ユベントス 2ch。 ユベントス 公式

【驚愕】<C・ロナウド>インスタ収入1投稿で驚愕の1億円!約52億5800万円!ユベントスは70億円の臨時収入&ファン4000万人増

ユベントス 2ch

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年11月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年11月) この記事のには以下のような表記揺れがあります。 ユヴェントスFC• ユベントスFC ユヴェントスFC 原語表記 Juventus Football Club s. a 愛称 La Vecchia Signora おばあさん La Fidanzata d'Italia イタリアの彼女 La Madama で、「奥さん」 I Bianconeri 白と黒 Le Zebre シマウマ La Signora Omicidi キラー・レディー La Goeba で、「せむし」 クラブカラー 白・ 黒 創設年 所属リーグ 所属ディビジョン 1部 ホームタウン ホームスタジアム 収容人数 41,507 代表者 監督 公式サイト 目次• 略称で、 ユーヴェ Juve とも呼ばれる。 愛称は、エンブレムやユニフォームの配色から ビアンコネーロ(で白と黒)、 ビアンコネーリ(複数形)や、 ラ・ヴェッキア・シニョーラ(老貴婦人)などがある。 サポーターは、 ユヴェンティーノ(単数形)や、 ユヴェンティーニ(複数形)と呼ばれている。 白と黒の縦縞がクラブカラーだが、これはの同じユニフォームが由来となっている。 それまでは、ピンクのユニフォームを使用していた その後も、一時期は、アウェイユニフォームがピンクの時期があった。 エンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛。 これはホームの市の紋章にも描かれていて、トリノの語源がタウリーニ(牛の人々)であることが由来である。 セリエAにおいて最も成功したクラブの一つである。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、「ユヴェントス」、「ACミラン」、「インテル」のビッグ3の一角を占め、獲得回数はセリエA最多の32回で、、(共にスクデット獲得18回)と並んでイタリアのみならず、世界でも指折りのビッグクラブの一つである。 1996年から1998年には3年連続で決勝に進出。 過去9度決勝に進むもうち7度は準優勝に終わっている。 欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、とに関しては例外である。 2005-06シーズン時点までは、1929年のセリエA開幕以来一度も(2部リーグ)に降格したことがない2チームのうちの1つであった。 現在も降格経験がないとの対戦はと呼ばれ国内外の注目を集め、やと並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つである。 との対戦はと呼ばれる。 しかし「」によるペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへ降格した。 ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。 1月、世界最大のである『』が公表したによると、2012-13シーズンのクラブ収入は2億7240万ユーロであり、世界9位、イタリアでは1位である。 2011-12シーズンには9季ぶり28度目のスクデットを獲得し、それ以来現在までセリエA前人未到の8連覇を達成している。 歴史 [ ] 創設期 - セリエA以前 [ ] 1905年の選手 クラブは1897年11月1日にマッシモ・ダゼーリオ高等学校の生徒らによって スポルト・クラブ・ユヴェントス Sport Club Juventus として創設された。 1900年よりイタリア選手権(後のに相当する全国大会)に参加。 この時期までユヴェントスが使用していたピンクと黒のユニフォームは色褪せしやすいという問題があり、1903年に現在の白と黒(ビアンコネッロ)に代わった。 この配色は、当時クラブに所属したイングランド人選手ジョン・サヴェージから代替ユニフォームを頼まれた母国の友人がのファンであったことに由来する。 1905年にイタリア選手権で初優勝した。 1906年にはクラブの紛争によってスイス人のアルフレド・ディック会長がクラブを去り、FBCトリノ(現)を創設した。 1923年、地元の自動車会社社オーナーのがクラブを買い取り、会長に就任。 これが現在まで続くアニェッリ家とフィアットによるユヴェントスへの関与の端緒となる。 