しまむら クレーマー。 『しまむら』店員を土下座させて逮捕 クレーマー主婦をブタ箱に入れた「強要罪」はこんなに怖い(週刊現代)

土下座事件!?しまむら店員 ツイッター女性の名前本名が特定 半沢の影響?

しまむら クレーマー

カスハラとは? 明確な定義はないデジが、カスタマーハラスメント(カスハラ)は 店員や窓口に対して理不尽で悪質なクレームを入れることデジね。 たまにテレビで悪質クレームの特集なんかをやってるデジよね。 それを今はカスハラと呼ぶわけデジ。 ほんっと迷惑な行為よね! 対応する側は強く言えないから言いたい放題ってケースも多いデジよ…。 中には「土下座しろ!」「(料理が口に合わなかったという理由で)返金しろ!」なども・・・正直、手に負えないデジね…。 特に大手の販売店なんかは辛いわよね。 下手なこと言えば大炎上だし…。 そんなカスハラは増加の傾向にあると言われてるデジね。 これは近年の企業の過剰なサービスや、人員不足、SNSの普及、シニア世代の増加などが関係しているとされてるデジ。 たまにSNSで「〇〇したら返金できたw」みたいな酷い投稿を見るものね…。 ちなみに、カスタマーハラスメントを略して「カスハラ」なわけデジが、ネットでは カスがする行為だからカスハラなんて言われ方もしてるデジ。 的を得てるかも。 雑誌が折れていることに気づかず、そのまま販売してしまったことは悪いかもしれないデジが、そこまで怒ることではないデジよねぇ。 しかも2cmって…。 それに要望通りに店長が届けに行ったにも関わらずさらに30分以上もクレームって… お互いに思いやりが必要じゃないデジかねぇ。 忙しいランチタイムに店を訪れた女性のオーダーを厨房に通し、引き続き忙しく接客をしていたところ、その女性から呼ばれ「やっぱり別のメニューにしたいから変更して」と頼まれました。 すでに厨房にオーダーを通してから5分以上が経過。 もう調理しているからと丁寧に断ったところ「こんな融通がきかない店に来るんじゃなかった」「それくらい対応できないなんておかしい」「ほかの店は対応してくれる」などと大声で文句を言われてしまいました。 これはひどいデジ。 こういった 常識のないカスハラ客の言いなりになってしまうケースもあるデジが、やっぱりムリなら断ってしまった方がいいと思うデジ。 一番リーズナブルな部屋を予約した男性客が、チェックインのあと「部屋が狭いから部屋を変更してほしい」と言ってきたので、満室だと断るとどうにかしろと強い口調に。 仕方がないので、Jさんが近くにある別のホテルを案内したところ、別ホテルに宿泊する費用と移動に使うタクシー代を請求。 それを断るとネットにJさんの名前を出してクレームを書かれてしまいました。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! カスハラ被害はこれからも増える? こうしてみると、カスハラの被害は本当に理不尽で酷いものばかりデジね…。 良心のある人間の行いとは思えないものもチラホラ・・・デジね。 ちなみに、カスハラはシニア世代からの被害も多く、特に男性シニアの加害者が多いと言われてるデジ。 これは、定年退職をして仕事に向けていた分のパワーが有り余ってるから、と考えられるデジね。 これが事実なら今後さらにカスハラの被害は増えるかもしれないデジ…。

次の

しまむらクレーマー「青木万利子」逮捕!(笑): ニュース批評(浅田真央好き、キムヨナ嫌い、中韓嫌い、そんなペプシのブログ)

しまむら クレーマー

しまむらの店舗(「Wikipedia」より) しまむらが相変わらず不調だ。 昨年12月25日に発表された2018年3~11月期の連結決算では、売上高が前年同期比4. 0%減の4099億円、純利益は42. 7%減の137億円だった。 気温が例年より高く、防寒肌着や寝具など冬物商品の販売が振るわなかったという。 主力の「ファッションセンターしまむら」は、壊滅的だ。 売上高は前年同期比5. 5%減の3185億円だった。 「誕生祭」や「感謝祭」などのセール企画を打ち出したが不発に終わった。 既存店売上高は前年を下回る月が続き、3~11月期では4月を除いた8カ月がマイナスとなっている。 続く12月は7. 8%の大幅減となった。 12月まで8カ月連続での前年割れだ。 あわせて、野中正人代表取締役会長が体調不良のため12月31日付で辞任すると発表した。 野中氏から辞任したいとの申し出があったという。 野中氏は1984年にしまむらに入社。 商品部や経理部の部長を経て、05年5月に代表取締役社長に就任。 18年2月に社長を退任し会長に就任した。 野中氏が社長に就任した06年2月期の売上高は3258億円。 リーマン・ショックによる消費低迷で09年2月期こそ減収となったものの、それ以外では増収を重ねてきた。 社長退任直前の17年2月期(売上高5654億円)まで8期連続で増収を達成している。 しかし、退任した18年2月期(5651億円)は、わずかながら減収となった。 そして先述した通り、その後の3~11月期も減収となるなど苦戦が続いている。 新社長のもとで再成長を目指しているものの、成果が出ていないのが現状だ。 野中氏としては、後ろ髪を引かれる思いがあるなかでの会長辞任だったに違いない。 しまむらの不振の理由は、さまざまなメディアで指摘されている。 筆者もいくつか指摘してきた。 理由のひとつとしては、全店規模で売り場レイアウトを変更したことが挙げられる。 売り場の回遊性を高めることを目的に陳列量と陳列スペースを減らしたのだが、それによりしまむらの魅力のひとつである「宝探し」の要素が低下してしまい、売り上げ低下の要因となった。 ネット通販への対応の遅れもある。 しまむらは実店舗での販売にこだわってきたため、ネット通販への対応が遅れていた。 そうしたなか、 ゾゾタウンやアマゾンといった、衣料品を扱うネット通販事業者が伸長し、しまむらから顧客を奪っていった。 重い腰を上げるかたちで昨年7月に初のオンラインショップとしてゾゾタウンに出店したが、認知度などはまだまだで、収益の柱となるのは当分先だろう。

