デビー クロケット。 【みんなのうた50年史】『デビークロケットの歌』(1962年): 玉葉06

デイビー・クロケットとは (デイビークロケットとは) [単語記事]

デビー クロケット

デビー・クロケットの唄 I will support Ohashi For tomorrow. 米国史の英雄デビー・クロケット(1786〜1836)の生涯を描いたもので、主演はフェス・パーカー。 1960年のジョン・ウエイン監督主演作品「アラモ」と同じ話である。 テネシー州の片田舎で育ったデビー・クロケットが1813年に州兵となり、後に大統領となるジャクソン将軍の下で、インディアンとの戦いに勝ち、名声を得た。 27年に下院議員選に出馬し当選、鹿皮服でワシントンに乗り込み、型破りな活躍をするが、35年に落選した。 その後、メキシコからの独立を目指すテキサスの暫定政府に共鳴して、36年2月にアラモ砦の守備に就いたが、3月6日、奮戦むなしく砦は陥落、デビー・クロケットは処刑された。 元の歌はフェス・パーカー自身が歌ったが、一代記を叙事詩につづった歌詞で、20番まであるという。 小坂一也(1935〜1997)はカントリー&ウェスタンの歌手として1950年代後半に大活躍し、「青春サイクリング」や「北風」、プレスリーの「ハート・ブレイク・ホテル」などがヒット、その後も俳優として、やや気の弱いハンサム男役でよく起用された。 女優十朱幸代と15年近い交際の末、74年に結婚したが、1年持たずに破綻し話題になった。 なお、「鹿皮服の男」主演のフェス・パーカーは2010年3月18日に85歳で死去した。 この映画を見た当時は洋画専門封切り館だったが、後に大映の封切り館となった。 1836年の独立からわずか10年後にテキサスは米国に併合されており、テキサス独立戦争自体が米国の領土拡大政策に操られたものだったともいえる。 E-Mail :.