1925—26シーズンには21年ぶりにイタリア選手権に優勝した。 セリエA発足 - 欧州制覇 [ ] 1929年にが発足。 間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。 1934年のに優勝したには、出身のFWやMF、代表主将を務めたGKら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。 1947年にが会長に就任、クラブは株式会社化された。 1940年代はライバルであるACトリノ(現)の好調の影に隠れる格好になった。 1957-58シーズン、初めてのを達成したのみならず、通算10回目のリーグ優勝によってステッラ(星)を胸に付けることを認められる最初のクラブになった。 このシーズンから1960-61シーズンまでの4シーズンの間に3回、カップ2回を獲得。 長らくクラブの最多得点記録者だった、、のFW三人組は「魔法のトリオ Il Trio Magico 」と呼ばれた。 1960年代以降、欧州のカップ戦でたびたび上位に入ったが、優勝にまでは至らなかった。 ミシェル・プラティニ この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作る、得点王のFWらがいた。 1980年代後半から1990年代前半にかけて、セリエAではしばらく優勝から遠ざかったが、その間にも等の活躍もあり、欧州では2度の優勝を果たした。 2度目の欧州制覇 [ ] 1994年にが監督に就任すると、初年度の1994-95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。 1995-96シーズンには、後に絶対的なとなるがエースとして活躍、、等と3トップを形成しで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。 特にUEFAチャンピオンズリーグでは、その後、、等の活躍により1995-96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。 低迷期 [ ] 1998-99シーズンはセリエA3連覇は堅いと予想されていた。 しかし、蓋を開けてみると、予想に反して期待を裏切ったシーズンだった。 開幕戦こそに勝利したものの、デル・ピエロがシーズンを棒に振るほどの大怪我を負って以降は、無得点試合が何試合も続くほどの慢性的な得点欠乏症に苦しみ、中位に低迷した。 が監督を退任した後、が監督に就任したが、セリエA優勝には届かなかった。 不正による2つのスクデット剥奪と史上初の降格 [ ] ジャンルイジ・ブッフォン 約3年間のブランクを経て、再びが監督に就任すると、てこ入れとしてとというこれまでの主力を放出する一方で、、、、らを獲得した。 その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。 また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもに敗れる。 2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、の衰えやら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはへ放出。 その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った 為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、監督が辞任。 フロントは新監督にを指名した。 や、といった新戦力を補強し、カペッロ監督の下、ユヴェントスは2004-05及び2005-06シーズンを連覇する。 しかし、2006年夏にルチアーノ・モッジGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚(も参照)クラブは2004-05及び2005-06シーズンのスクデット剥奪に加え、史上初のセリエB降格処分を受けた。 セリエA昇格から低迷期 [ ] アレッサンドロ・デル・ピエロ カルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006-07シーズンは、、、、などが残留し、監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。 下馬評ではUEFAチャンピオンズリーグへの復帰は難しいだろうと考えられていた2007-08シーズンは予想を覆す勢いで勝利を挙げ3位でシーズンを終え、2008-09シーズンの予備戦3回戦からの復帰が確定。 