スカイライナー 自由席。 京成「スカイライナー」で成田空港に行くのは安くて楽だな、と一瞬思った話│やじり鳥

スカイライナーの予約方法

スカイライナー 自由席

こんにちは、なりっぴです。 現時点で都心から成田空港に最速で行く手段は、京成のスカイライナーです。 空港から急いで帰りたいとき、スカイライナーに乗る方も多いと思います。 そこで今回はスカイライナーのチケットの買い方などについてまとめました。 スカイライナーには切符の他にライナー券が必要 スカイライナーは全席指定の特急なので、普通の切符やSuica、PASMOなどのICカードの他に、「スカイライナー券」が必要です。 スカイライナー券さえ買っておけば、SuicaやPASMOで改札を通ってそのまま乗ることができます。 京成上野駅、成田空港駅 第1ターミナル 、空港第2ビル駅 第2・第3ターミナル では、スカイライナー専用の改札機はありません。 特急料金のいらないアクセス特急と同じホームを使用しているためです。 そのため、時間がないときは、とりあえず手持ちのSuicaやPASMOで改札を通り、空港では 駅のホームにある券売機 空港では各駅に1台ずつ でライナー券を買うこともできます。 詳しくは 上野駅、空港第2ビル駅、成田空港駅の改札口は、最低限の初乗り運賃がICカードに入っていれば通れます。 足りない分は空港 or 日暮里・上野に着いてから精算すればOKです。 車内で乗車券 ライナー券ではありません の提示を求められることは通常はありません。 さらに時間がなくて、ライナー券を持たずにスカイライナーに乗ったとき、車内で券を買えるかどうかについては、このページのに書いています。 事前に買う 事前にチケットを買う場合、• インターネット予約のチケットレスサービス• インターネット予約して駅で支払い・受け取り• インターネット予約してファミマで支払い・受け取り• チケット取り扱い窓口で買っておく• 電話で予約して京成上野駅で受け取る の5パターンがあります。 それぞれのメリットを解説します。 チケットレス 事前に会員登録 氏名・メールアドレスと、決済用のクレジットカード情報のみで登録可 しておけば、インターネット PC、スマホ、携帯 から予約・購入ができます。 スカイライナーの車内では、どの席が販売されたかが車掌さんの持っている端末で分かるようになっているため、チケットを買った人が正しい席に座っている場合にはチケットの提示を求められることは原則ありません。 空港に向かうときは事前に乗る列車を決められるので、このチケットレスが一番簡単でおすすめです。 駅の券売機や窓口で並ぶ必要がありません。 空港から帰るときも、最近は 飛行機の着陸後、地上走行中でも携帯・スマホが使えますので、そこから予約・購入しておけばスムーズに乗車できます。 もしくは入国審査後手荷物受け取りのために待っているときなど、空き時間に購入できます。 何時の電車に乗れるかいまいちまだ分からないときは、予約のみしておき、乗れそうな列車の時間が分かった時点でスマホサイトから購入することもできます。 予約完了し、「チケットレスで購入」ボタンを押さずに画面を戻って、「予約確認」から支払えます 列車の所定の発車時刻の5分前までに引き換え(購入)いただけなかった場合、予約は自動的にキャンセルされます。 こうありますので、一応購入を忘れたまま発車時間が来ても安心です。 予約のみであればキャンセル料はかかりません また、一度購入した後でも1回までは乗る列車の変更ができます。 これらは予約だけしておいて駅の窓口や券売機、ファミマで支払いとチケットの受け取りができるサービスです。 当日乗りたい列車が満席だったらどうしようと心配な方は予約しておいてもいいかと思いますが、クレジットカードをお持ちの方は上記1のチケットレスの方がおすすめです。 駅で受け取りの場合、チケット窓口・券売機で予約番号などを伝えてその場で購入することになります。 ファミマ受け取りは乗車日の前日までですし、 成田の旅客ターミナル内にあるファミマには受け取りのためのFamiポート端末がありません 貨物地区にはありますが一般客は利用できません ので、空港に向かう場合に主に利用することになるかと思います。 ファミマで発券されたチケットでそのまま乗車できますので改めて駅で引き換える必要はありません。 日暮里駅はスカイライナー用改札があるので、係員に見せて通ります どちらも前日までにチケットを買って手元に持っておけますので、空港に行く際に利用すると安心です。 