足 骨。 足の骨の解剖を図でやさしく解説!どんな名前の骨があるの?

人間の骨の一覧

足 骨

脚とは、二本のアシの付け根から指先までのことで、専門的には【下肢】(下肢は骨盤も含みます)といわれる部分です。 足は、靴を履く部分ですね。 くるぶしから指先のことです。 足の解剖学・筋肉・骨格構造 足は趾骨(指の骨・基節骨・中節骨・末節骨)が14本、中足骨が5本、足根骨が7個、これに種子骨2個を加えて片足28個・両足で56個の骨で構成されています。 身体全体に約208個の骨があるといわれていますが、足だけで4分の1を占めています。 これらの骨が靱帯や関節包でガッチリとつながれています。 写真資料は深層の部分ですが、何層にもわかれて繋がっています。 引用文献『プロメテウス解剖学アトラス』 全身の筋肉の70%が脚の筋肉です。 足や足指を動かしている筋肉の多くは、膝の下あたりから繋がっています。 みなさんがイメージしていたよりも、意外と遠くからではないでしょうか? 立つ・歩くで、足や足指が動くということは、脚全体、特に膝から下の下腿(ふくらはぎ)は動かされるのです。 心臓の大きさは自分の握り拳と同じ大きさといわれていますが、こんな小さなポンプでは全身の隅々まで行き渡らせるのは無理です。 筋肉の運動がポンプの助けをしていますが、特に足の筋肉は血液を心臓に向かって押し上げる働きがあります。 第二の心臓ともいわれていますね。 脚の筋肉や足指を十分に使わないとき、ポンプ運動が低下し、新陳代謝や血液の循環が鈍り、さまざまな疾病や障害を引き起すことが知られています。 特に、足の指から足の裏にかけては神経が集中しており、足に感じる刺激は、靱帯、神経、脊髄を経て大脳に至り、足指の自由な運動は全身の筋肉運動に効果的に働いているのです。 ニュートンの第3法則(作用・反作用の法則)に基づいて、足底が床を押している力と同等に、床も足底を押しています。 これが『床反力』です。 米国足病医協会の調べでは、ゆっくり歩くときに足にかかる重さは、体重の1. 2倍になるそうです。 60kgの人で一歩ごとに72キログラムの重さが足にかかります。 人間は1日に平均約6. 5キロメートル、歩数にして約7500歩歩いているといわれているので、単純計算すると1日540トン! ゆっくり歩いてコレですから、急いで歩いたりすれば、もっと負担は大きくなります。 ちなみに走っているときは約3倍、ジャンプは約6倍。 ジョギングで膝・股関節・腰を痛める人が多いのは納得ですね。 これは直立した人の体重負荷率にみると、踵に多くの体重がかかっており、体重の約8割を受け止めるような構造になっているからです。 つま先と踵で分散しているのですね。 毛細血管もいれると、このように足の形になるほど隅々にまで行き渡っています。 血液も身体の支持組織の一つです。 液体なのに? と思われる方もいるかと思いますが、血管というホースに血液が流れています。 消防車のペラペラホースが水が通るとしっかりするのと同じですよね。 このようにテントのようなアーチ構造で上からの重みと、下からの床反力を支えています。 アーチが崩れた状態が開帳足・外反母趾になります。 指の下に硬いタコが出来ている人は要注意です。 足は【骨・筋肉・靱帯・脂肪・血管・アーチ構造】で、上と下からの負担を芸術的なまでに合理的に分散しながらバランスよく受け止める精緻構造をしているのが【足】なのです。 ベアフットランニング(裸足ランニング)を推奨している、アイルランドの理学療法士、ジェラード・ハートマン博士という方がいます。 ポーラ・ラドクリフ、ハイレ・ゲブレセラシェ、ハーリド・ハヌーシなどの大物ランナーが博士の手に足をゆだねている。 「建築物を見てみるといい」とハートマン博士は説明している。 あなたの足の設計図を眺めてみれば、何世紀にもわたってエンジニアたちが匹敵するものをつくりだそうとしてきた驚異の存在が見て取れるだろう。 足の中心となるのは土踏まず(アーチ)だ。 重量を支えるためのデザインとして、これほど優れたものは歴史上見当たらない。 あらゆるアーチの素晴らしきは、圧力をかけられると強さを増す点にある。 押し下げられれば下げられるほど、アーチの各部分はぴったりとかみ合うのだ。 有能な石工ならアーチの下に支えをつけるような真似はしない。 下から押し上げれば、構造全体を弱めることになるからだ。 足のアーチをあらゆる面から強化するのは、26の骨、33の関節、12のゴムのような腱、そして18の筋肉からなる伸張性の高い網であり、これはいずれも耐震構造のつり橋のように収縮する。 』 素晴らしい表現ですよね。 レオナルド・ダ・ヴィンチが人の足について、 『足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である』 と述べているのも納得ですね。 下記写真は通潤橋。 アーチ橋のような、強くたくましく、そして美しい足のアーチを取り戻しましょう! Amazonで購入できます。 足半公式LINE 入荷情報など発信。 足半の質問も受付しています。 足半屋メニュー• こんにちは。 残されている文献・資料を基に約1年かけて復元しました。 2009年から正しい足半の使い方と足に関する情報を提供していきます。 どうぞ、ごひいきに。 Amazonで購入できます。