デル・ピエロとトレゼゲの2トップはリーグ戦合計で41ゴールを挙げ、デル・ピエロは21ゴールで得点王のタイトルを獲得した。 しかし、2008-09シーズンは無冠が決定し、シーズン途中では解任され、かつてユヴェントスのDFとして活躍したがシーズン終了まで指揮を執ることとなった。 2008-09シーズンが無冠で終わったことから、2009年夏の移籍市場では活発に動き、市場開幕前によりフリートランスファーで、かつて所属したを、また、より2450万ユーロでを、更に移籍金2050万ユーロ(約27億円)に加え、経験のあるMFと引き換えにからブラジル代表のを獲得した。 2009-10シーズンは昨季途中から引き続きフェラーラの指揮の下、開幕当初は勝ち星を重ねることができたものの、徐々に成績を落としていき、チャンピオンズリーグはグループリーグで敗退、21節を終えた時点で首位と勝ち点16差を付けられるなどチームは低迷する。 コッパ・イタリアも敗退が決まるとクラブはフェラーラを解任。 後任としての監督就任が発表された。 36節戦で引き分け、来季のチャンピオンズリーグ出場権が消滅してしまった。 このシーズン結局7位に終わる。 アンドレア・アニエッリ就任と盟主復活へ - 現在 [ ] アレッシオ・セッコSD(スポーツディレクター)らフロント陣の改造が行われ、会長にアンドレア・アニェッリが就任し、GD(ゼネラルディレクター)にを招聘。 監督にはが就任。 、セリエAのチームとしては珍しいチーム()が結成され、の雑誌「」(2011年3月号)に紹介された。 チアリーダーの面々はホームスタジアムでの入場セレモニーやスタンドの応援だけにとどまらず、トリノの街角で選手と同じユニフォームとチームカラーの黒と白の大きいを振りかざしてのゲリラ的パフォーマンスを繰り広げるなどしている。 セリエAのクラブではチアリーダーはこれまで登場したことがないことから、注目された。 2010-11シーズン中盤以降の失速により、最終的に前年度と同じ7位となった。 また、ではグループリーグ敗退。 デルネーリを解任し、クラブOBでをセリエA昇格へ導いたを監督に招聘。 2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。 このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得した()を3年契約、()を4年契約、、(ともに)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。 スイス代表の、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFをフリーで獲得した。 やを売却する一方で、や、を獲得した。 2011年9月、イタリアでは初めてのクラブ占有のスタジアム、が完成した。 スタジアム完成後初のシーズンを23勝15分の無敗で優勝し、セリエA復帰後初優勝を達成した。 なお、今回で公式には28回目の優勝であるが、カルチョ・スキャンダルで剥奪された分も含めて30回目の優勝だと主張しており、「30 Sul Campo」 フィールド上では30回 の文字をユニフォームに入れている。 このシーズン限りででもあるキャプテンのがユヴェントスのユニフォームを脱ぐことが決定した。 その後、デル・ピエロはに移籍が決定。 2012-13シーズンは、とのウディネーゼからのコンビやらを獲得したが監督のコンテがシエナ時代の八百長の報告義務違反で処分され、10ヶ月出場停止となったが(4ヶ月に軽減)、2013年5月5日に連覇を果たした。 また、3シーズンぶりのでは、グループリーグを突破するも準々決勝でにホーム・アウェーとも2-0で敗れた。 2013-14シーズンは、2013年1月に獲得が内定していたや、デル・ピエロが着用していた「10番」を継ぐ、同じ街の生え抜きのを獲得。 3節にインテルとのイタリアダービーに引き分け、8節のフィオレンティーナ戦でも2-0から逆転負けし、当時首位で開幕10連勝のセリエA新記録を更新したローマとの勝ち点差が4となる。 しかしローマがその後の4戦を続け様にドローで終えると間隙を縫って勝ちを積み重ね13節から再び首位に浮上。 まだシーズンの3分の1しか消化していない時点でローマこそ勝ち点差が1だったが、ナポリに6、インテルに8、フィオレンティーナに10の勝ち点差をつけ、敗れたフィオレンティーナ戦以降12連勝。 その中には2014年1月5日に行われた新年最初のセリエAにあたるローマとの頂上決戦も含まれ(3-0で快勝)、ホーム戦全勝でリーグ3連覇を達成し、公式に30回目の優勝を果たした。 また、このシーズンにチームが積み上げた勝ち点「102」は、欧州主要リーグの最多勝ち点記録を更新した。 