チケット取り扱い窓口で買っておく スカイライナーの停まる駅、成田空港の到着ロビーにある京成のカウンター、大手旅行代理店でも事前に買うことができるようです。 「成田空港の到着ロビーのカウンター」は、リムジンバスのチケットを買う窓口の近くにありますが、 窓口の数が少ないため直接駅に行った方が早いと思います。 大手旅行代理店では、旅行を申し込む際についでに購入ができるので支払いをまとめたり、旅行券で支払いをしたい方には便利ですよね。 旅行代理店で買ったチケットでも、列車と座席が指定されていれば駅で引き替えることなく乗車できるはずです。 電話で予約 インターネットも使えず、事前に旅行代理店にも行けない、という方には一応電話での予約も受け付けてくれるみたいです。 乗る直前に買う もちろん乗る直前にも、駅の窓口や券売機でチケットを買うことができます。 成田に到着する飛行機に乗る場合、飛行機が早着・遅延してしまったり、到着してから入国審査が混んでいたり、この時間に乗れる!とは事前に正確には分かりません。 何らかの原因で運転を見合わせていたり、遅れている可能性もあります。 笑 こちらによると1列車あたり398人乗れるようなので、 事前予約しなくてもまず満席になることはないと思います。 また、 成田に向かうLCCの機内で割引のチケットを購入した場合も、必ず乗る前に 駅の窓口で引き替える必要があります。 券売機不可 1. 上野駅・日暮里駅で 改札外の窓口・券売機で購入できます。 クレジットカードも使えます。 改札外の窓口・券売機に行列ができていた場合、改札内でも購入できるかは調べて追記します。 空港駅で 2. 駅窓口で 成田空港駅、空港第2ビル駅ともに、上の写真のようなカウンターがあります。 ただ、朝と、午後〜夕方の 到着便が集中する時間帯には窓口に行列ができることも。 空港駅の改札外には自動券売機はありませんので、急ぐ方は次項で説明するホーム上の券売機で購入することをおすすめします。 ホームの券売機で 空港ではどちらの駅でも、改札を抜けてエスカレーターを降りたすぐ目の前に券売機が1台ずつ設置されています。 こちらでは現金・ICカード チャージしてからの購入は不可 でライナー券を買えます クレジットカード使用不可。 この券売機では直近の列車のライナー券の購入と、予約したライナー券の受け取りができます。 乗ってから買える? さて、これが一番気になりますよね。 駅に来た!もう発車まで2,3分しかない!乗っちゃえ!ってできたら楽です。 ネット検索していたら、車内で発券されたライナー券の画像を載せているブログを発見…でも2年前だし、どうやってこのライナー券を購入したか書いていない… というわけで京成お客様ダイヤルにかけて聞いてみました。 結論から言うと、 原則として、乗車までにライナー券を購入する必要があるが、 京成上野、空港第2ビル、成田空港の3駅から乗車する場合には、 やむを得ない場合にはスカイライナーに乗車することができる。 その場合には空いている席に座り、車掌にライナー券代を 現金で支払う。 お釣りの準備がない可能性もあるため、なるべく事前に買ってほしい。 とのことでした。 日暮里駅はスカイライナー専用ホーム・改札があるため難しいと思います 私「どうしても急ぎでチケットを購入する時間がない場合、スカイライナーに乗った後にチケットを買うことはできますか」 京成の人「原則は事前に買ってもらうことになってますが、乗っちゃった後でも買えますよ」 私「ICカードとかは使えないですよね…?」 京成の人「現金のみですね」 私「これって公式サイトには載ってませんでしたが、ツイッターとかに書いても大丈夫ですか」 京成の人「うーん…原則と、やむを得ない場合っていうのをちゃんと書いてもらえれば」 というやりとりがあったので、載せることにしました。 車掌さんに迷惑をかけてしまう可能性もあるため、なるべく事前に買ってください。 スカイライナーは速いですよ 私も仕事の後都内に急いで行く用事があるときにはスカイライナーに乗りますが、本当に速いです。 しかも座席にコンセントがあるからスマホの充電ができる! ぜひ成田空港をご利用の際にはスカイライナーにも乗ってみてください。 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくは、またはをクリックしてください。