次の

足の骨は何個ある??

足 骨

頭部の骨(head) [ ]• ossa cerebralia• os occipitale 1• os frontale 1• os temporale 2• os parietale 2• os sphenoidale 1• os ethmoidale 1• ossicula auditus 3x2 :側頭骨椎体内• malleus• incus• stapes• ossa faciei• concha nasalis inferior 2• os lacrimale 2• os nasale 2• vomer 1• maxilla 2• os palaticum 2• os zygomaticum 2• os mandibula 1• os hyoideum 1• sagittal suture• vertebrae• vertebrae cervicales 7• 第一頸椎()• 第二頸椎()• 第三頸椎~第六頸椎• 第七頸椎(隆椎)• vertebrae thoracicae 12• 第一胸椎~第十二胸椎• vertebrae lumbales 5• 第一腰椎~第五腰椎• vertebrae sacrales 5• 第一仙椎~第五仙椎• 成人までに五個が癒合し(sacrum)を形成• 第一尾椎~(最高)第五尾椎• 三~五の尾椎でを形成• sternum• costae 12x2• 第一肋骨~第十二肋骨 上肢の骨(upper limb) [ ] 上肢• scapula 2• clavicula 2• humerus 2• ossa antebrachii• radius 2• ulna 2• ossa carpi 8x2• ossa carpi proximalia• os scaphoideum 2• os lunatum 2• os triquetrum 2• os pisiforme 2• ossa carpi distalia• os trapezium 2• os trapezoideum 2• os capitatum 2• os hamatum 2• ossa metacarpalia 5x2• 第一中手骨~第五中手骨• ossa digitorum manus 14x2• phalanx proximalis 5x2• 第一指から第五指• phalanx media 4x2• 第二指から第五指• phalanx distalis 5x2• 第一指から第五指 下肢の骨(lower limb) [ ]• os ischii 2• os ilium 2• os pubis 2• 成人までに坐骨・腸骨・恥骨の三個が癒合し、寛骨を形成。 仙骨および尾骨と共に骨盤を成す。 femur 2• patella 2• ossa cruris• tibia 2• fibula 2• ossa tarsi 7x2• ossa tarsi prozimalia• talus 2• calcaneus 2• os naviculare 2• ossa tarsi distalia• os cuneiforme mediale 2• os cuneiforme intermedium 2• os cuneiforme laterale 2• os cuboideum 2• ossa metatarsalia 5x2• 第一中足骨~第五中足骨• ossa digitorum pedis 14x2• phalanx proximalis 5x2• 第一趾から第五趾• phalanx media 4x2• 第二趾から第五趾• phalanx distalis 5x2• 第一趾から第五趾 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

足の骨の解剖を図でやさしく解説!どんな名前の骨があるの?