次の

しまむら店員土下座事件

しまむら クレーマー

事件の概要 【炎上】しまむら店員を焼土下座させたクレーマーが逆炎上wwwwwwww投稿者土下座しろと批判 — 秒刊サンデー公式 byokan 事件が起きたのは2013年のこと。 舞台は激安でお馴染みの洋服チェーン店「ファッションセンターしまむら」。 北海道のとある店舗に現れたのが、炎上主の 子連れ主婦だ。 主婦はしまむらで購入した 着用済み洋服が、不良品であるとして返品を迫った。 しかしながらそれは受け入れられず、 次に交通費を出すようにと脅迫する。 しかしそれも受け入れられない。 そこで激怒した主婦は店員に土下座を強要し、その写真を自身のツイッターに投稿したのだ。 反社会的な投稿は、当然ながらすぐに拡散し、多くの人の怒りを買った。 その後すぐに 主婦の個人情報はすべて特定・拡散され、日常生活が普通に営める状態ではなくなった。 それに激怒した彼女は、個人情報を特定・拡散した人物に対し、「 暴力団の名前を出して脅す」という行為に出た。 ネット炎上の仕組みを知る人間からすれば、こうした反撃が炎上のさらなる火種となり、長期化することは当然のこと。 怒りはさらなる怒りを買い、問題はネットの世界だけにとどまらず、 ワイドショーなどでも取り上げられる事態となった。 しまむらの店員を土下座させた奴、冷蔵庫に入ってウケ狙うバカとそれを炎上させて義憤燃やすタイプのバカの奇跡的なコラボレーションとも言えるハイブリッドバカという事だよな。 — コ口吉 0icco 同時期には店の冷蔵庫に入って炎上という案件もあった。 ツイッターはまさにバカ発見器。 【ガチすぎて怖い】しまむらの店長を土下座させ、写真うpする子連れ主婦wwww — ぱる速報 あぁ、典型的な統合失調症だね。 常に「敵」を設定して攻撃しつづけていないと、自分の存在がこの世から消えてしまうという妄想に怯えている。 — 安井 真守 mamorizm 主婦は統合失調症などの精神病なのではないかとの声も多い。 「しまむら土下座」の「まなみ」こと青木万利子 こいつだったか、はっきり顔が写っている。 で案の定、生活保護。 見るからに、言っちゃ悪いが朝鮮顔。 在日朝鮮人を日本から追い出したい、多分誰もが思うことだろう、在日は日本にいらない!真剣に思う。 — まつもと matsumoto17 「在日」「生活保護」といったワードがこの事件とともに語られるのは悲しいことだ。 当然ながら在日の方も、生活保護を受けている方も、大部分はこんな最低な事件を起こしたりしない。 擁護する声は・・・ 当然ながら彼女の行動に擁護すべき点などない。 だが歪んだ正義感から彼女の名前や住所、勤務先、顔写真等まですべてを特定、拡散した人たちに対しても、批判の声は集まっている。 こないだも言ったけど、事の善悪は別にして、解析班のこういった歪んだ正義感こそ一番気持ちが悪い。 被害者であるしまむらはそれだけでは事を納めなかった。 なんと 警察に被害届を出し、刑事事件として主婦は逮捕されることになったのだ。 <札幌東署>しまむら店員に土下座させる…強要容疑で女逮捕 介護職員、青木万利子容疑者(43)を強要容疑で逮捕した。 子供が朝鮮学校に通っているので「在日」では?と言われてますね。 — kisaki gaetgmbdcv 行き過ぎたモンスタークレーマーは逮捕される。 この事実が公衆に知らしめられたのは大きな収穫だ。 しかし土下座を強要された本人2人は、結果的にしまむらを退職したという。 二人の精神的な苦痛は続くことだろう。 そのことを思うとさらに加害者が憎くなるばかりだ。 教訓 狂った人間というのは、どの町にも一定数必ず存在するものだ。 そうした人間に絡まれたとき、土下座して謝るなんて対応はとってはいけない。 すぐに警察に連絡しよう。 脅迫・強要というのは立派な犯罪であり、そんな犯罪者とまともに関わる必要はないのだ。 それと客は神様なんかじゃない。 たまたま立場が違っただけで、人を神様扱いするなんて間違っている。 そうした間違いがクレーマーの力を増大し、今回のような悲しい事件を生んだのだ。

次の