次の

スカイライナーの予約方法

スカイライナー 自由席

もくじ• 京成スカイライナーとは:乗車には特急券(ライナー券)が必要 スカイライナーは、京成電鉄が京成上野駅~成田空港駅間で運行している特別電車です。 成田空港を利用する方にとっては非常に利便性の高い電車となっていて、JRの運行する成田エクスプレスとともに需要の高い電車です。 スカイライナーは非常に便利な電車ですが、いくつか 注意点があるので先に押さえておきましょう。 (ちなみに第二ビル駅はその名の通り第二ターミナルに直結している駅です。 注意点2|乗車券と別に特急券(ライナー券)が必要 またスカイライナーの利用には、乗車区間に応じた 乗車券に加えて専用の「 特急券(ライナー券)」が必要です。 例えば京成上野駅から成田空港駅までをスカイライナーで移動する場合、乗車券(1,240円)とライナー券(1,230円)の2つが必要で総額2,470円が必要となります。 なおスカイライナーは 全席指定となっており、ライナー券に座席番号が記載されています。 そのため、乗車したい時間の電車が既に満席の場合は 乗ることができません。 注意点3|似たような名前の違う電車がある 京成上野駅から成田空港駅へ向かう際にスカイライナーと 混同しがちな電車が2つありますので以下にご紹介します。 名前が非常にややこしいのですが、特徴としては上の路線図にある通り、スカイライナーよりも多くの主要駅に停車しつつもそれなりの速さを持ち、なおかつ特急券のいらない コスパ最強の電車 です。 そのため、「移動時間に余裕があるので費用を抑えたい」という方におすすめのルートで、スカイライナーを利用せずこちらを利用するという方も多くいます。 この電車は京成本線と同じ路線を走るため、乗車券の運賃が先ほど紹介した「アクセス特急」よりも 若干安いのが特徴です。 特急という言葉が非常にややこしいのですが、こちらも先ほどの「アクセス特急」と同様に 特急券は不要 で、乗車券のみで乗車することが可能です。 よっぽどいい時間に電車がある場合を除いては スカイライナーを利用されることをおすすめ します。 夜間に成田空港を離陸する国際線を利用する場合は注意が必要です。 アクセス特急利用時の注意点 アクセス特急利用時の注意点は、京成上野発のアクセス 特急の本数が限られていることです。 平日の成田空港行では、午前中は5時台の1本のみ、午後は17時台以降の3本のみの運行となっており、日中の時間帯では京成上野駅始発の運行はありません。 日中の時間帯に利用したい場合は、京成上野駅~京成青砥駅(もしくは京成高砂駅)間を京成本線の電車で移動したのち、京成青砥駅 もしくは京成高砂駅)にて羽田空港方面から来るアクセス特急に途中乗車して成田空港に向かいます。 この場合、京成上野駅発のアクセス特急に乗車すると比較して、料金は変わりませんが、所要時間については 大幅にかかってしまう可能性がありますのでご注意ください。 こういった理由から快速特急を当てにするのは あまりおすすめできません。 乗車券とライナー券を一緒に購入する場合は「 ライナー券付き乗車券」を購入し、乗車券分をSuicaで支払う場合は 「ライナー券」のみを購入します。 下の画像は乗車券とライナー券がセットになった切符です。 主な予約方法は 「インターネット」「電話」「取り扱い窓口」の3種類です。 ネット予約について インターネット予約では、京成電鉄のから乗車したい電車を選択して申し込むことができます。 