その一方では、勝ちを計算出来た筈のとに引き分け、アンチェロッティが就任したレアル・マドリードの敵地で敗れ3連敗とヨーロッパ戦線では躓き、FCコペンハーゲンのホームでやっと初勝利を挙げ、最終戦にあたる敵地のでの悪天候による再試合といったハプニングもあり、翌日に再開された試合では引き分けてもベスト16に入れた状況だった為当時勝ち点4でグループ3位、このままではグループリーグ3位となってに回る為、勝たなければならない状況で諦めない姿勢を見せたトルコのの抵抗に遭い、勝利への執念を見せなかったツケがの一発で1-0と沈む形で回り、グループリーグ3位で敗退。 引き分け狙いの油断が招いた悲劇がイタリアでは記録的な強さを見せたシーズンの汚点を残す羽目になった。 3位で敗退した事で回ってきたは、ベスト32からのスタート。 には2戦合計4-0と快勝し、ベスト16では同じイタリアのフィオレンティーナから失点が目立つようになり、フィオレンティーナ戦は2戦合計2-1、かつてリーグ7連覇を果たしたとの準々決勝でも3-1で勝ち上がり、決勝がホームグラウンドのユヴェントス・スタジアムであった為、地元開催の決勝進出が後半戦の目標だったが準決勝で国内3冠を果たしポルトガルを牛耳ったと対戦し初戦の2-1で敗れた試合を取り戻せず、ホームでスコアレスドローを演じてしまいベスト4で敗退となった。 2014-15シーズンの夏の移籍市場においては、や、らを獲得。 しかし開幕前のプレシーズンキャンプ中、7月15日に監督のコンテが突然辞任。 翌日、元ミラン監督であるの監督就任が決定した。 このシーズンは4試合を残してリーグ戦4連覇を達成、ではを延長戦の末2-1で下し、20年ぶりの10回目となるコッパ・イタリア制覇を果たした。 では、準決勝で前回チャンピオンのを二試合合計3-2で下し12年ぶりの決勝進出を果たした。 決勝では同じく2冠を達成したバルサとお互いに3冠を賭けて対戦したが、試合開始早々に失点し、追いつくも再び勝ち越され、結果的に3-1で敗れた。 これにより歴代最多となる6度目の準優勝に終わった。 2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、、、、、、、、といった新戦力を獲得した。 とのは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。 その後1度の引き分けを挟むと9連勝。 3試合を残して4月25日に優勝を決め、セリエA史上4チーム目となる5連覇を達成した。 コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。 これで2年連続の国内二冠を達成。 またスーペルコッパ・イタリアーナを含めて史上初のイタリア国内三冠を達成した。 また、キャプテン・ブッフォンが2016年3月20日のトリノとのトリノダービーで1993-94シーズンに元イタリア代表GKが記録した929分のセリエAにおける無失点記録を更新する「974分」の無失点記録を達成した。 では、ベスト16でバイエルンと対戦。 ホームアウェー共に2-2、180分で合計4-4のスコアとなり延長戦にもつれこんだ。 しかし、延長戦で2点を決められ敗退した。 2016-17シーズン前にはポグバを当時サッカー界史上最高額の移籍金である1億500万ユーロでに売却し、モラタを古巣であるレアル・マドリードに買戻しされた一方、をフリー、をレンタルで獲得し、移籍市場閉鎖直前にクアドラードをレンタルの形で再獲得。 さらにナポリから昨シーズンの得点王であるをセリエA史上最高額の9000万ユーロで、からを3200万ユーロで獲得。 また夏にはを、冬にはリカルド・オルソリーニ、を獲得した。 2017年5月21日、セリエA史上初となるリーグ6連覇を達成。 コッパ・イタリアでは準決勝でナポリとの第2戦を落としただけで決勝に勝ち進み、2017年5月17日のラツィオ戦で2-0の勝利。 史上初となるコッパ・イタリア3連覇と3年連続の国内2冠を達成した。 しかし最重要課題だったではスペイン王者でもあるレアル・マドリードとの対戦になった。 1-4で大敗しCL決勝では5連敗、通算7度目の準優勝となった。 2017-18シーズンは4-1で下した昨シーズン2月のパレルモ戦でアッレグリと激しく口論し、アッレグリ監督との対立していたボヌッチをへ、ダニエウ・アウベスを契約解除でのフリー移籍でへと放出した。 一方、からを、からを買取OP付きのレンタルで獲得し、ボヌッチとの紳士協定でをミランから 、をから、さらにからを完全移籍で獲得。 さらにの再来と言われているをから獲得した。 コッパ・イタリア4連覇、4年連続国内二冠を達成した。 ではグループリーグでの後塵を拝してグループ2位通過となる。 ラウンド16ではと対戦。 