株式 会社 ニューズ ピックス。 ユーザベースが反発、「NewsPicks」で法人向けプレミアムプランの提供開始 投稿日時: 2019/03/06 09:40[みんなの株式]

学生アルバイト歓迎!イベント事業の運営サポートメンバー募集!

株式 会社 ニューズ ピックス

NewsPicks GINZAは、オフィシャル・パートナーである東急不動産株式会社との共同プロジェクトです。 先日発表したプロジェクト型スクールのリアルなキャンパスとして利用されることに加えて、実験型店舗「NewStore by TOKYU HANDS」、飲食スペース「NewCafe」も併設いたします。 NewStore by TOKYU HANDS、NewCafeには一般のお客様もご来場いただくことが可能です。 東急プラザ外観 NewSchool NewsPicksがオープンする、プロジェクト型の新しい学校です。 現場の最前線で奮闘するビジネス、クリエイティブ分野のプロたちと、新しい知や事業やコンテンツを共創していきます。 NewsPicks GINZAは本スクールのリアルなキャンパスとなり、「場創り」「コミュニティ創り」にも力を入れて参ります。 またNewSchool会員は、東急不動産株式会社が都内で11店舗展開(2020年6月9日時点)する会員制シェアオフィス「Business-Airport(ビジネスエアポート)」をプライベート会員として利用が可能となります。 NewStore by TOKYU HANDS NewsPicksと東急ハンズが運営する、新しいモノの売り方とコミュニケーションを考える実験型店舗です。 を始め、NewSchoolで創った事業、コンテンツ、プロダクトの展示・販売場所としても展開いたします。 7月からは、お店を取り巻く様々な語り部が、考えや想いを発信するオンラインメディア「NewStore Studio」を配信予定です。 NewCafe 今後、より重要になってくるセレンディピティ(偶然の出会い)をもたらす「新時代の社交場」です。 によるトークショーや、選りすぐりのコーヒー・お酒などの食コンテンツを肴に、会社や業界を超えた社交の機会を、すべてのビジネスパーソンに開放します。 プロジェクト型スクール「NewSchool」のキャンパスとして、映像コンテンツやプロダクトを創るスタジオとして、創ったプロダクトを売る「NewStore」のスペースとして、皆が集い語り合うカフェ「NewCafe」として、さまざまな活用方法を考えております。 NewsPicks GINZAを通じて、新しい事業、コンテンツ、プロダクト、つながりを生み出して、銀座と日本を、もっとおもしろくしていきたいと思っております。 ソーシャル経済メディア「NewsPicks」について NewsPicksは、NewsPicks編集部が作成するオリジナル記事や、The Wall Street Journal、The New York Timesなど国内外100メディアのニュースを配信するソーシャル経済メディアです。 各業界の著名人や有識者が投稿したコメントと共に、多角的にニュースを読み解くことができます。

