ホームルーター 機種 WiMAX HOME 02 Speed Wi-Fi HOME L02 SoftBankAir 下り 通信速度 (最速) 440Mbps 1. 自宅での頻繁なネット利用を前提としたホームルーターにとって 最も大切な要素の1つは、"通信速度"。 最大速度は速いに越したことはありません。 また、データ容量無制限・速度制限無しを謳うSoftBankAirですが、実際には発売当初から現在に至るまで 「速度が出ない・遅い」との評判やレビューがネット上で目立ちます。 営業妨害するつもりはないが、SoftBankAIR 接続一台 とWi-Fi切ったSoftBankの通常回線。 光が可能なら光回線が良いよねこれ。 つか同じSB回線じゃないよなこの結果。 — satolu VFKゆるサポ?? — Naoki Mukai jinguji1 家のインターネット環境をSoftBank AirからWiMAXに変更したら、通信速度が改善されて快適〜?? WiMAXのホームルーターがSoftBank Airよりコンパクトで置き場所に困らずこれまた快適〜?? 違約金払って乗り換えたけど、キャッシュバックがあるから全然平気〜?? — やぎのくち yaginokuchi 公式サイトにも下のような表記があります。 ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。 WiMAXホームルーターは3日間10GBの制限があり月間で100GB。 SoftBankAirと比較すると表記上は劣ります。 一方、WiMAXの3日10GB制限はかなり違います。 なんと、速度制限とはいっても1Mbps程度は確保されております。 この速度は「スマホ・携帯で Youtubeなどの動画が通常画質なら見られる程度」となっているため、安心感はWiMAXに軍配が上がります。 契約期間中は、毎月同じ額を割引してくれます。 しかし!ここで1つ注意点! 端末代金を払い終わる前に解約をすると、残りの端末代金が解約翌月にまとめて請求されます。 ソフトバンクのホームルーターの契約は2年毎。 対して、支払いは3年。 ソフトバンクのホームルーター契約をお考えの方は、契約期間に注意しないと解約時に思った以上に支払いが発生してしまいますので、注意が必要です。 一方、WiMAXの場合、端末料金は基本的に無料、途中解約の場合も端末料金の請求はありません。 参考までに、当サイトでおすすめしているプロバイダ「BroadWiMAX」でのホームルーター契約の場合、途中解約による違約金は以下です。 ホームルーターやモバイルルーターは、少なくとも2年〜3年契約となる製品。 月々の負担は、安いほうがありがたいですね。 そのため、ホームルーターを契約する際の 最重要事項の1つは「月々負担する料金」と考える方がほとんどではないでしょうか。 契約したときはそんなに気にならない料金でも、2〜3年目に「月額料金が高い」というのが、意外と負担となっている方も多いようですので、「月額料金」も重要なポイントです! ちなみに、上記の比較表の金額は実際に支払う料金で、キャッシュバックキャンペーンなどを利用すると、WiMAXホームルーターの総額は128,363円、総額を契約月数で割った金額は3,378円となります。 (当サイトのキャッシュバックキャンペーン利用でBroadWiMAXをプロバイダに選んだ場合) 参考までに、WiMAXホームルーターを最もお得に利用できるBroadWiMAXと、SoftbankAirを3年間契約した際の料金を以下に比較表としてまとめておきます。 WiMAX端末以外のルーターは、全て自社のLTE回線のみ利用可能。 2つの回線を簡単に比較すると… WiMAX回線:キャンペーンが豊富でデータ容量の制限がほぼ無いが、建物や地下鉄での通信に弱い LTE回線:対応エリアが広く、室内・地下でも比較的繋がりやすい 両者真逆の特徴を持つことがわかります。 両回線のデメリットを補填し合い、メリットを両取り出来るのはWiMAX端末だけ。 つまり、上記の比較表の中ではHOME02とHOMEL02のみ。 これも重要な比較ポイントです。 以上のような比較結果から、当サイトでは、 SoftBankAirよりもWiMAXホームルーターの契約をおすすめしております。 では、次はHOME02とHOME L02と、2つあるWiMAXホームルーターのうちどちらがおすすめなのか、比較していきましょう。 冒頭で申し上げました通り、当サイトのおすすめホームルーター機種はHOMEL02です。 理由はとてもシンプルで、比較表を見れば分かる通り、速度の差と同時接続台数の差です。 インターネット利用において、快適さを求める上で 最も重要なポイントは、通信速度です。 