花 を いける 漢字。 夏の花といえば?名前・漢字・花言葉を一覧で徹底解説!

雑学【難読漢字】花・植物の漢字まとめと問題

花 を いける 漢字

もともとは 木の葉っぱや弓を示す象形文字 きのはっぱやゆみをしめすしょうけいもじでした。 しかし 西暦 せいれき500年くらいになり、 人が立ったり座 ひとがたったりすわったりと 変化を表す へんかをあらわす象形文字である「化」が 使 つかわれるようになりました。 化は変化を意味しますが、花はつぼみから花が 咲 さくまで変化していきますよね。 化という字を使用する事で、変化する花という漢字が 成立 せいりつしたと言われています。 では次に花の意味を確認していきましょう! 漢字「花」の意味 では意味を確認していきましょう。 種子植物 しゅししょくぶつ こちらが 一番 いちばんメジャーな意味でしょう。 花屋さんなどで 販売 はんばいされていたり、 野山で生息している全 のやまでせいそくしているすべてての花が 当 あてはまります。 桜 さくら 「 花見 はなみをする」と言うと、桜を見るという意味になります。 神仏に供 しんぶつにそなえる 仏事 ぶつじなどの 際 さいにも花は使われるんです。 その際には「 手向けの花 てむけのはな」となります。 華道や活け花 かどうやいけばな 華道や活け花の 材料 ざいりょうとしての花を指す場合もあります。 祭りや芸人 まつりやげいにんなどに 渡すお金 わたすおかねとして 芸人のコントやお祭りの際に 上手 うまく言った時に、 通常の入場料以外 つうじょうのにゅうじょうりょういがいに渡すお金を花と 表現 ひょうげんすることがあります。 花のような 形 かたちをしたもの 例:花火(はなび) 打ち上げられた時に開く様子が花に似ていますね。 目が良く見えない様子 めがよくみえないようす 目がチカチカしてかすむことを「眼花(がんか)」と言います。 次に読み方をお伝えします。 どのような読み方があるんでしょうか? スポンサーリンク 漢字「花」の読み方 音読み・訓読み、その他の読み方を見ていきましょう。 音読み 「カ」 例: 花月 かげつ 、造花 ぞうか 、花壇(かだん)、花粉(かふん)、花梨等(かりんとう)、花紅柳緑(かこうりゅうりょく)、花瓶(かびん)、花梨(かりん) ・花壇に花を植える。 (かだんにはなをうえる) 訓読み 「はな」 例: 花祭り はなまつり 、花曇り(はなぐもり)、花より団子(はなよりだんご)、花札(はなふだ)、花言葉(はなことば)、花道(はなみち)、花の下より鼻の下(はなのしたよりはなのした)、花弁(はなびら) ・薔薇の花言葉は情熱です。 (ばらのはなことばはじょうねつです) その他 例: 石楠花 しゃくなげ 、花瑠瑠(ホノルル)、花魁(おいらん) この文字は訓読みが一般的な読み方です。 次は書き方や書き順を見ていきましょう! 漢字「花」の書き順・書き方 (七画)(部首:艹) 書き方を説明していきますね。 一画目 ・マスの左上から右へまっすぐ進み、止めます。 ニ画目 ・一画目を 三等分 さんとうぶんになるように二画目を書きます。 ・短く内向きに右斜め下へ進み、止めます。 三画目 ・マスの右上から、今度は左斜め下へ短くはらいます。 四画目 ・カタカナの「イ」を書くように、 左にはらいます。 五画目 ・四画目の真ん中から下へ短く進み、止めます。 六画目 ・左斜め下へ短くはらいます。 七画目 ・マスの中心から、四画目の書き始めと高さを揃えて下へまっすぐ進みます。 ・五画目の書き終わりよりも少し上で右へ曲がり、最後は上にはねます。 以上が書き方です。 では、花に関する うんちくを見ていきましょう。 漢字「花」のうんちく 光合成 こうごうせいをしない花が 存在 そんざいしている? 一般的 いっぱんてきに花と言えば、光合成をして 酸素を排出 さんそをはいしゅつしていますよね。 これは小学校の 理科 りかで学びます。 しかし中には 例外 れいがいもあるのです。 最近発見 さいきんはっけんされた花の中には光合成をしない花もあるんです。 それは「タケヤマヤツシロラン」という花です。 こちらは光合成の 器官が退化 きかんがたいかしており、その代わりに他の植物や土の中に生息している 菌類 きんるいから 養分を吸収する事に長 ようぶんをきゅうしゅうすることにたけるようになりました。 光合成をしないので、花が咲く4~5月以外は土の中で繁殖しているんです。 こんな 珍 めずらしい花もあるんですね。 最後に花に関係する四字熟語を紹介したいと思います。 花に関する四字熟語 数ある花に関する四字熟語の中でも花朝月夕 かちょうげっせき は有名な四字熟語です。 春の事を「花朝」、秋の事を「月夕」と呼び、 春は花が咲き、秋の 日暮 ひぐれにはすばらしい 月を見て楽 つきをみてたのしむことができる良い 季節 きせつだという意味です。 日本の四季を感 にほんのしきをかんじられる四字熟語ですね。 スポンサーリンク 漢字の成り立ち「花」のまとめ 最後にこの記事をまとめていきましょう!• 形声文字です。 もともとは葉っぱと弓を表す象形文字でしたが、変化を示す化という象形文字に変わり、今の花が成立した。 種子植物の花以外にも、様々な意味がある。 お祭りや芸人のコントで臨時に支払うお金もお花と言う。 音読みだと「か」・「げ」と読み、訓読みだと「はな」と読まれる。 花月・造花・石楠花・花まつりなどが具体例。 下の部分を少しだけ大きく書くのが綺麗に書くためのポイント。 花が咲く植物の中には実は光合成をしない花が存在している。 四字熟語の花朝夕月は春は花が咲き、秋の日暮れにはすばらしい月を見て楽しむことができる良い季節だという意味 以上がまとめです。 このような事を頭に入れておくと良いでしょう。