次の

インフォグラフィックチームでデザイナー募集

株式 会社 ニューズ ピックス

0% 本日終値 ユーザベースが反発。 この日の寄り前に、子会社ニューズピックスが提供する「NewsPicks」が、オリジナル記事や動画が見放題になる「プレミアムプラン」(月額1500円)を、法人契約できるようにしたと発表しており、利用者層の拡大に期待した買いが入った。 NewsPicksプレミアムプランは、同社の編集部がつくるオリジナル記事や動画を無制限に楽しめる人気コンテンツ。 18年12月には有料会員数9万5000人を突破し、法人契約の要望が多くあったことから、今回、法人向けプランを提供することになったという。 また、これに伴い請求書払いにも対応するとしている。 2% 本日終値 ツクイが反発。 5日の取引終了後に発表した2月度の介護サービス利用状況で、サービス利用者数が前年同月比3.2%増の6万1621人となり、増加傾向が続いていることが買い安心感につながったようだ。 訪問介護サービスや訪問入浴サービスの利用者は苦戦したが、通所介護サービス利用者が同5.7%増となったことが貢献した。 また、顧客単価も同1.1%増の7万4149円となっており、収益への寄与が期待されている。 8% 本日終値 ラウンドワン が反発。 5日大引け後、100株以上を保有する株主を対象に年2回実施している株主優待制度を19年3月末から拡充すると発表しており、これを好感する買いが向かった。 新制度では、クラブカード引換券を入会券に変更し、500円割引券の枚数を増やす。 100株以上500株未満保有で「クラブ会員入会券」と割引券5枚 現行は4枚 、500株以上1000株未満保有で「シルバー会員入会券」と割引券10枚 現行は8枚 を贈呈。 また、新設する1000株以上2000株未満保有株主には「ゴールド会員入会券」と割引券15枚、2000株以上保有株主には「プラチナ会員入会券」と割引券20枚を贈呈する。 健康ボウリング教室・レッスン優待券は現行通り100株以上保有株主すべてに1枚贈呈する。 7% 本日終値 5日、森永製菓 が発行済み株式数 自社株を除く の3. 27%にあたる170万株 金額で83億8100万円 を上限に、3月6日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。 需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。 6% 本日終値 サカイ引越センターが後場終盤になってプラスに転じ、上場来高値を更新した。 午後2時ごろ、従来35円を予定していた19年3月期の期末配当を5円増額して40円にすると発表しており、これを好材料視した買いが入った。 なお、年間配当は55円(従来予想50円)となり、前期実績に対しては5円の増配になる予定だ。 2% 本日終値 江崎グリコが3日ぶりに反発。 5日の取引終了後、消費者庁より特別用途食品の表示許可を受け、国内初となる国産の乳児用液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」を発売したと発表しており、これを好感した買いが入った。 乳児用液体ミルクは、お湯や水に溶かす必要がないため、計量やお湯の温度調節が必要な粉ミルクよりも手間がかからないのが特徴。 また、常温で保存できるので、お湯が手に入りにくい災害時にも乳児に飲ませることができるほか、外出時や調乳に不慣れな人によるミルク作りの時にも、素早くと飲ませることができる。 同社では5日から自社通販サイトで販売を開始しており、11日からは全国で順次販売開始するとしている。 また、明治ホールディングス傘下の明治も、乳児用液体ミルクの販売にかかわる許可を消費者庁から5日付で取得したと発表しており、国産乳児用液体ミルクの流通に拍車がかかりそうだ。 3% 本日終値 東証1部 下落率トップ くらコーポレーションが大幅続落。 5日の取引終了後に発表した第1四半期(18年11月~19年1月)連結決算が、売上高335億400万円(前年同期比2.0%増)、営業利益12億1000万円(同30.7%減)、純利益8億3000万円(同29.0%減)と大幅減益となったことが嫌気された。 国内5店舗、米国1店舗、台湾2店舗の計8店舗を出店したことで売上高は増収を確保したが、既存店売上高が前年同期を下回ったことに加えて、販管費率が悪化したことが響いた。 なお、19年10月期通期業績予想は、売上高1378億1300万円(前期比4.0%増)、営業利益71億3300万円(同3.8%増)、純利益51億9000万円(同1.2%増)の従来見通しを据え置いている。 0% 本日終値 セブン&アイ・ホールディングスが3日続落と下値模索の動きをみせているほか、イオン、サンドラッグなど小売関連株に安いものが目立つ。 市場では「小売セクターは人件費の上昇が収益の重荷となっている構図が浮き彫りとなっている。 また、それを相殺するために春から商品値上げに動く企業が増えそうだが、これが消費者の購買意欲に影響を与え悪循環に陥る可能性もある。 個別株ベースでは商品値上げは株価にポジティブ材料として作用しやすいが、全体観として相次ぐ値上げは小売セクターの株価を重くする要因として注意が必要だ」(準大手証券ストラテジスト)としている。 1% 本日終値 住友理工が7日続落。 SMBC日興証券が5日、投資評価「3」を継続し、目標株価を1100円から1000円へ引き下げたことが弱材料視されたようだ。 同証券では19年3月期の営業利益予想を145億円から100億円へ、20年3月期を同165億円から130億円へ業績見通しを下方修正しており、これに伴い目標株価を引き下げた。 会社側が19年3月期業績予想を下方修正したことを反映したもので、中国・欧州の自動車用品減速、南米立ち上げ費用増、国内・中国の一般産業用品苦戦(プリンタ部品、鉄道部品、高圧ホース)などが背景としている。 6% 本日終値 LIXILビバが続落。 5日の取引終了後に発表した2月度の月次売上高速報で、ホームセンター事業の既存店売上高が前年同月比2.6%減と2カ月連続で前年実績を下回ったことが嫌気された。 客単価は同2.6%増と上昇したものの、客数が同5.0%減と落ち込んだことが響いた。 なお、全店売上高は同1.4%増だった。 株探ニュース.

次の

NewsPicks、東急プラザ銀座に「NewsPicks GINZA」を7月1日オープン

株式 会社 ニューズ ピックス

NewsPicksで働きつつ、個人でも活動中。 データや情報を視覚化して、見えなかった事実や物語を見えるようにする人。 📚著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『図で考える。 シンプルになる。 』 ほか。 com• よろしくお願いします。 シンプレクス株式会社で様々な金融関連システムの開発に従事。 トークノート株式会社のCTOを経て、株式会社ユーザベースにジョイン。 ニューズピックスの開発に携わり、5カ月でユーザー数を7倍に急成長させ、成長スピードを持続させている。 最近では、高速広告配信システムの設計・実装を行った。 2016年3月に、株式会社ニューズピックスのCTOに着任。 NewsPicks のサービス開発を担当。 小さな頃からサッカーとモノ作りが好きで大学も機械工学科に進学。 学生になってもPC には興味がなかったけど、大好きなモノ作りの延長で自作PCを作ってから、PCにはまる。 自分が作ったものには愛着がわくので、この愛おしいPC をフル活用するにはどうしたらいいかを考えた結果、エンジニアに。 小さいころから自分の糧になってきたサッカーになにか恩返しをしたいと考え、2003年にサッカーの良さを伝えるための会社を企業。 12年間経営し、サッカーに関するやりたいことを終え、サッカーへの恩返しを終わらせ、2015年にニューズピックスに参画し、現在に至る。 こんにちは。 NewsPicksインフォグラフィック・エディターの櫻田です。 NewsPicksは、スマホ最適化したインフォグラフィックやイラスト解説記事を特徴とし、メディア業界をリードしています。 2018年5月、NewsPicks Studiosを新設し、今後は動画コンテンツにも力を入れていきます。 NewsPicksも、いま挙げた企業のように、デザイン面でも世界に認知されるサービスにしていきたいと思っています。 このビジョンに共感してくれる方をお待ちしています。 編集者やディレクターの下請け的にデザインするのではなく、記事のメッセージ、コンセプトをプロジェクトメンバーでディスカッションしながらフラットに、一緒につくっていきます。 実務未経験の方は、個人プロジェクトで構いませんので見せれるものをご用意の上、お申し込みください。 Highlighted stories.

次の