1stレグを2-2の同点で終え、に乗り込んでの2ndレグで先制を許し、勝ち抜けには後半だけで最低2得点必要な状況まで追い込まれたが、イグアインとディバラの連続得点により2-1で逆転勝利した。 準々決勝では前回決勝で敗れ、目の前で連覇を許したとの対戦になった。 2戦合計3-4で敗退となった。 2017-18シーズン閉幕前の2018年5月17日、キャプテンのが退団を発表。 後継キャプテンはになった。 2018-19シーズン開幕前に、をはじめ、、、さらに、といったユヴェントスのセリエA7連覇に貢献してきた選手が退団。 一方、補強では7月11日に1億ユーロで2017年のバロンドーラーであるをから獲得し、世界を驚かせた。 さらに、との実質トレードの形でからを出戻りの形で獲得。 その他にや、を獲得。 リーグ戦では、開幕8連勝を記録し、第28節のジェノア戦で敗れるまで無敗を維持した。 第33節のフィオレンティーナ戦に勝利し、セリエA優勝を決め、8連覇を達成した。 では、マンチェスター・ユナイテッド、バレンシア、ヤング・ボーイズと同組となったグループリーグを首位で突破した。 決勝トーナメント・ラウンド16のアトレティコ・マドリード戦では、アウェーでの1stレグを0-2で落としたが、ホームでの2ndレグでロナウドがハットトリックを達成し3-0で勝利し、逆転で突破を果たした。 しかし、アヤックスとの準々決勝は2戦合計2-3で敗退した。 コッパ・イタリアは準々決勝でアタランタに敗れて5連覇を逃した。 シーズン終了後、アッレグリ監督が退任した。 2019-20シーズン開幕前に、前チェルシー監督のが監督に就任した。 夏の移籍市場では、クラブのレジェンドとも言えるブッフォンがから電撃復帰した他、、をいずれもフリーで獲得。 また昨シーズンCLベスト4進出と大躍進したからを、からもを獲得してDF陣の若返りに成功。 さらにジョアン・カンセロとのトレードでマンチェスター・シティからを獲得した他、買取オプションが行使されなかったゴンザロ・イグアインも復帰した。 ところが、イタリアで猛威を振るうの世界的大流行はセリエAでも直撃し、が感染したことを発表。 活動中止を余儀なくされた。 タイトル [ ] トロフィールーム 国内タイトル [ ]• :35回• , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , (により, のスクデット剥奪)• :1回• 2006-07• :13回• , , , , , , , , , , , ,• :8回• , , , , , , , 国際タイトル [ ]• :2回• :2回• :1回• :3回• , ,• :2回• :1回• 2014年9月7日, at the. 2014年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2012-2013シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング• 日本スポーツ企画出版社 2003-2004 EUROPE SOCCER TODAY 完結編10、11頁• www. soccerdigestweb. com. 2019年7月18日閲覧。 the WORLD 2017年7月22日• カルチョ・スキャンダルによって優勝を剥奪され、セリエB降格処分となった。 カルチョ・スキャンダルによって優勝を剥奪された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式サイト• - 公式サイト (日本語)• (イタリア語)• juventusfc -• juventus -• - チャンネル• 1923-1926• 1926-1928• 1928-1930• 1930-1935• 1935• 1935-1939• 1939-1941• 1941• 1941-1942• 1942• 1942-1946• 1946-1948• 1948-1949• 1949-1951• 1951• 1951-1953• 1953-1955• 1955-1957• 1957-1959• 1959• 1959-1961• 1961• 1961• 1961-1962• 1962-1964• 1964• 1964-1969• 1969-1970• 1970• 1970-1971• 1971-1974• 1974-1976• 1976-1986• 1986-1988• 1988-1990• 1990-1991• 1991-1994• 1994-1999• 1999-2001• 2001-2004• 2004-2006• 2006-2007• 2007• 2007-2009• 2009-2010• 2010• 2010-2011• 2011-2014• 2014-2019• 2019-.