サイト内では各スカイライナーの空席情報が表示されており、 座席の指定も可能 です。 なお、きっぷの 受取・支払いは受取方法によって異なりますので簡単にご紹介します。 【ネット予約の受取方法その1:乗車駅の窓口または券売機】 予約サイト内で「購入・受取方法を選択」時に「駅で購入」を選択すると、乗車駅の 窓口または券売機での受け取りおよび料金支払いとなります。 【ネット予約の受取方法その2:ファミリーマート】 予約サイト内で「購入・受取方法を選択」時に「ファミリーマートで購入」を選択すると、ファミリーマートでの受け取りおよび料金支払いとなります。 なお、ファミリーマートで支払う料金は 乗車券とライナー券の合計金額 となります。 ライナー券分のみの支払いはできませんので、注意が必要です。 【ネット予約の受取方法その3:チケットレス】 予約サイト内で「購入・受取方法を選択」時に「Webで購入(チケットレスサービス)」を選択すると、そのまま サイト内での支払いとなります。 支払方法はクレジットカードのほか「楽天ペイ」「リクルートかんたん支払い」「Yahoo! ウォレット」も選択可能です。 サイト内で支払手続き後、入力したメールアドレスにライナー券を表示するURLが記載されたメールが届きます。 乗車時はスマートフォン等の画面に表示した ライナー券を駅係員に見せれば改札を通ることができます。 スポンサーリンク スカイライナーに乗る際の改札の通り方 つぎに、改札の通り方です。 恐らくほとんどの方が「 え、そんなの必要?」と思うかもしれませんが、意外とこの京成スカイライナーでは 改札の通り方でつまづく方が多いのでここで解説しておきます。 スカイライナーに乗るために改札を通る際は、SuicaなどのICカードを乗車券として利用したい場合とそうでない場合の 2パターンがあります。 ICカードを利用する場合 まず、Suicaを乗車券として利用する場合は、先に 「ライナー券」を改札に通してからSuicaをタッチします。 そうすることで乗車券分の料金はSuicaのチャージ分から支払うことができるようになります。 ICカードを利用しない場合 一方、乗車券とライナー券がセットになったきっぷを購入している(Suicaは乗車券として利用しない)場合は、セットになったきっぷを改札に通すだけでOKです。 ライナー券は最悪乗ってからでも購入できるの? スカイライナーのHPでは、ライナー券の車内販売については案内されていません。 駅の係員に伺ったところ、「ライナー券は改札を通過する前に購入いただく必要があります。 改札でライナー券を確認しています。 」とのことでした。 スカイライナーは 全席指定のため、乗車前に席を確定しなければならないということです。 そのためライナー券がないのに無理やり乗り込もうというのは他のお客様の迷惑にもなりますので 控えるようにしてください。 スカイライナーは何かしら割引はある? もし仮にあなたが地方都市の空港から LCCで成田空港に到着する予定であれば、スカイライナーにお得に乗車できる可能性があります。 「スカイライナーバリューチケット」はLCC機内もしくは西鉄福岡(天神)駅で購入できます。 購入したチケットとレシートをスカイライナー券販売カウンターで提示し、乗車券およびライナー券を受け取ってからスカイライナーに乗車します。 このチケットは 購入当日のみ有効です。 