次の

デイビー・クロケット 鹿皮服の男 : 作品情報

デビー クロケット

開発の経緯 [ ] 後のは、が行為を仕掛けてきた場合、即座にで報復攻撃を行うという「」を取っていた。 しかし、この戦略では大国間の直接戦争は抑止できても、のような、大国同士が直接戦争行為を行わない「小さな戦争」、大国の同盟国間において行われる「局地戦」は抑止することができなかった。 このため、「小さな戦争(局地戦)」から「大きな戦争(全面戦争)」まで、様々な段階に対応したのバリエーションを増やすことが必要だと考えられた。 部隊が手軽に運用できる大きさの核兵器を装備することは、軍に比べ圧倒的に数的優位をもっていたに対する抑止力として大いに期待され、威力が小さくとも通常と同じように使える「手軽な核兵器」の開発が急務とされた。 このような背景からからにかけて立案された計画は"BGADS" Battle Group Atomic Delivery System. 戦闘群核(兵器)運送システム)と命名され、この計画は当時のである大将 の推し進める「師団」 の重要な構成要素として位置づけられた。 開発 [ ] 運用試験中のXM28 XM63 (での撮影) 前述のような経緯からBGADS計画は高い優先順位を与えられ、より開始された。 当初は既存ののとして通常の無反動砲と同じように装填・発射される「無反動砲用」であったが、人力もしくは軽車両によって搬送できる大きさの無反動砲の弾頭のサイズの核弾頭を開発することは困難であり、また、既存の無反動砲では確保できる射程が必要とされる核弾頭の威力半径を下回ってしまうため、計画は専用の発射装置として開発する新型無反動砲を用いた外装式の弾頭に変更された。 軽砲は XM28 、重砲型は XM29の砲システム名で開発が進められ、XM28用は XM63 4. 7インチ無反動砲 XM63 4. 7inch recoilless rifle として、 XM29は XM64 6インチ無反動砲 XM64 6inch recoilless rifle として試作品が完成したが、サイズ、重量的にXM63を個人が肩担して運用することは不可能で、XM28も地上設置もしくは車両搭載型の無反動砲として完成した。 1958年には"Davy Crocket"の呼称が公式のものとして決定し、同年11月には最初の発射装置(無反動砲)が完成して納入された。 計画の要である小型核弾頭の開発は難航したが、にはの開発の権威であるによって当時世界最小(装置総重量23kg)の核弾頭であるが完成し、これは即座にこの計画に応用され、、 M388 デイビー・クロケットとして完成し、制式採用された。 生産・配備 [ ] M388は開発が終了したからただちに生産が開始され、総数2,100発が製造された。 生産されたおよび発射装置は-にかけて主にに駐留するに配備された。 1962年7月17日、リトルフェラーI作戦において炸裂したM388弾頭の発生させた。 雲は目標地点(爆心地)上空の高度11,000フィート(約3,353m)に達した。 1961年の配備開始後、射程の短いM28は段階的にM29に置き換えられ、以後は実戦装備としてはM29のみが用いられた。 7月7日および17日には、 ()の名称でで核弾頭の実射訓練が行われている。 この他、1962年からにかけて、の ()において測距銃を用いた射撃訓練が計714回行われており、この際に用いられたM101 20mm弾は弾頭にを使用していた。 M388は1967年8月には西ドイツ駐留軍より引き揚げられ、これ以外の配備先からも順次実戦装備より解除されて予備兵器となり、には全数が退役した。 にともない、アメリカはにからの地上発射式戦術核の撤去を宣言した。 こうしてM388は一度も実戦で使用されることなく全てが廃棄された。 ドイツ連邦軍への配備計画 [ ] 時代のにおいて、で後半から前半にかけて国防相を務めたは、デイビー・クロケットに大きな期待と支持を寄せ、アメリカに対して西ドイツ軍()に政策に基づくデイビー・クロケットの供与を希望した。 彼によれば、M388核弾頭は軍に対する効果的な戦力であり、その威力は1発で通常火砲の40門から50門の全力斉射に相当するため、デイビー・クロケット1基で2個ないし3個砲兵大隊を代換でき、これによりの抑止力を大幅に向上させる事ができると共に軍事予算を大幅に削減でき、効率的かつ効果的な戦力の増強と軍事費の削減が実現できる、というものである。 しかし、これは事実上「東側との戦争状態に突入した場合、即座にを使用する」ことと同義であり、戦術核兵器を重要な戦力と位置づけつつも「敵が通常戦力で攻撃を行った場合、まずは極力通常戦力のみで対応し、核兵器の使用は敵が核兵器を使用、もしくは使用を決断したと判断した後に決定する」という当時のアメリカの基本戦略()に反していた上、NATOの軍事力に占める核兵器の依存度を過度に偏重させるものであることから大きな反発を受け、最終的にはアメリカによって却下された。 日本への配備 [ ] デイビー・クロケットは世界各地のアメリカ軍基地に配備されたが、日本でもアメリカ合衆国統治下の(「」の項参照)に配備されていたことが、にアメリカの、 ()(Natural Resources Defense Council. 天然資源保護協会)が公表したの核兵器配備先リスト によって確認されている。 構造 [ ] M64無反動砲に装着されたM388弾頭(展示用模擬弾 弾頭の下に見える様のものは37mm測距銃 (の展示品) デイビー・クロケットはにを内蔵したM388弾頭を外装式に装填し運用する外装式砲弾システムである。 発射に用いる無反動砲は4. 7インチ(120mm)の M63と6. 1インチ(155mm)の M64の2種類があった。 砲本体の重量は、M63が185ポンド(約84kg)、M64が440ポンド(約199. 6kg)、M388弾頭は尾部に4枚の安定翼のついた全長31インチ(約78. 75cm)、最大直径11インチ(約28cm)の形有翼砲弾で、重量は76ポンド(約34. 5kg)である。 弾頭は外装式のものを"launching piston"もしくは"spigot cylinder"の名称の分離式尾筒の一種を用いて発射する特殊な形式で、曲射専用の発射方式と併せ、無反動砲というよりはに近いものであった。 装填は砲口から行われ、発射薬を装填した後に尾筒を挿入、尾筒に弾頭を装着して装弾完了となる。 発砲すると発射薬の燃焼ガスによって尾筒とその先端に連結された弾頭が撃ち出され、発射後尾筒は分離して弾頭部のみが目標地点に飛翔、設定された所定の高度で炸裂する。 M63には20mm、M64には37mmの単発式 が備えられ、この銃は弾頭と同様の弾道を描くを発射した。 なお、デイビー・クロケットの用いる弾頭にはM388核弾頭の模擬弾や訓練弾を除けばそれ以外の種類がなく、この砲システムは核弾頭専用である。 開発初期には通常の無反動砲としても用いることができるよう、通常弾(やなど)の開発も準備されたが、滑腔砲身のため低速の有翼弾頭では命中精度が低く、また、装弾方式が外装式に変更されたことと、現実の運用は大仰角による間接射撃専用となることが決定したため、通常弾の開発は棄却されている。 発射装置であるM63およびM64は車載もしくは地面にで設置して運用する。 両砲共に構造的には水平弾道で直接射撃を行う「直射砲」ではあるが、運用時には破壊範囲を最大にするために最適高度で弾頭を空中炸裂させる必要上、射撃時には角度を調整してやのように大きな仰角をつけた状態となり、発射した砲弾が曲射弾道を描く「」として照準・発砲される。 M63の最大射程は1. 25(約2,011 m)、M64は(約4,023 m)である。 W54核弾頭のは可変式で、調整範囲は0. 01ktまたは0. 弾頭の威力は主に強烈なの効果によるもので、低出力の設定でも、核弾頭は150メートル以内の目標に対し即座に死亡する強さの放射線(10,000(100)を超える)を浴びせる。 放射線強度は400メートル離れていてもほぼ死亡するレベル(およそ600レム(6シーベルト)に達する。 核弾頭の発射前にはまず測距銃を発射し、弾道と風向・風速を確認、目標に対する弾頭の炸裂最適高度を算定する手順となっていた。 なお、発砲時の砲口爆風および無反動砲ゆえの後方噴射と、射程距離が短いために核弾頭が炸裂した際の影響が発射地点に及ぶことを避けるため、撃発は砲から離れてリモコンスイッチで行い、砲員は発射後直ちに塹壕もしくは遮蔽物に身を隠すことが指示されていたが、を含む爆風の飛散等を考慮すると、を着用していたとしても砲員を放射線障害の危険から完全に保護できていたかは疑問である。 各型および構成装置 [ ] M28 軽量級短射程型。 M63 4. 7インチ無反動砲、20mm測距銃、照準器、三脚架もしくは車載用砲架およびその他付属装備で構成される。 M29 重量級長射程型。 M64 6. 1インチ無反動砲、37mm測距銃、照準器、三脚架もしくは車載用砲架およびその他付属装備で構成される。 M388 W54-2 核爆発装置を内装した外装式弾頭。 弾頭威力および爆発高度はそれぞれ2段階に調整できた。 W54-2 核弾頭。 爆発威力は0. 01ktまたは0. XM1117 信管。 M101 Spotting Round M63無反動砲に付属する20mm測距銃で用いる有翼砲弾。 弾体にを使用している。 M76 ZONE I M94 とも。 短距離(540-1,900m)用の発射薬(装薬)。 M77 ZONE II 長距離(1,700-4,000m)用の発射薬。 登場作品 [ ] ゲーム [ ] 『』 がへのの際に持ち込み、ヴォルギンによって秘密設計局OKB-754に撃ち込まれる。 また、ザ・ボス本人もグロズニィグラードに撃ち込んでいる。 参考文献・参照元 [ ]• 『MODERN WAR MAGAZINE 15 January-February 2015』 2015年 p. Kutta• テイラーは後に大統領の下でに就任している。 にアメリカ陸軍が考案した、将来想定される戦場において戦術核兵器に対応する能力を付与させた歩兵師団の編制案。 詳細は「」を参照• この実射訓練は、アメリカが行った最後の大気圏内核実験であった。 リトルフェラー作戦におけるデイビー・クロケットの実射には、大統領や大将(この実験に列席した際の肩書は「大統領軍事顧問」)も列席した。 German. 1962年. 2018年12月10日閲覧。 Bulletin of the Atomic Scientists November—December 1999. 2018年12月7日閲覧。 この方式は無反動砲の形式分類としては「」もしくは「」に類するが、それらとは砲尾に閉鎖器がないことや、ノズルが砲尾真後方にあることが異なる。 025kt(TNT火薬換算25トン相当)となっている。 7月7日および17日に行われた、デイビー・クロケット唯一の実射実験である ()の際に観測された推定爆発威力は、0. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ] Webサイト•