次の

花・植物の漢字(80種類)をクイズ形式で紹介!どれだけ知ってる?

花 を いける 漢字

A1:ヒマワリ(向日葵) 夏の照り付ける太陽に向かって咲く様子が漢字に表されていますね。 A2:タンポポ(蒲公英) なかなか漢字から推測するのは難しいですね。 英語では「ダンデライオン」というのでヒントがライオンでした。 A3:スミレ(菫) A4:コスモス(秋桜) 花びらが桜のようで、まさに秋に咲く桜ですね。 A5:アジサイ(紫陽花) A6:クルミ(胡桃) 有名な「くるみ割り人形」の物語がクリスマスのお話なので、なんとなく冬のイメージをもつかもしれませんが、収穫は冬ではなく秋です。 緑の実の中の種を食べます。 A7:サザンカ(山茶花) 童謡『たき火』の「サザンカ、サザンカ、咲いた道…」で有名な冬の花ですね。 A8:ツクシ(土筆) 「土に生えた筆」と見た目にぴったりな漢字です。 A9:ツゲ(柘植・黄楊) くしとしてよく使われています。 A10:シダ(羊歯) 実際にはシダ植物として分類に使われる言葉です。 ワラビが有名ですね。

次の

植物の漢字

花 を いける 漢字

木へんに花と書いて「椛」になります。 「椛」の熟語・「椛」の音読み・訓読みを知っていれば役立ちます。 「椛」という文字は「国字」に指定されています。 「国字(こくじ)」とは、中国以外の国で作られた独自の漢字体の文字になります。 広義では、「国字」には方言文字・職域文字・個人文字や仮名合字も含まれます。 「国字」は、和字・倭字・皇朝造字などとも呼ばれます。 日本製の漢字を国字という言葉で表すようになったのは、江戸期に編纂された研究書「同文通考」および「国字考」で用いられてからとされています。 「国字」の多くは日本でのみ通用するとされていますが、一部の文字は今でも中国・台湾など他の漢字文化圏でも使われています。 現代日本語として常用される「国字」の多くは、「JISX0208」に組み入れられています。 Unicodeにも収録されている文字は、電算処理や通信に使うことも可能となっています。 しかし、JISやUnicode等の文字コードに未収録の国字も多く存在しています。 次に、木へんに花の「椛」のこと・「椛」の熟語・「椛」の音読みと訓読みなどを紹介します。 木へんに花の「椛」 木へんに花と書く「椛」は「国字」に指定されています。 「椛」は、「木」を部首に持つ漢字になります。 部首が「木(もく)」の木部7画の漢字です。 木部(もくぶ)とは、「木」を部首にもつ漢字の集まりのことです。 総画数は11画になります。 JIS漢字水準は、JIS第1水準で漢字検定は準1級になります。 「椛」の意味は、かば・カバノキ・もみじ、などになります。 「椛」の固有の識別コードである「文字コード」には、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」などがあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+691B」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-19-81」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「168150」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+691B」になります。 次に、「椛」の熟語・「椛」の音読みと訓読みなどを紹介します。 「椛」の熟語 木へんに花と書く「椛」は国字です。 「椛」は人名用の漢字なので一般的に知られている熟語はありません。 「椛」を使った男の子の名前には、 椛(あき)・椛昭(かばあき)・椛(しゅう)・椛(もみじ)などがあります。 「椛」と使った女の子の名前には、 ・愛椛(あいか・あいみ・あいも・あか)・愛椛音(あかね)・椛佳(あきか) ・椛華(あきか)・椛香(あきか)・秋椛(あきか)・椛奈(あきな)・椛菜(あきな)・椛朋(あきほ)などがあります。 次に、「椛」の音読みと訓読みを紹介します。 「椛」の音読み・訓読み 木へんに花と書く「椛」は名前に使われている漢字です。 「椛」には皆に知られている熟語はありません。 「椛」の名前には、愛椛(あいか)・愛椛音(あかね)・椛佳(あきか)・椛華(あきか)・椛香(あきか)などがあります。 「椛」の音読みはありません。 椛の訓読みは、かば・もみじ、になります。

次の