その重要なポイントにおいて最新機種HOME02よりもHOMEL02のほうが圧倒的に勝っているためHOMEL02のほうがおすすめです。 ここまで、人気のホームルーターを比較してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 では、最後に補足情報として、WiMAXホームルーターを契約する際のおすすめプロバイダをご紹介致します。 WiMAXホームルーター契約をお急ぎの方は是非下記も参考にしてください。 WiMAX契約はキャッシュバックも加味してお得なプロバイダで WiMAXの端末は本家のUQWiMAX以外にも、ホームルーターを契約できるプロバイダは20社以上あり、どう比較して良いのか分からない人も多いはず。 料金以外の違いが全くありません。 そして、その料金を1つ1つ「比較して検討していくのがかなり面倒」ですよね… そんなあなたのために、当サイト"WiMAX比較. com"は存在します。 WiMAXのプロバイダ23社を徹底比較した結果、おすすめプロバイダ上位5つは下記のようになっております。 端末は無料です。 上位5社だけでなく、 念のため全23社、すべてのWiMAXプロバイダの料金やキャンペーンをチェックしたという場合は、ぜひの記事をご覧ください。 毎月最新のキャンペーン情報を追い、毎月最新情報を更新しているので、常にその時々の最もお得なWiMAXプロバイダが分かります。 GMOとくとくBBで契約する際の注意点 キャッシュバックが最も高額なのは、GMOとくとくBB。 しかし、GMOとくとくBBでホームルーターを契約する際には、注意点が1つあります。 GMOが比較的お得になるのはキャッシュバックを受け取れたときのみであり、また、キャッシュバックキャンペーンは必ず貰えるわけではないということを覚えておいてください。 キャッシュバックキャンペーンの申込みは、契約から11ヶ月後• 申し込み用のメールはプロバイダのメールアドレス宛に多数のお知らせメールに紛れて届く• キャンペーンの手続きが出来るのは1ヶ月間だけ と、様々な制約があり、 半数近くが受け取れなかった経験があるというアンケート結果も…。 では、上記の条件に不安を覚えたあなたがホームルーターを契約する際、最もおすすめなプロバイダはどこなのでしょうか。 それは、BroadWiMAXです! 当サイト限定キャンペーンはBroadWiMAXのみ! 当サイトでは、WiMAX比較. com経由でBroadWiMAXにお申し込み頂いた方全員にAmazonギフト券10,000円分をキャッシュバックするキャンペーンを行っております。 特徴は以下。 キャッシュバックキャンペーンの申込みは、端末到着後すぐOK• 申し込み用のメールはご登録頂いたメールアドレス宛に届きます• 期間内に契約してしまえば、キャンペーンの手続きに期限は無し! 上記のような特徴があります。 WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、受け取り期間までの時間が長く、忘れてしまってキャッシュバックを受け取れないなんてことが多いです。 このキャンペーンにより、BroadWiMAXは、WiMAX業界最安の実質月額料金を実現しました! 今すぐWiMAXのホームルーター契約をお考えの方は、以下の BroadWiMAXの概要と当サイト限定キャンペーンの詳細紹介ページも、ぜひ併せてご覧いただければと思います。 しかし、中にはホームルーター自体に、不安が残る方もいることでしょう。 そこで、次章では、簡単に ホームルーター・モバイルルーター・固定回線の違いについても比較致します。 そもそもあなたの生活に合うルーターがホームルーターで間違いないのか。 ホームルーター・モバイルルーター・固定回線それぞれの特徴を比較しながら見てまいります。 比較対象が固定回線 光回線 ・WiMAXモバイルルーターの場合は? では、ここからは手短に比較していきましょう。 ホームルーター・モバイルルーター・固定回線、それぞれを契約することのメリット・デメリットを一覧にしてみましたので、まずは下記をご覧ください。 メリット・デメリット一覧 ホームルーターを契約するメリット 固定回線がおすすめな人 家で月100GBを超える大容量通信がしたい方 このようになります。 外で使いたい人は、間違いなくモバイルルーターがおすすめです。 ただ、当ページを読んでいただいている時点で、あなたのネット利用は「自宅利用」がほとんどかと思います。 そうなると、あなたが比較すべきは、ホームルーターと固定回線。 ここで、大切な比較ポイントは2つです。 費用と、 月間利用量。 ホームルーターは初期費用無料のプロバイダ多数! 固定回線は、契約の際、近くの電柱から直接回線を引く工事が必要です。 