次の

【みんなのうた50年史】『デビークロケットの歌』(1962年): 玉葉06

デビー クロケット

デビー・クロケットの唄 I will support Ohashi For tomorrow. 米国史の英雄デビー・クロケット(1786〜1836)の生涯を描いたもので、主演はフェス・パーカー。 1960年のジョン・ウエイン監督主演作品「アラモ」と同じ話である。 テネシー州の片田舎で育ったデビー・クロケットが1813年に州兵となり、後に大統領となるジャクソン将軍の下で、インディアンとの戦いに勝ち、名声を得た。 27年に下院議員選に出馬し当選、鹿皮服でワシントンに乗り込み、型破りな活躍をするが、35年に落選した。 その後、メキシコからの独立を目指すテキサスの暫定政府に共鳴して、36年2月にアラモ砦の守備に就いたが、3月6日、奮戦むなしく砦は陥落、デビー・クロケットは処刑された。 元の歌はフェス・パーカー自身が歌ったが、一代記を叙事詩につづった歌詞で、20番まであるという。 小坂一也(1935〜1997)はカントリー&ウェスタンの歌手として1950年代後半に大活躍し、「青春サイクリング」や「北風」、プレスリーの「ハート・ブレイク・ホテル」などがヒット、その後も俳優として、やや気の弱いハンサム男役でよく起用された。 女優十朱幸代と15年近い交際の末、74年に結婚したが、1年持たずに破綻し話題になった。 なお、「鹿皮服の男」主演のフェス・パーカーは2010年3月18日に85歳で死去した。 この映画を見た当時は洋画専門封切り館だったが、後に大映の封切り館となった。 1836年の独立からわずか10年後にテキサスは米国に併合されており、テキサス独立戦争自体が米国の領土拡大政策に操られたものだったともいえる。 E-Mail :.

次の