足 骨

種子骨障害の概要 はじめにこの項目では種子骨障害とは何か、どのような原因で起こるのかについて説明します。 1-1. 種子骨とは? 種子骨とは足の裏側にある花の種のような形をした骨です。 足以外では手の親指の手のひら側の付け根や、膝のお皿などが同じ役割をしています。 しかしなぜこのような骨が必要なのでしょうか? その理由は下記の3点です。 負荷がかかる時にクッションの役割を果たしているのがおわかりでしょう。 この種子骨に過剰な負荷がかかって痛みが発生している状態を「種子骨障害」と呼びます。 1-2. 種子骨障害の原因 種子骨障害の原因は2つあります。 1つめはスポーツなどによる反復した負担です。 ランニングなどで足をけり出すと足底筋が緊張するため引っ張る力が種子骨に加わります。 この力によって種子骨が打撃を受け炎症を起こし痛みが現れるのです。 2つめは足に合っていない靴をはいて歩き続けることです。 ハイヒールを多用する人や、甲高の方が種子骨障害と病院で診断されやすい傾向にあります。 それは、靴に原因があるとわかってきたのです。 その他先天的な要因も考えられるため、種子骨障害なのではないかと思います。 治療方法を知りたい方はまず病院に受診しましょう。 1-3. 種子骨障害の症状と病院での診断 種子骨障害の症状はいくつかあります。 ・炎症による発赤や腫れ ・足の親指の付け根の痛み ・圧力がかかると痛む などがあります。 症状が軽いからといって歩くと種子骨障害は悪化してしまいます。 重症化(じゅうしょうか)を防ぐためにも早めに病院で受診し治療方法を確定させましょう。 種子骨障害の疑いで受診するとまず病院ではレントゲン撮影が行われます。 そこからさらに血流障害や疲労骨折を起こしていないかを調べるためMRI検査を行う場合もあります。 その結果に応じて種子骨障害であるかどうかの診断が下り、病院での治療方法を模索することになるのです。 種子骨障害の病院での治療方法 種子骨には筋肉や腱をスムーズに動かす重要な役割があります。 種子骨障害の疑いがある場合は早めに病院へ受診した方が良いということがおわかりいただけましたか。 種子骨障害にかかった場合病院ではどのような治療方法があるのかを見ていきましょう。 2-1. 種子骨障害を起こしている時は痛みの原因になる活動をしないことが大切です。 種子骨に対する負荷を減らす治療方法を病院では取るということです。 具体的には病院で足に合うサイズや形の靴を選び、必要に応じて微調整するという治療方法です。 種子骨障害を起こしている人は自分のサイズより大きい靴をはいて「浮き指」になっています。 それを軽減するためにまずサイズの合った靴に病院ではきかえてもらう治療方法を選択します。 インソールは市販のものを使うだけで種子骨障害の痛みが改善する場合もあります。 より良い治療方法としては病院を通してオーダーメイドで作ってもらう方がおすすめです。 そして靴のはきかえという治療方法、クッションとインソールを使った治療方法です。 症状が軽減してきたら病院にて医師がテーピングという治療方法を行います。 これは足の腱を補強し、足根骨・中足骨のゆがみを矯正して足にアーチを作るために病院が推奨する治療方法です。 このころは足底筋が固くなっている可能性もあります。 ですので病院で医師の指導の元、柔軟性を取り戻すためのリハビリを行うのも種子骨障害からの回復に向けた良い治療方法と言えるでしょう。 2-2. 病院の医師の指示のもと、保存療法を行ったにもかかわらず種子骨障害の改善が見られない場合に取られる治療方法です。 主に、種子骨障害を起こしている種子骨を病院で行う手術で摘出する治療方法を取ります。 しかし手術という治療方法を行うのはどうしても種子骨障害による痛みが軽減されない場合もあります。 まず病院では非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の内服と、コルチコステトイドと麻酔薬の混合液の患部への注射という治療方法から始める場合が多いです。 種子骨障害の再発予防 種子骨障害のため病院に受診し、良い治療方法に巡り合って症状が軽減しても、再発してしまったのでは元も子もありません。 そのため一度種子骨障害にかかった方にしてほしいのは、普段の歩き方の見直しです。 種子骨障害を起こす方は、足の内側に体重がかかりやすい歩き方をしていることが多いと言えます。 足先が30度以上開き、左右では種子骨障害を起こした方の足の開きが大きい場合です。 種子骨障害の再発を予防するためにも、病院や家の鏡で一度はこのような歩行をしていないかを確認してみてください。 まとめ 種子骨障害を重症化させないためには病院に早めに受診することです。 治療方法が確定した後保存療法時はできるだけ病院の医師の指示のもと種子骨への負担を軽減することが大切なのがおわかりいただけたでしょうか。 よく種子骨障害は一度かかってしまうと病院でさまざまな治療方法を試みても治りにくい病気であると言われます。 そのためにも早期発見、病院での早期の治療方法の確定と開始が重要であるということです。 足の親指の裏側に痛みを感じたら、なるべく我慢せず病院に受診し、適切な治療方法を模索しましょう。

次の