なお、もしLCCで成田空港に到着した後、都内に 数日程度滞在する のであれば、「」という割引切符も魅力です。 京成スカイライナーの往復きっぷ(片道でも可)と、東京の地下鉄全線(東京メトロおよび都営地下鉄)を自由に乗り降りできる「東京サブウェイチケット(Tokyo Subway Ticket)」がセットになったもので、それぞれを別々に購入するよりも おトクな価格で購入できます。 仮に72時間の乗り降り自由な「東京サブウェイチケット」を購入する場合は、スカイライナーの往復きっぷと合わせて合計5,400円(大人)となり、別々に購入するよりも 2,240円もおトクになります。 「京成スカイライナー&東京サブウェイチケット」の購入はLCC機内のみとなっています。 こちらも「スカイライナーバリューチケット」同様に、スカイライナー券販売カウンターで乗車券およびライナー券を受け取ってからスカイライナーに乗車します。 スカイライナーの車内について 続いてスカイライナーの車内の様子をご紹介します。 ここでは実際に私が乗車した際に撮影した写真とともに車内の感じをお伝えしますので参考にしてください。 座席について 通気性の良いメッシュ素材のシートで、クッション性も高くなっています。 足元には 大人でも十分なスペースがあり、ゆったりとくつろぐことができます。 また座席には充電用のコンセントも設置されていますので、その点も安心です。 座席配置は、車両中央の通路を挟んで左右に2席ずつの配置となっています。 上部には荷物棚も設置されているので、 荷物があっても快適に過ごすことができます。 広々とした荷物置きスペース また各車両の入り口付近には、スーツケースなどの大きな荷物をおけるように荷物スペースが確保されています。 ただし、盗難や間違いを防止できるような セキュリティーは用意されておらず、荷物をそのまま置いておくだけなので、貴重品の入った荷物は座席付近に置いておくのが無難だと思います。 スカイライナーのおすすめの座席はどこ? スカイライナーのおすすめの車両は 4号車または5号車です。 というのも4号車には自動販売機、5号車には洗面・トイレ設備が配置されているからです。 なんだかんだ1時間くらいは乗車することになるので、出来ればこの辺が近いと便利かと思います。 ただ、やはり設備を利用するための 人の行き来もある程度発生します。 それを避けたい場合は8両編成の端にあたる1号車または8号車が良いかもしれません。 成田エクスプレスとどっちがおすすめ? 都内と成田空港を短時間で結ぶ電車には、JR東日本が運行する「」もあります。 スカイライナーが発着する都内の 主な駅は京成上野駅と日暮里駅のみですが、成田エクスプレスはJRの東京駅、新宿駅、品川駅、池袋駅、渋谷駅等の 多くの都内主要駅での乗り降りが可能です。 また成田エクスプレスには、スカイライナーでは設定されていない、普通車よりも設備の優れた 「グリーン車」もあります。 正直都内の乗降駅の利便性や、移動の快適性などを考えると東京の西側方面に住んでいる場合は 成田エクスプレスの方がおすすめ かなと思います。 値段もあまり変わらないので、ぜひよく検討されるのが良いかなと思います。 成田空港をご利用の方にこんな記事もおすすめ もしこれから成田空港をご利用になるのであれば以下の記事も参考にしてみてください。 飛行機内での暇つぶしや空港での暇つぶしなどお伝えしています。