次の

【サッカー】ナポリがユベントス下しイタリア杯制覇 ガットゥーゾ監督は指導者として初タイトル [久太郎★]

ユベントス 2ch

C・ロナウド、ユーベ電撃退団の可能性? コロナ余波…クラブの財政難が影響か 新型コロナの影響でリーグ中断、ユベントスの財政状況に大きな影響 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新型コロナウイルスによるクラブの苦しい財政状況を和らげるため、今夏に退団する可能性があるようだ。 英紙「デイリー・スター」が報じた。 2009年にスペインの強豪レアル・マドリードに加入したロナウドは絶対的エースとしてゴールを量産し、2017-18シーズンには前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇達成に大きく貢献した。 偉業を置き土産に18年夏、9年間にわたり在籍していたレアル退団を決断。 イタリアへ渡ると、セリエAでも決定力を発揮し、初年度でチーム最多の21得点を挙げて前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。 ロナウドはユベントスと4年契約を結んでいる。 しかし新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、ユベントスの財政状況に大きな影響を与えており、今後は不透明のようだ。 イタリア「Radio Rossonera」のディレクターでもあるピエトロ・バルツァーノ・プロタ記者は、クラブの財政難の影響を緩和するため、ロナウドが今夏に退団する可能性があると伝えている。 ロナウドは以前、「ユーベの全てが好きだ。 良い文化があるし、イタリア最高のクラブ。 素晴らしい歴史もある。 ここで幸せだ。 ユーベでもっとタイトルを手にしたい」と、ユベントス愛を語っていた。 「トロフィーを獲得すること、良いプレーをすることが最優先。 18年もプレーすると楽しむことだけを考えるよ。 しかし、モチベーションは変わらない。 私はハッピーだし、あと数年はプレーしていたい」と気力を漲らせていた。 その一方、ユベントスでチーム一の高給取りであるロナウド。 新型コロナウイルスの影響で各クラブが厳しい財政状況に陥るなか、果たして電撃退団もあるのだろうか。 08 ユーベが財政難になることはフィアットが親会社なのでないがFFPの問題で放出することはあるかもしれない.

次の

【サッカー】ナポリがユベントス下しイタリア杯制覇 ガットゥーゾ監督は指導者として初タイトル [久太郎★] [sc]

ユベントス 2ch

net イタリア北部の両親に会うために電車で 現地2月27日、全国紙『La Gazzetta dello Sport』をはじめとしたイタリアの主要メディアが一斉に報じたのが、新型コロナウイルスの新たな感染者だ。 ひとりのプロサッカー選手の陽性が確認され、英紙『The Sun』は「世界で初めてプロフットボーラーが感染!」と伝えている。 当局によると感染したのは、イタリア・セリエC(3部)のピアネーゼに所属する22歳の選手。 2月23日にアウェーで行なわれたユベントスU-23戦の遠征メンバーに入り、北部アレッサンドリアのホテルにチェックイン。 だが試合前日の土曜日、練習後に体調不良を訴え、やがて高熱に苦しむ。 翌日曜日のゲームには出場しなかったが、会場には姿を見せたようだ。 チームは試合後に中部トスカーナ州のピアンカスタニャイオへ戻り、選手はそのまま自宅に帰った。 2日が経っても体調が回復せず、水曜日の朝に新型コロナウイルスの検査をしたところ、夕方に陽性と判明。 すぐさまシエナの病院に入院し、現在は隔離されているという。 重篤化はしていないとのことだが、チームは木曜日の練習をキャンセルした。 今後は選手たちの経過観察に注力するという。 当該選手は先週、両親に会うためにイタリア北部のエミリアへ電車で移動。 その行き来で感染したのではないかと各メディアは報じている。 ピアネーゼにはもうひとり同様の症状を訴えている選手がおり、クラブは検査結果が出次第、公表する予定だ。 一方、対応に追われているのはピアネーゼだけではない。 U-23チームが対戦相手だったとはいえ、ユベントスもクラブとして戦々恐々の状況だ。 濃厚接触者が多いピアネーゼの選手たちと試合をしたのは疑いのない事実で、クラブは当面、U-23チームの選手たちとトップチームの選手たちを接触できない環境に置くとしている。 現時点では誰ひとり、症状が出ている者はいない。 イタリアは北部を中心に感染が広がっており、セリエAは延期や無観客での開催を余儀なくされている。 今週末に行なわれるナショナルダービーで天王山のインテル対ユベントス戦も、観客ゼロで実施が決定した。 はたして新型コロナウイルスの脅威は、欧州サッカーシーンにいかなる影響を及ぼしていくのだろうか。 予断を許さない状況だ。 36 ID:jXlqrHhO0. net インテルユーベが無観客とか可哀想だな。 35 ID:uAZwMw3n0. 09 ID:R1PautRl0. 69 ID:thvoyKOB0. 45 ID:HE02w9Nc0. 82 ID:thvoyKOB0. 41 ID:ObrV7wlO0. 33 ID:5k2cfofK0. 27 ID:Bp3VdK3L0. 20 ID:CwaPMKnX0. 95 ID:YlfqTbNg0. 61 ID:5z4U3n5Q0. 37 ID:GgZ9IUKg0. 98 ID:d1YfEztjO. net この選手を試合に出せば必ず勝てるな。

次の