これに結構な時間と費用がかかります。 契約からネットの開通までは大体1〜2ヶ月。 初期費用は1〜4万円と幅は広いですがかなり高額です。 また、ホームルーターと違って、引っ越しなどの際に持ち運びできませんので解約手続きや引越し手続きがかなり面倒。 つまり、 今後数年〜数十年引越しなどの心配が無く、通信の速度・安定感 > 料金のお得感 の場合は、固定回線が適していると言えるでしょう。 ギガ放題プランなら、インターネット利用は月100GBまで制限なし 次の比較ポイントは利用量。 固定回線は基本通信制限無しの快適なネット利用が可能。 対して、ホームルーターはギガ放題の場合、月100GBまでは自由に使えます。 1日あたり3. 3GB。 分かりやすい数字に変えると下記のようになります。 利用用途 3. 3GBで出来ること ウェブページ閲覧 約20,000ページ LINE トーク:約150万回 無料通話:約160時間 動画 Youtube 画質360p 約14時間 かなり自由に使えます。 実際、筆者もWiMAXのギガ放題プランを利用しておりますが、速度制限はほぼなりません。 上記の内容をチェックしていただいて、 「意外と大丈夫そうだ」と思える方はホームルーター、「全然足りない」と思う方は固定回線が良いと言えるでしょう。 まとめ〜お得に契約できる方法のご紹介 ここまで、ホームルーターの端末比較と、ホームルーター・モバイルルーター・固定回線の比較を行ってきましたがいかがでしたでしょうか。 かなり多くの情報が出てきたかと思いますので、重要ポイントを以下にまとめます。 月間100GBで足りる自宅利用なら絶対ホームルーターがお得! 【理由】• 固定回線は契約から1ヶ月かかる上に、初期費用が1〜4万円と高額 SoftBankAirとWiMAXホームルーターを比較した結果:おすすめはWiMAX 【理由】• 通信速度がWiMAXホームルーターのほうが速い• 端末価格・月額料金もWiMAXホームルーターが安い• WiMAXホームルーターはau LTE回線も利用可能 HOME02とHOME L02を徹底比較した結果:おすすめはHOME L02 【理由】• 最新技術による安定した通信速度! ビームフォーミング• 最大速度の桁違いな進歩(au4GLTE利用時:1. ホームルーター端末や機種によるエリア・速度などはどのWiMAXプロバイダも同じ• 今なら当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンも実施中 以上が、今回ホームルーターを徹底調査した結論となります。 ぜひホームルーター選びの一助となれば幸いです。 当サイト限定キャンペーンに申し込む場合は、必ず、上記のリンクよりお申込みください。 最速でキャンペーン申請をいただいた当日より、ギフト券を順次発送させていただきます。 コンセントに端末機器を接続し、電源を入れるだけで、すぐに高速インターネットが利用できる手軽さが特徴のWiFiルーターです。 固定回線とホームルーターの違いは? 固定回線は、屋内で利用するネット回線のことを指し、利用するためには電柱から回線を引き込むための工事が必要になります。 すでに自宅に引いてある電話線を使う場合もあります。 大きな違いは、利用料金・回線速度・契約時の手続きです。 固定回線のほうが利用料金が高く、工事が必要な場合、初期費用も高額です。 その代わり、電波の安定性は高く通信速度もホームルーターより速いのが特徴。 しかし、近年ではモバイルルーターの速度もかなり高速になってきており、あまり大きな懸念点とはなりません。 固定回線もホームルーターも最大速度は1Gbps前後 固定回線は利用開始までに申し込みから1〜2ヶ月必要。 逆に、ホームルーターは端末到着後すぐに使える手軽さが強みです。 モバイルルーターとホームルーターの違いは? 一般的なモバイルルーターは、持ち運びが可能な無線LAN機器のことを指し、WiMAXが代表的です。 モバイルルーターとホームルーターの最も大きな違いは、「持ち運べるか否か」です。 自宅でしかインターネットを利用しない場合はホームルーター、外出先でもWiFiを利用したい場合はモバイルルーターがおすすめです。 速度はそこまで大きく変わりませんが、強いて言えば、ホームルーターのほうが安定感があり高速な通信が期待できます。 ホームルーターのほうが電波受信に強い機能を搭載していることが多く、電波の届きづらい室内でもモバイルルーターより快適な利用が可能です。 どんな人におすすめ? ホームルーターは、自宅でしかインターネットを利用しない人におすすめです。 固定回線のような工事を行えない場合や、月額料金・初期費用を抑えたい人にとって最適の選択肢と言えます。

次の