次の

在来線最速160kmを体験

スカイライナー 自由席

スポンサードリンク スカイライナーの予約方法を解説します。 スカイライナーは自由席がありません。 スカイライナーは全席指定となります。 事前にインターネットで切符を購入し、座席指定しておくと便利です。 駅の窓口でも購入できますが、乗り換え時間が短い時は事前に購入しておくとスムーズです。 成田空港のLCC利用はたいてい早朝便のため、せっかくLCCを使って交通費を安く抑えているのにと思いつつ、移動時間も短く、到着時間も読めるを利用しています(帰りは東京駅まで高速バスが多い)。 これまでは日暮里駅で乗り換えの際に窓口でスカイライナー券と乗車券をあわせて購入していたのですが、ウェブでのスカイライナー券の事前予約を試してみました。 これだとチケットデータをスマートフォンで提示した上で、Suicaで改札を通過できるので乗り換えがとても楽になります。 乗り換え時間にチケット購入時間を組み入れる必要がないので、乗り換えもとってもスムーズになります。 基本はPCサイトでも同じはずですが、ここではスマートフォンで スカイライナーの予約方法を説明します。 スポンサードリンク スカイライナーとは? スカイライナーは、京成上野駅と成田空港の間を結ぶ、京成電鉄の列車の愛称です。 所要時間は、日暮里駅と空港第2ビル駅間で最速36分、京成上野駅と成田空港駅間で最速41分です。 全席指定となります。 料金はスカイライナー券が1,230円、乗車券が京成上野駅と成田空港間が1,235円となります(日暮里駅と空港第2ビル駅間でも同じ)。 片道2,465円です。 からありますので、時間とコストとの兼ね合いで選ぶと良いでしょう。 がありますので、空港に向かいながら充電をすることも可能です。 スカイライナーに自由席はある? 残念ながら スカイライナーには自由席はありません。 スカイライナーは全席指定席となります。 先に説明する方法であらかじめ指定席を予約しておくか、窓口で指定席を購入する必要があります。 スカイライナーの時刻表 スカイライナーの時刻表はから確認できます。 もしスカイライナーのチケットを予約せずに向かう場合は、乗換駅でチケットを購入する時間をあらかじめ考えておきましょう。 荷物も重いでしょうし、乗り換え口から離れた場所で下車してしまうと乗り換えも面倒です。 スカイライナーの切符を予約するには、まずにアクセスし、チケットレス会員登録を行います。 規約に同意し、メールアドレスやユーザーID、パスワード、名前などの各種情報を入力します。 チケットレス会員登録が完了したら、登録したIDとパスワードで、スカイライナーのインターネット予約サービスにログインします。 ログイン画面から下にスクロールし、スカイライナー券を予約します。 スカイライナーに乗車したい日、乗車駅、降車駅、時間帯を選択します。 検索結果から乗車希望のスカイライナーを選択します。 乗車人数を選択します。 続いてスカイライナーの座席指定を行うことができます(スカイライナーは全席座席指定です)。 チェックを入れ、乗車するスカイライナーの座席指定を行います。 スカイライナー券をチケットレスで購入します。 予約内容の確認です。 日暮里駅から成田空港までのスカイライナー券は1,230円です。 購入と同時に、乗車するスカイライナーのスカイライナー券を表示するためのURLが記載されたメールが届くので、と実際の乗車時にすぐに表示できるようにしておきましょう。 iPhoneのSafariで表示した状態だと、時間をあけてもログアウトすることはなく、そのまま提示することができました(たまたまかもしれませんが)。 次回からはログインするだけで、スカイライナーのチケットの購入が可能です。 以上がスカイライナーを予約する方法、座席指定をする方法です。 支払いに「楽天ペイ」が利用可能 久しぶりにウェブからスカイライナーのチケット予約をして、楽天の決済サービスである「楽天ペイ」が使えるようになっていることに気が付きました。 クレジットカード、リクルートかんたん支払い、Yahoo! ウォレットと並んで、楽天ペイでの支払いが可能となっています。 楽天ペイを利用すると、楽天ポイントの利用、貯めることが可能です。 楽天ポイントの利用がなければ、結果的には楽天ペイに登録してあるクレジットカードでの支払いとなります。 スカイライナーの予約を変更する方法 予定より早く空港に行けることになり、事前に予約していたスカイライナーを早い時間に変更してみました。 スマートフォンから予約変更することが可能です。 サイトにログインし、予約を確認します。 「予約・購入確認(ネットライナー券の表示)」を選択します。 予約しているチケットの詳細を表示します。 「列車を変更する」を選択します。 変更したいスカイライナーを検索します。 後は座席指定をすればスカイライナーの予約変更は完了です。 支払いを行って、スカイライナーの予約変更は完了です。 iOS版ヤフー乗換案内からスカイライナー予約が可能に iOS版のヤフー乗換案内を利用している人には便利な朗報です。 ヤフー乗換案内を使用した成田空港までの経路検索の詳細画面から、そのままスカイライナーの予約ができるようになりました。 「チケット予約」をタップすると、スカイライナーの予約サイトにジャンプします。 会員登録なしでもスカイライナーの予約は可能ですが、登録済みの方が入力する情報は簡単で済みます。 ヤフー乗換案内で検索した経路情報そのままに、スカイライナーを予約することが可能です。 これは便利です。 出発時刻の5分前まで予約可能(事前予約は乗車の1ヶ月前から)。

次の